最新号より100号前のメルマガ

2012-09-27 00:00:00

カテゴリー:ブログ

診療マル秘裏話 Vol.361 平成22年11月4日作成


作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

目次



  

1) 血管の老化のメカニズム

2) 生殖細胞の形成に重要な働きをするタンパク質



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



  

 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは

1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を

増やして欲しいという要望もあるのですが、私の能力の

なさから1週間に1回が限度となっています。これからも

当たり前の医療をしながら、なおかつ貪欲に新しい知識

を吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思って

おります。不撓不屈の精神で取り組む所存ですので

どうかお許し下さい。





 

1】 血管の老化のメカニズム



京都府立医大の松原弘明教授と草場哲郎研究員らのグループ

は10月18日、抗老化たんぱく質「クロトー」が不足する

ことで血管が老化し、動脈硬化につながるメカニズムを解明

したと発表しました。近く米アカデミー紀要(電子版)で発表

されます。



 グループは、動脈硬化で心筋梗塞(こうそく)や脳卒中

となる患者さんは、腎臓から分泌されるクロトーが少なくなっ

ていることに着目しました。生まれつきクロトーを持たない

マウスを用いた実験で、血管内側の細胞(血管内皮細胞)内の

カルシウム濃度が極めて高くなっていることを突き止めました。

さらに、このカルシウム濃度上昇で細胞が死んで血管壁に

すき間が生じ、血しょうが侵入することを発見しました。

入り込んだ血しょう成分が、血管を石灰化して老化が導かれる

ことを解明しました。



 松原教授は「血管病の予防や治療に向けた新たな戦略を開発

できる可能性がある」と話しています。





 クロトーによる血管病の予防には欠陥はない。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



2】 (GVHD)の発症メカニズム



 白血病治療に伴う骨髄移植の合併症のうち、半数以上が発症

するといわれる急性移植片対宿主病(GVHD)の発症

メカニズムを渋谷彰・筑波大教授のチームが動物実験で

突き止め、10月19日発表しました。特定の分子の働きを

抑えることでGVHDを防げるため、骨髄提供を待つ血液ガン

患者さんと提供者(ドナー)との白血球型の一致度が多少

異なっても移植成功の可能性が大きくなったということです。



 チームは、血液中のリンパ球にもともと存在する特定の分子

(DNAM-1)がGVHD発症にかかわっていることを見つけ

ました。この分子はガン細胞を殺すキラーT細胞の表面に現れて

ガンを攻撃する半面、患者の正常な肝臓や小腸などの細胞も攻撃

してしまうことも分かりました。



 実験では、ドナー役と患者役で白血球の型が50%異なるマウス

の間で骨髄移植を実施し、重度のGVHDを発症させました。



 DNAM-1の働きを抑える抗体を1回投与すると、90日後の

生存率は約80%に達し、投与しなかったマウスの約10%を

大きく上回りました。渋谷教授は「一つの分子を標的に絞った

療法で、人間にも適用できると確信している」と話しています。



 HLAが違う異色の移植が成功する。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



編集後記



 動脈硬化のメカニズムが完全に分かれば、血管病

の治療は飛躍的に進歩するでしょう。しかし石灰化

のメカニズムが分かっただけでも本当に画期的な発見

と言えるでしょう。HLAが異なるだけで骨髄移植が

受けられないということは、沢山ありましたし、この

発見が完全に臨床応用されるまでは、できないでしょう。

またGVHDがDNAM-1の働きだけで起こると考える

のは早計かもしれません。しかし、HLAの異なる人の

間での骨髄移植の可能性が大きく開かれたと言える

でしょう。



 総計を少なく見積もるのは早計かも知れない。笑



************************



このメールマガジンは以下の配信システムを利用して

発行しています。

  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。

「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.htm
(イジニイワト)



発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 

藤田 亨

職業    医師の箸くれ(はしくれ)

運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。

sara2162@atlas.plala.or.jp

このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること

を禁じます。

ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント