美しい肌Vol.78

2013-04-07 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



美肌の漢方(生薬各論:薄荷)



科名:シソ科/属名:ハッカ属



和名:薄荷/生薬名:薄荷(はっか)/



薄荷葉(はっかよう)/



学名:Mentha arvensis var.piperascens


日本全土の土手など湿気の多い



場所に自生しています。各地で栽培



されています。



湿った場所に自生する宿根草



(しゅくこんそう)で、全体に強い芳香



(ほうこう)があります。



根は長い地下茎で四方に伸びて



繁殖します。繁殖力は強く、雑草なみ



の生命力があります。



花は、8~9月ころ、葉のわきに輪状



に多数の淡い紅紫色の小花を



つけます。



開花期に地上部を採取して、風通し



の良い場所で陰干しにして乾燥



します。



茎葉を乾燥したものを、薄荷



(はっか)といい、葉だけを集めて



乾燥させたものが薄荷葉



(はっかよう)でこれも生薬として



扱われます。



有効性分:メントール、ビネン、カンフェン、



リモネンなどの精油が含む薄荷葉



(はっかよう)は、中枢抑制、血管拡張



などの効果があり、芳香性健胃、



かぜの熱、頭痛、めまい、消化不良、



歯痛などに、粉末大さじ1杯くらいを、



熱湯を注いで、食前か食後に服用



します。



また、おなかが張り、気分の悪い場合



などにも粉末を同じく用います。



漢方では、とくに頭痛、目の充血、



のどの腫脹による疼痛(とうつう)など



の症状に適しています。



夏の熱射病による頭のふらつきや



発熱、口乾、尿の減少などの症状にも



適しています。



また、薄荷葉の配合した処方で、煎剤



(煎じ薬)とする場合には、薄荷葉(はっかよう)



は後から別に入れます。



虫さされなどには、生葉をもんで患部に



塗布すると、かゆみ止めになります。



ハッカの全草を、陰干しして、浴湯料



として疲労回復、腰痛、神経痛などに



用います。



ハッカの名前の由来は、漢読みの薄荷



(はっか)の音読みから和名が付けられ



ましたが、薄荷の語源自体は不明確です。



古くは、目が疲れたときに葉をもんで、



まぶたをなでたりしたことから、目草、



目張り草、という名前や、眠気覚ましに



用いたことから、目覚め草などという



名前もあります。



原産地は、アジア東部とされ、



薄荷油の原料植物として太古の昔から



栽培されていました。古くは、



「農業全書(のうぎょうぜんしょ・1697)」



に、ハッカの栽培の記述が存在します。



文化14年(1817年)には、岡山で盛んに



栽培されたとされ、その後、広島、山形、



北海道などと全国で栽培されて、昭和の



始めには、世界のハッカの生産量の



ほとんどは、メントールを多く含む日本産



でした。今回はここまでとさせて頂きます。



ハッカーが薄荷を発火させた。笑



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページおよびメルマガ登録ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai



メルマガ登録ページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/min_zhaokurinikku/merumaga.html
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.79

2013-04-07 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



美肌の漢方(生薬各論:甘草、炙甘草)



科名:マメ科/属名:カンゾウ属



和名:甘草/学名:Glycyrrhiza uralensis



中国からヨーロッパ南部に分布する多年草



です。日本ではわずかに栽培されています。



しかし、最近、漢方薬大手のツムラが、



大規模な栽培に成功したということです。



中国東北部、内蒙古に自生する多年草ウラル



カンゾウ、シナカンゾウ



(Glycyrrhiza echinata L.)



カンゾウは、多年草草本(そうほん)で全株



に細毛を密生して、茎は高さが0.5~1



メートルくらいになります。



葉は、羽状複葉(うじょうふくよう)で互生



(ごせい)して、小葉は4~8対で長卵形で



先が尖り葉の縁(ふち)はなめらかになって



います。



カンゾウの花は、夏から秋にかけて葉のわき



から総状花序(そうじょうかじょ)を出して



淡紫色の蝶形花が咲きます。



果実は、さや果で円柱状の果実になります。



カンゾウの、主根および横走茎を採取して



乾燥したものが、生薬の甘草(かんぞう)



といいます。



カンゾウの主成分:トリテルペン・サポニン



(グリチルリチン酸60%に達する)、



フラボノイド(イソフラボン、リキルチン、



イソリキルチン、フォルモネチン)、



ポリサッカロイド、ステロール、クマリン、



アスパラギンなどです。



甘草(かんぞう)を、ハチミツとともに



焦がしたものを炙甘草(しゃかんぞう)



といいます。



甘草(かんぞう)は、息苦しさの防止、解毒、



のどの痛み止め、去痰(たんをとる)、消炎、



神経痛の鎮痛(いたみをおさえる)などに効果が



あります。



漢方でも緩和、消炎、解毒薬として、のどの



痛みや消化器の潰瘍、食中毒などに用います。



炙甘草(しゃかんぞう)は、虚弱体質の場合に



用います。食欲不振、腹痛、せき、発熱、下痢



などに用いられます。



甘草(かんぞう)、炙甘草(しゃかんぞう)は、



ほとんどが漢方処方に配合されますが、甘草



(かんぞう)を単味で去痰薬として煎じて用いる



場合もあります。



カンゾウの甘味の成分は、トリテルペンの配糖体



が含まれていて、そのなかで、グリチルリチンが



甘味の主成分で、砂糖の200倍以上もあります。



カンゾウから作られるカンゾウエキスには



胃液分泌抑制、消化器かいようの治癒(ちゆ)



促進、鎮痙(けいれんをおさえる)、鎮咳(せきを



おさめる)などの薬理作用が認められています。



グリチルリチンには、副腎皮質ホルモン作用とくに



アルドステロン様の作用や抗炎症、



抗アレルギー作用がありますが、カンゾウを長期間



大量に連用すると脱力感、四肢(しし)のけいれん、



麻痺などの副作用が生じる場合があります。これは



アルドステロン様の作用(尿中へのカリウムの排泄を



促進する作用)から血中カリウムが欠乏し、



周期性四肢麻痺という状態に陥る可能性が高くなる



からです。そのため、甘草あるいは、炙甘草を



長期間大量に用いることは避ける必要があります。



一般には、のどの痛みには煎じ液でうがいをすると



効き目があるとされます。



今回はここまでとさせて頂きます。



甘草は、肝臓に良い働きをする。笑



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページおよびメルマガ登録ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai



メルマガ登録ページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/min_zhaokurinikku/merumaga.html







このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.80

2013-04-07 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



美肌の漢方(生薬各論:桂枝)



科名:クスノキ科/属名:クスノキ属



和名:肉桂/生薬名:桂皮(けいひ)/



学名:Cinnamomum Loureiri Nees



中国雲南省・ベトナム原産とされ、



日本には、桂皮(けいひ)の代用として



鹿児島、高知、和歌山などの暖地で栽培



されています。その一部は、野生化して



います。



ニッケイは、クスノキ科クスノキ属の



常緑高木で高さ10~15メートルになり



枝葉に芳香があります。



0~30年程度の、ニッケイを、6~7月に、



根を傷つけないように掘り取り、適当な長さ



に切り、水洗いして、木槌でたたいて、



根の皮を剥ぎ取り、天日で乾燥したものが、



生薬で、日本肉桂(にほんにっけい)または、



日本桂皮(にほんけいひ)と呼ばれています。



シナモン(ニッキ)の効果には、血行促進、



血糖値の上昇の抑制、老化防止、成長作用、



自律神経の調整、抗菌作用といったものが



あり、女性の場合は特に冷え性などに効果が



あるとされています。



またシナモンには、皮膚に通っている毛細血管



である「皮膚毛細血管」の機能を回復させる効果



があります。この皮膚毛細血管は「血管内皮細胞」



とそれを覆う「壁細胞」の2種類に分かれますが、



加齢によって壁細胞が徐々になくなってしまいます。



これによって血液が届く前に血管外に漏れてしまい、



十分に栄養を補給できないということが起こり



えます。しかしシナモンは、この壁細胞を回復する



ことで、それを防ぐことが可能となります。



またシナモンは、漢方の世界でも「桂皮(ケイヒ)」



の名で使用されていて、温熱作用があるものとして



使用されてきました。これは、おそらくシナモンの



血行促進効果によるものでしょう。この血行促進効果



は美肌にもよいのは、明らかです。冷え症で、なおかつ



体格ががっしりとしている女性の方におすすめです。



シナモンを毎日0.6グラム(スプーン(小さじ)



半分から1杯くらい)食べる事によって、血行が



促進され血液循環が良くなるなります。血液の



循環が良くなるというのは、冬場シナモンティーを



のんで温まり、汗をかいてしまったという経験が



私はあります。古代エジプトでは、ミイラの防虫剤



として桂枝が使われたとされています。



おすすめの摂り方としてはトーストにかける、紅茶



などにシナモンパウダーを入れる、ヨーグルトに



混ぜるといった方法がおすすめです。どんなに良い



ものでもそうですが、過剰摂取は体に害を



もたらします。シナモンの場合は、シナモンは1日2g



までが上限となっており、それを超えた摂取を続ける



と肝障害が起こる危険があります。桂枝を生薬として



含む漢方薬は、桂枝茯苓丸、八味地黄丸、葛根湯、



柴苓湯など多数存在します。今回は、ここまでと



させて頂きます。



ケイシー高峰が桂枝を飲んだ。笑



最後までお読み頂き、ありがとうございます。



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページおよびメルマガ登録ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai



メルマガ登録ページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/min_zhaokurinikku/merumaga.html

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント