最新号より100号前のメルマガ

2014-03-16 19:55:38

カテゴリー:ブログ

エベレスト

藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。
以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。



美白・美肌 ブログランキングへ

 
診療マル秘裏話 Vol.436 平成24年4月5日作成
作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 
目次
1) 乳ガン細胞の元となる「幹細胞」が体内で増殖する仕組み
2) 高尿酸血症の約3割は、腸管(小腸)の排出機能が低下

 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を
増やして欲しいという要望もあるのですが、私の能力の
なさから1週間に1回が限度となっています。これからも
当たり前の医療をしながら、なおかつ貪欲に新しい知識
を吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思って
おります。不撓不屈の精神で取り組む所存ですので
どうかお許し下さい。

1】 乳ガン細胞の元となる「幹細胞」が体内で増殖する仕組み

乳ガン細胞の元となる「幹細胞」が
体内で増殖する仕組みを、東京大学の
後藤典子・特任准教授と日野原邦彦・
特任助教らが明らかにしました。

幹細胞を狙って根絶することで、
乳ガンの再発を完全に防げる可能性が
あるということです。米科学アカデミー
紀要に発表されます。

ガン治療は一般的に、抗ガン剤や
放射線治療でガン細胞を死滅させます
が、ガン細胞を生み出す幹細胞が残っ
てしまい、再発の危険性があることが
分かっています。

研究チームは、乳ガンの組織に含ま
れる幹細胞が、塊を作って増殖する
ことに注目しました。細胞表面に
「HRG」というたんぱく質が結合
することが、引き金になり、複数の
たんぱく質が作られて、増殖に必要な
環境を維持することを突き止めました。

乳ガンについての基礎的な知識が

学べる動画です。

www.youtube.com/watch?v=i4I05H0DDO8

 
 
 
 
 
 

















胎内の体内。笑

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

2】高尿酸血症の約3割は、腸管(小腸)の排出機能が低下

痛風の原因となる高尿酸血症の約3
割は、腸管(小腸)の排出機能が低下
して引き起こされることを東京大、
東京薬科大などの研究チームが突き止
めました。

腎臓にばかり目を向けてきた従来の
考えに見直しを迫るもので、新しい
治療薬の開発に道を開く成果という
ことです。

英科学誌ネイチャー・コミュニケー
ションズに4月4日掲載されます。

チームは患者さん644人の尿を
調べ、痛風原因遺伝子として知られる
「ABCG2」が高尿酸血症に大きく
関与していることを確認しました。
同じ遺伝子を操作して症状を
再現したマウスで詳しく調べた結果、
こうした症状のマウスでは、腎臓から
尿酸を排出できても、腸管から便への
排出機能が半分以下に減少し、尿も
含めた排出量全体として約2割減って
しまうことが分かりました。

高尿酸血症は現在、腎臓の尿酸排出
能力が低下する「排泄(はいせつ)低下
型」と、体内で尿酸を多く作り過ぎる
「産生過剰型」に分類されており、
その混合型も多いと言われています。

今回の結果で、産生過剰型の多くは
尿酸を作り過ぎるわけではなく、腸管
の機能低下が原因と考えられると推測
されるということです。

痛風に関して詳しく解説されている動画

です。

www.youtube.com/watch?v=ZAakGP-kBgE

 
 
 
 
 
 
 













酸性物質の産生の過剰を抑制し、
賛成意見を得た。笑

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

編集後記

多くの悪性腫瘍細胞で、腫瘍幹細胞
が確認されています。この腫瘍幹細胞
があるおかげで、再発しやすいという
ことも分かっています。腫瘍幹細胞は、
一般に分裂速度が遅くドーマントと
呼ばれる状態になっているため、
抗ガン剤や放射線が効きにくいわけ
です。中国や韓国では、この腫瘍
幹細胞を普通の増殖盛んなガン細胞に
分化させるために少量のヒ素を伝統的
に用いて来ました。乳ガンについては
腫瘍幹細胞の増殖に必要な環境を維持
するメカニズムが解明されたため、
この環境を破壊する治療法を模索して
いるということでしょう。マウスと
人間では、同じ哺乳類でも、相違点が
あるので、一概に腸管の機能低下が
原因ということに、少々無理を感じ
ました。この遺伝子をターゲット
にした遺伝子治療の臨床試験が早期に
行われることを期待しています。痛風
発作自体は、痛みだけで済んでも、
放置すると脳卒中の発作から要入院
治療になったり、痛風腎になって透析
に移行したりします。それを考えれば
深刻な病と私は考えているからです。

税務申告は深刻。笑

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/ ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
ただしお友達への転送はご自由はご自由です。
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント