最新号より100号前のメルマガ

2013-07-04 23:40:34

カテゴリー:ブログ

エベレスト

藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。
以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。



美白・美肌 ブログランキングへ

診療マル秘裏話 Vol.490 平成25年4月25日作成
作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
目次

1) 加齢黄斑変性(AMD)が主要な視力障害の原因
2)近視と難聴の合併症を引き起こす原因遺伝子

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を
増やして欲しいという要望もあるのですが、私の能力の
なさから1週間に1回が限度となっています。これからも
当たり前の医療をしながら、なおかつ貪欲に新しい知識
を吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思って
おります。不撓不屈の精神で取り組む所存ですので
どうかお許し下さい。

1】加齢黄斑変性(AMD)が主要な視力障害の原因

米国眼科学会(AAO)は4月3日、加齢黄斑変性(AMD)が
65歳以上の米国人の主要な視力障害の原因であるとした
研究を紹介しました。Ophthalmologyオンライン版に掲載
されました。

この研究は、被験者約5000人の視力低下の様子を、
眼疾患ごとに20年間にわたって追跡したものです。研究
によりますと、85歳以上の米国人の約15%がAMDにより
重度の視力低下を来しており、薬物治療や予防法が近年
発達したにもかかわらず、AMDが依然として失明の主因
であることが明らかになりました。

AMDは網膜の損傷により中心視力の永久的な喪失を来す
疾患で、米国では910万人以上が罹患すると言われて
います。初期症状に欠けるため、早期発見治療には眼科
専門医による定期健診が必須となります。

視力は高齢者のQOLに大きな影響を与えることから、
高齢化を控えた米国社会でAMDのような加齢に関わる
眼疾患にどう対応するかが注目されます。無料健診が
受けられるプログラムもあり、AAOは40歳でのベース
ライン眼健診、65歳以上の1、2年ごとの定期健診を
勧めています。またAAOは網膜専門医協会と共同で、AMDの
実態を知らせるイベントの開催や無料動画の作成を通じ、
この疾患に対する一般の理解を求めています。

健診で献身的に診療する。笑

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

2】近視と難聴の合併症を引き起こす原因遺伝子

理化学研究所は4月2日、近視と難聴の合併症を
引き起こす原因は、神経系に発現する膜タンパク質
をコードする「SLITRK6遺伝子」にあると発表しました。

理研脳科学総合研究センター行動発達障害研究
チームの有賀純氏、ロンドン大学、マイアミ大学の
共同研究グループが、近視と難聴を併発する米国人、
トルコ人、ギリシャ人の3家系の遺伝子変異を解析
しました。SLITRK6遺伝子にそれぞれ異なる変異が
あることを見出しました。さらに、変異SLITRK6
タンパク質では、「シナプス形成を促進する機能」
と「神経突起の形成を制御する機能」が喪失して
いることも確認されました。

次に、変異と近視との関連をSLITRK6タンパク質
欠損マウスで検証しました。正常マウスより視軸長
(眼球の奥行きの長さ)の伸長幅が大きく、網膜の
神経回路形成が遅れることで、近視が起きている
ことを突き止めました。また、難聴については、
欠損マウスの内耳の神経回路形成に異常を来して
いました。

共同研究グループは、「今後、近視や難聴の発症
メカニズムの理解や新しい治療法開発への貢献が
期待できる」と述べています。

家系が家計に影響する。笑

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

編集後記

以前のメルマガで、私の父親が亡くなる直前に
加齢黄斑変性であることが分かったというお話を
させて頂きました。早期発見、早期治療でないと
治癒は、見込めない上、眼科専門医による健診で
ないと発見できない恐ろしい病気です。父親が
晩年「眼が見えない」とずっと訴えていたにも
関わらず、治療ができなかったのが残念でなりま
せん。日本でも、専門医による健診を広く行なって
欲しいものだと考えています。近視と難聴を同時
に起こす遺伝子が見つかったことは、遺伝子治療
を含め、これからの新治療の端緒を開くものと
して画期的な発見であったと考えております。

偏西風が、変成された。笑

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/ ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
ただしお友達への転送はご自由はご自由です。
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.277

2013-07-04 21:03:17

カテゴリー:女性の美容と健康

紫陽花12

藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。
以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。



美白・美肌 ブログランキングへ

美しい肌の条件(重金属のデトックス)

 
 
カドミウムの体内へ入る経路

カドミウムは、青みをおびた銀白色の軟らかい

金属で、鉄材の錆を防ぐためのメッキ、電池、

及び鉛、スズ等との合金に使われています。

カドミウムは亜鉛、銅などの鉱床に高濃度に

共存するため、これらの金属を採掘、精錬

する時の副産物として排出されます。

したがって、カドミウム汚染の主な発生源は金属

の採掘、精錬の場所であり、空気中に放出

されたカドミウムは水中、土壌に堆積し、

そこで生育した野菜、穀類、家畜、魚介類等、

様々な食品を経由して人体内に取り込まれます。

カドミウムはすべての食品中に存在しますが、

その濃度には食品の種類によって大きな差

(平均値で0.003~0.1ppm)がみられます。
野菜、穀類、獣肉、魚肉中では0.005~0.06

ppmと低濃度ですが、獣、魚類の肝臓、腎臓
では1ppm程度と高濃度で、さらに貝類、イカの
肝臓では100ppm以上の高い値を示すことが
あります。また、日本人が主食とする米中の

カドミウムは、非汚染地域で0.005~0.13ppm、
カドミウム汚染地域各地では0.2~2.0ppmと、
非汚染地域の米に比べて10倍以上のカドミウム

が含まれています。そこで、我が国では主食

とする米からのカドミウム摂取量を制限するため、

食品衛生法によって、カドミウム濃度が0.4ppm
以上1ppm未満の米は食用として販売禁止、
1ppm以上の米は栽培することも禁止としています。
ヒトでのカドミウムの体内吸収は、主に消化管と

呼吸器を経由して行なわれ、消化管からの吸収率

は1~6%、呼吸器からは粒子径、化合物等に

よって異なりますが、2.5~20%程度とされています。

体内に吸収されたカドミウムは全身の臓器に運ばれ、

標的臓器である腎臓に運ばれたカドミウムは

メタロチオネイン(MT:分子量6000~7000、SH基

を有するシステインを30%前後含み、カドミウム、

亜鉛、銅等の金属を11%まで含有)を誘導し、その

SH基に結合して腎皮質に高濃度に蓄積するため、

毒性の発現が抑えられます。しかし、腎臓中の

カドミウム濃度が過剰になり、MTのSH基と結合

できないカドミウムが出現すると、それによって腎臓

障害が発症すると考えられています。健康成人では、

体内カドミウムの50%は腎臓に、15%は肝臓に、

20%は全身の筋肉に存在しており、各臓器中

カドミウムの生物学的半減期は、ヒトでは10~30年

と非常に長く、臓器中のカドミウム濃度は年齢の増加

とともに高くなることが知られています。また、体内に

蓄積されたカドミウムは主に尿中に排泄されること

から、健康成人の尿中カドミウム量はその

体内蓄積量及び腎臓中濃度を示すよい指標である

と考えられています。喫煙すると体内に金属カドミウム

が持ち込まれます。1979年ジョン・エリス達は喫煙者

と非喫煙者に対して実験を行いました。タバコ1本には

約2マイクロ㌘のカドミウムを含んでいます。1日にタバコ

20本を吸う者は、非喫煙者のほぼ2倍量のカドミウムを

腎臓や肝臓に受け入れている計算になります。体内の

カドミウムの生物学的な半減期は平均15.7年です。

人は毎日食物から約75~100マイクロ㌘のカドミウムを

取り入れており、そのうち約4%が消化器系で吸収され

ます。計算によると、タバコ1箱を全部吸う者は2~4

マイクロ㌘のカドミウムを体内に余計に受け入れることに

なりますが、その96%は呼吸器系から吸収されます。

 
 
カドミウムの慢性毒性のメカニズム

カドミウムの慢性毒性としては、腎臓の近位尿細管

障害が特徴的で、多尿、低分子タンパク

(β2-ミクログロブリン、リゾチーム、メタロチオネイン

等)尿がみられ、排出される低分子タンパクの量は

暴露のない人の100倍以上に増加します。さらに

腎障害が進行すると遠位尿細管機能低下、

糸球体機能低下、血清クレアチニンの上昇等が

起こり、最終的には腎不全で死亡することもあります。

我が国のカドミウムによる最大の汚染地域である

富山県神通川流域では、昭和30年代から地域住民

にイタイイタイ病という奇病が多発し、当初、この病気

の原因としてカドミウムと骨の関係がクローズアップ

されていました。しかし、その後の研究でカドミウムは

骨に直接障害を与えるのではなく、これは腎臓障害

に骨軟化が合併した病気であることが分かって

きました。

 
 
 
カドミウムは、必要な金属?

カドミウムがヒトにとって必須であるという事実は

報告されていません。しかし、ヤギを用いた実験

では、カドミウム欠乏による低体重児出産、流産の

増加や、動かない・首をまっすぐに上げない等の

筋力低下がみられ、それらはカドミウム投与に

よって改善することが報告されています。このこと

から、ヒトを含む哺乳動物に対するカドミウムの

必須性が推定されるようになってきました。過剰に

あってもいけませんが、ないと異常をきたすという

厄介な金属であることが分かります。

 
 
カドミウムが高濃度に含まれる食品

水産庁は2003年5/2、人体に有害な重金属

であるカドミウムが水産物にどの程度含まれて

いるかの調査結果をまとめました。軟体動物の

内臓や塩辛類で高い濃度が検出されましたが、

同庁は「健康面への影響はまずない」として

います。あわびやスルメイカの内臓・毛ガニの

みそなどで平均濃度が7.35ppm、塩辛類で
1.66ppmと、国際食品規格制定機関の
コーデックス委員会が安全基準として検討中

の1.0ppm(ppm=1/100万)を上回りました

1.0ppmを基準とした場合、体重50kgの人が
1日に摂取できるカドミウムの摂取量は

50マイクログラム(1マイクログラム=1/1000mg)です。

厚生労働省の研究所による調査では、日本人

が1日に食品から摂取するカドミウムの量は

約6割に相当する29.3マイクログラムで、うち魚介類

からの摂取量は11%程度のため、同庁は

「平均的な食生活を送っていれば健康への影響

はない」と推定しています。ただ、コーデックス委員会

の基準案は軟体動物の可食部のみが対象で、

内臓やその他の魚介類は除外されています。

 
 
カドミウムを吸収する植物

フジタは2004年2/3、アブラナ科の植物である

「ハクサンハタザオ」が人体に有害とされる

カドミウムを高濃度に蓄積する能力があることを

発見したと発表しました。独立行政法人農業工学

研究所、名古屋大学大学院の竹中千里教授

との共同研究で特許を出願しました。

カドミウム濃度が高い地域にある植物100数十

種類を探した結果、ハクサンハタザオが重量1kg

当たり1~2gのカドミウムを蓄積することが分かり

ました。これまでは、カラシナなどが知られて

いましたが、ハクサンハタザオはその10~20倍

の蓄積能力を持っています。カドミウムの除去に

使うのは鉱山跡地に生息するアブラナ科の

ハクサンハタザオです。3ppmのカドミウムに汚染
された土壌を植木鉢に入れて実験したところ、

濃度が半減しました。また、10ppmのカドミウムに
汚染された水を使って水耕栽培したところ、

1株で1000ppm以上吸い上げました。
ハクサンハタザオは秋から春にかけて育つ野草

で、稲作などの間に土壌を浄化する対策が取れる

利点があります。フジタは実用化をめざし栽培技術

を確立することも視野にいれています。カドミウムは

イタイイタイ病などの公害の原因物質です。コメは

吸収・蓄積しやすく、含有量1ppm以上の玄米は
販売禁止、焼却処分されています。0.4ppm~
1ppm未満の玄米については農林水産省が事実上
買い上げ、合板用のりなどに使っています。

2009年、群馬大学工学部の板橋英之教授

(応用化学・生化学)らのグループは、土壌に

含まれるカドミウムなど、人体に害がある重金属を

農作物が取り込む量を引き下げる効果のある肥料を

開発しました。土に混ぜるだけで効果を発揮します。

スギの樹皮(バーク)などを主原料にしています。

実験では、コメに含まれるカドミウム濃度が0.3ppm
が0.03ppmに低下しました。ニッケルは半減、銅は
1~2割低減しました。

 
 
カドミウムをデトックスする食材

ごぼう、りんご、コリアンダー

 
 
食材以外のデトックス法

有害重金属を排出する体の働きは便、尿、

汗、髪、爪の5手段があり、便が75%、次が

尿で約20%程度、汗からが3%程度で、

最後は1%程度の毛髪からの排出です。

汗には体温を下げる目的で汗腺から分泌

される汗と、老廃物を排出するための皮脂腺

から分泌される汗とがありますが、デトックスに

関しては後者の皮脂腺からの汗が重要です。

しかし、毛髪と一緒に排出される有害重金属

は、その量ももちろんデトックスに貢献して

いますが、特に重要なことは、体内の重金属

の蓄積の度合いを知ることができる検体として

です。有害重金属の蓄積度合いが正確に

分析できる検査方法として毛髪検査は広く

用いられています。

デトックスの方法と言われるものはいろいろ

ありますが、大部分が上記の人間の体に本来

備わっている、排出機能をよりよく働かせる

方法で、以下のような項目が一般的です。

ミネラルウォーター、ハーブティの飲用
各種サプリメント、薬剤の摂取
入浴剤を用いた入浴、岩盤浴など
マッサージ、絶食、キレーション療法を使った

もの。鍼灸:腎臓・肝臓のツボを刺激することで

新陳代謝を活発化します。

ミネラルウォーター、ハーブティの飲用に関しては

心臓疾患など水分摂取が制限されている人では

充分注意して行って下さい。日本人は、塩分の

摂りすぎが問題になっています。塩分を摂り過ぎた

上で水分の過剰摂取を行うことは、心臓疾患の

患者さんでは、許されないことです。各種

サプリメントや薬剤の摂取、入浴、岩盤浴、

マッサージ、絶食、キレーション療法についても、

医師に十分相談の上行うようにして下さい。

今回は、ここまでとさせて頂きます。

骨軟化の研究に必須な金属(カドミウム)の

勉強がコツなんか。笑

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

女性の美容と健康についてのご相談は、当クリニック

皮膚科にて承ります。

当クリニックのホームページとフェイスブック

ページおよびメルマガ登録ページのURLは以下の通りです。

ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/
フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai

メルマガ登録ページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/min_zhaokurinikku/merumaga.html
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント