最近の号外Vol.1216メルマガ

2019-05-04 22:33:46

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 

 

診療マル秘裏話    号外Vol.1216 平成30年7月1日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)がん内部血管構造を立体的かつ高精細に可視化
2)鶏卵の中に、ヒトの患者由来の卵巣がんを再現

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

1】 がん内部血管構造を立体的かつ高精細に可視化

 

 

 

 

 

 

 

 

量子科学技術研究開発機構(
量研)は6月6日、生体内のがん
内部の血管構造を立体的かつ高
精細に可視化し治療による血管
構造の変化を安全に長期間追跡
することに成功したと発表しま
した。この研究は、量研QST 未
来ラボの青木伊知男グループリ
ーダーと新田展大技術員、徳島
大学大学院医歯薬学研究部放射
線医学分野の原田雅史教授と共
同で行われたものです。

がんは、その周囲に特殊な血管
構造を形成し、その構造は増殖
治療に対する抵抗性に関連する
とされています。例えば、膵臓
がんやスキルス胃がんなど、抗
がん剤が効きにくいがんでは、
がん細胞をバリアーするように
周辺に、たくさんの間質細胞が
存在したり、線維化したりして、
薬が届きにくくなります。また、
血管が少なく酸素が届きにくい
がんでは、薬剤や放射線に抵抗
性を獲得する細胞が生じ、それ
が再発や転移など予後の悪化に
繋がることが指摘されています。

そのためより高精度ながん治療
には、治療を困難にするがんの
血管構造を治療前や治療中にも
観察して適切な治療方法を選択
する必要があります。 しかし、
がんの診断に用いられるポジト
ロン断層画像法(PET )では解
像度が足りず、微細な血管構造
を描出することが難しいとされ
ています。また、X 線CTは高い
解像度を持ちますが、検査あた
りの被ばく線量が多くなるため、
高頻度の撮影は推奨されていま
せん。これらのことから、既存
の技術でがんの血管構造を長期
間にわたって、安全に観察する
方法は困難であるとされてきま
した。

研究グループは、高感度のナノ
粒子型MRI 造影剤に、高い信号
が得られる高磁場MRI(7テスラ
=70000ガウス)とノイズ信号を
少なくできる特殊な受信コイル
を組み合わせることで、がんの
内部の血管構造を50µm(1µm=1
mmの1/1000)の高い解像度で、
三次元的かつ安全に可視化する
技術を開発しました。 さらに、
大腸がんを皮下に移植したマウ
スに、ナノ粒子型MRI 造影剤を
投与して、高磁場MRI を使って
血管造影法で撮影した結果、が
んの内部の小さな血管の立体構
造が明瞭に描出されたという事
です。また、がんの血管形成を
抑制する抗がん剤(スニチニブ)
を投与し、がん内部の血管構造
の変化や、ナノ粒子型MRI 造影
剤の分布を、10日間にわたって
追跡することにも成功しました。

今回の成果は、がん治療中の内
部の変化を詳細に観察し、その
情報に基づいて治療効果を予測・
評価することで最適な治療を早
期的に選ぶ「見ながら治療(Th
eranostics)」という未来の医
療の実現に対して、大きな貢献
が期待できる、と研究グループ
は述べています。

がんの新免疫療法について解説

している動画です。

 

 



 

 

 

商才のあるなしを詳細に観察
する。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

 

2】 鶏卵の中に、ヒトの患者由来の卵巣がんを再現

 

 

 

 

 

 

 

 

京都大学は6月6日、鶏卵の中
にヒトの患者由来の卵巣がんを
再現することに成功したと発表
しました。この研究は、同大高
等研究院物質細胞統合システム
拠点(iCeMS )の玉野井冬彦特
定教授らの研究グループによる
ものです。研究成果は「Scient
ific Reports」に掲載されまし
た。

がんは、同じ種類のがんでも個
々の患者やそのステージによっ
て違いがあります。 そのため、
十分な効果を期待するためには、
それぞれの患者さんに適した抗
がん剤を個別に選択する必要が
ありますが、現在のがん治療で
は、同じ種類のがんに対しては
同様な抗がん剤が使われること
が一般的となっています。個別
医療を可能にするには、患者さ
んのがんを取り出し、それぞれ
に適した、抗がん剤を見つける
必要がありますが、これを可能
にするシステムは、現在いくつ
かの方法が提唱されているもの
の、それぞれに問題点がありま
す。

今回、研究グループは、がんの
個別化医療を可能にするがんの
鶏卵モデルを開発しました。鶏
の有精卵の殻に穴を開け、胚を
取り巻く漿尿膜上に細かく砕い
たヒト卵巣がんを乗せると3~4
日後には、同じ特徴を保持した
がんが鶏卵内に再現されました。
マウスでのがんの再現には数週
間を要するため、これは大きな
短期化です。この鶏卵モデルを
使用した場合、実際の患者さん
のがんを再現して、そのがんに
最適な薬を探すことが、1週間
ほどで、安価でできるようにな
ります。

さらに、研究グループは、この
鶏卵モデルに、研究グループが
開発した多孔性ナノ粒子「B-PM
O 」を使って抗がん剤を投与す
る実験を実施しました。 B-PMO
の細孔中に抗がん剤ドキソルビ
シンを詰めて投与した結果2~3
日でがんが消滅しましたが、胚
の臓器は健康なままだったとい
うことです。これは、B-PMO が
がんにだけ選択的に、集まって
蓄積したために、周囲の臓器に
影響を与えず、抗がん剤の副作
用を最小限に抑えるのに役立っ
たためとしています。

今回の研究では、卵巣がん鶏卵
モデルとナノ粒子B-PMOの2つの
有効性が確認されました。鶏卵
モデルは、さらなる研究により
個別医療の実現に役立つ可能性
が期待されるということです。
また、ナノ粒子B-PMO について
は、今後、副作用の少ない抗が
ん剤治療に役立つことや、その
高いがん蓄積能のメカニズムを
検証することで、さらに高いが
ん蓄積能を持つ粒子の開発に役
立つことが期待されると研究グ
ループは述べています。

卵巣がんについて解説している

動画です。

 

 



 

 

 

延べ人数について述べた。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

 

生体内のがん内部の血管構造
を立体的かつ高精細に可視化し
治療による、血管構造の変化を
安全に長期間追跡する事に成功
したと発表したのは偉大な業績
です。治療というのは血管新生
阻害剤によるものと考えられま
す。血管構造は詳細に分からな
くても、新生血管には、大きな
穴が開いていて正常細胞の回り
の血管には小さな穴しか開いて
いないことが分かっています。
そこでこの差を利用して抗がん
剤にポリマーをつけたりミセル
化したりして、正常細胞の小さ
な穴は通り抜けられないが新生
血管の大きな穴は通り抜けられ
るようにして、がん組織にだけ、
抗がん剤が届くようにする治療
が考案されています。
鶏卵の中にヒトの患者由来の
卵巣がんを再現することに成功
したと発表したのは素晴らしい
業績です。これは、即ちがんの
個別化医療を可能にするがんの
鶏卵モデルを開発したことにな
ります。マウスでのがんの再現
には数週間を要するため、これ
は大きな短期化です。ちなみに
マウスでのがんの再現は、ヒト
化マウスというものを用います。
この鶏卵モデルを使用した場合、
実際の患者さんのがんを再現し
て、そのがんに最適な薬を探す
ことが、1週間ほどで、安価で
できるようになった訳ですから
期間とコストの大幅な削減と言
っても過言ではないでしょう。
最適な薬を探す系さえあれば、
患者さんの治療の大きな助けと
なることは言うまでもありませ
ん。

行火を安価で購入する。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最近の号外Vol.1215メルマガ

2019-05-04 04:13:43

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 

 

診療マル秘裏話    号外Vol.1215 平成30年6月30日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)UFM1システム機能低下が遺伝性発達障害の原因
2)意欲低下は前頭葉に蓄積する異常蛋白質が原因

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

1】 UFM1システム機能低下が遺伝性発達障害の原因

 

 

 

 

 

 

 

 

新潟大学は6月5日、UFM1シス
テムと呼ばれる、細胞内蛋白質
修飾機構の機能低下が小頭症や
精神運動発達遅延等を伴う遺伝
性の発達障害を引き起こすこと
を突き止めたことを発表しまし
た。この研究は、同大大学院医
歯学総合研究科分子遺伝学分野
の小松雅明教授、石村亮輔助教
らの研究グループが、キング・
ファイサル専門病院研究センタ
ー、ケンブリッジ大学と共同で
行ったものです。研究成果は「
Brain」に掲載されています。

重度発達障害をきたす疾患には
未だ原因不明のものが多く、そ
の原因遺伝子の同定と病態発症
機序の解明が望まれています。
UFM1は細胞内の蛋白質修飾分子
で、UFM1はUBA5酵素により活性
化された後、UFC1酵素に移され、
最終的に細胞内で生合成された
蛋白質を修飾し、蛋白質の機能
の変換を担うと考えられていま
す。小松教授らをはじめ、複数
のグループにより、独立に小頭
症や精神運動発達遅延などを伴
う遺伝性発達障害の原因遺伝子
としてUBA5が同定され、UFM1シ
ステムの機能異常と重度発達障
害発症との関連が注目されてい
ます。

研究グループは、小頭症や精神
運動発達遅延等を伴う、遺伝性
発達障害患者を持つスーダンの
2家系、サウジアラビアの4家系、
そしてスイスの1家系の遺伝子
解析により、UFM1システムを構
成するUFM1およびUFC1をコード
する遺伝子に変異を同定しまし
た。試験管内において、変異UF
M1蛋白質はUBA5酵素による活性
化、変異UFC1蛋白質はUFM1の転
移が著しく抑制されていること
が判明しました。さらに、患者
由来の細胞においてUFM1により
修飾された細胞内蛋白質の減少
が確認されました。以前に同定
したUBA5遺伝子変異も同様にUF
M1システムを抑制することから、
これらの研究成果は、UFM1シス
テムの機能低下が小頭症や精神
運動発達遅延などを伴う遺伝性
発達障害を引き起こす事を意味
しています。

研究グループはすでに、横浜市
立大学大学院医学研究科の松本
直道教授(遺伝学)らとの共同
研究により遺伝性発達障害患者
を持つ日本の家系においてもUF
M1システムを構成する遺伝子の
変異を同定しています。今後も
国内外のUFM1システム関連遺伝
子変異を持つ家系の検索、そし
てUFM1システムの活性を増加さ
せる薬剤のスクリーニングを行
うことで臨床応用を目指すとし
ています。

蛋白質の構造解析について解説

している動画です。

 

 



 

 

 

家計のやり繰りが下手なのは、
家系かもしれない。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

 

2】 意欲低下は前頭葉に蓄積する異常蛋白質が原因

 

 

 

 

 

 

 

 

アルツハイマー病など認知症
の前段階に表れる、意欲低下の
症状は、脳の前頭葉に蓄積する
異常な蛋白質が原因であること
を放射線医学総合研究所のチー
ムが突き止め、6月7日付の英専
門誌電子版に発表しました。研
究成果は、アルツハイマー病の
早期診断や治療への糸口になる
と期待されています。
放医研は、2013年、脳内の「
タウ蛋白質」を陽電子放射断層
撮影(PET)装置で画像化す
ることに成功しました。島田斉
主幹研究員らのチームは、この
技術を使い、比較的早期のアル
ツハイマー病患者17人を対象
にタウ蛋白質の蓄積が多い部分
と意欲低下の程度との関連を調
べました。
その結果、前頭葉の「眼窩(
がんか)前頭皮質」にタウ蛋白
質が多く蓄積している患者さん
ほど、意欲の低下が著しいこと
が判明しました。 この部分の
神経細胞死や、他の部分とつな
がる神経線維の障害も大きい事
が分かりました。

タウ蛋白質に対する抗体が、

認知症症状を動物実験で改善し

たとする動画です。

 

 



 

 

定価が低下しないため、購買
意欲の低下が深刻。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

 

 

UFM1システムと呼ばれる細胞
内蛋白質修飾機構の機能低下が
小頭症や精神運動発達遅延等を
伴う遺伝性の発達障害を引き起
こす事を突き止めたことを発表
したのは偉大な業績です。重度
発達障害をきたす疾患には未だ
原因不明のものが多くその原因
遺伝子の同定と病態発症機序の
解明が望まれているということ
ですから、その一端を解明した
ことは、素晴らしいと言えまし
ょう。遺伝性発達障害患者を持
つ日本の家系においてもUFM1シ
ステムを構成する遺伝子の変異
を同定しているということです
から、今後も国内外のUFM1シス
テム関連遺伝子変異を持つ家系
の検索、そしてUFM1システムの
活性を増加させる薬剤のスクリ
ーニングを行うことで臨床応用
を目指して頂きたいものです。
アルツハイマー病など認知症
の前段階に表れる、意欲低下の
症状は、脳の前頭葉に蓄積する
異常な蛋白質が原因であること
を突き止め発表したのは偉大な
業績です。脳内の「タウ蛋白質」
を陽電子放射断層撮影(PET)
装置で画像化することに成功し、
チームは、この技術を使い比較
的早期のアルツハイマー病患者
17人を対象にタウ蛋白質の蓄積
が多い部分と意欲低下の程度と
の関連を調べ、その結果、前頭
葉の「眼窩(がんか)前頭皮質」
にタウ蛋白質が多く蓄積してい
る患者さんほど、意欲の低下が
著しいことを突き止めたことは、
画期的な研究と申しあげても、
過言ではないでしょう。

お店の大将を対象とするくじ
引き。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最近の号外Vol.1214メルマガ

2019-05-03 02:29:51

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 

 

診療マル秘裏話    号外Vol.1214 平成30年6月29日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)皮膚老化のメカニズム解明と対策法の共同研究講座
2)細胞がコラーゲンを分泌する仕組みの一部解明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

 

1】 皮膚老化のメカニズム解明と対策法の共同研究講座

 

 

 

 

 

 

 

ファンケルはこのほど、加齢
にともなう皮膚老化のメカニズ
ム解明と対策法開発に向け、順
天堂大学大学院医学研究科・環
境医学研究所と共同研究講座を
開設すると発表しました。期間
は6月からの3年間です。両者
はアトピー性皮膚炎などのバリ
ア機能が低下した、肌について
研究してきましたが、加齢によ
るかゆみはメカニズムが異なる
ことに注目しました。講座を通
じ皮膚老化とかゆみ神経の関連
性の確認、シミやしわといった
老化兆候メカニズムを合わせて
解明し、老化制御法を検討して
いく予定です。

糖化について解説している動画

です。

 

 



 

 

廊下で老化制御法を考える。


 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

 

2】 細胞がコラーゲンを分泌する仕組みの一部解明

 

 

 

 

 

 

 

 

東京工業大学科学技術創成研
究院の駒田雅之教授の研究グル
ープは細胞がコラーゲンを分泌
する仕組みの一部を解明しまし
た。コラーゲン分泌の仕組みは
大変複雑ですが今回、細胞内の
輸送体の大きさなどを制御して
いる酵素を発見しました。この
酵素の働きを抑えた所、細胞内
部でコラーゲンの輸送が活発に
なり、多くのコラーゲンが細胞
外へ分泌されることが分かりま
した。分泌を人為的に制御でき
る手がかりが得られたことから、
化粧品向けなど産業用コラーゲ
ンの生産性向上に役立つことが
考えられます。

コラーゲンは、細胞の間で骨
組みを形成する細胞外マトリッ
クスを構成する主要な蛋白質で
す。300~400ナノメート
ルの巨大な繊維状をしており、
皮膚や骨などの組織の形成にお
いて重要な機能を持っています。

コラーゲンは他の蛋白質と異
なり、専用の輸送体(特殊な蛋
白質と脂質膜で覆われた袋)に
よって細胞内を運ばれ、細胞の
外へ分泌されることが知られて
いましたが、その輸送体の詳し
い構造や形成の過程など不明な
点が多かったそうです。

研究グループは、コラーゲン
輸送体を覆っている小胞体CO
P2,と相互作用する蛋白質に
着目し、探索し解析したところ、
「USP8-STAM1複合体」
という輸送体を形づくるために
重要な新規酵素を発見しました。
この酵素は脱ユビキチン化酵素
の一つで、COP2,に付加さ
れているユビキチン蛋白質を取
り除く働きをしていました。

この新規酵素の機能を詳細に
調べるためCOP2,に作用さ
せると、ユビキチンが外れて大
きな輸送体を形成できなくなり
コラーゲンが運べなくなりまし
た。一方、同酵素の機能を抑制
させたところ、小胞体COP2,
からのコラーゲンの運び出しは
促進され、さらに細胞外への分
泌量も大幅に増加することが分
かりました。

細胞外へコラーゲンが分泌さ
れる仕組みについては、米国カ
リフォルニア大学バークレー校
の研究グループによるCOP2,
にユビキチンを付加させるユビ
キチン化酵素を、同定する研究
報告があります。米国グループ
の研究と、今回の東工大の研究
成果から、ユビキチン化酵素と
脱ユビキチン化酵素のバランス
によってCOP2,のユビキチ
ンの結合量が増減し調整が図ら
れていることや、ユビキチン結
合量の増加がコラーゲンの分泌
を増やす仕組みが明らかになっ
たとしています。

コラーゲンの工業生産は家畜
や魚類からの精製のほか、培養
細胞によって産生されるものが
あります。 とくにバイオ研究、
再生医療用培地などに使われる
培養細胞系では、この脱ユビキ
チン化酵素の作用を、阻害して
改変することでコラーゲンの量
産化技術の開発につながる可能
性があります。

成果は、国際生化学専門誌「
Biochemical an
d Biophysical
Research Commu
nications(バイオケ
ミカル・アンド・バイオフィジ
カル・リサーチ・コミュニケー
ションズ)」に掲載されました。

蛋白合成について解説している

動画です。

 

 



 

 

 

精製化合物から、生成される
化合物。

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

 

 

加齢にともなう皮膚老化のメ
カニズム解明と対策法開発に向
け、共同研究講座を開設すると
発表したのは、素晴らしい業績
です。皮膚老化のメカニズムは、
はっきりとした研究はありませ
んし、光老化については、一重
項酸素が関与しているという事
が分かっています。一重項酸素
は、活性酸素の一種で、CPL と
いうサプリの内服で消去する事
ができます。皮膚は、紫外線が
当たることで、光老化が起こる
事は避けられません。
細胞がコラーゲンを分泌する
仕組みの一部を解明し、細胞内
の輸送体の大きさなどを制御し
ている酵素を発見したのは偉大
な業績です。この酵素の働きを
抑えた所、細胞内部でコラーゲ
ンの輸送が活発になり、多くの
コラーゲンが細胞外へ分泌され
ることが分かったということで、
分泌を人為的に制御できる手が
かりが得られたことは、化粧品
向けなど、産業用コラーゲンの
生産性向上に役立つことにつな
がります。

凄惨な労働を課す生産性向上。


 

 

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最新号より100号前のメルマガ

2019-05-01 22:02:00

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 

診療マル秘裏話    Vol.705 平成29年6月14日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)肌の老化に日常生活で浴びる紫外線が深く関係
2)「医療ツーリズム」の患者を受け入れる動きが出現

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

 

 

1】 肌の老化に日常生活で浴びる紫外線が深く関係

 

 

 

 

 

 

 

 

女性にとっても、男性にとっ
ても、加齢に伴う皮膚のしみや
しわ、たるみは気になりますね。
細胞が老化していくため仕方な
いことではあるのですが、肌の
老化には、日常生活で浴びる紫
外線も深く関係しています。「
光老化」といわれています。

紫外線には肌の表面に届くU
VB(紫外線B波)、比較的奥
まで届くUVA(同A波)があ
ります。波長が長いUVAは肌
の奥深くに到達するので、特に
シミやしわの発生に関わってい
ます。窓ガラスや雲も通り抜け
やすいので、曇りでも、建物内
でも、UVAを防ぐことが重要
です。

レジャーに行く時は日焼けに
気を付けても普段の通勤や近所
への買い物で気にする方は少な
いのではないでしょうか。でも、
日常生活の小さな積み重ねが光
老化防止につながります。

女性は化粧下地に、男性は出
かける前に、肌に負担の少ない
日焼け止めを毎日使うことをお
すすめします。 日焼け止めの
表示にあるSPFはUVB、P
AはUVAの予防効果を意味し
ます。日常的に使うものは、S
PF10から20程度、PAは
「+」から「++」でいいと思
います。

4〜9月の紫外線量は、年間
照射量の8割ほどになります。
日中では正午の前後2時間が最
も強いです。紫外線をなるべく
防ぎ、肌の光老化を食い止めま
しょう。

肌の老化に紫外線が関与してお

り、その対策について解説して

いる動画です。

 

 



 

 

 

瀟洒な住宅にLED の光を照射
する。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

 

2】 「医療ツーリズム」の患者を受け入れる動きが出現

 

 

 

 

 

 

 

 

治療目的で来日する「医療ツ
ーリズム」の患者を受け入れる
動きが愛知県内の病院でも現れ
ています。 外国語での対応や
人材確保への不安から、受け入
れに慎重な病院が多いのですが、
アジアでは日本への医療ツーリ
ズム需要が高まると、専門家は
指摘しています。

昨年12月、中国・浙江省の
女性が名古屋共立病院(名古屋
市中川区)に4日間入院しまし
た。透析治療や全身のPET(
陽電子放射断層撮影)検査を受
けるためです。女性は医療目的
で台湾を7~8回訪れたことが
ありますが、この病院で治療を
受けた知人の勧めで初めて来日
しました。

「中国は医師が足りず、診察
が短時間で態度もよくない。向
こうの病院は医者が神様だが、
ここは患者が神様。サービスが
とても良い」と女性は喜びまし
た。 自由診療で、価格設定も
国内の診療報酬の約2倍です。
「お金はかかるが、健康がやっ
ぱり一番」と話しています。

同病院は中国語や英語の通訳
を常駐させるなどして、体制を
整備しました。2015年には、外
国人患者の受け入れ医療機関と
しての認証を日本医療教育財団
(本部・東京)から得ました。
15年度の外国人の入院患者は約
100人。前年度から3倍以上
に増えました。

病院を運営する医療法人「偕
行会」は人口減少で日本の医療
市場が縮み、病床が余りかねな
いと懸念しています。川原弘久
理事長は「今のうちに体制を整
え、マーケットを広げる努力が
必要だ」と話しています。

藤田保健衛生大病院(豊明市)
は18年春、外国人専用のフロア
を病棟につくります。患者増を
見越し、専用病室を今の5室か
ら、20室ほどに増やします。

手術支援ロボット「ダビンチ」
や最新鋭の放射線機器をそろえ、
先端医療の提供に力を入れます。
同病院によると、中国では定期
的な健康診断が浸透しておらず、
病気を早期に見つけられる検診
需要も高まっています。国外か
らの患者さんは富裕層が中心で、
約1500万円の治療費を一括
で支払う人もいたということで
す。

日本政府は医療ツーリズムを
成長戦略の一つに位置づけてい
ます。県は2月、県医師会や医
学部を持つ大学のトップらによ
る「あいち医療ツーリズム推進
協議会」を発足させました。

しかし、県内の多くの病院は
医療ツーリズムの患者の受け入
れに慎重です。昨年の県の調査
に答えた201病院のうち、受
け入れているのは19病院で、
132病院が予定がないと答え
ました。

課題や消極的になる理由は、
外国語を話せる医師や看護師の
不足が最多です。書類や食事等
での対応が難しいとする病院も
多かったようです。

積極的に受け入れている藤田
保健衛生大の星長清隆学長も「
優秀な職員や専用施設をそろえ
るには投資が必要だし、我々の
メインは、あくまで日本国内の
保険診療。受け入れは全病床(
約1400床)の2%程度が限界だ」
と話しています。

それでも日本への医療ツーリ
ズムの需要は高まると識者はみ
ています。

世界の医療事情に詳しい多摩
大大学院の真野俊樹教授(医療
経営学)は「アジアは経済成長
が進み、慢性疾患やがんの患者
が増えている」と話しています。
国際糖尿病連合が15年に発表
した調査結果によると、糖尿病
患者は中国が約1億1千万人、
インドが約6900万人。日本
の約720万人をはるかに上回
っています。

一方、真野教授は「アジアの
多くの国の医療水準は低いまま
だ」と指摘しています。 主な
病気の5年生存率等の国際機関
の統計から、「日本の医療は少
なくともアジアでは断トツだ」
と話しています。

国連人口基金の推計によると、
アジアでは急速に高齢化が進み、
12年の約4億5千万人から、
50年には12億5千万人まで
増えるということです。 真野
教授は、「アジアの医療市場は
拡大し続けている。良い医療を
求め、患者が国を渡る流れは止
まらない。シンガポールやタイ
などアジア諸国は患者を獲得す
るチャンスと捉えている」と話
しています。

医療ツーリズムについて解説し

ている動画です。

 

 



 

 

 

各題について拡大解釈がなさ
れた。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

 

肌の老化の光老化については、
紫外線などの光を避ける方法が
これまで説かれてきました。避
けられるものならば、避けたい
と思いますが、どうあがいても
日常生活では、避けられないと
考える人が多いと私は思います。
避ける努力をしなくても良いと
言うつもりは、ないので誤解し
内で下さいね。光老化で問題に
なる活性酸素は、一重項酸素と
呼ばれるものです。この一重項
酸素を特異的に消去してくれる
のがCPL (環状重合乳酸)と呼
ばれるサプリです。 光老化は、
紫外線だけではなく、放射線で
も起こります。放射線の害を起
こしているのもこの一重項酸素
ですので、非常にCPL は有用な
サプリと言えましょう。ただし
粉末で味は苦く、少々内服しに
くい点が玉に傷です。
「日本の医療は少なくともア
ジアでは断トツだ」と豪語する
教授もおられるようですが、私
は、がん医療についてだけみる
と余り誉められたものではない
と考えています。三大療法、す
なわち、手術療法、抗癌剤療法、
放射線療法は、非常に患者さん
に体の負担がかかります。自費
診療とは言え、身体の負担が少
なく、医療ツーリズムで来日す
る患者さんが満足するような、
医療をがん医療でも目指さない
と人道に反する気がします。た
しかに、中国の医療と比べれば
日本の医療が良い点も多いと思
います。しかし、比較を中国の
医療とするのではなく、もっと
高いレベルの医療との比較をし
なければ、患者さんの真の満足
度は得られないと思われます。

皮革製品を比較する。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最近の号外Vol.1213メルマガ

2019-05-01 01:47:32

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 

 

診療マル秘裏話    号外Vol.1213 平成30年6月28日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)心不全の診療ガイドラインを改定し、予防法も提示
2)抗生物質(抗菌薬)の使用量は世界規模で増大

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

 

 

1】 心不全の診療ガイドラインを改定し、予防法も提示

 

 

 

 

 

 

 

 

日本循環器学会と日本心不全
学会は心臓のポンプ機能が低下
し息切れやむくみが起こる心不
全の診療ガイドラインを改定し
ました。発症の危険がある状態
から重症まで4段階に分け、医
療者による対処法の他、患者さ
んが実践できる予防法も示しま
した。

発症前でも、高血圧や糖尿病
は危険要因になります。患者さ
んは減量や禁煙など生活習慣の
改善に努め、必要なら血圧やコ
レステロールを薬で確実に抑え
て、発症予防を目指します。

発症後は、症状をコントロール
し、悪貨を抑えることが目標に
なります。進行すると補助人工
心臓など高度な医療の他、緩和
ケアーも視野に入ります。終末
期の治療方針を患者さん側と医
療者が、共有することも重要と
しています。

慢性心不全について解説してい

る動画です。

 

 



 

 

 

原料を減量した。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

 

2】 抗生物質(抗菌薬)の使用量は世界規模で増大

 

 

 

 

 

 

 

 

抗生物質(抗菌薬)の使用量
は2000~2015年の16年間に世界
規模で増大し、所得が少ない国
々の経済発展が主要な押し上げ
要因になっているとの研究結果
を、米国や欧州の共同チームが
米科学誌に発表しました。

抗菌薬の大量使用は、薬が効
きにくい薬剤耐性菌を増やすと
して大きな問題になっています。

研究チームは、抗菌薬使用量
を世界規模で把握し、抑制して
いくことの意義を強調しつつ、
貧しい国の利用を不当に制限し
ないようにすべきだと指摘して
います。

チームは76カ国の抗菌薬販売
量のデータを入手し、世界保健
機関(WHO )が示した薬の集計
基準を基に使用量を算出しまし
た。 その結果、これらの国の
抗菌薬使用量は39%増えていま
した。76カ国を国の所得によっ
て3グループに分け、使用量と
の関係を見たところ、所得が高
い国々では、いずれも78%増と
急激に伸びていました。ただ使
用量自体は依然として、高所得
国の方が多かったようです。

次に抗菌薬資料量に影響する
要因を調べると、所得の低い国
では、一人あたりこくない総生
産(GDP )の増加と相関があり
ました。高所得国では、そうし
た関係は見られませんでした。

チームは、「抗菌薬の不適切な
使用を減らす努力は大切だが、
必要な薬がまだ行き渡っていな
い貧しい国々で、抗菌薬の適正
な利用をどう実現するかについ
ての研究が早急に必要だ」と指
摘しています。

5年前のニュース動画です。

 

 



 

 

 

要員を増やしたのが、失敗の
要因となった。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

 

心臓のポンプ機能が低下し息
切れやむくみが起こる心不全の
診療ガイドラインを改定したの
は、喜ばしいことです。発症の
危険がある状態から重症まで4
段階に分け、医療者による対処
法の他、患者さんが実践できる
予防法も示したのは、懇切丁寧
でかつ実践的な作りになってい
ます。心不全は、対処法を誤る
と即、死亡につながります。そ
こで懇切丁寧さと実践的に作ら
れていることが必要かつ不可欠
になる訳です。しかし、ガイド
ラインが、医療者を初めとして
たくさんの人に周知されなけれ
ば、絵にかいた餅になる可能性
があります。
抗生物質(抗菌薬)の使用量
は2000~2015年の16年間に世界
規模で増大し、所得が少ない国
々の経済発展が主要な押し上げ
要因になっているとの研究結果
を発表したのは素晴らしい業績
です。 研究チームが、抗菌薬
使用量を世界規模で把握し抑制
していくことの意義を強調しつ
つ貧しい国の利用を不当に制限
しないようにすべきだと指摘し
ているのは妥当な見解であると
思います。経済発展が、主要な
追い上げになっていると言って
も、経済発展しない訳には行き
ません。人間は、進歩生成発展
するために生きているからです。
経済発展して豊かになれば医療
の技術力を駆使して正確な診断
を下すことで抗生物質の使用を
抑制することが可能だという事
でしょう。

櫛を駆使して髪を梳く。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最近の号外Vol.1212メルマガ

2019-04-30 00:20:53

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 

 

診療マル秘裏話    号外Vol.1212 平成30年6月26日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)ダニエキスを口から摂取して体を慣らす治療法
2)大腿骨頭壊死症の手術療法と手術以外の治療法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

1】 ダニエキスを口から摂取して体を慣らす治療法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダニアレルギー性鼻炎の患者
さんがダニエキスを口から摂取
して体を慣らす治療について、
厚生労働省は従来12歳以上だっ
た対象年齢の拡大を承認し原則
5歳以上の使用が可能になりま
した。

季節を問わず発症する通年性
アレルギー性鼻炎は、ダニが主
な原因です。くしゃみや涙など
が出にくくなるよう体を慣らす
「 舌下ぜっか 免疫療法」が行
われています。ダニエキス入り
の錠剤を1日1回、舌の裏側で
溶かした後にのみ込みます。初
回服用時に医師の指導を受けた
後、3年以上服用すると7割の
患者さんに効果があるとされて
います。2015年に保険適用され
ましたが、誤飲の恐れなどから
対象は12歳以上とされていまし
た。子どもの発症が多く、早期
に治療するほど効果が高いとさ
れているので、治療したくとも
治療できないということが多々
あったようです。5歳以上の子
どもを対象とした、国内の臨床
試験で治療の安全性が確認され、
対象年齢の拡大が認められまし
た。ただし、5歳未満への安全
性は未確立としています。日本
アレルギー学会も、先月発行し
た治療の手引に治療開始年齢引
き下げを盛り込みました。

手引の作成委員長で埼玉医科
大学病院の永田真・アレルギー
センター長は「ぜんそくを合併
した患者の症状改善や、ほかの
物質によるアレルギーの予防も
期待できる」と話しています。

ダニの減感作療法について解説

している動画です。

 

 



 

 

 

気体の活用を期待する。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

 

2】 大腿骨頭壊死症の手術療法と手術以外の治療法

 

 

 

 

 

 

 

 

大腿骨頭壊死症で、壊死(え
し)範囲が狭い場合は荷重制限
や鎮痛剤で症状が改善すること
があります。しかし、壊死範囲
が広い場合は手術治療が必要と
なることが多いです。手術治療
には、大きく分けて二つ、人工
関節手術と関節温存術がありま
す。

人工関節手術は、壊死してし
まった骨頭を取り除いて人工の
関節を入れる手術です。 この
手術の良いところは、術後すぐ
に足をついて歩行練習をする事
ができ、社会復帰が早い事です。

一方、人工関節の短所として、
脱臼や感染などの合併症、人工
関節の耐久性の問題があります。
特に若い人は活動性が高く、人
工関節も早く壊れやすいといわ
れています。人工関節が壊れた
場合、入れ替えの手術が必要に
なります。入れ替えの手術は回
を重ねるごとに合併症のリスク
は高くなるため、若年の場合は
できるだけ関節を温存する治療
を検討します。

関節温存術とは、骨頭の壊死
した部位を、荷重のかからない
位置に移動させる手術です。自
分の関節を温存できるところが
この手術の最大の利点であり、
自分の骨で一生を過ごせる可能
性があります。

一方欠点は、術後すぐには足
をつけず、3~6カ月程度の期
間は松葉杖や1本杖が必要にな
ることです。また、壊死範囲が
とても広く荷重部からどうして
も逃がせない場合はこの手術が
できないこともあります。

さらに、すでに関節の変形が
起こってしまっている場合は、
その変形を元に戻せるものでは
ありませんので術後痛みが残っ
たり変形が進んだりしやすいと
いわれています。そのため壊死
範囲が広く関節変形が予想され
る場合は関節温存術を行う時期
を逸しないように定期的に診察
を受けることが大切です。

近年では、骨壊死発生を予防
するための薬剤の使用や、壊死
部圧潰の予防や、壊死部の治癒
を目的とした治療の臨床研究が
おこなわれています。

大腿骨頭壊死症の症状と治療に

ついて解説している動画です。

 

 



 

 

 

私用の薬剤の使用は危険。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

 

 

ダニアレルギー性鼻炎の患者
さんがダニエキスを口から摂取
して体を慣らす治療について、
厚生労働省は従来12歳以上だっ
た対象年齢の拡大を承認し原則
5歳以上の使用が可能になった
のは、本当に喜ぶべきことです。
安全性を考えてという点では、
妊婦さんに禁忌だった薬が安全
性が確認され次第、禁忌を除外
するという事態と似ています。
安全性を優先的に考えるばかり
に、有用な薬が摂取できないの
は、本当に残念な状態であると
言わざるをえませんが臨床試験
の結果、5歳以上の使用が可能
になったということなのでめで
たし、めでたしというべきでし
ょう。
大腿骨頭壊死症で、壊死(え
し)範囲が狭い場合は荷重制限
や鎮痛剤で症状が改善すること
がありけれども、壊死範囲が広
い場合は手術治療が必要となる
ということは、たくさんの人が
知るべきでしょう。ただ壊死の
範囲が狭い場合でも、荷重制限
や鎮痛剤で対処できることに、
あぐらをかいて手術を避けてい
ると壊死範囲が広がって治療が
困難になる場合があります。私
は、大腿骨頭壊死症では根本的
な治療は手術しかないと考えて
います。骨壊死発生を予防する
ための薬剤の使用や壊死部圧潰
の予防や、壊死部の治癒を目的
とした治療の臨床研究を進めて
患者さんの肉体的負担を少なく
する治療を実施して頂きたい物
です。

有線放送を優先的に導入する。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html 
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最近の号外Vol.1211メルマガ

2019-04-28 23:56:43

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 

 

診療マル秘裏話    号外Vol.1211 平成30年6月25日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)カルシウムブロッカーが,インフルエンザ感染の特効薬の可能性
2)AIと皮膚科医でAIが正確かつ迅速に皮膚癌発見

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

 

 

1】 カルシウムブロッカーが,インフルエンザ感染の特効薬の可能性

 

 

 

 

 

 

 

 

北海道大学は5月23日、イン
フルエンザウイルス感染の鍵と
なる受容体蛋白質を発見し、高
血圧治療薬「カルシウムブロッ
カー」がインフルエンザ感染の
特効薬になる可能性を見出した
ことを発表しました。この研究
は同大大学院医学研究院の大場
雄介教授、藤岡容一朗講師らの
研究グループによるものです。
研究成果は「Cell Host&Micro
be」に掲載されています。

インフルエンザウイルスの宿
主細胞への侵入メカニズムにつ
いてその侵入メカニズムの全貌
は解明されていません。とくに、
インフルエンザウイルス感染の
最初のステップにおいて、ウイ
ルスの結合の鍵となる宿主側受
容体蛋白質は見つかっていませ
んでした。

研究グループは、インフルエ
ンザウイルス感染において、細
胞外から細胞内へカルシウムイ
オンが流入し、それにより生じ
る細胞内のカルシウムイオン濃
度上昇が感染に重要な役割を果
たすことを報告しています。今
回の研究では、細胞外のカルシ
ウムイオンを細胞内に取り込む
蛋白質「カルシウムチャネル」
に注目して、ウイルスの細胞へ
の侵入との関わりを調べました。

研究グループは、カルシウム
チャネルの機能を抑制する薬で、
高血圧治療にも用いられるカル
シウムブロッカーがウイルスの
細胞への侵入と感染を防ぐかに
ついて検証しました。また、カ
ルシウムチャネルがインフルエ
ンザウイルスと結合するか、こ
の結合がウイルス感染に重要か
検討しました。最終的には、マ
ウスにおいてカルシウムブロッ
カーが、ウイルス感染を抑える
効果があるかについて検証しま
した。

その結果、カルシウムブロッ
カーを培養細胞に処理したとこ
ろ、ウイルスの侵入と感染が抑
えられました。また、インフル
エンザウイルスとカルシウムチ
ャネルが、結合し、この結合が
感染に重要であることが明らか
になったということです。さら
に、カルシウムブロッカーを投
与したマウスではウイルス感染
が抑えられたことから、生体内
でもカルシウムブロッカーの投
与がインフルエンザ感染に効果
的であることが示されたとして
います。

今回の研究により、カルシウ
ムチャネルがインフルエンザウ
イルス感染に鍵となる受容体蛋
白質であることが明らかになり
ました。カルシウムチャネルを
標的とした治療は、ウイルスの
細胞への侵入を防ぎます。最近
問題になっている薬剤耐性株は、
細胞への侵入後に細胞内で作ら
れるため、カルシウムブロッカ
ーによるウイルス侵入阻害は、
ウイルスに薬剤耐性を獲得する
チャンスを与えないと予想され
るということです。 「今回の
研究成果は、新規概念に基づく
創薬や治療へと発展することが
期待される」と研究グループは
述べています。

カルシウム拮抗薬について解説

している動画です。

 

 



 

 

 

八点の作品から発展して大量
の絵画が発見される。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

 

2】 AIと皮膚科医でAIが正確かつ迅速に皮膚癌発見

 

 

 

 

 

 

 

 

人工知能(AI)と皮膚科医が
正確かつ迅速に皮膚がんを発見
する対決を行ったところ、AIに
軍配が上がったとする研究論文
が5月29日、英医学誌「Annals
of Oncology(腫瘍学年報)」
に掲載されました。

ドイツ、米国、フランスの研
究チームはディープラーニング
(深層学習)の一種である畳み
込みニューラルネットワークと
いうAIを使ったシステムに10万
枚以上の画像を示し、皮膚の病
変が良性か悪性か識別できるよ
う学習させ、17か国の皮膚科医
58人と競い合う形でメラノーマ
(悪性黒色腫)か良性のほくろ
かを識別する画像テストを実施
しました。

結果、画像から正確に皮膚が
んと診断できた割合は皮膚科医
が平均で86.6%だったのに対し、
AIのシステムは95%に達し、研
究チームによると「畳み込みニ
ューラルネットワークがほとん
どの皮膚科医をしのいだ」とい
うことです。

テストに参加した皮膚科医の
大半は5年以上の経験を持つベ
テランで、他は19%が経験2~5
年、29%が経験2年未満でした。

論文の第一著者であるハイデ
ルベルク大学(Heidelberg Uni
versity )のホルガー・ヘンス
ル(Holger Haenssle)氏は、
「畳み込みニューラルネットワ
ークが見落としたメラノーマの
数は少なく、皮膚科医より検知
能力が高いということになる」
と指摘しています。また「良性
のほくろをメラノーマと誤って
診断することも少なかった」と
いい、「不必要な手術を減らす
ことにつながるかもしれない」
との考えを示しました。

ただ、患者や皮膚の病変に関
する情報をさらに与えると皮膚
科医の診断結果も向上したとい
い、AIは皮膚がんをより早く、
かつ簡単に診断し、手術による
早期の除去を可能にする便利な
技術となり得ると研究チームは
結論付けています。

研究チームによると、世界各
国で年間およそ23万2000人がメ
ラノーマを発症し、死者は5万5
500 人に上るということです。

皮膚がんの症状について解説し

ている動画です。

 

 



 

 

 

荒城の月の演奏を練習で向上
させた。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

 

インフルエンザウイルス感染
の鍵となる受容体蛋白質を発見
し、高血圧治療薬「カルシウム
ブロッカー」がインフルエンザ
感染の特効薬になる可能性を見
出したことを発表したのは偉大
な業績です。インフルエンザの
特効薬としてはタミフル、リレ
ンザ、イナビルなどのノイラミ
ニダーゼ阻害薬が有名ですが、
このノイラミニダーゼ阻害薬は
他の細胞にインフルエンザウイ
ルスが感染せず、感染細胞だけ
にとどまるという働きしかしま
せん。それに対し、最近発売さ
れたアビガンやゾフルーザは、
インフルエンザウイルスの増殖
を抑制します。ただし、アビガ
ンは、国家備蓄に回されており、
ゾフルーザは、今年の春発売さ
れたばかりの新薬なので、効果
の程は、まだ分かりません。カ
ルシウムブロッカーは、ノイラ
ミニダーゼ阻害薬に近いけれど
も、予防的に投与すると感染を
起こさない点で有用ではないか
と考えています。また降圧効果
が副作用になることも忘れては
なりません。
人工知能(AI)と皮膚科医が
正確かつ迅速に皮膚がんを発見
する対決を行ったところ、AIに
軍配が上がったということは、
AIに人間が勝てないことを示し
ていると思います。当然沢山の
画像を学習したAIに皮膚科医が
かなうはずがないと思いました。
囲碁や将棋でもAIに勝てなくな
っているのですから、皮膚科医
が勝てなくても別に恥じること
はないと思います。重要なこと
は勝負ではなく、AIを利用して
いかに皮膚がんを正確に見つけ
て、根治的治療に漕ぎつけるか
であると思います。スクリーニ
ングにAIを用いることで、診断
の精度を上げて、不必要な手術
をすることなく、必要な手術は
行うようになれば、皮膚科医の
価値は上がるものと考えます。
将棋の藤井聡太7段が、第31
期竜王戦ランキング戦5組決勝
で石田直裕五段(29)に勝利
した際の「△7七同飛成」につ
いて「部分的には人間の方が深
く読める局面もあると個人的に
は考えていた」と言っている様
に情報を与えられれば、皮膚科
医の診断能力も向上しています。
AIの診断結果を尊重し、患者や
皮膚の病変に関する情報をさら
に得ることで、よりよい皮膚科
診療がなされることを期待した
いと思います。

村長さんの意見を尊重する。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最近の号外Vol.1210メルマガ

2019-04-28 01:10:04

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 

 

診療マル秘裏話    号外Vol.1210 平成30年6月24日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)アルコール摂取がDNA を損傷しがんの発症リスク高める
2)アルツハイマー 病関連遺伝子改変で原因物質分泌抑制

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

 

 

1】 アルコール摂取がDNA を損傷しがんの発症リスク高める

 

 

 

 

 

 

 

 

英ケンブリッジ大学のケタン・
パテル教授率いるチームは「ア
ルコールの摂取が、DNA を損傷
し、がんの発症リスクを高める」
とする英MRC 分子生物学研究所
で行なった研究成果を科学誌『
ネイチャー』に発表しました(
「ニューズウイーク」2018 年1
月9日)。

アルコール(エタノール)を
摂取すると、分解する過程でア
セトアルデヒドが生成されます。
アセトアルデヒドがDNA を損傷
する事実は、培養細胞を使った
数々の研究で確認済みですが、
その明確な機序は未解明でした。

パテル教授のチームは、マウ
スにエタノールを投与したとこ
ろ、エタノールが造血幹細胞の
DNA 二重鎖を切断したため細胞
内のDNA 配列が復元できなくな
ったということです。

パテル教授は「造血幹細胞の
DNA の損傷によって発生するが
んもあるが、DNA の損傷がたま
たま起こる場合もある。今回の
研究はアルコールがDNA の損傷
リスクを高める可能性があると
いう明白な機序を示唆している」
と解説しています。人間はアル
コールに対して2つの自己防衛
機能を備えています。

1つは、アルコールを分解す
る過程で生成される「アセトア
ルデヒドを分解」する機能。つ
まり、アセトアルデヒド脱水素
酵素(ALDH)が、有害なアセト
アルデヒドを酢酸に分解し細胞
のエネルギー源に変える働きで
す。

今回の研究では、ALDHの一種
であるALDH2 が欠如したマウス
にエタノールを投与したところ、
ALDH2 が機能しているマウスと
比べ、DNAの損傷は4倍に達しま
した。このALDH2 が十分に機能
しない人や、欠陥がある人は、
東南アジア人に特に多く、5億4
000 万人に達します。

2つめの防衛機能は「DNAの修
復」ですが、常に機能するわけ
でもなく、うまく機能しない人
もいる点が、大きな懸念です。
日本人の防衛機能は決して盤石
ではありません。パテル教授は
「アルコール処理やDNA 修復の
システムは完璧ではないので、
自己防衛機能が働いている人で
も、アルコールが原因でがんを
発症するリスクがある」と注意
を促しています。

アルコールとの関係が特に強
いがんは、口腔がん、咽頭がん、
食道がん、乳がん、肝臓がん、
大腸がんです。そのリスクは、
ワイン、ビール、蒸留酒などア
ルコールの種類とは無関係で、
しかも安全な飲酒量はありませ
ん。

英国政府のガイドラインが、
推奨する飲酒量は、1週間で14
ユニット以内(1ユニットは純
アルコール8gなので、14ユニッ
トなら112g)です。つまり、度
数4%のビールなら7パイント(
約3.3 リットル)、度数12%の
ワインならワイングラス(125
ml)で9杯と1/3杯に相当します。

ちなみに厚生労働省によると、
「節度ある適度な飲酒量は、1
日平均純アルコールで20g 程度」
です。したがって、1週間(7日)
の飲酒量に換算すれば、英国ガ
イドライン(112g)より多い12
0gになります。飲酒のリスクは、
まだあります。

国立がん研究センターが行な
った多目的コホート研究(JPHC
研究)の成果報告「飲酒とがん
全体の発生率との関係について」
を見よう(『British Journal
of Cancer』2005年92巻182-187
ページ)。この報告は、岩手県
から沖縄県までの9保健所管内
に居住する40~59歳の男女約7
万3000人を対象に、平成13年(
2001年)まで追跡調査したもの
です。

調査開始から約10年間の追跡
期間中に、約7 万3000人のうち
約3500人が何らかの「がん」を
発症していました(発症率約4.
8%)。つまり、飲酒量が1日平
均2合以上3合未満のグループは、
がん全体の発生率が1.4倍、1日
平均3合以上のグループは1.6倍。
酒量が過ぎれば将来がんになり
やすい事実が裏付けられました。

なお、日本酒1合と同じアル
コール量は、焼酎なら0.6 合、
泡盛なら0.5 合、ビールなら大
ビン1本、ワインならグラス2杯
(200ml )、ウイスキーダブル
なら1杯になる。

参考文献:Health Press 2018
06.02 アルコールとがんの因果関
係が判明! エタノールが造血幹細胞
のDNA2重らせんを切断

一日どの位飲酒するとがんが、

発生するのかという疫学的調査

の結果について、解説している

動画です。

 

 



 

 

 

ヘンリー八世が疫病を発生さ
せた。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

 

2】 アルツハイマー 病関連遺伝子改変で原因物質分泌抑制

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人の人工多能性幹細胞(iPS
細胞)から作った脳細胞で、ア
ルツハイマー病との関連が疑わ
れる遺伝子を改変すると、原因
物質の分泌が、抑えられたとの
実験結果を米国の研究チームが
5月31日付の米科学誌ニューロ
ン電子版に発表しました。

遺伝子は「アポE」と呼ばれ
ます。100 人に14人程度はこの
遺伝子に特定の変異があり、他
の人より、アルツハイマー病を
発症する危険性が高いことが分
かっています。

米マサチューセッツ工科大等
のチームは健康な人のiPS 細胞
から脳の神経細胞などを作製し
ました。一部はゲノム編集技術
でアポEに変異を持たせ、両方
を観察しました。

遺伝子検査について解説してい

る動画です。

 

 



 

 

監察官が、観察した。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

 

英ケンブリッジ大学のケタン・
パテル教授率いるチームは「ア
ルコールの摂取が、DNA を損傷
し、がんの発症リスクを高める」
とする英MRC 分子生物学研究所
で行なった研究成果を科学誌『
ネイチャー』に発表したのは、
偉大な業績です。以前のメルマ
ガでも、飲酒によって、発がん
の確率が高くなることは申し上
げました。フレンチパラドック
スは、循環器の病気の予防には、
あてはまるのですががんの発生
を予防することはできません。
その証拠に赤ワイン摂取のブー
ムの時にフランス政府がアルコー
ル摂取を控えるよう、フランス
国民に呼びかけました。それは、
がんの発生率を抑制するためで
した。ちなみにがんの発生率は、
アルコールの種類によらないと
されていますが、日本酒だけは、
少し低いとされています。それ
は米ぬか成分のフェルラ酸によ
るものとされています。
人の人工多能性幹細胞(iPS
細胞)から作った脳細胞で、ア
ルツハイマー病との関連が疑わ
れる遺伝子を改変すると、原因
物質の分泌が、抑えられたとの
実験結果を発表したのは偉大な
業績です。現在、認知症の根本
的治療をもたらす薬剤の開発を
撤退する企業(製薬会社)が相
次いでいます。 そうした中、
関連が、疑われる遺伝子の改変
で得られる、原因物質の分泌の
抑制が根本的治療をもたらすか
否かはっきりしませんが、一筋
の光がさしてきたような気がし
ます。コリン作動薬アリセプト
の開発の時も、撤退寸前に薬剤
が発見されたということがあり
ました。認知症に苦しんでいる
人がたくさんいる以上、簡単に
諦めないで、このような発見を
踏み台にして、新薬を開発して
頂きたいものです。

企業が起業家を育てる。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最近の号外Vol.1209メルマガ

2019-04-27 02:34:53

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 

 

診療マル秘裏話    号外Vol.1209 平成30年6月23日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)ブルーライトを夜に浴びると,皮膚細胞がダメージ甘受
2)遺伝子変異や患者の病状に合わせ最適治療実施

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

 

1】 ブルーライトを夜に浴びると,皮膚細胞がダメージ甘受

 

 

 

 

 

 

 

エスティ ローダーはブルー
ライトを夜に浴びると、デオキ
シリボ核酸(DNA)の損傷が
増し、皮膚細胞がダメージを受
けることを確認しました。ブル
ーライトが時計遺伝子「per
-1」に影響を与え、皮膚細胞
に本来備わる夜間の細胞修復・
再生作用が働かなくなるためで
す。皮膚に存在する蛋白質「o
psin-1」が光を感知し、
概日リズムの調節にかかわる可
能性も見いだしました。成果を
基に、肌がブルーライトから受
けたダメージを修復するスキン
ケア製品を開発、近く売り出し
ます。

スマートフォンなどの普及に
より浴びる機会が急増している
ブルーライトという光。日中浴
びると日光に身体を同期させる
シグナルとなりますが、夜間は
入眠準備を始めるための、体内
時計を乱す要因になります。

同社では発光ダイオード(L
ED)電球を用いて、波長41
0ナノメートルのブルーライト
を、皮膚細胞に照射する装置を
開発しました。 光害の影響を
評価しました。皮膚細胞はブル
ーライトに感受性が高く、ブル
ーライトがper-1に影響し、
皮膚細胞が夜のサイクルに入る
のを妨げることが分かりました。
照射後は、数時間per-1の
発現低下が続くことも確認して
います。per-1の活性が下
がると、活性酸素などフリーラ
ジカルの産生が倍増し、DNA
の損傷も50%増加していました。

皮膚モデルにブルーライトを
長時間照射し、産生される炎症
性メディエーターも測定しまし
た。照射時間が長いほど産生量
が増えたことから、ブルーライ
トは細胞に強いダメージを与え
るとみています。

さらに皮膚細胞にブルーライ
トを直接照射しopsin-1
の発現低下を観察しました。同
社が開発したper-1の発現
に働きかける、トリペプチドで
細胞を処理すると、opsin
-1の発現が暗黒条件下と同程
度まで回復しました。opsi
n-1は眼で光を感知する役割
を果たしますが、皮膚でも感知
し概日リズムに関係している可
能性があるとしました。

ブルーライトが人体に与える

影響について解説している動画

です。

 

 



 

 

 

開腹手術から回復する。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2】 遺伝子変異や患者の病状に合わせ最適治療実施

 

 

 

 

 

 

 

 

 

がんの原因となる遺伝子変異
や患者さんの病状に合わせ、最
も適した治療を行うため、国立
がん研究センター(東京都中央
区)は6月1日、全国の中核とな
る「がんゲノム情報管理センタ
ー」を開設しました。
がんは、遺伝子を構成するD
NAの配列に変異が生じ、異常
な細胞が増殖することによって
体の正常な機能が、損なわれる
病気です。近年は変異に応じた
薬が開発され、高い治療効果を
示す例が増えています。
厚生労働省は2月、北海道大
や東京大、大阪大、九州大の各
病院等、全国11カ所の中核拠点
病院を選定しました。その下に
全国100カ所の連携病院のネ
ットワークも整備しました。
がん患者さんのがん組織から
遺伝子の変異を検出し、病状や
薬の種類などの臨床情報と共に
がんゲノム情報管理センターに
集約します。センターは遺伝子
変異のタイプごとに有効な薬や
重い副作用の事例を集めてデー
タベース化し、患者さんはこの
データベースに照らして最も適
した治療を受けられる仕組みと
いうことです。

がんゲノム医療について解説し

ている動画です。

 

 



 

 

 

辞令が有効な事例があった。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

 

ブルーライトを夜に浴びると、
デオキシリボ核酸(DNA)の
損傷が増し、皮膚細胞がダメー
ジを受けることを確認し、ブル
ーライトが時計遺伝子「per
-1」に影響を与え、皮膚細胞
に本来備わる夜間の細胞修復・
再生作用が働かなくする機構を
明らかにしたのは、偉大な業績
です。成果を基に、肌がブルー
ライトから受けた、ダメージを
修復するスキンケア製品を開発、
近く売り出すとは、商魂逞しい
限りですね。
がんの原因となる遺伝子変異
や患者さんの病状に合わせ、最
も適した治療を行うため、国立
がん研究センター(東京都中央
区)は6月1日、全国の中核とな
る「がんゲノム情報管理センタ
ー」を開設したのは素晴らしい
業績です。 がんゲノム情報を
一元管理できれば、その恩恵を
たくさんのがん患者さんにフィ
ードバックすることができます。
センターは遺伝子変異のタイプ
ごとに有効な薬や重い副作用の
事例を集めてデータベース化し、
患者さんはこのデータベースに
照らして最も適した治療を受け
られるとは、なんと素晴らしい
仕組みでしょう。


センターの開設状況を解説す
る。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最近の号外Vol.1208メルマガ

2019-04-26 03:04:35

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 

 

診療マル秘裏話    号外Vol.1208 平成30年6月22日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)世界でなお15歳以上人口の20%が喫煙のと報告
2)ALS 原因蛋白質を細胞内から除去する抗体開発

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

 

 

1】 世界でなお15歳以上人口の20%が喫煙のと報告

 

 

 

 

 

 

 

 

世界保健機関(WHO )は31日
「たばこ規制枠組み条約」が定
める喫煙規制の広がりにより、
欧米等の高所得国を中心に喫煙
人口が減っているものの、世界
でなお15歳以上人口の20%がた
ばこを吸っているとの報告書を
発表しました。アジア、東欧等
の中・低所得国で減少スピード
が遅くなっているとしています。
5月31日はWHO が定めた「世界
禁煙デー」。

WHO は喫煙による死者が世界
で年間700 万人以上に達してい
ると強調しています。「喫煙に
心臓発作や脳卒中を引き起こす
恐れがあるとの知識を持つ人は
まだ少ない」と指摘、喫煙や受
動喫煙の健康リスクについて一
層の啓発活動が重要だと話して
います。

未成年喫煙防止教育動画です。

 

 



 

 

 

減少スピードが遅くなってい
る現象。笑

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2】 ALS 原因蛋白質を細胞内から除去する抗体開発

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全身の筋肉が徐々に動かなく
なる筋萎縮性側索硬化症(ALS)
の原因蛋白質を細胞内から除去
する「抗体」を開発したと滋賀
医科大の漆谷真教授(神経内科)
のチームが5月31日までに英科
学誌電子版に発表しました。京
都大、慶応大との共同研究です。
マウスを使った実験で、原因蛋
白質の減少を確認しており、AL
S の根治療法に道を開く可能性
があるということです。ALS は
脳や脊髄の神経細胞内に、構造
に異常がある蛋白質「TDP43 」
が蓄積することが原因とされて
いますが根本的な治療法は確立
されていません。

ALSについてのニュース動画で

す。

 

 



 

 

 

構造上、以上のような異常が
ある蛋白質。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

 

 

「たばこ規制枠組み条約」が
定める喫煙規制の広がりにより、
欧米等の高所得国を中心に喫煙
人口が減っているものの、世界
でなお15歳以上人口の20%がた
ばこを吸っているとの報告書を
発表したのは残念なことです。
5月31日はWHO が定めた「世界
禁煙デー」なので、できるだけ
たくさんの人が禁煙の決意を新
たにして頂きたいと思います。
「喫煙に心臓発作や脳卒中を引
き起こす恐れがあるとの知識を
持つ人はまだ少ない」とWHO が
指摘しているように動脈硬化が
喫煙により、飛躍的に進むこと
を啓発して頂きたいものです。
全身の筋肉が徐々に動かなく
なる筋萎縮性側索硬化症(ALS)
の原因蛋白質を細胞内から除去
する「抗体」を開発したと発表
したのは、偉大な業績です。マ
ウスを使った実験で、原因蛋白
質の減少を確認しており、ALS
の根治療法に道を開く可能性が
あるということですから、不治
の病の治療法の糸口が見えてき
ました。こうした優れた治療法
があれば、ホーキンス博士も亡
くならずにもっと多くの業績を
残したかもしれません。原因の
蛋白質を抗体で除去するだけで
良い結果が得られるなんてコロ
ンブスの卵であると考えざるを
得ません。

化膿疾患の可能性が出てきた。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント