最新号より100号前のメルマガ

2021-10-06 23:17:45

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。
以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 
診療マル秘裏話  Vol.832 令和1年11月20日作成
作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 
 
 
 
 
 
目次

1)意思と関係なく発声不可となる痙攣性発声障害
2)人と動物に共通して感染する「パスツレラ症」

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 
 
 
 
 
1】意思と関係なく発声不可となる痙攣性発声障害

 
 
 
 
 
 「痙攣(けいれん)性発声障
害」は、自分の意思とは関係な
く喉の筋肉がけいれんし、うま
く発声できなくなります。発声
障害の一つであり、内転型、外
転型、両方が混在する混合型に
分けられますが、ほとんどが内
転型です。横浜市立大学付属病
院耳鼻咽喉科の折舘伸彦診療科
部長に診断や治療について聞き
ました。内転型痙攣性発声障害
は、喉の筋肉が収縮して声帯が
過剰に閉じてしまうことで、声
が詰まる、途切れる、震えると
いった症状が表れる病気です。
特定の言葉が言いづらい、接客
や電話など特定の場面で症状が
出やすいなどの特徴があります。
20~40代の女性に多いとされ、
正確な原因は分かっていません。

 発症は10万人に3.5~7.0人と
非常に少なく、認知度は低い病
気です。そのため、職場や学校
では誤解されやすく、「真剣味
が足りない」と注意を受けるな
ど、周囲の無理解に苦しむ患者
さんは多いということです。

 診断は、問診のほか、音読時
や発声時の声の状態や喉の異常
を確認しながら行っていきます。
ただし、発声障害に詳しい医師
は多くないのが現状で、この病
気を正確に診断できる医療機関
は限られます。折舘医師も「医
療機関を受診しても『異常なし』
『精神的なもの』と診断されて
しまうことがあります」と危惧
しています。内転型痙攣性発声
障害が疑われる場合は、診断確
定の意味も含め、まず言語聴覚
士による発声訓練を行うことが
多いとされています。一定期間、
訓練しても効果がなければ、声
帯の筋肉の過剰な緊張を和らげ
るボツリヌス毒素製剤の局所注
射や手術が選択されます。ただ
し、ボツリヌス毒素製剤の効果
は永続的ではないため、定期的
な治療が必要となります。

 手術の一つに、チタン製の医
療機器を喉の軟骨に埋め込む方
法があります。けいれんによっ
て声帯が強く閉まり過ぎるのを
防ぎ、発声を改善させます。20
18年に保険適用となった治療法
で、治療成績は良好だというこ
とです。日本喉頭科学会では現
在、この手術を実施している医
療機関を学会のホームページに
公開する準備を進めているとい
うことです。

 折舘医師は「一人で悩まずに、
さまざまな情報ツールを上手に
利用して、適切な治療を受けら
れる医療機関を探し、門戸をた
たいてください。そうすればき
っと最良の解決法が見つかりま
す」と話しています。

痙攣性発生障害の治療について

解説している動画です。

 
 


 
 
 
 整体で声帯の緊張をほぐす。


 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
2】 人と動物に共通して感染する「パスツレラ症」

 
 
 
 
 
 
 人と動物に共通して感染する
「パスツレラ症」は、大半がペ
ットとして飼われている犬や猫、
小鳥などからうつり、症状が多
岐にわたるため気付かれにくい
病気です。2000年以降、患者さ
んは増加傾向にあり、日本大学
医学部臨床検査医学分野の荒島
康友助教は「正しい知識を持ち、
極端なペットとの接し方を避け
る必要があります」と呼び掛け
ます。パスツレラ症の原因菌は
何種類かあり、哺乳動物や鳥類
の口腔内、消化管などに常在し、
犬では75%、猫ではほぼ100%の
保菌率です。引っかかれたり、
かまれたりすることで人に感染
しますが、犬や猫がくしゃみを
して空気中に飛んだ菌を人が吸
い込んで感染する飛沫(ひまつ)
感染も少なくないという事です。

 「健康であれば無症状ですが、
免疫力が弱っていると体のさま
ざまな部分に感染し、症状が表
れます。40歳以上に多く、50~
60代がピークです」と荒島助教
は説明しています。

 ある患者さんは、毎朝飼い犬
に自分の口をペロペロとなめさ
せていた所、鼻水や鼻詰まり、
副鼻腔(びくう)に大量のうみ
がたまるなどの症状が出たとい
うことです。他にも喉の違和感
やかすれ声、食中毒や関節炎な
ど多くの症状があります。特に
糖尿病などの基礎疾患があると
重症化しやすく、死亡例も報告
されています。

 「目立った変化や特徴的な症
状が無く、培養検査で初めて感
染が分かります。喉の異常を感
じて受診しても病気が見つから
ず、幾つも病院を回るケースが
多くあります」と荒島助教は言
っています。ワクチンは無く、
早い段階でのペニシリン系やテ
トラサイクリン系などの抗生剤
が効果を表すということです。
「ほとんどの場合、経過は良好
ですが、基礎疾患がある人は、
病状により重症化し、長引く場
合もあります」パスツレラ症が
増加傾向にある要因としては、
1)核家族化によるペット飼育者
の増加2)ペットが小型化し室内
飼いが増えたことによる濃厚接
触3)建物の気密性の向上―など
が挙げられます。荒島助教は「
飼育当初から、ペットとの接触
後はうがいや手洗いをし、ペッ
トとキスをするといった過剰な
接触は避けること。特に寝室に
はペットを入れないこと」と強
調しています。基礎疾患や体調
の管理も重要だということです。

 パスツレラ症は、10歳以下の
子どもへの感染もしばしば報告
されています。「乳児のいる部
屋にはペットを入れない、子ど
もがペットと遊ぶときは大人が
付き添うなど、ペットとは一定
の距離を保ち、困ったときは獣
医師への相談も必要です」と荒
島助教は語っています。

ペットが原因で起こる感染症に

ついて解説している動画です。

 
 


 
 
 隊長の体調を気遣って、早め
に退庁して頂いた。    笑

 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
 
編集後記

 
 「痙攣(けいれん)性発声障
害」は、自分の意思とは関係な
く喉の筋肉がけいれんし、うま
く発声できなくなる、発声障害
の一つであり、内転型、外転型、
両方が混在する混合型に分けら
れますが、ほとんどが内転型と
いうことです。発症は10万人に
3.5~7.0人と非常に少なく、認
知度は低い病気です。そのため、
職場や学校では誤解されやすく、
「真剣味が足りない」と注意を
受けるなど、周囲の無理解に苦
しむ患者さんは多いという所が
問題点と言えるでしょう。また
周囲の人だけではなく医療機関
を受診しても『異常なし』『精
神的なもの』と診断されてしま
うことがあるというのも大きな
問題です。医者の不勉強から来
る誤診については、患者さんサ
イドでは防ぎようがないので、
困ったものです。
 人と動物に共通して感染する
「パスツレラ症」は、大半がペ
ットとして飼われている犬や猫、
小鳥などからうつり、症状が多
岐にわたるため気付かれにくい
病気です。2000年以降、患者さ
んは増加傾向にあり、日本大学
医学部臨床検査医学分野の荒島
康友助教は「正しい知識を持ち、
極端なペットとの接し方を避け
る必要があります」と呼び掛け
ているのは重要なことであると
私は考えています。毎朝飼い犬
に自分の口をペロペロとなめさ
せていた所、鼻水や鼻詰まり、
副鼻腔(びくう)に大量のうみ
がたまるなどの症状が出たとい
うことで、恐ろしい病気だと思
います。他にも喉の違和感やか
すれ声、食中毒や関節炎など多
くの症状があり、特に糖尿病な
どの基礎疾患があると重症化し
やすく、死亡例も報告されてい
るということは重大な事実だと
思います。

 関節に間接的にアプローチす
る。           笑

 
 
 
 
 
 
************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/ ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最近の号外Vol.1976メルマガ

2021-10-05 17:48:50

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。
以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 
診療マル秘裏話  号外Vol.1976 令和2年12月4日作成
作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 
 
 
 
 
目次

1)NGSとリキッドバイオプシの組合せ診断検査をFDA承認
2)円形脱毛症の原因と新薬含めた対策を披露する

 
 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 
 
 
 
 
1】 NGSとリキッドバイオプシの組合せ診断検査をFDA承認

 
 
 
 
 
 米国食品医薬品局(FDA) は
10月26日および11月6日、血中
循環細胞遊離DNA(cfDNA)から
検出したガン治療関連バイオマ
ーカーのコンパニオン診断検査
として、次世代シーケンサー(
NGS) とリキッドバイオプシを
組み合わせた「Foundation One
Liquid CDx」(Foundation Me
dicine社)を承認しました。卵
巣ガン、非小細胞肺ガン(NSCL
C),乳ガンの治療に用いる抗ガ
ン剤の治療対象候補となる遺伝
子異常や遺伝子変異の検出に使
用できるということです。

 10月26日には,1)卵巣ガン治
療に用いるrucaparib (ルカパ
リブ,製品名RUBRACA、Clovis O
ncology 社、国内未承認)の治
療対象候補となるBRCA1 および
BRCA2 変異陽性の検出、2)NSC
LC治療に用いるアレクチニブ(
製品名ALECENSA、Genentech US
A社)の治療対象候補となるALK
再構成の検出、3)乳ガン治療
に用いるalpelisib (アルペリ
シブ,製品名PIQRAY,ノバルティ
スファーマ、国内未承認)の治
療対象候補となるPIK3CA遺伝子
変異の検出の3項目の適応で、
承認されました。さらに11月6
日には、転移性去勢抵抗性前立
腺ガン (mCRPC)治療に用いる
オラパリブ(商品名LYNPARZA、
アストラゼネカ)の治療対象候
補となるBRCA1、BRCA2およびAT
M 遺伝子変異の検出が適応に追
加されました。

 今回の承認は、臨床試験4件
の参加者から採取した血漿検体
を用いて、同検査の有効性を後
ろ向きに検討した結果に基づく
ものです。「FoundationOne Li
quid CDx」によって、rucapari
b、alpelisib、アレクチニブ、
オラパリブの有効性が、それぞ
れBRCA1 および/またはBRCA1異
常、PIK3CA変異、ALK 遺伝子再
構成、BRCA1、BRCA1およびATM
異常が検出された症例で認めら
れました。なお、血液検体でこ
の遺伝子変異や遺伝子異常が認
められなかった場合には、腫瘍
組織検体を用いて再度、遺伝子
検査を実施する必要があるとし
ています。

DNAの構造について解説してい

る動画です。

 
 


 
 
 検体を調査する際の倦怠感。


 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
2】 円形脱毛症の原因と新薬含めた対策を披露する

 
 
 
 
 
 
 ある日突然、髪の毛が円形や
楕円(だえん)形に抜け落ちる
円形脱毛症という病気がありま
す。硬貨大の脱毛部が1カ所に
とどまることもありますが、半
年くらいの間に急速に増えたり、
頭部全体に広がったりすること
もあります。他人の視線が気に
なるため、精神的なストレスは
大きいとされています。米元皮
膚科医院(神奈川県海老名市)
の斉藤典充副院長は「一人で悩
みを抱え込まず、皮膚科の専門
医に相談してください」と呼び
掛けています。

 円形脱毛症は年齢に関係なく
発症し、人口の1~2%が罹患
(りかん)すると推定されてい
ます。「一般には、ストレスで
発症すると思われていますが、
突き詰めると『自己免疫』が関
わっています。体内に侵入した
外敵と戦う免疫システムの異常
により、誤って自分の毛根を攻
撃することで毛が抜けるのです」
と斉藤副院長は解説しています。

 免疫異常を来すきっかけはス
トレスの人もいれば、インフル
エンザなどのウイルス感染の人
もいます。はっきりしない例も
多いということです。

 治療法は脱毛部の数や面積、
脱毛が始まってからの期間によ
って選択されます。例えば、脱
毛部が1カ所から数カ所であれ
ば、炎症と免疫反応を抑えるス
テロイド剤のローションや患部
への注射、血流改善、免疫調整
効果があるとされる植物エキス
(セファランチン)の内服など
が行われます。患部にドライア
イスを当てるような冷却療法に
も、免疫の異常を調整する働き
があります。これらの治療によ
って、脱毛部が単発・少数の軽
症例は1年以内に約8割が回復
するとされています。

 脱毛部が多く、頭部の25%以
上に及ぶ重症例では、免疫調整
を目的とした局所免疫療法や紫
外線療法、ステロイド剤の静脈
注射などが行われます。

 局所免疫療法では1~2週に
1回、患部に特殊な薬剤を塗っ
て一時的な軽いかぶれ(皮膚炎)
を繰り返し起こさせます。かぶ
れに関わる細胞が、毛根を攻撃
して脱毛を起こす免疫細胞の働
きを抑えることで、発毛を促す
効果があると考えられます。

 これらの治療は専門的な医療
機関で行われることが多いので
すが、「まず近くの皮膚科専門
医を受診してください。必要に
応じて、専門施設を紹介される
と思います」と斉藤副院長は言
っています。

 ただし、重症例の回復率は軽
症例よりも低いとされています。
また、斉藤副院長によると、円
形脱毛症患者の3~4割が、程
度の差はあれ再発することも課
題だということです。

 近年、既存薬とは別の作用で
免疫反応を抑えるJAK阻害薬
という内服薬の開発が進んでお
り、重症患者さんの治療手段と
して期待されています。斉藤副
院長は「臨床試験中なので、現
時点では有効性も安全性も評価
できませんが、海外では有効な
事例が報告されています」と話
しています。

円形脱毛症の診断と治療につい

て解説している動画です。

 
 


 
 
 有鈎条虫に有効な薬剤。笑

 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
編集後記

 
 米国食品医薬品局(FDA) が
10月26日および11月6日、血中
循環細胞遊離DNA(cfDNA)から
検出したガン治療関連バイオマ
ーカーのコンパニオン診断検査
として、次世代シーケンサー(
NGS) とリキッドバイオプシを
組み合わせた「Foundation One
Liquid CDx」(Foundation Me
dicine社)を承認したのや喜ば
しいことです。先端技術と生検
よりも身体に優しい採血が組み
合わされたものだと私は、理解
しました。
 円形脱毛症の重症例の回復率
は軽症例よりも低いとされてい
るのは残念なことです。しかし、
自己免疫性疾患であるならば、
副作用が心配なJAK 阻害薬など
より、トレハロースを内服する
方が、安全な治療であると思い
ます。トレハロースを内服する
ことで、腸内のある種の細菌が
増え、制御性T細胞が増えるこ
とが分かっているからです。免
疫の機構というのは、奥深いも
のだと再認識しました。

 庁内の人の腸内細菌を調査す
る。           笑

 
 
 
 
 
 
 
************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/ ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最近の号外Vol.1975メルマガ

2021-10-04 20:31:01

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。
以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 
診療マル秘裏話  号外Vol.1975 令和2年12月3日作成
作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 
 
 
 
 
目次

1)ミトコンドリア呼吸を活性化する物質TLAM発見
2)食道ガンのβ遮断薬使用有無と転帰の関連検討

 
 
 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 
 
 
 
 
1】 ミトコンドリア呼吸を活性化する物質TLAM発見

 
 
 
 
 
 理化学研究所(理研)は11月
10日、ミトコンドリア呼吸を活
性化する物質として、解糖系律
速酵素の1つであるホスホフル
クトキーナーゼ(PFK1)を阻害
する低分子化合物「tryptolina
mide(TLAM)」を発見したと発
表しました。この研究は、理研
環境資源科学研究センター創薬・
医療技術基盤連携部門創薬シー
ド化合物探索基盤ユニットの小
林大貴研究員(研究当時)、ケ
ミカルゲノミクス研究グループ
の吉田稔グループディレクター、
国立精神・神経医療研究センタ
ー(NCNP)神経研究所疾病研究
第二部の畠山英之研究員(研究
当時)、後藤雄一部長(メディ
カル・ゲノムセンター長)らの
共同研究グループによるもので
す。研究成果は、「Nature Che
mical Biology 」オンライン版
に掲載されています。

 ミトコンドリア病は、ミトコ
ンドリア呼吸機能の低下により、
主に筋肉や神経などエネルギー
を多量に必要とする組織で臨床
症状が現れるだけでなく、解糖
系へのエネルギー依存度が高く
なるため、乳酸アシドーシスが
引き起こされます。エネルギー
生産効率の高い呼吸機能を回復
させることが、ミトコンドリア
病の治療戦略の1つになると考
えられていますが、不完全な呼
吸鎖を活性化することで発生す
る活性酸素種(ROS) が、細胞
にダメージを与えることが懸念
されます。現在、呼吸改善作用
あるいは抗酸化作用を持つ複数
の治療薬候補の有効性や安全性
が、臨床試験で試されている所
ですが、確実な治療法はまだ確
立されていません。そこで、研
究グループは、ケミカルバイオ
ロジーの手法により、ミトコン
ドリア病の新たな治療標的を見
出すことを目的に研究を実施し
ました。

 研究グループは、ミトコンド
リア病で起きているエネルギー
代謝変化に注目しました。ミト
コンドリア病では、呼吸が低下
し解糖系への依存度が高くなっ
ています。この代謝バランスを
正常に近づければ、低下したエ
ネルギー(ATP) 生産性を回復
させ、かつ解糖系の最終産物で
あり、乳酸アシドーシスの原因
となる乳酸の生産量を減少させ
ることができるはずと考えまし
た。そして、このような代謝調
節作用を持つ化合物を、ミトコ
ンドリア病患者さん由来の細胞
の代わりに、同様の解糖系に依
存したエネルギー代謝である「
ワールブルグ効果」を示すガン
細胞を用いて探索することにし
ました。ガン細胞は、エネルギ
ー合成効率が低い解糖系に依存
しているため、低グルコース培
地ではエネルギー不足になり、
細胞死が誘導されます。一方、
ガン細胞のエネルギー代謝バラ
ンスをミトコンドリア呼吸優位
にできれば、エネルギー合成効
率が高まるため、低グルコース
培地での細胞死が抑制されます。

 低グルコース状態を誘起する
2-デオキシグルコースによる細
胞死を抑制する化合物を理研NP
Depo化合物ライブラリーから探
索した結果、活性化合物を見出
し、「tryptolinamide(TLAM)」
と命名しました。代謝解析の結
果、TLAMは、ガン細胞の代謝バ
ランスをミトコンドリア呼吸に
シフトさせることが判明しまし
た。さらに、ミトコンドリア病
の1つであるMELASの患者由来の
変異ミトコンドリアDNA(mtDNA)
(m.3243A>G) を持つサイブリ
ッド(細胞質融合細胞)および
別のMELAS患者さん(m.3243A>G)
細胞由来のiPS 細胞から作製し
た分化細胞においても、同様に
エネルギー代謝を呼吸優位にシ
フトさせることが分かりました。

 次に、TLAMの作用機序を解析
しました。生化学的な解析から、
TLAMはAMP 活性化プロテインキ
ナーゼ(AMPK)の活性化を介し
た脂肪酸分解により、ミトコン
ドリア呼吸を活性化することが
示されました。また、細胞内エ
ネルギー代謝に関わる代謝物質
の網羅的定量解析(定量メタボ
ローム解析)により、TLAMは解
糖系律速酵素ホスホフルクトキ
ナーゼ(PFK1)の活性に影響を
与えていることが示唆されまし
た。これを手掛かりとして、組
換えPFK1蛋白質を用いて検討し
た結果、TLAMがPFK1に直接作用
することで、その酵素反応を阻
害することが明らかとなりまし
た。

 さらに、TLAMによる細胞内エ
ネルギー代謝シフトがPFK1阻害
によりもたらされるのかを調べ
るため、CRISPR/Cas9 技術を用
いてPFK1ノックアウト細胞を作
製しました。その結果、PFK1ノ
ックアウト細胞は、TLAMを与え
た細胞と同様にミトコンドリア
呼吸優位の代謝を示し、またTL
AMを与えても代謝変化が誘導さ
れませんでした。これにより、
TLAMによる細胞内エネルギー代
謝シフトがPFK1阻害によりもた
らされることが確認されました。
解糖系律速酵素であるPFK1を阻
害することで、ミトコンドリア
呼吸機能が増強する理由の1つ
は、AMPKの活性化です。実際、
TLAMを処理したPFK1野生型の細
胞と同様に、PFK1ノックアウト
細胞は、PFK1野生型の細胞に比
べて高いAMPK活性を示すことが
確認されました。

 一方、PFK1は解糖系のゲート
キーパーとなっており、PFK1を
阻害すると、解糖系の側方経路
であるペントースリン酸経路へ
の代謝フローが迂回、増大しま
す。ペントースリン酸経路は、
酸化ストレスに対抗するために
重要なNADPH (還元型ニコチン
アミドジヌクレオチドリン酸)
を産生する経路としても知られ
ています。遺伝学的解析により、
AMPK活性化・脂肪酸分解に加え
て、ペントースリン酸経路の亢
進も、TLAMによるミトコンドリ
ア呼吸増強に必要であることが
示されました。

 最後に、TLAMがミトコンドリ
ア病患者から樹立されたiPS 細
胞の病的な表現型に与える影響
を評価しました。変異したmtDN
A を高頻度で持つiPS 細胞は、
神経幹細胞までは分化できるも
のの、神経細胞にまでは分化で
きません。これはエネルギー消
費の高い神経細胞では、ミトコ
ンドリア機能障害により細胞死
が起きてしまうためと考えられ
ます。実験の結果、TLAMは、m.
3243A>Gあるいはm.3291C>Tのmt
DNAを高頻度に持ったiPS細胞の
神経細胞(NF-H陽性細胞)への
分化障害を改善させることが分
かりました。これは、PFK1を阻
害することで、mtDNA に起因す
るミトコンドリア病の病態を改
善できる可能性を示しています。

 PFK1を阻害することでエネル
ギー代謝がシフトし、ミトコン
ドリア呼吸の低下を改善できる
という今回の研究成果は、細胞
内エネルギー代謝に関する生物
学的知見として極めて重要と言
えます。また、PFK1阻害は、「
ミトコンドリア呼吸だけでなく
アシドーシスを改善する」「ペ
ントースリン酸経路の亢進によ
るNADPH 産生が不完全な呼吸マ
シナリーを活性化することで発
生するROS による細胞ダメージ
を緩和する」ことが期待されま
す。そのため、PFK1阻害はミト
コンドリア病治療の観点から複
数のメリットを持つ、これまで
にない治療標的になり得ます。

 また、ミトコンドリア機能低
下は、ミトコンドリア病だけで
なく、老化、ガン、神経変性疾
患を含むさまざまな疾患に関連
しているため、今回の研究成果
が足掛かりとなって、ヒトの健
康寿命の延伸に資する新しい方
法の開発につながると期待でき
ます。研究グループは、「本研
究は、国際連合が2016年に定め
た17項目の「持続可能な開発目
標(SDGs)」のうち、「3. す
べての人に健康と福祉を」に大
きく貢献する成果だ」と、述べ
ています。

ミトコンドリア病の新しい治療

について解説している動画です。

 
 


 
 
 生家で盛夏に青果を獲得する
成果を上げた。      笑

 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
2】 食道ガンのβ遮断薬使用有無と転帰の関連検討

 
 
 
 
 
 
 放射線治療を実施した食道ガ
ン患者さん418 例を対象に、β
遮断薬使用の有無と転帰の関連
を検討しました。291 例に術前
補助または根治的化学放射線療
法を実施し、このうち27.8%(
81例)が治療時にβ遮断薬を服
用していました。

その結果、β遮断薬使用者は、
非使用者と比べて遠隔制御(転
移巣の制御)が有意に改善しま
した(22.2% vs. 37.9%、P=
0.035)。Cox回帰分析で、β遮
断薬使用に無増悪生存期間 (P
<0.001、ハザード比0.42、0.2
7-0.66) と全生存期間(OS、P
=0.002、同0.55、0.38-0.81)
の改善と有意な関連が認められ
ました。T病期、N病期、性別、
術前補助療法または根治療法、
カルノフスキーの全身状態スコ
ア、アスピリン使用の有無を傾
向スコアでマッチさせた解析で、
β遮断薬使用に有意な無増悪生
存改善効果が示されました (P
=0.005)。

食道ガンの治療について解説し

ている動画です。

 
 


 
 
 私用でβ遮断薬使用するのは、
認められない。      笑

 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
編集後記

 
 理化学研究所(理研)が11月
10日、ミトコンドリア呼吸を活
性化する物質として、解糖系律
速酵素の1つであるホスホフル
クトキーナーゼ(PFK1)を阻害
する低分子化合物「tryptolina
mide(TLAM)」を発見したと発
表したのは素晴らしい業績です。
ガン細胞は、ミトコンドリアで
発生する活性酸素を恐れて嫌気
性解糖系という酸素を使わない
方法で、エネルギー産生を行っ
ています。ですからミトコンド
リア呼吸が活性化できれば非常
にガン細胞は嫌がるはずです。
ただ一方でガン細胞は、非常に
ずる賢いので、追い詰めたと思
っていても思わぬ逃げ道を作っ
て環境に適応する力があるもの
だと考えていた方が良い様です。
 放射線治療を実施した食道ガ
ン患者さん418 例を対象に、β
遮断薬使用の有無と転帰の関連
を検討したのは素晴らしい業績
です。その結果、β遮断薬使用
者は、非使用者と比べて遠隔制
御(転移巣の制御)が有意に改
善したことが分かりました。ガ
ン治療において、転移巣の制御
ができれば、原発巣の管理だけ
に集中できるので治療が容易に
なるのです。β遮断薬は非常に
有用ですが、使ってはいけない
人(禁忌)もいます。たとえば
重症の気管支喘息の患者さんで
す。気管支を拡張するのは、ア
ドレナリンのβ2受容体の働き
です。その働きを遮断してしま
うと喘息の発作が酷くなる可能
性が高いからです。禁忌を十分
に考慮した上で慎重に使うこと
が医師には、求められます。

 行動の管理を官吏が行う。笑

 
 
 
 
 
 
************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/ ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最近の号外Vol.1974メルマガ

2021-10-03 18:21:34

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。
以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 
診療マル秘裏話  号外Vol.1974 令和2年12月1日作成
作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 
 
 
 
 
目次

1)胃ガンの転移を促す蛋白質を発見したと発表す
2)不詳受容体が歯エナメル質形成に関与し石灰化制御

 
 
 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 
 
 
 
 
1】 胃ガンの転移を促す蛋白質を発見したと発表す

 
 
 
 
 
 胃ガンの転移を促す蛋白質を
発見したと名古屋大のチームが
11月7日までに発表しました。
この働きを妨げる「抗体」とい
う蛋白質を使うと転移が抑えら
れることをマウスの実験で確認
しました。4年以内に抗体を使
った人での治療の実用化を目指
します。

 転移を促す蛋白質は「NPT
XR」です。名古屋大の神田光
郎(かんだ・みつろう)講師は
「抗体の薬が実用化できれば、
手術ができない進行性の胃ガン
患者の新しい治療法になる」と
話しました。NPTXRは乳ガ
ンや膵臓(すいぞう)ガンなど、
他のガンでも見つかっています。

 国内では年間約13万人が胃ガ
ンになります。チームによると、
早期の胃ガンは手術で取り除け
ますが、再発したり、周辺の組
織などへ転移したりして進行し
ていると手術できず、抗ガン剤
を使います。ただ抗ガン剤は次
第に効きにくくなるため、進行
ガンへの新しい治療薬が求めら
れています。

 チームは、手術で切除したガ
ン細胞を調べ、転移のある患者
さんは、転移のない患者さんよ
りも、NPTXRが多いことを
発見しました。ゲノム編集の技
術でNPTXRを働かなくした
胃ガン細胞は、増殖しにくくな
ることが分かりました。

 NPTXRとくっつき働きを
邪魔する抗体が、ガンの増殖や
転移を抑える可能性があると仮
定しました。腹腔にガン細胞を
移植したマウスに、抗体を注射
した所、転移が起こりにくくな
り、ガンの進行を抑えられまし
た。

 胃ガンについて解説している

動画です。

 
 


 
 
 典医が、王のガン転移を否定
する。          笑

 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
2】 不詳受容体が歯エナメル質形成に関与し石灰化制御

 
 
 
 
 
 
 東北大学は11月6日、機能が
不明の「Gpr115」という受容体
が、歯のエナメル質の形成に関
与し、歯の石灰化機構を制御し
ていることを見出したと発表し
ました。これは、同大大学院歯
学研究科小児発達歯科学分野の
千葉雄太助教、福本敏教授(九
州大学大学院歯学研究院教授を
兼務)らのグループと、米国国
立衛生研究所との共同研究によ
るものです。研究成果は、「Th
e Journal of Biological Chem
istry」に掲載されています。
 現在、iPS 細胞などの幹細胞
を用いた臓器の再生研究が進ん
でおり、小型動物では歯の再生
が可能となっています。しかし、
ヒトの永久歯の形成には生体内
の発生段階においても10年近く
かかるため、再生医療の実用化
には臓器形成時間の短縮化が課
題となっています。また、試験
管内での歯胚培養法では、歯胚
の大きさの成長は観察できるも
のの、歯の最終的な形成段階で
ある石灰化までは誘導できてお
らず、今後は歯の石灰化のメカ
ニズム解明が最重要課題と考え
られています。

 G蛋白質共役型受容体(G-pro
tein coupled receptor:GPCR)
ファミリーは、既知の蛋白質に
おいて最大のファミリーを形成
しており、ヒトにおいて700 種
類以上もの分子が発見されてい
ます。また、市販の薬剤の約3
分の1はこのGPCRを標的として
おり、薬剤開発の主な対象分子
となっています。GPCRは器官の
発生にも重要な役割を有するこ
とが多いものの、歯の発生にお
けるGPCRの解析は進んでおらず、
不明な点が多いということでし
た。

 今回研究グループは、歯に発
現する遺伝子のスクリーニング
から、今までに機能が全く不明
であったGPCRの1つ「Gpr115」
という受容体が歯に強く発現し
ていることを発見し、その分子
の解析を行いました。

 歯の形成過程におけるGpr115
の発現を調べたところ、エナメ
ル質の石灰化に重要な役割を持
つ、成熟期のエナメル芽細胞に
高発現であることが判明しまし
た。そこで、Gpr115の歯胚発生
過程における役割を明らかにす
る目的で、Gpr115の機能を欠失
させるように遺伝子操作したマ
ウス(Gpr115欠損マウス)を作
製し解析しました。そのマウス
の歯の形成状態を解析すると、
エナメル質の石灰化が悪く、歯
が白濁したエナメル質形成不全
症を呈しました。

 さらに、走査型電子顕微鏡を
用いてエナメル質の構造を観察
してみますと、通常のマウス(
野生型マウス)で見られるエナ
メル質の結晶構造が形成されて
いないことが明らかとなりまし
た。この原因は、エナメル質の
結晶が成長する際に放出される
水素イオンにGpr115が反応し、
水素イオンの中和反応酵素であ
る炭酸脱水酵素Car6を生成する
ことで、エナメル質の結晶の成
長を促進するためであることが
判明しました。

 今回の研究より、機能が発見
されていなかったGpr115が、エ
ナメル芽細胞周囲の水素イオン
濃度を調整することで、歯の石
灰化に関与していることが新た
に判明しました。「この結果は
歯のエナメル質石灰化メカニズ
ムの解明や、Gpr115を標的とし
た薬剤開発により、歯の再生に
おける培養歯胚の石灰化促進法
探索の手がかりとなることが期
待される」と、研究グループは
述べています。

 虫歯の石灰化と再石灰化につ

いて解説している動画です。

 
 


 
 
 歯のエナメル質石灰化メカニ
ズムの解明で、研究者にお節介
をした。笑

 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
編集後記

 
 胃ガンの転移を促す蛋白質を
発見したと名古屋大のチームが
11月7日までに発表したのは、
素晴らしい業績です。ゲノム編
集の技術でNPTXRを働かな
くした胃ガン細胞は、増殖しに
くくなることが分かり、腹腔に
ガン細胞を移植したマウスに、
NPTXRの抗体を注射した所、
転移が起こりにくくなり、ガン
の進行を抑えられたというのは、
本当に凄いことだと思います。
ただ、マウスとヒトは違うので、
ヒトでは、非常に副作用が強く
使えない場合も想定されます。
しかし、ヒトでの臨床試験の結
果が楽しみな薬剤と言えましょ
う。
 東北大学が11月6日、機能が
不明の「Gpr115」という受容体
が、歯のエナメル質の形成に関
与し、歯の石灰化機構を制御し
ていることを見出したと発表し
たのは、素晴らしい業績です。
Gpr115が、エナメル芽細胞周囲
の水素イオン濃度を調整するこ
とで、歯の石灰化に関与してい
ることが新たに判明し、歯のエ
ナメル質石灰化メカニズムの解
明や、Gpr115を標的とした薬剤
開発により、歯の再生における
培養歯胚の石灰化促進法探索の
手がかりとなることを期待した
いと思います。

 町政を調整する。笑

 
 
 
 
 
 
************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/ ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最近の号外Vol.1973メルマガ

2021-10-02 19:28:25

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。
以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 
診療マル秘裏話  号外Vol.1973 令和2年11月30日作成
作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 
 
 
 
 
目次

1)RAS-RAF-MEK変異ガン患者,RAF/MEK阻害薬で治療
2)心臓ポンプ「Impella・ECP」で初の患者が治療
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 
 
 
 
 
1】 RAS-RAF-MEK変異ガン患者,RAF/MEK阻害薬で治療

 
 
 
 
 
 英国の単一施設で、RAS-RAF-
MEK 変異固形ガン患者さんおよ
び多発性骨髄腫患者さん計58例
を対象に、RAF/MEK阻害薬CH512
6766(VS-6766) 間欠投与の安
全性、毒性および抗腫瘍効果を
用量漸増パートとバスケット用
量拡大パートから成る第1相非
盲検試験で検討しました。デー
タカットオフ時の追跡調査期間
中央値は2.3 カ月でした。

 その結果、4.0mg週3回投与群
に両側の網膜色素上皮剥離(グ
レード3、1例)、3.2mg週3回投
与群に発疹(グレード3、2例)
およびクレアチンホスホキナー
ゼ(CPK)増加 (グレード3、1
例)の用量制限毒性が認められ
ました。第2相推奨用量を4.0m
g、週2回(月曜と木曜、または
火曜と金曜)に決定しました。
主なグレード3-4 の治療関連の
有害事象は、発疹(19%)、CP
K増加(11%),低アルブミン血
症(11%)、疲労(4例、7%)
でした。5例(9%)に治療関連
の重篤な有害事象が認められま
したが、治療関連死はありませ
んでした。期間中、57例中8例
(14%)が疾患進行のため死亡
しました。バスケット拡大パー
トで評価が可能だった26例中7
例(27%)が奏効を得ました。

 細胞増殖やアポトーシス抑制
などに係わるmitogen activate
d protein kinase(MAPK)シグ
ナル伝達経路の一つである RAS
– RAF – MEK – ERK シグナル
伝達経路は、ガン細胞において
様々なメカニズムにより高頻度
に活性化されることが知られて
おり、以前より抗ガン薬開発の
標的分子として研究されてきま
した.

ガン細胞のシグナル伝達につい

て解説している動画です。

 
 


 
 
 疾患進行のため失冠する。笑

 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
2】 心臓ポンプ「Impella・ECP」で初の患者が治療
 
 
 
 
 
 
 循環器用医療機器大手の米ア
ビオメッドは、同社の心臓ポン
プ「Impella(インペラ)・ECP」
で初めて患者さんが治療された
と発表しました。Impella・ECP
は経皮的に挿入されて拡張する
世界最小の心臓ポンプで、一時
的な循環補助と左室負荷軽減が
目的です。今回、高リスクPCI
(経皮的冠動脈形成術)を受け
る米国の患者さん2人で使用さ
れ、手術が成功しました。

  は、心原性ショック
等の薬物療法抵抗性の急性心不
全に対して、大腿動脈から左心
室内に挿入・留置し、左心室か
ら直接脱血し、上行大動脈に送
血することにより体循環を補助
するカテーテル式の血液ポンプ
です。 Impellaは経皮的に挿入
するカテーテル式補助人工心臓
になります。Impella は単独で
あるいはPCPS(ECMO)と併用する
ことで、これまで救命できなか
った心原性ショックの患者さん
を救うことのできる新しい補助
デバイスです。

心臓の働きについて分かりやす

く解説している動画です。

 
 


 
 
 経皮的に挿入するカテーテル式
補助人工心臓は、経費がかかる。


 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
編集後記

 
 英国の単一施設で、RAS-RAF-
MEK 変異固形ガン患者さんおよ
び多発性骨髄腫患者さん計58例
を対象に、RAF/MEK阻害薬CH512
6766(VS-6766) 間欠投与の安
全性、毒性および抗腫瘍効果を
用量漸増パートとバスケット用
量拡大パートから成る第1相非
盲検試験で検討したのは素晴ら
しい企画です。 しかしながら、
4.0mg週3回投与群に両側の網膜
色素上皮剥離(グレード3、1例)、
3.2mg週3回投与群に発疹(グレ
ード3、2例)およびクレアチン
ホスホキナーゼ(CPK)増加 (
グレード3、1例)の用量制限毒
性が認められたのは、残念なこ
とです。治験実施中、死亡例は
無かったとはいえ、このような
重篤な副作用が出たことは使用
する際のリスク確認が必要にな
ると思われます。
 循環器用医療機器大手の米ア
ビオメッドは、同社の心臓ポン
プ「Impella(インペラ)・ECP」
で初めて患者さんが治療された
と発表したのは、喜ばしいこと
です。旧式のインペラは、昨年、
10月より日本でも販売されてい
ますが、おそらく米国での症例
は、最新型のものを使ったとい
うことだと思います。補助人工
心臓というと大きな装置を思い
浮かべますが、この機械は、カ
テーテルの中に組み込まれてい
るので、体積的には大きくあり
ません。インペラは単独である
いはPCPS(ECMO)と併用すること
で、これまで救命できなかった
心原性ショックの患者さんを救
うことのできる新しい補助デバ
イスという凄いものだと再認識
しました。

 補助人工心臓を使う人口を増
やす。          笑

 
 
 
 
 
 
************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/ ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最近の号外Vol.1972メルマガ

2021-10-01 18:54:19

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。
以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 
診療マル秘裏話  号外Vol.1972 令和2年11月29日作成
作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 
 
 
 
 
目次

1)頭頸部ガン対象BNCTで高い治療効果が得られる
2)2018年椎間板内酵素注入療法が保険適応になる

 
 
 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 
 
 
 
 
1】 頭頸部ガン対象BNCTで高い治療効果が得られる

 
 
 
 
 
 全国に医療機関を展開する南
東北グループ(福島県郡山市)
が6月に始めた喉や口の中など
の「頭頸部ガン」を対象にした
次世代ガン治療で、高い治療効
果があがっていることが分かり
ました。高井良尋・南東北BNCT
研究センター長が明らかにしま
した。

 新しい治療法はホウ素中性子
捕捉療法(BNCT)です。ガン細
胞が自ら取り込む性質のあるホ
ウ素化合物を投与し、ホウ素と
中性子線を反応させて粒子線を
発生させ、ガン細胞を消滅させ
る放射線治療の一種です。

 BNCTは治験と呼ばれる臨床試
験で、ガンが完全になくなった
り30%以上小さくなったりした
人の割合が7割強と、従来の化
学療法に比べ3倍以上の効果が
確認されています。6月に保険
診療として始めた頭頸部ガンの
治療は大学病院などの紹介で患
者さんを受け入れ、9月までの
4カ月で30件以上の治療を行い
ました。

 治療開始から正確なデータが
そろうまでの期間は経過してい
ませんが、治験の実績と比較し
て「極めて良好な初期効果が得
られている」(高井センター長)
としています。皮膚を越え外部
に露出しているガンがなくなる
など、これまで治療が困難だっ
た症状の治療に成功した例もあ
るということです。

 BNCTによる治療を始めたのは
国内の民間病院で南東北グルー
プが初めてです。国内ではほか
に大阪医科大学内にある関西BN
CT共同医療センターが手掛ける
程度です。海外を含めても治療
を行う医療機関は数えるほどし
かなく、各機関が治療技術の向
上を競っています。

 一般の診療は治療効果を確認
するための臨床試験に比べ、ガ
ンの部位や症状は幅広いとされ
ています。こうした診療で実績
を重ねていくことができれば、
BNCTで南東北グループの存在感
が高まりそうです。

 治療対象の拡大にも取り組み
ます。新たな対象として目指す
のは「再発悪性神経膠腫(こう
しゅ)」で、従来の方法では治
療が容易でない脳腫瘍です。効
果や安全性確認のための治験は
終了し、国の承認を得るための
手続きが現在進められています。

 ただ、一般向けの治療が国か
ら承認されるためには、他の治
療法との比較データをそろえる
ことなどが必要になります。今
後のスケジュールは未定ですが、
国と調整しながら準備を進める
方針ということです。

 南東北グループは東日本大震
災からの復興補助金を活用し、
2015年11月にBNCT研究センター
を開所しました。中性子線を発
生させるため小型で安全性の高
い加速器を利用しています。

 2019年6月にはBNCTに関連し
た薬剤の研究などを進める「南
東北創薬・サイクロトロン研究
センター」を開所しました。今
後、医療関係者や研究者との交
流が活発になる見通しです。

 BNCTについて解説している

動画です。

 
 


 
 
 
 楷書で開所した診療所の看板
を書く。         笑

 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
2】 2018年椎間板内酵素注入療法が保険適応になる

 
 
 
 
 
 
 椎間板の組織が壊れ、飛び出
た部分をヘルニアと呼びます。
ヘルニアが背骨の中を通る神経
を圧迫し、腰や脚の痛みや、し
びれの原因となることがありま
す。患者さんの中心は、20~4
0歳代の人です。

 治療の基本は安静にして様子
を見たり、痛みや炎症を抑える
薬やコルセットなどの装具を用
いたりする保存療法です。ヘル
ニアは自然に縮小したり、症状
が治まったりするケースも多く
あります。

 保存療法で改善しなかったり、
脚にまひが出たりする重症の場
合は、手術を検討します。5日
から1週間程度の入院が必要に
なります。

 2018年には、椎間板に薬剤を
注入する「椎間板内酵素注入療
法」という新しい治療法が保険
適用になりました。椎間板内の
組織に含まれる保水成分の分解
を促す酵素を注射器で入れます。
椎間板の膨らみを縮小させ、神
経への圧迫を取り除くことを狙
ったもので、日帰りか1泊の入
院で済みます。

 日本整形外科学会理事長で、
慶応大学病院整形外科教授の松
本守雄さんは、「保存療法と手
術の中間に当たる治療で、手術
に比べて患者の負担を少なくで
きます」と説明します。

 酵素注入療法は、エックス線
検査装置の台の上で、針を刺す
位置を確認しながら行います。
治療当日は入浴を控え、治療後
1週間は腰に負担をかけないよ
う注意します。

 松本さんは「これまでの研究
報告では治療した患者の約7~8
割に症状の改善が見られていま
す。ただし、効果が出るまで数
週間程度要するケースもありま
す」と解説します。

 東京都内の女性会社員(31)
は椎間板ヘルニアと診断され、
今年2月に同病院で酵素注入療
法を受けました。「治療を受け
て3週間後、痛みが足先の方か
ら徐々に弱まっていくのを感じ
ました。お尻の痛みが消えるま
でには2か月ほどかかりました
が、週末に1泊入院しただけで、
仕事を休まずに治療が済んでよ
かったです」と話しています。

 治療の副作用として、一時的
に腰や脚の痛みなどの症状が出
ることがあります。また、まれ
に短時間で全身にアレルギー症
状が出るアナフィラキシーショ
ックが起こることもあります。
治療後は数時間、体調の変化に
注意することが必要です。

 この治療は、2度受けること
ができません。2度目にアレル
ギーが出るリスクが高くなるた
めです。また、〈1〉もともと
アレルギー体質がある〈2〉他
に背骨の病気を抱えている〈3〉
妊娠しているー場合は、主治医
とよく相談しましょう。

 酵素注入療法を行えるのは、
日本脊椎脊髄病学会や日本脊髄
外科学会の指導医などに限られ
ています。松本さんは「この治
療に適している患者かどうかを
しっかり見極め、安全に実施す
る必要があるためです」と説明
しています。

椎間板内酵素注入療法(ヘルニ

コア)について解説している動

画です。

 
 


 
 
 
 隊長が体調悪化で退庁する。


 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
編集後記

 
 全国に医療機関を展開する南
東北グループ(福島県郡山市)
が6月に始めた喉や口の中など
の「頭頸部ガン」を対象にした
次世代ガン治療で、高い治療効
果があがっていることが分かっ
たのは喜ばしいことです。皮膚
を越え外部に露出しているガン
がなくなるなど、これまで治療
が困難だった症状の治療に成功
した例もあるということですか
ら、患者さんにとっては大きな
福音となることでしょう。ただ、
一般向けの治療が国から承認さ
れるためには、他の治療法との
比較データをそろえることなど
が必要になるそうですからすぐ
に臨床応用とはいきません。で
も将来楽しみな治療法の一つと
して私は、認識しています。
 2018年には、椎間板に薬剤を
注入する「椎間板内酵素注入療
法」という新しい治療法が保険
適用になり、日帰りまたは一泊
の入院で治療が受けられるとい
うことです。この治療は、保存
療法と手術の中間に当たる治療
で手術に比べて患者さんの負担
を少なくできるという所が、大
きな利点だと思います。ただ、
この治療は、2度受けることが
できないことが難点です。2度
にアレルギーが出るリスクが高
くなるため、ということですが
アレルギーを意図的にコントロ
ールさえできれば、2度以上の
治療も可能ではないかと私は、
考えています。

 難点は、何点が合格ラインか
分からないことです。   笑

 
 
 
 
 
 
 
************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/ ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最近の号外Vol.1971メルマガ

2021-09-30 19:36:11

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。
以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 
診療マル秘裏話  号外Vol.1971 令和2年11月28日作成
作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 
 
 
 
 
目次

1)循環腫瘍細胞(CTC)分離・解析サービスを開始す
2)受精卵成長過程を高精度に捉える画像解析技術

 
 
 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 
 
 
 
 
1】 循環腫瘍細胞(CTC)分離・解析サービスを開始す

 
 
 
 
 
 住化分析センター(大阪市中
央区、丸山修社長)とセルソー
ターの製造販売を手がけるオン
チップ・バイオテクノロジーズ
(東京都小金井市、小林雅之社
長)は、循環腫瘍細胞(CTC)
分離・解析サービスを11月から
開始します。リキッドバイオプ
シー(体液診断)により血液中
のCTC数計測や腫瘍細胞表面
マーカー・標的分子発現測定、
上皮間葉転換(EMT)評価な
どを行い、ガン研究の促進およ
び新たなガン治療薬開発に貢献
します。

 CTCは血液中を流れている
ガン細胞で、原発巣から剥離し
たガン細胞が血液中を循環し、
別の組織へ転移する可能性があ
ります。生検によるガン細胞の
取得は不可能・困難な場合が多
いとされていますが、採血は生
検に比べ侵襲度が低く検体取得
が容易なため、血液中に循環す
るガン細胞の解析は、ガン診断
の有効な手法となることが期待
されています。しかし、CTC
は非常に数少ない細胞で、ステ
ージ3以降にならないと検出で
きないケースが多いとされてい
ます。また、検出できてもわず
かなため、CTCを純化する技
術が求められています。

 今回開始するサービスでは、
オンチップ社が開発した世界初
の使い捨て交換型マイクロ流路
チップを採用したセルソーター
「On-chip Sort」
を用います。同セルソーターは
チップ内のサンプルの流れを空
気圧制御のみでコントロールで
きるため、サンプル処理が装置
と非接触で行うことが可能とい
うことです。また、液体の流れ
を変えて分取するシステムのた
め細胞ロスが少なく、1000万個
中の1個の細胞でも分取できま
す。

 同サービスにより、これまで
患者さんの腫瘍組織を用いた解
析では困難だった治療抵抗性と
治療効果を視るためのモニタリ
ングが血液で可能となります。
免疫チェックポイント阻害剤や
分子標的薬(抗体薬)の有効性
(予測)評価のほか、腫瘍細胞
におけるEMTの解析などガン
進展度や治療抵抗性を検討・評
価できます。

CTC検査を利用した治療につい

て解説している動画です。

 
 


 
 
 懐石料理を解析する。笑

 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
2】 受精卵成長過程を高精度に捉える画像解析技術

 
 
 
 
 
 
 AI(人工知能)を使い、マウ
スなどの受精卵が成長する過程
を高精度に捉える画像解析技術
を開発したと、慶応大や近畿大
などのチームが発表しました。
この技術を使えば、将来的に不
妊症の原因となる卵子の質を客
観的に評価できるようになり、
体外受精の妊娠率の向上に役立
つ可能性があるということです。

 体外受精は精子と卵子を体外
にとりだして受精させ、子宮に
戻す不妊治療です。卵子の質が
妊娠や出産の成功率に影響する
とされています。しかし現状は
卵子を選ぶ際の客観的な基準は
なく、それぞれの医療機関の基
準に基づき、医療スタッフが目
視で選んでいることが多いよう
です。医療機関ごとに妊娠率に
差がある他、公的医療保険の適
用外で医療機関ごとに費用が異
なり、適切な費用の設定がしづ
らいといった課題もあります。

 チームはマウスや線虫、ショ
ウジョウバエの受精卵の画像計
約7500枚をAIに学習させ、見え
やすいように色をつけた細胞核
を、立体的に認識できる技術を
開発しました。細胞分裂が進む
につれて、細胞核の数は増える
ため、受精卵の成長のスピード
などを調べることができます。
ヒトでも使えるか検討を始めて
いるということです。

 チームによると、受精卵の初
期の成長には、精子よりも卵子
の質のほうがより強く影響しま
す。AIを使って妊娠率の高い受
精卵の初期の特徴を明らかにで
きれば、体外受精に適した卵子
の特徴を推測できるようになる
可能性もあります。

 チームの舟橋啓(あきら)・
慶応大准教授(システム生物学)
は「AIで立体的に見ることで細
胞核が重なっている部分も認識
できるようになった。今後は実
際の治療でも使えるようにした
い」と話しています。

 論文は10月に英科学誌ネイチ
ャー関連のオンライン誌に掲載
されました(https://www.natu
re.com/articles/s41540-020-0
0152-8別ウインドウで開きます)。

受精卵から出産までを描いた動

画です。

 
 


 
 
 
 至急で子宮に異常ないか検査
する。          笑

 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
編集後記

 
 住化分析センター(大阪市中
央区、丸山修社長)とセルソー
ターの製造販売を手がけるオン
チップ・バイオテクノロジーズ
(東京都小金井市、小林雅之社
長)は、循環腫瘍細胞(CTC)
分離・解析サービスを11月から
開始するというのは素晴らしい
取り組みだと思います。循環腫
瘍細胞には、タイプ1とタイプ
2とタイプ3があることが分か
っていて、タイプ2と3の細胞
があると非常に予後が悪いと言
うことが分かっています。タイ
プ3は、腫瘍幹細胞ではないか
と推察されています。タイプ1
を鑑別するだけでも、不必要な
念のための工夫のない化学療法
をしなくて良くなると私は考え
ています。
 AI(人工知能)を使い、マウ
スなどの受精卵が成長する過程
を高精度に捉える画像解析技術
を開発したと、慶応大や近畿大
などのチームが発表したのは、
素晴らしい業績です。受精卵に
ついては、まだまだ未知のこと
が多く、神秘のベールに覆われ
ていると言っても過言ではない
でしょう。 この技術を使えば、
将来的に不妊症の原因となる卵
子の質を客観的に評価できるよ
うになり、体外受精の妊娠率の
向上に役立つ可能性があるとい
うことですから、少子高齢化社
会到来にて必須の技術となるこ
とでしょう。不妊治療を受けて
おられる方に一筋の光が差した
と言えるでしょう。

 真皮の形状が神秘的だった。


 
 
 
 
 
 
 
************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/ ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最新号より100号前のメルマガ

2021-09-29 22:27:38

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。
以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 
診療マル秘裏話  Vol.831 令和1年11月13日作成
作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 
 
 
 
 
 
目次

1)粘膜免疫の恒常性維持に関する新メカニズムを発見
2)微小肺ガンのマイクロチップを用いた術前マーキング方法

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 
 
 
 
 
1】粘膜免疫の恒常性維持に関する新メカニズムを発見

 
 
 
 
 
 金沢大学は10月17日、呼吸器
系におけるインフラマソームに
依存しない粘膜免疫の恒常性維
持に関する新しいメカニズムを
発見したと発表しました。この
研究は、同大ガン進展制御研究
所/新学術創成研究機構の土屋
晃介助教らの研究グループによ
るものです。研究成果は、国際
学術誌「Mucosal Immunology」
オンライン版に掲載されていま
す。呼吸器系では、肺炎球菌や
インフルエンザなどの微生物感
染が疾患の原因となるため、そ
の粘膜免疫が正常に機能するこ
とが非常に重要です。これまで
自然免疫機構の一種である蛋白
質複合体「インフラマソーム」
が、caspase-1 と呼ばれる蛋白
分解酵素を活性化させることで
炎症を引き起こし、感染防御を
担っていることが知られていま
した。今回研究グループは、野
生型マウス(WT)、caspase-1
欠損マウス(Casp1/11-/-)、N
LRP3欠損マウス(Nlrp3-/-)、
ASC欠損マウス(Pycard-/-)に
肺炎球菌を経鼻感染させ、48時
間後に肺内の菌数をコロニー法
で測定しました。野生型マウス
との比較において、NLRP3 欠損
マウスおよびASC 欠損マウスで
は有意な菌数の上昇が認められ
ましたが、caspase-1 欠損マウ
スでは認められませんでした。
この結果から、肺炎球菌性肺炎
への感染抵抗性にNLRP3とASCが
必要である一方、caspase-1 は
必要ではないことが示唆されま
した。また、NLRP3とASCはイン
フラマソーム形成を経てcaspas
e-1 を活性化させることで炎症
を誘導すると知られてきました
が、先の実験で得られた結果は、
NLRP3とASCが未知のcaspase-1
非依存的なメカニズムを介して
宿主防御に関わり得ることを示
唆しているということです。

さらに、遺伝子発現プロファイ
ルの結果から、肺炎球菌感染の
際、気道におけるTFF2やインテ
レクチン-1のような粘膜防御因
子の発現が、ASCとNLRP3によっ
てcaspase-1 非依存的に維持さ
れることが分かりました。また、
詳細な解析から、ASCとNLRP3は
2型サイトカインによるSTAT6の
活性化を促進することにより、
粘膜防御因子の発現を正に制御
する転写因子SPDEF の発現を維
持することが明らかになりまし
た。すなわち、ASCとNLRP3によ
るcaspase-1 活性化以外の新し
い宿主防御メカニズムが同定さ
れました。

今回の研究成果により、肺炎球
菌に対する防御にcaspase-1 の
活性化は必ずしも必要ではなく、
インフラマソーム構成蛋白質で
あるASCとNLRP3が重要な役割を
果たしていることが明らかにさ
れました。また、遺伝子発現プ
ロファイルによる解析の結果、
その作用機序としてASCとNLRP3
がcaspase-1 とは無関係に粘膜
免疫の恒常性維持に働くことが
判明しました。

これにより、呼吸器の粘膜免疫
の恒常性維持のための新しいメ
カニズムが確認されたこととな
ります。今後、気道における感
染や炎症の制御につながること
が期待されます。

自然免疫は下等生物から高等生
物まで保存された生体防御機構
であり、多数のパターン認識受
容体が自然免疫応答の中心的役
割を担っています。NLRP3やAIM
2、NLRC4などのパターン認識受
容体は、特定の刺激因子(アゴ
ニスト)を認識すると構造変化
を起こしてASC やカスパーゼ-1
などの蛋白質と介合し、インフ
ラマソームと呼ばれる蛋白複合
体を形成します。インフラマソ
ームでは蛋白分解酵素の一種で
あるカスパーゼ-1が活性化され、
活性型カスパーゼ-1がインター
ロイキン-1などの炎症性サイト
カインの成熟化・分泌を誘導す
ることで炎症が起こるとされて
います。

粘膜免疫について解説している

動画です。

 
 


 
 
 構成蛋白質についての記述を
校正する。        笑

 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
2】 微小肺ガンのマイクロチップを用いた術前マーキング方法

 
 
 
 
 
 
 京都大学は10月17日、微小肺
ガンに対するマイクロチップを
用いた術前マーキング方法を開
発し、世界で初めて患者さんへ
の臨床使用を開始したと発表し
ました。この研究は、同大大学
院医学研究科呼吸器外科の伊達
洋至教授、佐藤寿彦准教授(研
究当時、現:福岡大学准教授)
、豊洋次郎助教、株式会社ホギ
メディカルらの研究グループに
よるものです。 同技術の臨床
使用は、2019年9月27日に同大
学医学部附属病院で始まりまし
た。現在、肺ガンの手術として
主流である低侵襲な胸腔鏡手術
では、小さな孔から内視鏡を用
いて手術するため、触知が困難
な微小かつ非浸潤性腫瘍の部位
を正確に同定することは困難と
されてきました。 同大では、
術前に気管支鏡ガイド下に肺の
表面を染色し術中の腫瘍の位置
を同定する方法を行ってきまし
たが、胸腔鏡手術では肺を虚脱・
変形させるほか、牽引などの手
術操作によっても臓器変形をき
たしやすく、胸膜から距離のあ
る深部病変では、腫瘍の正確な
位置をとらえにくいことが分か
ってきました。そのため、スマ
ートフォンやプリペイドカード
に使用され、近距離無線通信の
用途で普及しているradiofrequ
ency identification(RFID)
技術を応用し、肺表面から深い
場所に位置する病変に対しても
正確な位置同定を可能とする新
しい方法を開発しました。開発
された新たな手術方法の手順は
次の通りです。1)手術前に,RF
IDマイクロチップを、気管支鏡
用デリバリーシステムを用いて
経気管支的に病変の近くに留置
します。2) 全身麻酔下にアン
テナを患者さんの胸腔内に挿入
し、肺内に留置されたRFIDマイ
クロチップへ近づけると、検知
システムが病変の位置を表示し
ます。3) 外科医はアンテナの
位置と表示を参考に微小肺ガン
を切除します。

開発されたマイクロチップは、
色素を肺表面から確認する従来
法とは異なり、肺内で狙った部
位に固定することができるので、
腫瘍が肺表面から離れた部位に
存在していても、深さを含めた
正確な病変位置がわかるという
ことです。早期肺ガン患者さん
において不要なCT検査による経
過観察・放射線曝露を削減し、
より低侵襲かつ患者さんの肺機
能を温存する小さな切除、すな
わち正確な楔状切除術の実現が
可能となります。比較的安価な
装置で人体に無害な弱電機器で
あり、患者さんや外科医が被曝
することもなく手術を安全に行
うことができます。

今後は、同大、福岡大学をはじ
めとした多施設共同での臨床研
究を行い、このRFIDマイクロチ
ップを利用した肺ガン手術のよ
り良い適応を見定めて普及を目
指す予定です。また、このマー
キング方法は呼吸器外科領域だ
けでなく、乳腺外科、消化管外
科などの他領域においても有効
である可能性が示されています。
海外でも注目されている技術で
あり、研究グループは、日本発
の医療機器として世界への普及
も目標としています。

肺ガンの治療について解説して

いる動画です。

 
 


 
 
 
 比較的安価な行火を購入する。


 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
 
編集後記

 
 金沢大学は10月17日、呼吸器
系におけるインフラマソームに
依存しない粘膜免疫の恒常性維
持に関する新しいメカニズムを
発見したと発表したのは素晴ら
しい業績です。インフラソーム
という用語も初耳でしたので、
本文の下に注釈を付けさせて頂
きました。粘膜免疫の恒常性の
維持には、caspase-1 の活性化
は必ずしも必要ではなく、イン
フラマソーム構成蛋白質である
ASCとNLRP3が重要な役割を果た
していることが明らかにされた
ということですから、通説が、
完全に覆された例と言えるでし
ょう。そこでノックアウトマウ
ス(特定の遺伝子を不活化した
マウス:その遺伝子の役割を調
べるのに用いる手法)を用いて
いるのはエレガントな方法だと
思いました。 この成果により、
呼吸器の粘膜免疫の恒常性維持
のための新しいメカニズムが確
認されたこととなり今後、気道
における感染や炎症の制御につ
ながることを大いに期待したい
と思います。
 京都大学が10月17日、微小肺
ガンに対するマイクロチップを
用いた術前マーキング方法を開
発し、世界で初めて患者さんへ
の臨床使用を開始したと発表し
たのは偉大な業績です。従来の
術前マーキング法では、気管支
鏡ガイド下に肺の表面を染色し
術中の腫瘍の位置を同定する方
法を行ってきたということです
が、胸腔鏡手術では肺を虚脱・
変形させるほか、牽引などの手
術操作によっても臓器変形をき
たしやすく、胸膜から距離のあ
る深部病変では、腫瘍の正確な
位置をとらえにくいことが分か
ってきたので、今回のスマート
フォンやプリペイドカードに使
用され、近距離無線通信の用途
で普及しているradiofrequency
identification(RFID)技術を
応用し、肺表面から深い場所に
位置する病変に対しても正確な
位置同定を可能とする新しい方
法を開発したということで凄い
マーキングの方法であることが
実感できました。また、このマ
ーキング方法は呼吸器外科領域
だけでなく、乳腺外科、消化管
外科等の他領域においても有効
である可能性が示されているの
で今後の展開が楽しみですね。

 天海和尚が考えた首都防法の
展開を解析する。     笑

 
 
 
 
 
 
 
************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/ ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最近の号外Vol.1970メルマガ

2021-09-28 17:01:46

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。
以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 
診療マル秘裏話  号外Vol.1970 令和2年11月27日作成
作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 
 
 
 
 
目次

1)次世代シークエンシングで,原発巣を推定し治療法決定
2)遺伝性再生不良性貧血原因が二酵素遺伝子異常

 
 
 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 
 
 
 
 
1】 次世代シークエンシングで,原発巣を推定し治療法決定

 
 
 
 
 
 日本の19施設で原発不明ガン
未治療患者111 例を対象に、次
世代シーケンシング(NGS )で
得た遺伝子情報から原発巣を推
定し、治療法を決定する新たな
戦略の臨床的有用性を第2相非
無作為化試験で評価しました。
97例を有効性の解析対象としま
した。

 その結果、推定したガンの種
類は肺[21例(21%)]、肝臓
[15例(15%)]、腎臓[15例
(15%)]、大腸[12例(12%)]
が多いという結果でした。検出
頻度の高い遺伝子異常はTP53[
45例(46.4%)]、KRAS[19例
(19.6%)]、CDKN2A[18例(
18.6%)]でした。1年生存確
率は53.1%、全生存期間中央値
は13.7カ月、無増悪生存期間中
央値は5.2 カ月でした。非小細
胞肺ガンが推測される5例(5.
2%)の腫瘍標本からEGFR遺伝子
変異を検出し、このうち4例を
アファチニブで治療し、2例が6
カ月以上の無増悪生存期間を達
成しました。

原発不明ガンについて解説して

いる動画です。

 
 


 
 
 水底の深さを推定する。 笑

 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
2】 遺伝性再生不良性貧血原因が二酵素遺伝子異常

 
 
 
 
 
 
 血液の難病「遺伝性再生不良
性貧血」の原因の一つが、二つ
の酵素の遺伝子異常であること
が分かったと、京都大や英ケン
ブリッジ大の研究チームが発表
しました。病気になる仕組みの
発見により、新たな治療につな
がる可能性があります。論文は
11月4日、米科学誌に掲載され
ます。
 遺伝性再生不良性貧血は子ど
もの難病です。骨髄で血液をつ
くる造血幹細胞が減少し、白血
球や赤血球、血小板が減ります。
白血病に進行することが多く、
骨髄移植が必要になります。
研究チームは、再生不良性貧
血患者さんの細胞の提供を受け、
全遺伝情報(ゲノム)を解析し
ました。「ADH5」と「AL
DH2」の二つの酵素の遺伝子
異常によって、体内で作られる
毒性のホルムアルデヒドを分解
できず発症することが分かりま
した。
 ALDH2の異常は日本人の
半数が持ち、酒が飲めない体質
になります。研究チームの高田
穣京大教授は「従来、診断が付
かなかった患者に正しい診断が
できる」と話しました。患者さ
んから人工多能性幹細胞(iP
S細胞)を作り、治療薬の開発
を進めているということです。

再生不良性貧血について解説し

ている動画です。

 
 


 
 
 化学の専門家が科学誌に投稿
する。          笑

 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
編集後記

 
 日本の19施設で原発不明ガン
未治療患者111 例を対象に、次
世代シーケンシング(NGS )で
得た遺伝子情報から原発巣を推
定し、治療法を決定する新たな
戦略の臨床的有用性を第2相非
無作為化試験で評価したのは素
晴らしい業績です。原発不明ガ
ンの原発を推定するのは既存の
方法では、非常に困難であると
聞いたことがあります。 その
 原発を遺伝子の解析で推定し、
なおかつ治療法を決定する新た
な戦略の臨床的有用性を評価す
るのは、骨が折れたと思います
が、折角、治療法が見つかって
も、ガン細胞がずる賢いせいで
すぐ耐性ができてしまったりす
るのは、本当に残念なことです。
血液の難病「遺伝性再生不良
性貧血」の原因の一つが、二つ
の酵素の遺伝子異常であること
が分かったと、京都大や英ケン
ブリッジ大の研究チームが発表
したのは、素晴らしい業績です。
再生不良性貧血患者さんの細胞
の提供を受け、全遺伝情報(ゲ
ノム)を解析した所、「ADH
5」と「ALDH2」の二つの
酵素の遺伝子異常によって、体
内で作られる毒性のホルムアル
デヒドを分解できず発症するこ
とが分かったということですか
ら、その治療法は、二つの酵素
の遺伝子異常を解消することだ
と考えられます。患者さんから
人工多能性幹細胞(iPS細胞)
を作り、治療薬の開発を進める
というのは、エレガントな手法
であると私は考えます。

 欠点を解消することで快勝で
きた。          笑

 
 
 
 
 
 
************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/ ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最近の号外Vol.1969メルマガ

2021-09-27 20:43:56

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。
以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 
診療マル秘裏話  号外Vol.1969 令和2年11月26日作成
作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 
 
 
 
 
目次

1)NRF2の過活性化がガン球状集合体の形成に必須
2)IgA腎症の患者に患者脂肪組織由来のMSCを投与

 
 
 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 
 
 
 
 
1】 NRF2の過活性化がガン球状集合体の形成に必須

 
 
 
 
 
 京都大学は11月2日、酸化ス
トレス誘導型転写因子NRF2の過
活性化が3次元ガンスフェロイ
ド(球状集合体)の形成に必須
であることを発見したと発表し
ました。これは、同大白眉セン
ター高橋重成特定准教授、ハー
バード大学医学大学院 Joan S.
Brugge 教授(ハーバードラド
ウィグガンセンター総責任者兼
務)らの研究グループによるも
のです。研究成果は、「Molecu
lar Cell」のオンライン版に掲
載されています。

 ガン細胞は、正常細胞が本来
存在している場所(ニッチ)を
逸脱して生存・増殖することが
知られていますが、近年の研究
により、このようなニッチの逸
脱は高いレベルの酸化ストレス
にさらされることになり、抗酸
化を含めた強固な酸化ストレス
防御機能の獲得がガン化および
ガンの成長過程において必須で
あることが分かってきました。
実際、放射線治療や一部のガン
化学療法は酸化ストレスを亢進
させることでガン細胞を攻撃す
ることが知られており、ガン細
胞は正常細胞に比べて酸化スト
レスに対して脆弱であると言え
ます。

 このように、ガンと酸化スト
レスとの間には密接な関連性が
ありますが、ガン細胞がどのよ
うなメカニズムで酸化ストレス
に対して適応しているのかは、
詳細が不明でした。

 今回の研究では、東北大学大
学院医学系研究科の山本雅之教
授らによって同定されました、
生体内抗酸化物質のマスターレ
ギュレーターとして機能するNR
F2に注目し、その効果を一連の
肺ガン細胞株において大規模に
調査しました。NRF2は、肺ガン
をはじめとしたさまざまな腫瘍
で過活性が認められ、NRF2活性
とガンの悪性化・予後悪化との
間には強い相関があることが知
られています。

 解析の結果、標準的な培養方
法である2次元(平面)培養に
おいては、NRF2の過活性が細胞
の増殖に影響を及ぼすことはあ
りませんでしたが、一方、生体
内の状態により近い、マトリゲ
ルを用いた3次元培養系では、
NRF2の過活性が細胞の生存・増
殖に必須であることが判明しま
した。また、世界初となる、3
次元培養下におけるCRISPR-Cas
9 技術を用いた大規模スクリー
ニングを行うことで、NRF2の過
活性化はGPX4(脂質過酸化を消
去する酵素)とともに、スフェ
ロイド内部細胞で生じるフェロ
トーシス(脂質過酸化に伴う細
胞死)を抑制していることが明
らかになりました。

 さらに、質量分析を用いた網
羅的蛋白質発現量の比較を行っ
た結果、NRF2の発現をノックダ
ウンさせると、GPX4を含む大部
分のセレノシステイン含有蛋白
質(セレノプロテイン)の発現
が劇的に増大することが分かり
ました。詳細なメカニズムは未
解明ですが、NRF2は細胞内セレ
ニウム濃度を制御している可能
性が考えられたということです。
そこで、NRF2とGPX4の両者を阻
害した結果、より効率的にガン
細胞を死滅させることが明らか
になりました。

 今回の研究成果は、3次元培
養を用いた研究のさらなる重要
性を示すと同時に、NRF2のガン
に対する新規創薬標的としての
応用が期待されます。さらに、
ガン予防の観点において、抗酸
化サプリメントは負の側面を持
つ可能性を再認識させる結果と
なりました。

 研究グループは、「本研究に
より、ガン化の過程においても
進化と同様の選択圧が生じ、NR
F2の過活性など、強固な酸化ス
トレス防御機構を有するガン細
胞のみが腫瘍形成できることが
示唆された。活性酸素種が織り
なす生物応答は未だ多くが謎に
包まれている。好気性生物にと
って、根幹を成す生命現象を解
明するべく、今後も活性酸素種
を切り口とした研究にまい進し
ていきたい」と述べています。

幹細胞スフェロイドの形成技術

について解説している動画です。

 
 


 
 
 
 京子さんが強固な意思を示す。


 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
2】 IgA腎症の患者に患者脂肪組織由来のMSCを投与

 
 
 
 
 
 名古屋大は11月2日、指定難
病の慢性腎炎「IgA腎症」の
患者さんに対して、脂肪から採
取して培養した間葉系幹細胞(
MSC)を患者さんに投与する
治験を開始したと発表しました。
同大によると脂肪から採取した
MSCは肝硬変や重症の新型コ
ロナウイルス患者さんなどへの
治験が既に開始されていますが、
慢性腎炎患者への投与は世界初
です。治験がうまくいけば、他
の慢性腎臓病にも応用できる可
能性があります。
 同大医学部付属病院腎臓内科
の丸山彰一教授によると、治験
には脂肪から培養したロート製
薬(大阪市)社製のMSCを使
用しました。2021年9月ごろま
でに、最大で12人に計2回ずつ
点滴で投与し、安全性や有効性
を確認します。1例目として10
月に春日井市民病院(愛知県)
で、40代男性患者さんに投与を
始めました。

IgA腎症について解説してい

る動画です。

 
 


 
 
 
 点滴が天敵の患者さん。笑

 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
編集後記

 
 京都大学が11月2日、酸化ス
トレス誘導型転写因子NRF2の過
活性化が3次元ガンスフェロイ
ド(球状集合体)の形成に必須
であることを発見したと発表し
たのは、素晴らしい業績です。
しかしながら、ガン予防の観点
において、抗酸化サプリメント
は負の側面を持つ可能性を再認
識させる結果となったというこ
とは、このようなin vitroの実
験からは、言えないと思います。
あと、ガン細胞は、確かに酸化
ストレスに弱いですが正常細胞
に較べて、酸化ストレスに対抗
する優れた対策を持っています。
in vivo では、こうした対策を
もっていない免疫細胞の方が、
酸化ストレスでおかしくなるこ
との方が多いことを記しておき
ます。
 名古屋大が11月2日、指定難
病の慢性腎炎「IgA腎症」の
患者さんに対して、脂肪から採
取して培養した間葉系幹細胞(
MSC)を患者さんに投与する
治験を開始したと発表したと言
うのは、素晴らしい試みだと思
います。脂肪から採取したMS
Cは肝硬変や重症の新型コロナ
ウイルス患者さんなどへの治験
が既に開始されていますが、慢
性腎炎患者への投与は世界初と
いうことなので、脂肪幹細胞に
よる再生医療が色々取り組まれ
ている中で、腎臓病に対する取
り組みが遅れているのは残念で
す。他の慢性腎臓病にも応用で
きる可能性があるということな
ので、一番多いとされている糖
尿病性腎症に対しても臨床試験
を行うことが喫近の課題と言え
るでしょう。

 会誌を発行して、会議開始の
合図とする。       笑

 
 
 
 
 
 
************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/ ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント