最近の号外Vol.1211メルマガ

2019-04-28 23:56:43

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。
以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 
 

診療マル秘裏話    号外Vol.1211 平成30年6月25日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 
 
 
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 
 
 
 
 
 
 
 
 
目次

1)カルシウムブロッカーが,インフルエンザ感染の特効薬の可能性
2)AIと皮膚科医でAIが正確かつ迅速に皮膚ガン発見

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 
 
 
 
 
 
 
1】 カルシウムブロッカーが,インフルエンザ感染の特効薬の可能性

 
 
 
 
 
 
 
 
北海道大学は5月23日、イン
フルエンザウイルス感染の鍵と
なる受容体蛋白質を発見し、高
血圧治療薬「カルシウムブロッ
カー」がインフルエンザ感染の
特効薬になる可能性を見出した
ことを発表しました。この研究
は同大大学院医学研究院の大場
雄介教授、藤岡容一朗講師らの
研究グループによるものです。
研究成果は「Cell Host&Micro
be」に掲載されています。

インフルエンザウイルスの宿
主細胞への侵入メカニズムにつ
いてその侵入メカニズムの全貌
は解明されていません。とくに、
インフルエンザウイルス感染の
最初のステップにおいて、ウイ
ルスの結合の鍵となる宿主側受
容体蛋白質は見つかっていませ
んでした。

研究グループは、インフルエ
ンザウイルス感染において、細
胞外から細胞内へカルシウムイ
オンが流入し、それにより生じ
る細胞内のカルシウムイオン濃
度上昇が感染に重要な役割を果
たすことを報告しています。今
回の研究では、細胞外のカルシ
ウムイオンを細胞内に取り込む
蛋白質「カルシウムチャネル」
に注目して、ウイルスの細胞へ
の侵入との関わりを調べました。

研究グループは、カルシウム
チャネルの機能を抑制する薬で、
高血圧治療にも用いられるカル
シウムブロッカーがウイルスの
細胞への侵入と感染を防ぐかに
ついて検証しました。また、カ
ルシウムチャネルがインフルエ
ンザウイルスと結合するか、こ
の結合がウイルス感染に重要か
検討しました。最終的には、マ
ウスにおいてカルシウムブロッ
カーが、ウイルス感染を抑える
効果があるかについて検証しま
した。

その結果、カルシウムブロッ
カーを培養細胞に処理したとこ
ろ、ウイルスの侵入と感染が抑
えられました。また、インフル
エンザウイルスとカルシウムチ
ャネルが、結合し、この結合が
感染に重要であることが明らか
になったということです。さら
に、カルシウムブロッカーを投
与したマウスではウイルス感染
が抑えられたことから、生体内
でもカルシウムブロッカーの投
与がインフルエンザ感染に効果
的であることが示されたとして
います。

今回の研究により、カルシウ
ムチャネルがインフルエンザウ
イルス感染に鍵となる受容体蛋
白質であることが明らかになり
ました。カルシウムチャネルを
標的とした治療は、ウイルスの
細胞への侵入を防ぎます。最近
問題になっている薬剤耐性株は、
細胞への侵入後に細胞内で作ら
れるため、カルシウムブロッカ
ーによるウイルス侵入阻害は、
ウイルスに薬剤耐性を獲得する
チャンスを与えないと予想され
るということです。 「今回の
研究成果は、新規概念に基づく
創薬や治療へと発展することが
期待される」と研究グループは
述べています。

カルシウム拮抗薬について解説

している動画です。

 
 


 
 
 
八点の作品から発展して大量
の絵画が発見される。笑

 
 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
 
 
2】 AIと皮膚科医でAIが正確かつ迅速に皮膚ガン発見

 
 
 
 
 
 
 
 
人工知能(AI)と皮膚科医が
正確かつ迅速に皮膚ガンを発見
する対決を行ったところ、AIに
軍配が上がったとする研究論文
が5月29日、英医学誌「Annals
of Oncology(腫瘍学年報)」
に掲載されました。

ドイツ、米国、フランスの研
究チームはディープラーニング
(深層学習)の一種である畳み
込みニューラルネットワークと
いうAIを使ったシステムに10万
枚以上の画像を示し、皮膚の病
変が良性か悪性か識別できるよ
う学習させ、17か国の皮膚科医
58人と競い合う形でメラノーマ
(悪性黒色腫)か良性のほくろ
かを識別する画像テストを実施
しました。

結果、画像から正確に皮膚が
んと診断できた割合は皮膚科医
が平均で86.6%だったのに対し、
AIのシステムは95%に達し、研
究チームによると「畳み込みニ
ューラルネットワークがほとん
どの皮膚科医をしのいだ」とい
うことです。

テストに参加した皮膚科医の
大半は5年以上の経験を持つベ
テランで、他は19%が経験2~5
年、29%が経験2年未満でした。

論文の第一著者であるハイデ
ルベルク大学(Heidelberg Uni
versity )のホルガー・ヘンス
ル(Holger Haenssle)氏は、
「畳み込みニューラルネットワ
ークが見落としたメラノーマの
数は少なく、皮膚科医より検知
能力が高いということになる」
と指摘しています。また「良性
のほくろをメラノーマと誤って
診断することも少なかった」と
いい、「不必要な手術を減らす
ことにつながるかもしれない」
との考えを示しました。

ただ、患者や皮膚の病変に関
する情報をさらに与えると皮膚
科医の診断結果も向上したとい
い、AIは皮膚ガンをより早く、
かつ簡単に診断し、手術による
早期の除去を可能にする便利な
技術となり得ると研究チームは
結論付けています。

研究チームによると、世界各
国で年間およそ23万2000人がメ
ラノーマを発症し、死者は5万5
500 人に上るということです。

皮膚ガンの症状について解説し

ている動画です。

 
 


 
 
 
荒城の月の演奏を練習で向上
させた。笑

 
 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
 
 
編集後記

 
 
 
インフルエンザウイルス感染
の鍵となる受容体蛋白質を発見
し、高血圧治療薬「カルシウム
ブロッカー」がインフルエンザ
感染の特効薬になる可能性を見
出したことを発表したのは偉大
な業績です。インフルエンザの
特効薬としてはタミフル、リレ
ンザ、イナビルなどのノイラミ
ニダーゼ阻害薬が有名ですが、
このノイラミニダーゼ阻害薬は
他の細胞にインフルエンザウイ
ルスが感染せず、感染細胞だけ
にとどまるという働きしかしま
せん。それに対し、最近発売さ
れたアビガンやゾフルーザは、
インフルエンザウイルスの増殖
を抑制します。ただし、アビガ
ンは、国家備蓄に回されており、
ゾフルーザは、今年の春発売さ
れたばかりの新薬なので、効果
の程は、まだ分かりません。カ
ルシウムブロッカーは、ノイラ
ミニダーゼ阻害薬に近いけれど
も、予防的に投与すると感染を
起こさない点で有用ではないか
と考えています。また降圧効果
が副作用になることも忘れては
なりません。
人工知能(AI)と皮膚科医が
正確かつ迅速に皮膚ガンを発見
する対決を行ったところ、AIに
軍配が上がったということは、
AIに人間が勝てないことを示し
ていると思います。当然沢山の
画像を学習したAIに皮膚科医が
かなうはずがないと思いました。
囲碁や将棋でもAIに勝てなくな
っているのですから、皮膚科医
が勝てなくても別に恥じること
はないと思います。重要なこと
は勝負ではなく、AIを利用して
いかに皮膚ガンを正確に見つけ
て、根治的治療に漕ぎつけるか
であると思います。スクリーニ
ングにAIを用いることで、診断
の精度を上げて、不必要な手術
をすることなく、必要な手術は
行うようになれば、皮膚科医の
価値は上がるものと考えます。
将棋の藤井聡太7段が、第31
期竜王戦ランキング戦5組決勝
で石田直裕五段(29)に勝利
した際の「△7七同飛成」につ
いて「部分的には人間の方が深
く読める局面もあると個人的に
は考えていた」と言っている様
に情報を与えられれば、皮膚科
医の診断能力も向上しています。
AIの診断結果を尊重し、患者や
皮膚の病変に関する情報をさら
に得ることで、よりよい皮膚科
診療がなされることを期待した
いと思います。

村長さんの意見を尊重する。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/ ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最近の号外Vol.1210メルマガ

2019-04-28 01:10:04

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。
以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 
 

診療マル秘裏話    号外Vol.1210 平成30年6月24日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 
 
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 
 
 
 
 
 
 
 
目次

1)アルコール摂取がDNA を損傷しガンの発症リスク高める
2)アルツハイマー 病関連遺伝子改変で原因物質分泌抑制

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 
 
 
 
 
 
 
1】 アルコール摂取がDNA を損傷しガンの発症リスク高める

 
 
 
 
 
 
 
 
英ケンブリッジ大学のケタン・
パテル教授率いるチームは「ア
ルコールの摂取が、DNA を損傷
し、ガンの発症リスクを高める」
とする英MRC 分子生物学研究所
で行なった研究成果を科学誌『
ネイチャー』に発表しました(
「ニューズウイーク」2018 年1
月9日)。

アルコール(エタノール)を
摂取すると、分解する過程でア
セトアルデヒドが生成されます。
アセトアルデヒドがDNA を損傷
する事実は、培養細胞を使った
数々の研究で確認済みですが、
その明確な機序は未解明でした。

パテル教授のチームは、マウ
スにエタノールを投与したとこ
ろ、エタノールが造血幹細胞の
DNA 二重鎖を切断したため細胞
内のDNA 配列が復元できなくな
ったということです。

パテル教授は「造血幹細胞の
DNA の損傷によって発生するが
んもあるが、DNA の損傷がたま
たま起こる場合もある。今回の
研究はアルコールがDNA の損傷
リスクを高める可能性があると
いう明白な機序を示唆している」
と解説しています。人間はアル
コールに対して2つの自己防衛
機能を備えています。

1つは、アルコールを分解す
る過程で生成される「アセトア
ルデヒドを分解」する機能。つ
まり、アセトアルデヒド脱水素
酵素(ALDH)が、有害なアセト
アルデヒドを酢酸に分解し細胞
のエネルギー源に変える働きで
す。

今回の研究では、ALDHの一種
であるALDH2 が欠如したマウス
にエタノールを投与したところ、
ALDH2 が機能しているマウスと
比べ、DNAの損傷は4倍に達しま
した。このALDH2 が十分に機能
しない人や、欠陥がある人は、
東南アジア人に特に多く、5億4
000 万人に達します。

2つめの防衛機能は「DNAの修
復」ですが、常に機能するわけ
でもなく、うまく機能しない人
もいる点が、大きな懸念です。
日本人の防衛機能は決して盤石
ではありません。パテル教授は
「アルコール処理やDNA 修復の
システムは完璧ではないので、
自己防衛機能が働いている人で
も、アルコールが原因でガンを
発症するリスクがある」と注意
を促しています。

アルコールとの関係が特に強
いガンは、口腔ガン、咽頭ガン、
食道ガン、乳ガン、肝臓ガン、
大腸ガンです。そのリスクは、
ワイン、ビール、蒸留酒などア
ルコールの種類とは無関係で、
しかも安全な飲酒量はありませ
ん。

英国政府のガイドラインが、
推奨する飲酒量は、1週間で14
ユニット以内(1ユニットは純
アルコール8gなので、14ユニッ
トなら112g)です。つまり、度
数4%のビールなら7パイント(
約3.3 リットル)、度数12%の
ワインならワイングラス(125
ml)で9杯と1/3杯に相当します。

ちなみに厚生労働省によると、
「節度ある適度な飲酒量は、1
日平均純アルコールで20g 程度」
です。したがって、1週間(7日)
の飲酒量に換算すれば、英国ガ
イドライン(112g)より多い12
0gになります。飲酒のリスクは、
まだあります。

国立ガン研究センターが行な
った多目的コホート研究(JPHC
研究)の成果報告「飲酒とガン
全体の発生率との関係について」
を見よう(『British Journal
of Cancer』2005年92巻182-187
ページ)。この報告は、岩手県
から沖縄県までの9保健所管内
に居住する40~59歳の男女約7
万3000人を対象に、平成13年(
2001年)まで追跡調査したもの
です。

調査開始から約10年間の追跡
期間中に、約7 万3000人のうち
約3500人が何らかの「ガン」を
発症していました(発症率約4.
8%)。つまり、飲酒量が1日平
均2合以上3合未満のグループは、
ガン全体の発生率が1.4倍、1日
平均3合以上のグループは1.6倍。
酒量が過ぎれば将来ガンになり
やすい事実が裏付けられました。

なお、日本酒1合と同じアル
コール量は、焼酎なら0.6 合、
泡盛なら0.5 合、ビールなら大
ビン1本、ワインならグラス2杯
(200ml )、ウイスキーダブル
なら1杯になる。

参考文献:Health Press 2018
06.02 アルコールとガンの因果関
係が判明! エタノールが造血幹細胞
のDNA2重らせんを切断

一日どの位飲酒するとガンが、

発生するのかという疫学的調査

の結果について、解説している

動画です。

 
 


 
 
 
ヘンリー八世が疫病を発生さ
せた。笑

 
 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
 
 
2】 アルツハイマー 病関連遺伝子改変で原因物質分泌抑制

 
 
 
 
 
 
 
 
 
人の人工多能性幹細胞(iPS
細胞)から作った脳細胞で、ア
ルツハイマー病との関連が疑わ
れる遺伝子を改変すると、原因
物質の分泌が、抑えられたとの
実験結果を米国の研究チームが
5月31日付の米科学誌ニューロ
ン電子版に発表しました。

遺伝子は「アポE」と呼ばれ
ます。100 人に14人程度はこの
遺伝子に特定の変異があり、他
の人より、アルツハイマー病を
発症する危険性が高いことが分
かっています。

米マサチューセッツ工科大等
のチームは健康な人のiPS 細胞
から脳の神経細胞などを作製し
ました。一部はゲノム編集技術
でアポEに変異を持たせ、両方
を観察しました。

遺伝子検査について解説してい

る動画です。

 
 


 
 
監察官が、観察した。笑

 
 
 
 
 
 
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
 
 
 
 
 
 
 
編集後記

 
 
 
英ケンブリッジ大学のケタン・
パテル教授率いるチームは「ア
ルコールの摂取が、DNA を損傷
し、ガンの発症リスクを高める」
とする英MRC 分子生物学研究所
で行なった研究成果を科学誌『
ネイチャー』に発表したのは、
偉大な業績です。以前のメルマ
ガでも、飲酒によって、発ガン
の確率が高くなることは申し上
げました。フレンチパラドック
スは、循環器の病気の予防には、
あてはまるのですがガンの発生
を予防することはできません。
その証拠に赤ワイン摂取のブー
ムの時にフランス政府がアルコー
ル摂取を控えるよう、フランス
国民に呼びかけました。それは、
ガンの発生率を抑制するためで
した。ちなみにガンの発生率は、
アルコールの種類によらないと
されていますが、日本酒だけは、
少し低いとされています。それ
は米ぬか成分のフェルラ酸によ
るものとされています。
人の人工多能性幹細胞(iPS
細胞)から作った脳細胞で、ア
ルツハイマー病との関連が疑わ
れる遺伝子を改変すると、原因
物質の分泌が、抑えられたとの
実験結果を発表したのは偉大な
業績です。現在、認知症の根本
的治療をもたらす薬剤の開発を
撤退する企業(製薬会社)が相
次いでいます。 そうした中、
関連が、疑われる遺伝子の改変
で得られる、原因物質の分泌の
抑制が根本的治療をもたらすか
否かはっきりしませんが、一筋
の光がさしてきたような気がし
ます。コリン作動薬アリセプト
の開発の時も、撤退寸前に薬剤
が発見されたということがあり
ました。認知症に苦しんでいる
人がたくさんいる以上、簡単に
諦めないで、このような発見を
踏み台にして、新薬を開発して
頂きたいものです。

企業が起業家を育てる。笑

 
 
 
 
 
 
 
 
************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/ ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント