最新号より400号前のメルマガ

2014-03-06 23:55:13

カテゴリー:ブログ

エベレスト

藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。
以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。



美白・美肌 ブログランキングへ

 
診療マル秘裏話 Vol.135 平成18年6月29日作成
作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 
目次
1) アルツハイマー病の予防と治療
2) 男性は腰、女性は膝の病気が多い?

 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも
当たり前の医療をしながら、なおかつ貪欲に新しい知識
を吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っており
ます。不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうか
お許し下さい。

1】アルツハイマー病の予防と治療

アルツハイマー病の原因タンパク
質が脳に蓄積するのを抑える新たな
ワクチンを東京都神経科学総合研究
所とスイスの国際チームが開発しま
した。マウスの実験で効果を確認し、
12日付の米科学アカデミー紀要
(電子版)に発表しました。
松本陽(まつもと・よう)・同研究
所参事研究員は「副作用が少なく、
アルツハイマー病の治療や予防に
期待できる」と話しています。

アルツハイマー病は、脳にベータ
アミロイドと呼ばれるタンパク質が
蓄積して起こるということが知られ
ています。同チームは、ベータアミ
ロイドをつくるDNAを含んだ
ワクチンを開発しました。これを
筋肉に注射するとベータアミロイド
が体内でつくられ、これに対する
抗体も徐々にできます。この抗体が
ベータアミロイドの蓄積を抑えると
いう仕組みだそうです。

アルツハイマー病のマウスに投与
してベータアミロイドの蓄積を調べ
たところ、投与しなかったマウスに
比べて3分の1-半分程度に減りました。
長期間投与しても、免疫に関する
細胞の過剰な活性化や髄膜脳炎と
いった副作用は認められません
でした。

現在サルで効果を確かめており、
安全性が確認できれば人間で臨床
試験したいということです。

これまでもワクチン療法が開発
されましたが、臨床試験で一部の
患者に髄膜脳炎の副作用が出て
治験が中止されました。今度の
ワクチンでは、そのような副作用
はなさそうです。

アルツハイマー病は、映画
「明日の記憶」でも描かれて
いますが、本当に悲惨な認知症
です。一刻も早く、予防法や治療
法が見つかることを期待して
います。

アルツハイマー病と糖尿病との

関係を述べた動画です。

www.youtube.com/watch?v=7dAFOMAff-E

 
 
 
 
 
 

















私は、「明日の記憶」もいい
けれど、「今日の記憶」「昨日の
記憶」を大切にしたいと思います。笑

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

2】 男性は腰、女性は膝の病気が多い?

老化などに伴って関節の軟骨が
減り、痛みや痺れなどが出る変形
性関節症の部位は、50歳以上では
男性は腰、女性はひざが多いとの
調査結果を、東京大の中村耕三
(なかむら・こうぞう)教授
(整形外科)らのグループが6月
12日発表しました。

欧米などの調査でも同様の傾向
は出ており、遺伝的要因が原因な
のではないかと考えられています。

中村教授らは昨年から今年に
かけ、和歌山県と東京都の50歳
以上の2164人を調査しました。
エックス線検査などで腰に変形性
関節症があると疑われる男性は
81%、ひざでは54%でした。
一方、女性では腰68%、ひざ
75%と、男性とは逆にひざの方
が多いという研究結果がでました。

研究グループはこの結果を基に、
腰の関節症は全国で男性1770万人、
女性1530万人、ひざの関節症は
男性1240万人、女性1840万人が
かかっていると推計しました。
実態解明のため、患者さんや一般
住民計1万人を対象に10年間の
大規模追跡調査を始めるという
ことです。

女性に多い変形性膝関節症の

最後の砦の人工関節の手術に

関する動画です。

www.youtube.com/watch?v=xSLjaiYuK8Q

 
 
 
 
 












男が、結婚に腰が重いため、
女は、妃座(膝)を大事にする
べきでしょう。簡単に離婚して
は、いけません。笑

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
編集後記

レイザーラモンHGのように腰をふっていたら、
腰痛になるのは、容易に想像できますが、女性の
ベリーダンサーやフラダンサーで、腰が痛くなった
方はほとんど皆無でしょう。私の知り合いで、
フラダンスを勉強している女性の方がいて、やはり
左膝を痛めたといっていました。女性にとって、
生麺はイケメン(男)でもどちらも腰の強い方がいい
ということでしょうか?笑
越の大徳 泰澄上人は、山を
越しても越しても、腰を痛めない
腰の強い人で古紙で作った輿に
乗っていた。笑

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨

職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/ ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
ただしお友達への転送はご自由です。
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント