最近の号外Vol.1968メルマガ

2021-09-26 15:36:50

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。
以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 
診療マル秘裏話  号外Vol.1968 令和2年11月24日作成
作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 
 
 
 
 
目次

1)初発のAML成人患者に対するBCL-2阻害薬を承認
2)女性更年期特有の関節痛と慢性関節リウマチの鑑別

 
 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 
 
 
 
 
1】 初発のAML成人患者に対するBCL-2阻害薬を承認

 
 
 
 
 
 米国アッヴィ社は10月16日、
75歳以上または強力な導入化学
療法を選択できない併存疾患を
有する初発の急性骨髄性白血病
(AML)成人患者に対するBCL-2
阻害薬ベネトクラクスについて、
アザシチジン、デシタビンまた
は低用量シタラビン(LDAC)と
の併用療法を米国食品医薬品局
(FDA )が完全承認したことを
発表しました。同承認の基とな
ったのは、第3相試験であるVI
ALE-A(M15-656)および VIALE
-C (M16-043)のデータ、なら
びに第1b相試験(M14-358)お
よび第1/2相試験(M14-387)
の最新データに基づいています。
FDAは,2018年に上記の適応でベ
ネトクラクスを迅速承認してお
り、今回は完全承認へと切り替
えられました。

 2019年9月20日、抗悪性腫瘍
薬ベネトクラクス(商品名ベネ
クレクスタ錠10mg、同錠50mg、
同錠100mg )の製造販売が厚生
労働省により承認されました。
適応は「再発又は難治性の慢性
リンパ性白血病(小リンパ球性
リンパ腫を含む)」。

急性骨髄性白血病について解説

している動画です。

 
 


 
 
 細心の注意を払って最新情報
を取得する。       笑

 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
2】 女性更年期特有の関節痛と慢性関節リウマチの鑑別

 
 
 
 
 
 更年期に見られる症状の一つ
に手指の関節痛があります。中
年期以降の女性に多い関節リウ
マチと症状が似ているため、判
別しにくく間違えやすいとされ
ています。どう見極めればよい
のでしょうか、山王メディカル
センター女性医療センターの太
田博明医師に聞きました。

 40歳以降に1年以上月経が来
ない状態が続くと閉経と診断さ
れ、その前後10年間ほどを更年
期と呼びます。日本人の平均閉
経年齢は約50歳のため、おおむ
ね45~55歳が更年期に相当しま
す。

 閉経が近づくと、エストロゲ
ンという女性ホルモンの分泌が
急激に低下し、自律神経の調節
がうまくいかなくなり、さまざ
まな体と心の不調が表れます。
「加齢変化の一つで、ストレス
や疲労も誘因となります」と太
田医師は言っています。のぼせ、
ほてり、発汗、抑うつ、不眠な
ど多様な心身の症状だけでなく、
手や指の関節が痛み、腫れ、こ
わばりなどの症状が生じること
があります。

 更年期障害による手指の関節
痛とともに関節リウマチも女性
に多い疾患で、中年期以降の女
性が手指関節痛を起こすと関節
リウマチをまず疑うことが多い
とされています。

 太田医師は「更年期女性が訴
える手指関節痛のほとんどは更
年期障害によるものです。関節
リウマチなどはごく一部にすぎ
ません」と指摘しています。

 関節リウマチの場合、起床時
の手足のこわばりが1時間以上
続き、関節の痛みや腫れの程度
が強く、重症感が強いというこ
とです。関節を包む「滑膜」に
炎症が起きるためで、症状が次
第に悪化して、変形が強くなり
ます。

 それに対し、更年期障害によ
る関節痛は、関節を支えている
軟骨や筋肉の衰え、関節内の水
分減少などが原因とされ、手指
の関節を中心に痛みや変形を起
こす場合が多いとされています。
さまざまな心身の症状を伴うの
も特徴です。

 「肘、膝などの大関節がひど
く腫れることはあまりありませ
ん」と太田医師は言っています。
痛みは閉経早期(閉経から2~
3年間くらい)が最も強く、そ
の後は徐々に軽くなり、忘れて
しまうことが多いのが特徴だと
いうことです。日常生活に支障
を来すほど症状が重く、原因疾
患もなく、血中エストロゲン濃
度の低下などが認められると更
年期障害と診断されます。

 治療法は、ホルモン補充療法
(HRT)が基本ですが、女性
ホルモンに似た働きをするエク
オールというサプリメントも有
効です。痛み止めには非ステロ
イド性抗炎症薬などが用いられ
ます。

 太田医師は「更年期は人生の
ちょうど折り返し地点で、更年
期障害を最初の加齢変化として
受け入れる気持ちが大切です。
ただ、心身の不調が続くことで、
社会的に活動する意欲などが低
下しますので早めに治療を始め
ましょう」とアドバイスしてい
ます。

更年期障害の関節痛と慢性関節

リウマチの区別について解説し

ている動画です。

 
 


 
 
 心身の不調に符牒するように
経済状況が悪化した。   笑

 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
編集後記

 
 米国アッヴィ社が10月16日、
75歳以上または強力な導入化学
療法を選択できない併存疾患を
有する初発の急性骨髄性白血病
(AML)成人患者に対するBCL-2
阻害薬ベネトクラクスについて、
アザシチジン、デシタビンまた
は低用量シタラビン(LDAC)と
の併用療法を米国食品医薬品局
(FDA )が完全承認したことを
発表したのは、喜ばしいことで
す。日本での適応がCLL である
野に対し、FDAは、AMLを適応と
しているのは、人種差があるか
らでしょうか?いずれにしても
身体に負担のかかりにくい薬剤
だと言えるでしょう。
 更年期に見られる症状の一つ
に手指の関節痛があります。中
年期以降の女性に多い関節リウ
マチと症状が似ているため、判
別しにくく間違えやすいとされ
ているのは、残念なことです。
しかしながら更年期による関節
痛を甘くみては、ならないと思
います。 ホルモン補充療法は、
静脈瘤がある人や喫煙している
人は、適応になりません。エク
オールは、大豆活性型イソフラ
ボンであり、ホルモン補充療法
に較べて作用が穏やかで副作用
もほとんどないことが分かって
います。

 両方の治療法を比較する。笑

 
 
 
 
 
 
************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/ ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最近の号外Vol.1967メルマガ

2021-09-26 13:48:43

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。
以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 
診療マル秘裏話  号外Vol.1967 令和2年11月23日作成
作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 
 
 
 
 
目次

1)日本人女性乳ガン患者では,遺伝性乳ガンが約5%
2)ミューズ細胞を神経難病ALSに治療応用する可能性

 
 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 
 
 
 
 
1】 日本人女性乳ガン患者では,遺伝性乳ガンが約5%

 
 
 
 
 
 乳ガンには生殖細胞変異が原
因となって発症するものがあり
ますが、その遺伝学的背景はよ
く分かっていません。京都大学
大学院乳腺外科教授の戸井雅和
氏らは、乳ガン患者さん1,995
例の血液細胞から抽出したDNA
を用いて、遺伝性乳ガンの原因
として知られる11遺伝子を対象
にゲノム解析を行い、日本人女
性の乳ガン患者さんでは遺伝性
乳ガンが約5%を占めることを
明らかにしました。

 乳ガンは女性が最も罹患しや
すいガンであり、その一部は生
殖細胞変異により発症する遺伝
性にものであることが知られて
います。乳ガン全体に占める遺
伝性乳ガンの割合は、5.7 (わ
が国のデータ)~10%(欧米の
データ)とする報告があります
が、日本人を対象とした研究は
少なく不明点が多いとされてい
ます。

 戸井氏らは今回、京都大学病
院乳腺外科と17の関連施設が参
加するバイオバンクに登録され、
適格基準を満たした乳ガン患者
さん1,995 例の血液細胞から採
取したDNA を用いて、遺伝性乳
ガンの原因と成りうる11遺伝子
についてゲノム解析を行いまし
た。

 解析の結果、生殖細胞系列に
おける病的遺伝子変異は、日本
人女性を対象とした既報と同等
の5.1%(101例)で認められま
した。変異が同定された遺伝子
は、BRCA2が62例、BRCA1が15例
と多く、合計で77例(3.9%)で
した。病的遺伝子変異を有する
症例では発症年齢が低く(乳ガ
ン発症年齢中央値:病的遺伝子
変異のある群53歳、ない群60歳)、
BRCA1に遺伝子異常がある症例
ではトリプルネガティブ乳ガン
が多いという結果がでました。

 また、BRCA1/2変異陽性乳ガ
ン30例についてゲノム解析を行
った所、77%で染色体コピー数
異常による両アレルの不活化が
認められましたが、残りの23%
では片アレルのみが不活化して
いました。これらを比較すると、
両アレルの不活化が見られる症
例では、ヘテロ接合性消失(LO
H )がより広範囲に認められ、
BRCA1変異例ではTP53変異、BRC
A2変異例ではRB1 遺伝子変異が
高頻度に認められました。

 TP53遺伝子、RB1 遺伝子はそ
れぞれBRCA1、BRCA2と同じ17番、
13番染色体上に位置しており、
染色体異常によりこれらの遺伝
子が同時に欠失することが腫瘍
化に関わると考えられるという
ことです。臨床的特徴の比較で
は、両アレルが不活化した症例
では発症年齢が低く、進行ガン
やトリプルネガティブ乳ガンが
多い傾向にありました。

 通常、乳ガン患者さんにおけ
る生殖細胞系列の遺伝子検査は、
National Comprehensive Cance
r Network(NCCN) 基準により
行われますが、今回の検討では
生殖細胞変異を有していた症例
のおよそ25%はNCCN基準に当て
はまらなかったことから、同基
準に当てはまらない症例の拾い
上げが今後の課題であり、日本
人データの蓄積によって日本人
に適用できる予測モデルの構築
が期待されます。また、BRCA1/
2 変異陽性乳ガンの一部の患者
さんに対してはPARP阻害薬やプ
ラチナ製剤が有効であると報告
されていますが、今後さらなる
解析により両アレル、片アレル
の不活化とこれらの薬剤による
治療効果との関連についての解
明が必要であるとしています。

 PARP阻害薬とはPARP(ポリア
デノシン5’二リン酸リボースポ
リメラーゼ)というDNA 修復や
細胞死などに関与している酵素
があります。本剤はPARPを阻害
することでDNA 修復を妨げ、ガ
ン細胞の細胞死を誘導すること
で抗腫瘍効果をあらわすとされ
ています。

遺伝性乳ガン卵巣ガン症候群に

ついて解説している動画です。

 
 


 
 
 主要な腫瘍をターゲットとす
る薬剤。         笑

 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
2】 ミューズ細胞を神経難病ALSに治療応用する可能性

 
 
 
 
 
 岡山大学と東北大学の共同研
究チームは、多能性幹細胞の「
Muse細胞」(ミューズ細胞)
を神経難病の筋萎縮性側索硬化
症(ALS)に治療応用する可
能性を突き止めました。マウス
実験で運動機能などの改善効果
を確認できました。共同研究に
はミューズ細胞の事業化を担う
三菱ケミカルホールディングス
傘下の生命科学インスティテュ
ート(東京都千代田区)も参加
しました。今後、治験に進めて
実用化を目指します。

 ALSは、運動神経が変性し
たり減少することで舌や四肢の
筋力が低下し、やがて呼吸筋麻
痺を起こします。原因は不明で
中年期以降の発症が多いとされ
ています。複数の治療薬があり、
人工呼吸器などで治療を行うも
ののが根治できません。発症後
3~5年で死亡するとされる難
病です。

 ミューズ細胞は骨髄や血液な
どに含まれる幹細胞です。傷害
部位に集積し、傷害を受けてい
る細胞に自発的に分化し修復す
る機能があります。ガン化しな
い特徴もあります。東北大の出
澤真理教授が発見しました。S
SEAー3と呼ぶ分子を目印に
単離でき、ドナー由来ミューズ
細胞を静脈に点滴投与し、再生
医療に用いる治験が脳梗塞など
で進んでいます。

 共同研究チームはALSのモ
デルマウスを対象に静脈投与で
効果を確かめました。効果を発
揮するには細胞が脊髄に到達す
るかが課題で、比較対照とした
骨髄間葉系幹細胞(MSC)は
脊髄に届かない一方、ミューズ
細胞は脊髄に遊走・生着するこ
とを画像で確認しました。

 次に、ミューズ細胞を1週間
に1回、10週間にわたって投与
した所、MSC投与に比べて複
数の運動機能評価テストで改善
が認められました。骨随に到達
したミューズ細胞が神経細胞に
栄養を補給するグリア細胞のア
ストロサイトに分化しているこ
とも分かりました。

 これら結果を踏まえ生命科学
インスティテュートは治験に進
む計画です。2~3年後に実用
化のめどを得たい考えというこ
とです。ミューズ細胞の治験は
心筋梗塞、脳梗塞、脊髄損傷、
表皮水疱症、新生児低酸素虚血
脳症に続く6テーマ目です。

ミューズ細胞について解説して

いる動画です。

 
 


 
 
 
 比較対照の対象となる。笑

 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
編集後記

 
 京都大学大学院乳腺外科教授
の戸井雅和氏らは、乳ガン患者
さん1,995 例の血液細胞から抽
出したDNA を用いて、遺伝性乳
ガンの原因として知られる11遺
伝子を対象にゲノム解析を行い、
日本人女性の乳ガン患者さんで
は遺伝性乳ガンが約5%を占め
ることを明らかにしたのは偉大
な業績です。5%の遺伝性乳ガ
ンの患者さんは、発症以前に、
見つかる可能性も大きいと思い
ます。そうすれば、早期発見、
早期治療に結び付けられるため、
患者さんおよび血縁の女性の方
にとっては、大きな福音となる
ことでしょう。この研究結果が
臨床に応用される日がくること
を心待ちにしたいと思います。
 岡山大学と東北大学の共同研
究チームが、多能性幹細胞の「
Muse細胞」(ミューズ細胞)
を神経難病の筋萎縮性側索硬化
症(ALS)に治療応用する可
能性を突き止めたのは素晴らし
い業績です。 比較対照とした
骨髄間葉系幹細胞(MSC)は
脊髄に届かない一方、ミューズ
細胞は脊髄に遊走・生着するこ
とを画像で確認しているとのこ
とですから、非常に有望な治療
だと考えます。また、ミューズ
細胞を1週間に1回、10週間に
わたって投与した所、MSC投
与に比べて複数の運動機能評価
テストで改善が認められ、神経
細胞に栄養を補給するグリア細
胞のアストロサイトに分化して
いることも分かったというのは、
凄い結果だと思いました。

 非常事態に非情な判断を下す。


 
 
 
 
 
 
************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/ ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最近の号外Vol.1966メルマガ

2021-09-24 19:48:47

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。
以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 
診療マル秘裏話  号外Vol.1966 令和2年11月22日作成
作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 
 
 
 
 
目次

1)DNA にできた傷を、光を使って治すための研究
2)加齢マウスで,DC酵素活性低下でTreg誘導能が低下

 
 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 
 
 
 
 
1】 DNA にできた傷を、光を使って治すための研究

 
 
 
 
 
 生命の情報が書き込まれてい
るDNA にできた傷を、光を使っ
て治すための研究に、大阪大基
礎工学研究科の山元淳平准教授
たちが取り組んでいます。最近、
治療に用いるための蛋白質をパ
ワーアップさせることに成功し、
実用化に向けて一歩前進しまし
た。かぎは桜餅に含まれている
成分だということです。

 山元さんらがめざすのは、太
陽光に含まれる紫外線によって
できるDNA の傷の修復です。DN
A は塩基という化学物質がらせ
ん階段のように整然と並び、生
命の情報を「文字」として表し
ています。

 ところが、紫外線のせいで隣
り合う塩基どうしがくっついて
しまい、文字が読み取れなくな
ってしまうことがあります。こ
の状態は、細胞がガン化する一
因になるとされています。

 植物や昆虫、カエルなどでは、
光のエネルギーを「光回復酵素」
という蛋白質に集め、酵素から
銃のように電子を撃ち込んで、
くっついた部分をはがして元に
戻すしくみがあります。

 一方、人間にはこの酵素がな
く、人工的に酵素を利用しよう
としても、人間で使うには酵素
のパワーが不足しているそうで
す。

 そこで、山元さんたちはソー
ラーパネルのように光のエネル
ギーを集めて酵素に引き渡す「
人工集光アンテナ分子」を開発
しました。この分子には、光を
吸収する働きがあるクマリンと
いう物質を使いました。

 クマリンは植物に含まれる芳
香成分で、桜餅の香りをつくる
成分の一つとして知られていま
す。光を当てると蛍光を発する
という特徴も持っています。

 この分子と組み合わせること
で酵素のパワーを従来の1.5倍
に高めることができ、国際専門
誌に論文を発表(https://acad
emic.oup.com/nar/article/48/ 18/10076/5901964別ウインドウ
で開きます)しました。さらに
改良を続け、いまでは4倍に高
めることができたということで
す。クマリンは別の研究目的で
用いていましたが、酵素パワー
を上げる能力もあることに気付
きました。

 治療に応用するためには、こ
の酵素を安全に体内に運べるよ
うにする必要があるなど、まだ
課題は多いのですが、「さらに
研究を続け、紫外線によるDNA
の傷がもとで皮膚ガンができや
すくなる『色素性乾皮症』とい
った病気の治療法開発に貢献し
たい」と山元さんは話していま
す。

DNAの損傷の修復について解

説している動画です。

 
 


 
 
 高検の裁判勝利に貢献する。


 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
2】 加齢マウスで,DC酵素活性低下でTreg誘導能が低下

 
 
 
 
 
 東京大学は10月28日、加齢マ
ウスにおいて、腸間膜リンパ節
DCのレチナール脱水素酵素(re
tinaldehyde dehydrogenase 2;
RALDH2)の発現、酵素活性が低
下し、DCのTreg誘導能が低下す
ることを明らかにしたと発表し
ました。これは、同大大学院農
学生命科学研究科附属食の安全
研究センター免疫制御研究室の
八村敏志准教授らの研究グルー
プによるものです。研究成果は、
「Frontiers in Immunology 」
に公開されています。

 加齢による炎症反応の亢進が、
高齢者における炎症性疾患発症
の要因となっている可能性が考
えられています。制御性T細胞
(regulatory T cells; Treg)
は、過剰な免疫反応の抑制に、
働く細胞として重要ですが、加
齢に伴い新たな抗原に対して誘
導されるTregの分化は減少する
ことが示唆されており、炎症を
促進する一因となる可能性が考
えられます。

 一方、腸管において樹状細胞
(dendritic cell; DC)は、RA
LDH2 の作用により、ビタミンA
代謝産物であるレチノイン酸を
産生し、Treg誘導に寄与します。

 今回の研究では、加齢マウス
において、腸間膜リンパ節DCの
RALDH2の発現、酵素活性が低下
し、DCのTreg誘導能が低下する
ことが明らかにされました。ま
た、このRALDH2の発現低下が、
加齢に伴うエピジェネティック
な遺伝子発現制御によるもので
あると示唆されました。さらに、
食物抗原に対するTregを誘導で
きる実験系を使用して、加齢に
伴うTreg誘導能が低下すること
を示し、レチノイン酸の投与に
より、Treg誘導能が改善されま
した。

 これらの結果から、加齢マウ
スにおいて腸管DCのRALDH2遺伝
子発現のエピジェネティックな
発現抑制を一因として、レチノ
イン酸産生能が減少し、Tregの
誘導が低下することが示唆され
ました。本研究で得られた知見
は、腸管免疫応答の加齢による
機能低下が、加齢による炎症促
進に関与する可能性を示してい
ると、研究グループは述べてい
ます。

自己免疫性疾患を導くT細胞・

B細胞について解説している動

画です。

 
 


 
 
 定価の低下を期待する。笑

 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
編集後記

 
 生命の情報が書き込まれてい
るDNA にできた傷を、光を使っ
て治すための研究に、大阪大基
礎工学研究科の山元淳平准教授
たちが取り組んでいるのは尊い
ことです。植物や昆虫、カエル
などでは、光のエネルギーを「
光回復酵素」という蛋白質に集
め、酵素から銃のように電子を
撃ち込んで、紫外線のせいで隣
り合う塩基どうしがくっついて
しまった部分をはがして元に戻
すしくみがあるということです。
この塩基どうしのくっつきは、
細胞がガン化する一因になるの
でこの酵素を人間に使うために
必要になるのがクマリンという
物質だということで、本当によ
く見つけてきたものだと感心し
ました。
 東京大学が10月28日、加齢マ
ウスにおいて、腸間膜リンパ節
DCのレチナール脱水素酵素(re
tinaldehyde dehydrogenase 2;
RALDH2)の発現、酵素活性が低
下し、DCのTreg誘導能が低下す
ることを明らかにしたと発表し
たのは、素晴らしい業績です。
Tregの誘導能が低下することで、
加齢による炎症促進に関与する
可能性があるということでしょ
う。Treg自体は、過剰な免疫の
抑制に働くので、その誘導能の
低下は、過剰な免疫の促進とな
り、サイトカインストーム(免
疫暴走)を起こして、炎症が激
しくなると考えられるのではな
いでしょうか?

 過剰なサービスを箇条書きに
する。          笑

 
 
 
 
 
 
************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/ ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最近の号外Vol.1965メルマガ

2021-09-23 16:50:08

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。
以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 
診療マル秘裏話  号外Vol.1965 令和2年11月21日作成
作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 
 
 
 
 
目次

1)HER2陽性胃ガンの生物学的製剤承認申請が受理
2)タウ蛋白質蓄積をPET装置で,精度高く画像化が可

 
 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 
 
 
 
 
1】 HER2陽性胃ガンの生物学的製剤承認申請が受理

 
 
 
 
 
 第一三共とアストラゼネカは
10月28日、HER2に対する抗体薬
物複合体であるトラスツズマブ
デルクステカン(DS-8201)に
ついて、HER2陽性胃ガンに係る
生物学的製剤承認申請が米国食
品医薬品局(FDA )にて受理さ
れ、優先審査の指定を受けたこ
とを発表しました。同承認申請
は、トラスツズマブを含む2つ
以上の前治療を受けたHER2陽性
の切除不能な胃腺ガン患者さん
または胃食道接合部腺ガン患者
さんを対象とした第2相臨床試
験(DESTINY-Gastric01,日本お
よび韓国で実施)の結果に基づ
くものです。

胃ガンの化学療法について解説

している動画です。

 
 


 
 
 商人が承認申請した。笑

 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
2】 タウ蛋白質蓄積をPET装置で,精度高く画像化が可

 
 
 
 
 
 量子科学技術研究開発機構は
10月30日、アルツハイマー病な
どの認知症を引き起こす脳内の
異常な「タウ」蛋白質の蓄積を、
陽電子放射断層撮影(PET)
装置で精度高く画像化できる薬
剤の開発成果が米科学誌ニュー
ロン電子版に掲載されたと発表
しました。診断薬として承認を
得るための臨床試験が日本や米
国などで進められており、早期
診断や治療薬開発に役立つと期
待されています。
 この薬剤は、脳内のタウに結
合する物質「PBB3」に放射
性同位元素のフッ素18を付けた
ものです。フッ素18から放出さ
れた陽電子が周囲の電子と合わ
さって消滅する際に出るガンマ
線をPET装置で検出すると、
タウが蓄積されている量や場所
を画像化できる仕組みです。

タウ蛋白質について解説してい

る動画です。

 
 


 
 
 装置の精度を高くして高性能
化を制度化する。     笑

 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
編集後記

 
 第一三共とアストラゼネカが
10月28日、HER2に対する抗体薬
物複合体であるトラスツズマブ
デルクステカン(DS-8201)に
ついて、HER2陽性胃ガンに係る
生物学的製剤承認申請が米国食
品医薬品局(FDA )にて受理さ
れ、優先審査の指定を受けたこ
とを発表したのは喜ばしいこと
です。抗体薬物複合体の有用性
を米国食品医薬品局(FDA )が
認めたということですから日本
の厚生労働省も負けてはいられ
ません。日本でも申請がなされ
ているようなので、早期に承認
されることを期待したいと思い
ます。
 量子科学技術研究開発機構が
10月30日、アルツハイマー病な
どの認知症を引き起こす脳内の
異常な「タウ」蛋白質の蓄積を、
陽電子放射断層撮影(PET)
装置で精度高く画像化できる薬
剤の開発成果が米科学誌ニュー
ロン電子版に掲載されたと発表
したのは喜ばしいことです。す
でに、ガンでは当たり前の技術
となりつつあるものが、認知症
などの他の病気で応用されつつ
あるのは、素晴らしいことと言
えるでしょう。ただこの技術は、
ガンの時に認められた偽陽性が
起こる可能性があります。そう
した偽陽性の可能性を極限まで
少なくするようにしないと実用
化は困難と言えましょう。

 妖精の陽性化を要請する。笑

 
 
 
 
 
************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/ ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最新号より100号前のメルマガ

2021-09-22 22:52:59

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。
以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 
診療マル秘裏話  Vol.830 令和1年11月6日作成
作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 
 
 
 
 
 
目次

1)「黄斑」が、加齢により傷むのが加齢黄斑変性
2)超音波消化管ビデオスコープ国内と香港で発売

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 
 
 
 
 
1】「黄斑」が、加齢により傷むのが加齢黄斑変性

 
 
 
 
 
 目の網膜の中心部にあり、物
を見るのに重要な役割を果たす
「黄斑」が、加齢により傷むの
が加齢黄斑変性(AMD)です。
2008年以降、注射薬による新た
な治療法が導入され、一部の患
者さんでは症状の改善が期待で
きるようになりました。日本大
学病院(東京都千代田区)アイ
センターの島田宏之客員教授に
聞きました。光は網膜で感知さ
れ、神経信号として脳に伝わり
ます。AMDでは網膜の中心部
にある黄斑に障害が起こるため
網膜の機能が果たせなくなりま
す。 50歳以上の1.3%にみられ、
国内患者数は推計69万人と言わ
れています。加齢、喫煙、遺伝
などが発症に関与するとされて
います。「片方の目がAMDに
かかると、もう片方の目が罹患
(りかん)するリスクが20倍に
高まります」と島田医師は言っ
ています。

 滲出(しんしゅつ)型と萎縮
型という二つのタイプがありま
す。全体の9割を占める滲出型
では網膜の後ろに異常な血管が
でき、むくみや出血が生じて、
物がゆガンで見えたり、視野の
中心部が欠けて暗く見えたり、
視力が低下したりといった症状
が表れます。

 視力は月単位の速さで低下し、
患者さんは「本や新聞の読みた
いところが見えない」「道で知
人と会っても相手の顔が分から
ない」といった悩みを抱えてい
るということです。進行すると
日常生活への影響は大きく、視
覚障害の原因の第4位となって
います。一方、萎縮型の進行は
緩やかです。滲出型AMDに対
して、約10年前に「抗VEGF(血
管内皮増殖因子)療法」という
治療法が登場し、症状の改善が
期待できるようになりました。
異常な血管をつくるVEGFの働き
を阻害する治療で、現在主に使
われているのはラニビズマブ、
アフリベルセプトという薬です。
ブロルシズマブという新薬が承
認申請段階にあります。ラニビ
ズマブ、アフリベルセプトは最
初は月1回の注射を3回行い、
その後は病状に応じて1カ月~
数カ月に1回の頻度で繰り返し
ます。

 病気の進行度にもよりますが、
「見え方のゆがみが減少した」
「視野の中心が明るくなった」
といった効果を実感できること
が多いということです。まれに、
注射した目に細菌が入って炎症
が起きたり(眼内炎)、別の副
作用として脳卒中を発症したり
することがあります。根本治療
ではないことや医療費の患者負
担が1回約5万円(3割負担の
場合)と高額であることも課題
です。将来的には、人工多能性
幹細胞(iPS細胞)を用いて
網膜細胞を再生する手法が、根
治につながる治療法として期待
されているということです。

加齢黄斑変性症について解説し

ている動画です。

 
 


 
 
 
 後学のため、高額の値段をお
尋ねする。        笑

 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
2】 超音波消化管ビデオスコープ国内と香港で発売

 
 
 
 
 
 オリンパスは、胃や十二指腸
に挿入し、体腔内からの膵臓や
胆道の精密診断を目的に、操作
性や挿入性をはじめ、超音波画
質を向上させた「超音波消化管
ビデオスコープ GF-UE2
90」を、10月15日から国内と
香港で発売します。英国、アジ
アの一部地域においても各国の
法規制に対応でき次第、順次販
売を予定しています。

 同社は1982年、膵臓ガンの早
期発見を目指して超音波内視鏡
を世界で初めて実用化しました。
通常の内視鏡では膵臓を直接観
察できないのですが、超音波内
視鏡では胃や十二指腸に挿入し
た内視鏡の先端部から超音波を
発し、その反射画像から体腔内
の検査が行えます。新製品は20
05年に導入した後継機種と位置
づけ、需要拡大を目指していま
す。

内視鏡の仕組みについて解説し

ている動画です。

 
 


 
 
 
 後継機種の光景を見て、エン
ジンの口径を測る気になった。


 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
 
編集後記

 
 目の網膜の中心部にあり、物
を見るのに重要な役割を果たす
「黄斑」が、加齢により傷むの
が加齢黄斑変性(AMD)とい
う病気です。以前にもお話した
ことがありますが、私の父親が
滲出型の加齢黄斑変性症でした。
父親の訴えは、眼が良く見えな
いというものでした。父は緑内
障を既往症として持っていたの
で、またやも緑内障が悪化した
のかもしれないと想像していま
した。見えない、見えないとい
う割には、書類などで見えてい
る場合もあり、どうなっている
のか不思議でした。曲がった様
に見える所が特に見えないので、
それ以外の所に焦点を合わせる
ことで何とか物を見ていたとい
うことに気が付きました。緑内
障の増悪にしては、眼の痛みを
訴えず、眼圧も上がらなかった
ので、診断が付かず、本格的な
診断がついたのは、死の数日前
でした。もう少し早く気づいて
上げればよかったと反省しきり
です。
 オリンパスが、胃や十二指腸
に挿入し、体腔内からの膵臓や
胆道の精密診断を目的に、操作
性や挿入性をはじめ、超音波画
質を向上させた「超音波消化管
ビデオスコープ GF-UE2
90」を、10月15日から国内と
香港で発売するのは、画期的な
機器の販売になると私は確信し
ています。 通常の内視鏡では
膵臓を直接観察できないのです
が、超音波内視鏡では胃や十二
指腸に挿入した内視鏡の先端部
から超音波を発し、その反射画
像から体腔内の検査が行えると
言う事ですから、本当に素晴ら
しい医療機器が現れたものだと
感心しています。同社は1982年、
膵臓ガンの早期発見を目指して
超音波内視鏡を世界で初めて実
用化したということですから、
37年経って、色あせない技術力
を肌で感じました。

 医療機器に災害で電力危機が
現れ、危機的状況となる。 笑

 
 
 
 
 
 
 
************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/ ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最近の号外Vol.1964メルマガ

2021-09-21 21:18:18

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。
以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 
診療マル秘裏話  号外Vol.1964 令和2年11月20日作成
作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 
 
 
 
 
目次

1)放射線耐性ガン細胞リソソーム輸送機能で浸潤能促進
2)潰瘍ピロリ菌感染,NSAID,抗血栓薬副作用で発症

 
 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 
 
 
 
 
1】 放射線耐性ガン細胞リソソーム輸送機能で浸潤能促進

 
 
 
 
 
 北海道大学は10月28日、放射
線治療に耐えて生き延びたガン
細胞が、リソソームの輸送機能
を用いて浸潤能を促進すること
と、その調節に関与する新たな
分子メカニズムを明らかにした
と発表しました。これは同大大
学院医学研究院医理工学グロー
バルセンターの呉秉修研究員、
小野寺康仁講師、南ジンミン講
師(同大学院医理工学院分子・
細胞動態計測分野担当)らと、
米スタンフォード大学Quynh-Th
u Le教授、Amato Giaccia 教授
との共同研究によるものです。
研究成果は、「Communications
Biology」にオンライン掲載さ
れています。

 ガン細胞の浸潤は、転移の引
き金となるため、ガン患者さん
の予後を決定する要因の一つと
考えられています。放射線など
の治療後、細胞死を回避して生
き延びたガン細胞が、何らかの
仕組みで浸潤能を強化する場合
があり、そのメカニズムの解明
は予後の改善に必要不可欠です。
研究グループは、ガン細胞内で
リソソームが輸送機構によって
細胞膜へと移動し、内容物が放
出されることに着目し、放射線
照射後に浸潤能を亢進するメカ
ニズムを解析しました。

 研究では乳ガン細胞株を用い、
蛋白質レベルの発現解析、蛍光
色素によるリソソームのラベル
および分布の顕微鏡観察、蛍光
物質を用いたリソソームのエキ
ソサイトーシスの定量、細胞の
免疫染色と共焦点レーザー顕微
鏡による細胞内分子の観察、蛋
白質の結合実験、腫瘍移植およ
びin vivo イメージング等を実
施しました。放射線照射後の浸
潤能亢進におけるリソソームの
エキソサイトーシスの関与とそ
のメカニズムを検証しました。

 その結果、放射線照射後に生
き残ったガン細胞は、リソソー
ムの輸送調節に関与する蛋白質
「Arl8b 」の活性化が進むこと
により、リソソームのエキソサ
イトーシスが促進され、浸潤能
と細胞外マトリックス分解能を
亢進することが分かりました。
また、リソソームにおけるArl8
b の蓄積とそのエフェクター分
子であるSKIPとの結合が増加す
ることが確認されました。これ
を踏まえ、Arlb8 の発現を抑制
した所、放射線照射したガン細
胞におけるリソソームのエキソ
サイトーシスと浸潤能、細胞外
マトリックス分解能の亢進が阻
害されました。

 さらに、乳ガン患者さんの遺
伝子発現プロファイルを解析し
た結果、Arl8b を活性化するBO
RC複合体とArl8b のそれぞれの
遺伝子の共発現が、乳ガン患者
さんの予後不良と相関すること
が判明しました。そこで、BORC
複合体の分子であるBLOS2 また
は,Myrlysin の発現を抑制させ
たところ、Arl8b とSKIPの結合
が減少し、それに伴い、放射線
照射後のリソソームのエキソサ
イトーシスと浸潤能が抑制され
ました。併せて、放射線照射後
のBLOS2 とMyrlysin遺伝子の発
現調節は、DNA 損傷応答分子で
あるATM によって活性化される
転写因子Sp1 によって行われる
ことも確認されました。

 放射線後に生き残ったガン細
胞を移植したマウスモデルでは、
Arl8b の発現抑制によって、腫
瘍増殖と遠隔転移の両方が抑制
されました。以上の研究結果か
ら、Arl8b と関連分子を介した
リソソームの輸送は、放射線治
療後に生き残ったガン細胞の浸
潤能を促進することが明らかと
なりました。

 これまでの放射線生物学研究
においては、ガン細胞のDNA 二
重鎖切断や細胞死の解析が中心
的であり、リソソームなど細胞
内小器官の機能や輸送への影響
についてはあまり注目されてい
ませんでした。「今回の研究で、
放射線によるリソソームの輸送
過程への影響と、それによるガ
ン細胞の浸潤能制御が明らかと
なり、放射線生物学研究の新た
な領域を切り開く契機となる可
能性がある。また、リソソーム
の輸送と放射線照射後のガン細
胞の浸潤能促進とを連携する分
子経路をより詳細に研究するこ
とにより、治療後の悪性化を抑
えるためのさらなる知見につな
がることが期待される」と、研
究グループは述べています。

リソソームの特徴と働きについ

て解説している動画です。

 
 


 
 
 
 昇進を契機として、ケーキを
食べて、景気が良くなる。 笑

 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
2】 瘍ピロリ菌感染,NSAID,抗血栓薬副作用で発症

 
 
 
 
 
 消化性潰瘍は、主にヘリコバ
クター・ピロリ菌(以下、ピロ
リ菌)の感染、非ステロイド性
抗炎症薬(NSAIDs)や抗
血栓薬の副作用によって発症し
ます。胃や十二指腸などの粘膜
に炎症を起こしたり、胃粘膜の
表面を守っている粘液が減った
りすることで食物を分解する胃
酸によって粘膜が傷つきやすく
なるためです。しかし、ピロリ
菌の感染がない、またはピロリ
菌の除菌後やこれらの薬を服用
していなくても胃や十二指腸に
潰瘍が生じる原因不明の「特発
性潰瘍」があります。杏林大学
医学部総合医療学講座(東京都
三鷹市)の徳永健吾准教授に聞
きました。

 特発性潰瘍の原因は不明で
すが、(1)高齢者で高血圧、
糖尿病、脂質異常症などの基礎
疾患がある(2)多種類の薬を
服用している(3)強いストレ
スがある―といったことが発症
のリスクを高めると考えられて
います。高齢者は特発性潰瘍の
主な症状である胃痛を感じにく
く、下血や吐血を機に発見され
ることもあります。

 徳永准教授によると、ピロリ
菌の感染率低下や除菌療法の普
及によって消化性潰瘍自体が減
った一方で、特発性潰瘍の割合
は増えています。消化性潰瘍の
12%程度が特発性潰瘍とする報
告もあります。

 一般の消化性潰瘍と同じ治療
法が選択され、胃酸の分泌を抑
えるプロトンポンプ阻害薬(P
PI)を服用します。一般の消
化性潰瘍では薬の服用開始から
1~2カ月程度で改善しますが、
特発性潰瘍は治りにくく再発し
やすいため、しばらく経過を見
ることになります。

 また近年、特発性潰瘍の患者
さんからピロリ菌と似た形状の
ヘリコバクター・スイス菌が検
出され、特発性潰瘍との関連を
探る研究が進められています。
徳永准教授は、「特発性潰瘍の
原因がヘリコバクター・スイス
菌であることを突き止められれ
ば、将来的に除菌療法も治療の
一つになる可能性があります」
ということです。

 予防法は、ピロリ菌があれば
胃や十二指腸の粘膜が傷つかな
いように除菌し、NSAIDs
や抗血栓薬の長期服用を避けま
す。ただし、ピロリ菌の除菌療
法に使用する抗菌薬やPPIに
より腸内細菌のバランスが乱れ、
クロストリジウム・ディフィシ
ル菌という細菌に感染して重症
化することが報告されていると
いうことです。「除菌後に下痢
が続くようなら注意が必要です。
また、NSAIDsは市販の痛
み止めにも含まれているので、
服用前に医師や薬剤師に相談す
るといいでしょう」と徳永准教
授は言っています。

ピロリ菌について解説している

動画です。

 
 


 
 
 
 医師の固い意思は、変わらな
かった。         笑

 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
編集後記

 
 北海道大学が10月28日、放射
線治療に耐えて生き延びたガン
細胞が、リソソームの輸送機能
を用いて浸潤能を促進すること
と、その調節に関与する新たな
分子メカニズムを明らかにした
と発表したのは素晴らしい業績
です。これまでの放射線生物学
研究においては、ガン細胞のDN
A 二重鎖切断や細胞死の解析が
中心的であり、リソソームなど
細胞内小器官の機能や輸送への
影響についてはあまり注目され
ていなかったということで盲点
を突いたエレガントな研究と言
えるのではないでしょうか。リ
ソソームの輸送と放射線照射後
のガン細胞の浸潤能促進とを連
携する分子経路をより詳細に研
究することにより、治療後の悪
性化を抑えるためのさらなる知
見につなげて頂きたいものです。
 ピロリ菌の感染がない、また
はピロリ菌の除菌後やこれらの
薬を服用していなくても胃や十
二指腸に潰瘍が生じる原因不明
の「特発性潰瘍」という病気が
あり、ピロリ菌の感染率低下や
除菌療法の普及によって消化性
潰瘍自体が減った一方で、特発
性潰瘍の割合は増えていると言
うのは残念なことです。消化性
潰瘍の12%程度が特発性潰瘍と
する報告もあるというのは特に
意外でした。近年、特発性潰瘍
の患者さんからピロリ菌と似た
形状のヘリコバクター・スイス
菌が検出され、特発性潰瘍との
関連を探る研究が進められてい
るのは、注目すべきことだと思
います。ピロリが終わったと思
うとスイスが出てくるなどいた
ちごっこの感は否めません。

 スイスでもヘリコバクタース
イスが検出された。    笑

 
 
 
 
 
 
 
************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/ ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最近の号外Vol.1963メルマガ

2021-09-21 02:04:02

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。
以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 
診療マル秘裏話  号外Vol.1963 令和2年11月19日作成
作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 
 
 
 
 
目次

1)産学協同咀嚼計が今年のグッドデザイン賞受賞
2)副作用抑制しつつ,パーキンソン病治療可の最新装置

 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 
 
 
 
 
1】 産学協同咀嚼計が今年のグッドデザイン賞受賞

 
 
 
 
 
 新潟大歯学部と電機大手シャ
ープが開発した咀嚼(そしゃく)
計「bitescan(バイトスキャン)」
が、今年のグッドデザイン賞(
日本デザイン振興会主催)を受
賞しました。耳にかけるだけで
回数などを正確に計測でき、健
康への気づきや生活習慣病予防
などの行動変容につなげられる
点が評価されました。

 バイトスキャンは、フック状
の機器を耳にかけることで、か
む際に動く骨周辺の皮膚との距
離の変化をセンサーが感知し、
咀嚼を計測します。回数のほか
テンポなどのデータがスマート
フォンの専用アプリに自動で送
信され、確認できます。

 2016年にシャープの依頼を受
け、同大歯学部の小野高裕教授
と堀一浩准教授らが、精度確認
などの研究で開発に関わりまし
た。18年12月に製品化、主に研
究機関向けに販売されています。

 小野教授によると、よくかま
ずに食べると体重増加のリスク
が高まることを示す研究結果も
あります。日本でも大正時代に
は「一口30回」が推奨されてい
ましたが、日常生活で、かむ回
数を正確にはかることは難しく
「30回」の根拠はなかったとい
うことです。

 バイトスキャンは耳かけ式で
目立ちにくく、食事中も正確に
計測できデータを集めやすいこ
とが分かっています。このため、
測定回数をもとに、健康維持の
ための正しい目標値を導いたり、
高齢者が誤嚥(ごえん)しにく
い食品を開発したりすることに
つながると期待されています。

 今後は同大医学部と連携し、
かむ回数の指導などが生活習慣
病患者にどのような変化をもた
らすかなどを研究していきます。
小野教授は「咀嚼行動への気づ
きを通じ、回数が少ない人や肥
満を改善したい人を導くなど、
様々な可能性が見えてくる」と
期待しています。

バイトスキャンについて解説し

ている動画です。

 
 


 
 
 意地でも、健康維持を目標と
する。          笑

 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
2】 副作用抑制しつつ,パーキンソン病治療可の最新装置

 
 
 
 
 
 順天堂大学医学部 付属練馬
病院は、副作用を抑えながらパ
ーキンソン病の治療ができる最
新の装置を世界で初めて導入し
ました。脳内神経細胞の異常な
発火パターンを検知した時のみ
脳へ電流を流す仕組みです。従
来の脳深部刺激療法(DBS)
のように電流を流し続ける必要
がないため、しびれや不随意運
動などの副作用改善が期待され
ます。進行期の患者さんが対象
となり、11月ごろには本格的に
治療で用いたい考えです。

 今回導入する「メドトロニッ
クPerceptPC」は、米
医療機器大手メドトロニック社
が開発しました。2020年5月21
日に国内で薬事承認を取得し、
10月1日から保険適用となりま
した。

 パーキンソン病では、脳内の
ドーパミンを生産する細胞が減
少します。神経細胞が異常な活
動により、震えや体の動かしづ
らさなどの症状が出ます。初期
はドーパミン補充薬が治療の中
心になりますが、経過とともに
薬効時間が短くなり、不随意運
動などの症状が出始めます。そ
こで、脳に電極を留置し、結線
した刺激発生装置から脳内に電
流を流すことで、神経細胞の異
常活動を抑制するDBSが用い
られます。

 DBSでは通常、常に電流を
流しますが、しびれや歩行障害
などの副作用の出現や、症状の
悪化につながることもあります。
メドトロニックPercept
PCは脳細胞の異常な活動と程
度を検知し、さらに患者さんが
困っている症状の有無を自ら評
価します。必要な場合のみ刺激
を与えることで、副作用の出現
や電池の消費を抑えることが可
能です。同病院脳神経内科の下
泰司教授は、「患者、症状に合
わせた治療が可能になる」と話
しています。

メドトロニックの共同創業者に

ついての動画です。

 
 


 
 
 
 太閤検地で隠れ田んぼを検知
した。          笑

 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
編集後記

 
 新潟大歯学部と電機大手シャ
ープが開発した咀嚼(そしゃく)
計「bitescan(バイトスキャン)」
が、今年のグッドデザイン賞(
日本デザイン振興会主催)を受
賞したのは喜ばしいことです。
現在の所、咀嚼の健康への貢献
については、分からないことだ
らけであるので、そうした疑問
を咀嚼回数の測定などで解析す
るのは、非常に有用な研究であ
ると考えます。咀嚼行動への気
づきを通じ、回数が少ない人や
肥満を改善したい人を導くなど、
様々な可能性を是非追究して頂
きたいものです。
 順天堂大学医学部付属練馬
病院が、副作用を抑えながらパ
ーキンソン病の治療ができる最
新の装置を世界で初めて導入し
たのは素晴らしい試みだと思い
ます。ただ、電極留置の手術が
必要なので、電極留置の手術が
どのようなものなのかについて
も知りたいと個人的には考えて
います。こうした最新鋭の装置
を使わなくても活性水素の吸引
を行うだけで、かなりパーキン
ソン病の症状が和らぐことが分
かっているので、古典的な装置
も捨てたものではないと考えて
います。

 左様な副作用の軽減は注目に
値する。         笑

 
 
 
 
 
 
 
************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/ ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最近の号外Vol.1962メルマガ

2021-09-19 20:45:57

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。
以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 
診療マル秘裏話  号外Vol.1962 令和2年11月17日作成
作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 
 
 
 
 
目次

1)IL-34がICBの抵抗性獲得に寄与することを発見
2)鎖掛け布団を使うと精神疾患の人の不眠症改善

 
 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 
 
 
 
 
1】 IL-34がICBの抵抗性獲得に寄与することを発見

 
 
 
 
 
 北海道大学は10月21日、ガン
細胞が産生する液性生理活性因
子インターロイキン-34(IL-3
4 )が、抗PD-1抗体治療をはじ
めとした免疫チェックポイント
阻害療法(Immune checkpoint
blockade、ICB )に対する抵抗
性の獲得に寄与することを発見
したと発表しました。この研究
は、同大遺伝子病制御研究所の
清野研一郎教授、順天堂大学医
学部免疫学講座の八木田秀雄先
任准教授、かずさDNA 研究所ゲ
ノム事業推進部の長谷川嘉則チ
ーム長、DNA-Link社のイ・ヒギ
ョン博士らの研究グループによ
るものです。研究成果は、「iS
cience」にオンライン掲載され
ています。

 PD-1やCTLA-4をはじめとした
免疫チェックポイント分子は、
腫瘍微小環境における免疫細胞
を主としたさまざまな細胞の表
面に発現しており、腫瘍細胞に
対する免疫反応を負に調節しま
す。近年、それらの分子の働き
を阻害するICB がガンの新たな
治療法として確立され、外科療
法、薬物療法、放射線療法に次
ぐ第4の手法としてその適応対
象を拡大し続けています。その
一方で、ICB の治療効果はガン
の種類やガン組織を構成する微
小環境、あるいは対象患者さん
体内の免疫環境等に大きく依存
し、治療感受性を示す患者さん
は治療を受けた患者さん全体の
20~30%に留まるといわれてい
ます。そのため、ICB に対する
治療抵抗性を解除し得る方法が
日々模索されています。

 IL-34 は、2008年に初めて同
定された液性生理活性因子であ
り、正常なヒトにおけるその発
現は脳や皮膚に限定されること
が知られています。近年、さま
ざまなガン種の病巣においても
IL-34 の発現が確認され、ガン
の進行や転移に関与することが
報告されています。また、清野
教授らのグループは過去に、肺
ガン細胞由来のIL-34 が、抗ガ
ン剤を用いた治療に対する抵抗
性の獲得に寄与することを報告
しました。しかし、多くのガン
種が有するとされるICB 治療抵
抗性とIL-34 の関係性は不明な
ままでした。そこで今回、研究
グループは、ガン細胞を由来と
するIL-34とICB治療への抵抗性
の獲得に何らかの関係性がある
という仮説のもと、IL-34 標的
治療を基軸としたICB 抵抗性解
除法の確立を目的として研究を
行いました。

 研究グループは、マウスを由
来とする3種のガン細胞株(卵
巣ガン:HM-1、大腸ガン:CT26、
乳ガン:4T1)を準備し、IL-34
を恒常的に発現する株に加え、
遺伝子編集手法であるCRISPR-C
as9 システムを用いてIL-34 を
ノックアウトした株を作製しま
した。これらの細胞株を実験用
マウスの皮下に移植して腫瘍を
形成させ、ICB 治療を施した後
に腫瘍の大きさを経過観察する
ことで、ガン細胞由来IL-34 の
有無によって生じるICB 治療効
果の差を比較しました。その結
果、IL-34 を産生する腫瘍がIC
B 抵抗性を有するのに対し、そ
の発現を消失させた腫瘍はICB
治療に対し感受性を示すことが
判明しました。また、ガン細胞
由来のIL-34 を欠損したガン微
小環境において、抗腫瘍免疫の
活性化に関わるさまざまな液性
生理活性因子の遺伝子発現が上
昇していることが分かりました。

 次に、腫瘍内に浸潤する免疫
細胞を解析することで、ガン細
胞由来のIL-34 が存在する腫瘍
内の免疫環境とICB 抵抗性獲得
の関係性を調べました。結果、
ガン細胞由来IL-34 の発現阻害
が、免疫応答を活発化する炎症
性マクロファージと、ガンを攻
撃する働きを担うT細胞の腫瘍
内における割合を増加させるこ
とが判明しました。また、IL-3
4 陽性腫瘍に対し、抗IL-34 抗
体治療およびICB 治療を行う群
の腫瘍は、ICB 単剤による治療
群と比べ、縮小することが示さ
れました。

 さらに、体内の免疫系がヒト
化された実験用マウスにヒトの
ガン組織を移植したモデルを用
い、抗ヒトIL-34 抗体および抗
ヒトPD-1抗体による併用治療を
行うことで、より臨床に近い条
件でIL-34 標的治療の有用性を
検討した結果、併用療法を行っ
た3匹中2匹で、比較群よりも
腫瘍が縮小しました。

 ガン細胞由来のIL-34 の働き
を阻害することで、一部のガン
種のICB 抵抗性を解除し得るこ
とが示された今回の研究成果は、
IL-34 とICB 治療を紐づけた初
めての報告です。研究グループ
は、「今後、IL-34 を標的とし
た新規治療法が確立されると同
時に、腫瘍におけるICB 抵抗性
獲得のメカニズムの解明がより
進むことが期待される」と、述
べています。

免疫チェックポイント阻害剤に

ついて解説している動画です。

 
 


 
 
 介助の解除を要求する。 笑

 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
2】 鎖掛け布団を使うと精神疾患の人の不眠症改善

 
 
 
 
 
 金属製の鎖を入れ、重みと体
へのフィット感を高めた6-8 kg
の掛け布団を就寝時に使用する
ことで、精神疾患を有する人の
不眠症が改善したとする初のラ
ンダム化比較試験(RCT )の成
績が報告されました(J Clin S
leep Med 2020; 16: 1567-1577)。
双極性障害や注意欠如・多動性
障害(ADHD)を合併する不眠患
者さん120 人の検討で対照群に
比べ、不眠重症度指数(ISI )
の大幅な改善が認められたとい
うことです。

 「不眠症は一般市民だけでな
く、精神疾患患者の罹患率が高
いことが知られており、うつ病
や、双極性障害、ADHDなどを有
する人の最大6-8 割が不眠や不
眠に伴う認知機能低下や情動の
問題などを抱えていると報告さ
れている」と研究グループは述
べています。一部の国では以前
から、こうした精神疾患を有す
る人に対し、感覚の過敏性や生
理的な不眠に良いのではないか
との仮説に基づき作業療法の一
環として鎖入り布団が用いられ
てきたそうですが、科学的な効
果検証は行われていませんでし
た。

 
 今回のRCT は不眠症と診断さ
れたうつ病、双極性障害、ADHD、
全般性不安障害のいずれか、ま
たは複数の疾患を合併する120
例(平均年齢40歳)を対象に行
われました。家庭での、金属製
の鎖入りの掛け布団(8kgまた
は6kg)と、軽量のプラスチッ
ク製鎖入りの掛け布団(約1.5
kg)による不眠改善の効果を比
較検討しました。

ベースラインから4週間時点
において、金属の鎖入りの掛け
布団を使用した群の60%近くで
ISIが50%減少、対照群の5.4%
減少を大きく上回る改善が確認
されました。また、寛解(ISI
スケールで7 ポイント以上の減
少)の割合も42.2%と対照群の
3.6 %を大きく上回っていたと
いうことです。

 4週目以降に、全ての対象患
者さんに実施された12カ月フォ
ローアップ試験では、4種の異
なる掛け布団(6 kgまたは8 kg
の鎖入り、もしくは6.5 kgまた
は7 kgのボールが入っている)
による検討を実施しました。好
みの掛け布団を選んでもらった
所、多くの人はより重い掛け布
団を選んだそうです。フォロー
アップ試験では、対照群からス
イッチした人らも、当初から金
属の鎖入りの掛け布団を選んだ
人らと同等の不眠改善効果が確
認されました。12カ月時点で全
ての参加者の92%に不眠の改善
が確認され、78%が寛解に至っ
ていたということです。

 研究グループの一人、Mats A
dler氏(スウェーデン・カロリ
ンスカ研究所臨床神経科学部門)
は「同試験で示された効果量の
大きさに驚いた」とコメントし
ています。同社公式サイトでは、
この製品がスウェーデン・デン
マークでは公的保険の適用を受
けていること、国内では大阪大
学歯学部附属病院障害者歯科治
療部で、歯科治療時の緊張を緩
和するために使用されているこ
となどが紹介されています。同
試験はスウェーデン・カロリン
スカ研究所の資金提供を受けて
実施されました。

重い布団の効果について解説し

ている動画です。メンタリスト

ダイゴは、私は信用していませ

ん。

 
 


 
 
 
 硬式野球の公式試合をする。


 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
編集後記

 
 北海道大学が10月21日、ガン
細胞が産生する液性生理活性因
子インターロイキン-34(IL-3
4 )が、抗PD-1抗体治療をはじ
めとした免疫チェックポイント
阻害療法(Immune checkpoint
blockade、ICB )に対する抵抗
性の獲得に寄与することを発見
したと発表したのは偉大な業績
です。ガン細胞由来のIL-34 の
働きを阻害することで、一部の
ガン種のICB 抵抗性を解除し得
ることが示された今回の研究成
果は、IL-34 とICB 治療を紐づ
けた初めての報告ということで
すから、実際の臨床では、早く
IL-34阻害剤とICB 治療がセッ
トで行うことができるようにな
ることを期待したいと思います。
 金属製の鎖を入れ、重みと体
へのフィット感を高めた6-8 kg
の掛け布団を就寝時に使用する
ことで、精神疾患を有する人の
不眠症が改善したとする初のラ
ンダム化比較試験(RCT )の成
績が報告されたのは素晴らしい
業績です。精神疾患を有する人
の不眠症治療は、困難であり、
多くの心療内科や精神神経科で
は、ベンゾジアゼピン系をはじ
めとするマイナートランキライ
ザーの依存症に陥ってしまう患
者さんが多いことが分かってい
ます。それを寝具の工夫一本で
高い確率で解決したということ
ですから、本当に驚天動地と言
わざるを得ません。

 怪傑ゾロが事件を解決する。


 
 
 
 
 
 
************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/ ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最近の号外Vol.1961メルマガ

2021-09-18 17:22:50

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。
以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 
診療マル秘裏話  号外Vol.1961 令和2年11月16日作成
作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 
 
 
 
 
 
目次

1)GARPを標的としたガン免疫療法薬の第1相治験
2)妊娠後期妊婦は武漢熱感染症が重症化しやすい

 
 
 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 
 
 
 
 
1】 GARPを標的としたガン免疫療法薬の第1相治験

 
 
 
 
 
 第一三共は10月22日、切除不
能な固形ガン患者さんを対象に
Glycoprotein A Repetitions P
redominant(GARP)を標的とし
たガン免疫療法薬であるDS-105
5の第1相臨床試験において、最
初の患者さんへの投与を開始し
たと発表しました。

 DS-1055 は抗GARPモノクロー
ナル抗体で、活性型制御性T細
胞を減少させることで免疫反応
を高めます。現在、ガンを対象
に承認されているGARPを標的と
した治療薬は、承認されていま
せん。

 本試験は切除不能な複数の固
形ガン患者さんを対象とした日
米第1相臨床試験で約40例の登
録が予定されています。投与量
を段階的に増やしながら、安全
性や忍容性、有効性などを評価
し、最大耐容量と推奨用量を決
定するということです。安全性
の評価項目は用量制限毒性や有
害事象などで、有効性の評価項
目は客観的奏効率、病勢コント
ロール率、奏効期間、無増悪生
存期間、全生存期間などである
ということです。

ガン免疫療法の新展開について

の講演動画です。

 
 


 
 
 
 生存期間を、医療機関に報告
する。          笑

 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
2】 妊娠後期妊婦は武漢熱感染症が重症化しやすい

 
 
 
 
 
 妊娠中は感染症にかかると重
症化しやすいことが多い上、薬
を飲むのも気を使います。妊婦
が新型コロナウイルスに感染す
ると、どのような影響が出るの
でしょうか。

 開業医らでつくる日本産婦人
科医会は9月、新型コロナに感
染した妊婦の症状を調査し「妊
娠後期の妊婦は重症化しやすく、
感染予防に特に気を配る必要が
ある」と提言しました。7~8月
に全国約2200カ所の医療機関に
アンケートを実施し、約1400カ
所から回答を得ました。

 1~6月に出産した約30万6千
人の妊婦のうち、72人が感染し、
うち発熱などの症状が出たのは
58人でした。妊娠28週以降の妊
娠後期・産後すぐだと53%にコ
ンピューター断層撮影(CT)検
査で肺炎の症状が出ましたが、
それ以前だと10%にとどまりま
した。また、呼吸困難などで酸
素投与が必要になった人の割合
も、それぞれ37%、8%と、妊娠
後期になるほど重症化する傾向
がみられました。ただ、サンプ
ル数は少なめであることは否め
ません。

 海外の報告でも同じ傾向がみ
られます。米疾病対策センター
(CDC)は6月、武漢熱に感染し
た妊婦と、妊娠していない女性
計約9万人を比較しました。妊
婦はそうでない女性に比べ、集
中治療室(ICU )に入るリスク
が1.5 倍、人工呼吸器を使うリ
スクが1.7 倍高いという結果が
でました。一方で,死亡率は0.9
倍でした。CDC は「妊婦は重症
化の可能性があることを認識し
ておくべきだ」としています。

 一方でCDC はこの報告につい
て、「妊娠していない」とされ
た女性が妊娠している可能性や、
妊婦の症状のデータが多く欠落
していることを認めています。
このため、本来のリスクはさら
に大きい可能性があります。

 英国や中国などの研究チーム
が9月、英医学誌ブリティッシ
ュ・メディカル・ジャーナル(
BMJ )に発表した論文でも、妊
婦の方がリスクが高いという結
果でした。信頼できる77本の論
文や報告を分析し、新型コロナ
に感染した女性を、妊婦とそう
でない人に分けて比べた結果、
妊婦の方が、せきや呼吸困難が
出る割合や、集中治療室に入っ
たり人工呼吸器を使ったりする
人の割合が高いという結果でし
た。ただ、論文により症状の定
義が違うまま比較されていると
いう限界があります。

 日本産婦人科感染症学会副理
事長で日本大学の早川智教授は、
いずれの報告も結果は完全では
ないと指摘しています。「リス
クは否定できないが、まだ明確
に妊婦が重症化しやすいと示し
ている報告はない」とも述べて
います。

 また、子宮が大きくなると横
隔膜が上がって呼吸がしづらく
なり、せきや息苦しさなどが悪
化しやすいそうです。症状の悪
化はウイルスによるものではな
く、妊娠後期の妊婦の特徴に関
係している可能性もあるという
ことです。

 早川さんは「国内では感染し
ても、適切に対応できる態勢が
ある。過度に恐れる必要はなく、
基本の感染予防対策を続けてほ
しい」と話しています。

 日本産科婦人科学会なども9
月に発表した感染対策のガイド
ラインの中で、人種差や国ごと
の医療提供態勢が異なるため慎
重な見極めが必要と指摘してい
ます。「患者さんに不要な心配
を与えないためにも慎重に状況
を見極めていく必要がある」と
説明しています。

妊婦さんにとっての新型コロナ

ウイルス感染症について解説し

ている動画です。

 
 


 
 
 
 身長を慎重に測定する。笑

 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
編集後記

 
 第一三共が10月22日、切除不
能な固形ガン患者さんを対象に
Glycoprotein A Repetitions P
redominant(GARP)を標的とし
たガン免疫療法薬であるDS-105
5の第1相臨床試験において、最
初の患者さんへの投与を開始し
たと発表したのは喜ばしいこと
です。しかし、活性型制御性T
細胞を標的にすると自己免疫性
疾患を発症しないでしょうか?
寄生虫の出すトレハロースとい
う糖分が自己免疫性疾患を改善
すると以前のメルマガに書きま
した。それが正しいとするなら、
活性型制御性T細胞を抑制する
とガンの治療になるかも知れま
せんが、自己免疫性疾患のリス
クになることが懸念されます。
 開業医らでつくる日本産婦人
科医会が9月、新型コロナに感
染した妊婦の症状を調査し「妊
娠後期の妊婦は重症化しやすく、
感染予防に特に気を配る必要が
ある」と提言したのは由々しき
ことです。武漢熱がパンデミッ
クになっている現在の状況下で
も、妊婦さんは、いらっしゃる
し、リスクを抱えて大変だと思
います。出産は、一世一代の女
性の命をかけた仕事です。そん
な大仕事をしている人を武漢熱
の脅威から守ることができない
なら、本当に世も末と言わざる
を得ないでしょう。バスなどで
妊婦さんがいらっしゃったら、
できるだけ席を譲るなど無理さ
せないようにご配慮いただきた
いと思う次第です。

 驚異の感染力をもつウイルス
の脅威。         笑

 
 
 
 
 
 
 
************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/ ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最近の号外Vol.1960メルマガ

2021-09-17 21:33:51

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。
以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 
診療マル秘裏話  号外Vol.1960 令和2年11月15日作成
作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 
 
 
 
 
 
目次

1)0.5ミリ未満の早期乳ガンを染色せずにイメージング可
2)ミトコンドリア病の迅速かつ全自動診断デバイス開発す

 
 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 
 
 
 
 
1】 0.5ミリ未満の早期乳ガンを染色せずにイメージング可

 
 
 
 
 
 大阪大学は10月22日、レーザ
ー光を非線形光学結晶に照射し
た際に局所的に発生する「テラ
ヘルツ波」を利用して,0.5ミリ
未満の早期乳ガンを、染色せず
に高い精度でテラヘルツイメー
ジングすることに初めて成功し
たと発表しました。これは、同
大レーザー科学研究所の芹田和
則特任助教、斗内政吉教授、同
大学院工学研究科の岡田航介大
学院生(博士後期課程)および仏
ボルドー大学、ベルゴニエ研究
所の国際共同研究グループによ
るものです。研究成果は、「Jo
urnal of Physics: Photonics」
(オンライン)に掲載されてい
ます。

 乳ガンは、浸潤性のものと非
浸潤性のものに大きく分けられ
ます。浸潤性のガンはすでにガ
ンが進行した状態です。非浸潤
性のガンはまだ進行が進んでい
ない初期の小さな乳ガンで、非
浸潤性乳管ガン(DCIS)と呼ば
れます。乳管内部でガン細胞が
増殖し、放置しておくと悪性度
の高い浸潤性のガンとして進行
していきます。そのためDCISの
早期発見が重要です。ガンの病
理診断では、化学物質を使った
染色で組織を色分けし、その染
色画像を使って病理医が診断を
しますが、この染色工程に手間
と時間がかかることが課題とな
っています。また、DCISは、た
とえ染色したとしても病巣その
ものの見た目が浸潤性乳管ガン
(IDC )と類似していることか
ら、正確な識別が難しいとされ
ています。

 テラヘルツ波は、周波数にし
て0.1~10 テラヘルツの電磁波
を指し、光と電波の中間帯に位
置します。特にイメージングで
は、X線とは異なり、物質を被
曝させずに可視化することがで
きることから、それに代わる安
心安全な評価技術として注目さ
れています。また、生体組織の
計測に利用することで、ガン組
織と正常組織を、染色を行わず
に識別することができるとされ
ており、将来の新しいガン診断
技術としても期待されています。
しかし、従来のテラヘルツ計測
では、テラヘルツ波をレンズで
絞ってサンプルに照射させてい
たため、観察可能な領域が数ミ
リメートルから数センチメート
ル程度に制限されていました。
そのためテラヘルツ波でDCISな
どの早期ガンを観察することは
できませんでした。

 研究グループは今回、非線形
光学結晶に、フェムト秒(1フ
ェムト秒は10~15秒)パルスレ
ーザー光を照射した際にテラヘ
ルツ波が局所的に発生すること
に着目しました。ここで発生す
るテラヘルツ波は、その波長(
1テラヘルツは約0.3ミリメート
ル)より数桁小さい点光源とし
て扱うことができます。これと
サンプルを直接相互作用させて
イメージングを行うことで、従
来難しかった0.5 ミリメートル
未満のDCISの鮮明なテラヘルツ
イメージングに初めて成功しま
した。

 具体的には、非線形光学結晶
表面に転写した乳ガン組織の下
からレーザーを照射して、結晶
の表面にテラヘルツ波を発生さ
せます。このテラヘルツ波を走
査させて乳ガン組織のイメージ
ングを行うというものです。フ
ランスチームが観測に適合した
特殊な試料を準備することで成
功した、国際共同研究の大きな
成果です。

 また、テラヘルツ波の強度分
布がDCISとIDC で異なることを
観測したことから、それらの定
量的な識別が可能であることが
示唆されました。これらは、従
来のテラヘルツ波によるガン測
定と比較して,1,000倍近く精度
よくガン組織をイメージングで
きていることになります。

 今回の研究成果から、病理診
断において、乳ガンを含めたさ
まざまな早期ガンを染色せずに
迅速に診断できるようになり、
オンサイト診断の実現が期待さ
れます。ガンによっては治療を
必要としない悪性度の低いガン
も存在するとされており、それ
らを含めた定量的なガン診断の
手法が確立することで、ガンの
グレードを判定する上でも役立
つ可能性があり、機械学習と組
み合わせることで、病理医の診
断を強力にサポートすると考え
られます。

 「非線形光学結晶と試料を接
触させる測定手法をとっている
ため、センサー部のコンパクト
化が可能となり、フレキシブル
なテラヘルツ医用診断デバイス
開発も期待される。例えば、フ
ァイバー光学系とMEMS技術を組
み合わせることで、ハンドヘル
ド型のテラヘルツ診断デバイス
やテラヘルツ内視鏡への応用も
考えられる」と、研究グループ
は述べています。

テラヘルツ波について解説して

いる動画です。

 
 


 
 
 
 ガン診断の手法が、確立する
確率を計算する。     笑

 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
2】 ミトコンドリア病の迅速かつ全自動診断デバイス開発す

 
 
 
 
 
 久留米大学は10月22日、ミト
コンドリア病の迅速かつ全自動
診断デバイスを、世界に先駆け
て開発したと発表しました。こ
れは、同大小児科学講座の古賀
靖敏教授らの研究グループによ
るものです。研究成果は、「Jo
urnal of Inherited Metabolic
Disease」に掲載されています。

 ミトコンドリア病は、ミトコ
ンドリアのエネルギー産生系酵
素の遺伝的異常によって引き起
こされる希少疾患であり、精神・
運動発達の遅れや心不全、糖尿
病などの症状を来す、遺伝性進
行性難病です。古賀教授はこれ
までに、ミトコンドリア病の診
断バイオマーカーとしてGDF15
を発見し、国内特許を取得し、
その診断精度は感度・特異度98
%であることを示しました。そ
の後、日本医療研究開発機構(
AMED)の研究支援を受け、株式
会社医学生物学研究所(MBL )
と共同で、大病院で使用されて
いる汎用自動分析機器に搭載す
ることでGDF15 を測定できる診
断薬(LTIAデバイス)を世界に
先駆けて開発しました。

 新たに開発した診断薬を用い
た場合、これまでは研究室で検
査技師が時間をかけて行ってい
たGDF15 の測定を10分という測
定時間で迅速に、しかも全自動
で大量の検体が処理可能となり、
かつ1検体当たりの測定単価は
従来の25%と非常に安価となり
ます。この診断薬によるミトコ
ンドリア病診断の性能は、感度
94.0%、特異度91.0%と、これ
まで研究室での測定に使用して
きたELISA 製品と同等であり、
日本の診断薬としての要件を十
分満たすことが検証されました。

 研究グループは、「この技術
により、専門医のいない病院に
おいても、ミトコンドリア病を
早期発見、早期治療することが
可能となる。また、従来、ミト
コンドリア病の診断根拠として
用いられていた乳酸値の高値は、
3歳未満の子どもでは、採血の
ために腕を駆血したり泣いたり
することで容易に乳酸値が高く
なり、それが誤診の原因となっ
ていた。GDF15 は駆血の影響を
受けず、何度も繰り返し乳酸を
測定する必要も無くなるため、
患者さんの負担も減る。GDF15
は既にミトコンドリア病を診断
する際の重要な検査となってい
る」と、述べています。

ミトコンドリア病の治療につい

て解説している動画です。

 
 


 
 
 
 九傑が駆血帯を巻いた。 笑

 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
編集後記

 
 大阪大学が10月22日、レーザ
ー光を非線形光学結晶に照射し
た際に局所的に発生する「テラ
ヘルツ波」を利用して,0.5ミリ
未満の早期乳ガンを、染色せず
に高い精度でテラヘルツイメー
ジングすることに初めて成功し
たと発表したと発表したのは、
素晴らしい業績です。テラヘル
ツ波は、周波数にして0.1~10
テラヘルツの電磁波を指し、光
と電波の中間帯に位置して特に
イメージングでは、X線とは異
なり、物質を被曝させずに可視
化することができることから、
それに代わる安心安全な評価技
術として注目されているという
ことで、驚天動地の凄い技術で
あることに感心しました。
 久留米大学が10月22日、ミト
コンドリア病の迅速かつ全自動
診断デバイスを、世界に先駆け
て開発したと発表したのは素晴
らしい業績です。古賀教授はこ
れまでに、ミトコンドリア病の
診断バイオマーカーとしてGDF1
5 を発見し、国内特許を取得し
ています。その診断精度が感度・
特異度98%であることを示して
いることだけでも凄いのに、こ
の技術により、専門医のいない
病院においても、ミトコンドリ
ア病を早期発見、早期治療する
ことが可能となるということは、
患者さんやご家族にとって本当
に、ありがたいことだと私は考
えています。

 早期発見を想起する技術です。


 
 
 
 
 
 
************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/ ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント