美しい肌Vol.6

2013-03-14 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



ホルモン補充療法について



更年期障害を和らげる、治療する目的のためのホルモン補充薬を



体内にとりいれる治療法です。



略してHRTと呼ばれます。





女性ホルモンは2種類あります。



エストロゲン

プロゲステロン

  

エストロゲン(卵胞ホルモン)3種類あります。代表的な商品名を記します。



エストロン     商品名プレマリン

エストラジオール 商品名エストラダーム

エストリール   商品名エストリオール



プロゲステロン(黄体ホルモン)1種類です。

商品名 プロベラ ヒスロン プロゲストン デュファストン ノアルテン ルトラール



     

エストロゲンは子宮壁を厚くして卵子が子宮に着床できる準備をします。



プロゲステロンは卵子が着床しなかった時、子宮壁を元に戻します。(生理をおこす)



妊娠可能な女性は、エストロゲンとプロゲステロンが交互に働くことにより、周期のある生理があります。



脳はそれを女性の健康な周期として記憶しています。



しかし、更年期となってエストロゲンが減少すると脳はエストロゲンを出せ(性腺刺激ホルモ



ン)という信号を送り、それが自律神経を狂わせ、更年期障害がでてきます。



更年期障害の程度は人によって千差万別です。



日常生活に障害を感じない程度の人もいますし、起き上がれない人もいます。



次回ホルモン補充療法の副作用について詳述したいと思います。



女性の美容と健康についてのご相談は、当クリニック皮膚科



にて承ります。当クリニックのホームページとフェイスブック



ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最新号より100号前のメルマガ

2013-03-14 00:00:00

カテゴリー:ブログ

診療マル秘裏話 Vol.385 平成23年4月21日作成



作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

目次



  

1) がんの増殖や転移を抑える働きがある「マイクロRNA」

2) 肝臓がん細胞の全遺伝情報の解読



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



  

 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは

1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を

増やして欲しいという要望もあるのですが、私の能力の

なさから1週間に1回が限度となっています。これからも

当たり前の医療をしながら、なおかつ貪欲に新しい知識

を吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思って

おります。不撓不屈の精神で取り組む所存ですので

どうかお許し下さい。



 。

 

1】がんの増殖や転移を抑える働きがある「マイクロRNA」



 細胞や血液などに含まれる「マイクロRNA」と呼ばれる物質

の一種に、乳がんと子宮頸(けい)がん細胞を「老化」させ、

がんの増殖や転移を抑える働きがあることを広島大の田原栄俊

(たはら・ひでとし)教授(細胞分子生物学)らのチームが

突き止め、4月18日付の米科学誌に発表しました。



 田原教授は「マイクロRNAは生体内でつくられる物質で、

既存の抗がん剤に比べ副作用のリスクが低い。次世代の抗がん剤

としての活用が期待できる」と話しています。



 マイクロRNAは、細胞の増殖や分化などさまざまな生物現象

の調節に関係していると考えられています。田原教授は、通常の

細胞が分裂しなくなり老化するにつれて、いくつかのマイクロ

RNAが増加することを発見しました。このうち老化せずにがん化

した細胞で減少していた「miR22」に着目しました。



 培養された乳がんと子宮頸(けい)がんのがん細胞にmiR22

を加えると、老化が進み、増殖が抑えられることを確認しました。

マウスを使った実験でも乳がんの転移を抑制することが分かりました。



 細胞の老化は、がん化を防ぐための生体の防御機構とみられて

います。田原教授は「何らかの要因で、細胞内のマイクロRNAが

減少して老化が妨げられ、がん化を促すと推定される。

miR22を投与することで老化のプログラムが再開され、がん細胞

の増殖が抑えられた」と分析しています。



 廊下を走っていた子供が老化する。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



2】肝臓がん細胞の全遺伝情報の解読



 肝臓がん細胞の全遺伝情報(ゲノム)を世界で初めて解読し、

がんを抑える遺伝子の機能喪失や働きの低下につながる変異を

多数発見したと、国立がん研究センター研究所や東京大などの

研究チームが4月19日発表しました。新たな診断・治療法を

開発する手掛かりになると期待されています。

 解読対象は、日本人の肝臓がん患者の8割を占めるC型肝炎

ウイルス(HCV)感染による肝臓がんです。詳細に解析できた

のは70代の男性患者さん1人ですが、さらに多くの患者さん

について解析中とのことです。同研究所の中釜斉所長は

「肝臓がんは複雑で、いろんなタイプが混在しているらしい

ことが分かった。研究が進めば、患者ごとに効果が高い

治療戦略を立てられるようになる」と話しています。

 この研究は主要国の研究機関が各種のがんを分担する

「国際がんゲノムコンソーシアム」の活動の一環で、

成果報告は英国の乳がんに続き2番目です。論文は米科学誌

ネイチャー・ジェネティクス電子版に掲載されました。



 文旦を分担する。笑 



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



編集後記



 マイクロRNAについて、他のがんでも同様の働きの

ものが発見されれば、本当に画期的な発見といえ

ましょう。早く解析を進めてほしいものです。がん

細胞も老化させることができるなんて以外です。

 C型肝炎由来の肝臓がんの治療は、現状では、塞栓療法

やラジオ波による焼灼などが主流となっているようですが

いろんなタイプのそれぞれをきちんと把握できるように

なれば新しい治療法、特に遺伝子治療が有望になるのでは

ないでしょうか。



 会席から人物像を解析する。笑



************************



このメールマガジンは以下の配信システムを利用して

発行しています。

  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。

「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.htm

(イジニイワト)



発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 

藤田 亨

職業    医師の箸くれ(はしくれ)

運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/

ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。

sara2162@atlas.plala.or.jp

このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること

を禁じます。

ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.2

2013-03-13 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



昨日、美しいお肌の条件として、お肌の潤いを挙げました。



お肌の潤い(=保湿力)とは、お肌が水分を保持して、



乾燥することなく、お肌が病原体から守られる働き(バリア



の働き)をすることです。病原体とは、細菌、真菌(カビ)、



ウイルス、などでお肌に直接、寄生してあるいは、お肌から



侵入して、寄生しょうとするものです。このバリアの働きが、



有効になるには、潤いが必要なのです。では、潤いは



どうやってもたらされるのでしょう。お肌が水分を蓄える



には、そこにタンパク質が必要になります。タンパク質は



アミノ酸から作られます。タンパク質の中でも、膠質



(コラーゲン)と呼ばれるものが水分を保持してくれます。



このアミノ酸を外から補給しているのが、化粧水と言われる



ものです、ほとんどの化粧水は、蚕(カイコ)の繭から



作られています。すなわち着物の材料となるカイコから



作られているわけです。今回はここまでとさせて頂きます。



女性の美容と健康についてのご相談は、当クリニック皮膚科



にて承ります。当クリニックのホームページとフェイスブック



ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai





このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.3

2013-03-13 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

$町医者のブログ



前回の続きで、お肌の潤い(水分の保持)についてお話します。



前回、化粧水は、アミノ酸からできているというお話をしました。



外から補った化粧水は、皮膚の中でタンパク質と結びつきます。



この時、アミノ酸以外の成分が、タンパク質と結びつくと、身体の



中の防衛システム(免疫のこと)が誤作動して、病原体と認識して



しまうことがあります。女性の皆さんは、化粧水をお顔のお肌に



つけるとヒリヒリして赤くなった経験は、ありませんか?この時



上記のような、免疫の誤作動が起こり、アレルギーを起こしている



訳です。このような時は、化粧水を変えてみるとよいでしょう。



化粧水の原料は、蚕の繭でほぼ同じなのですが、その他の保湿の



効果をだす添加物が入れられていて、この添加物はメーカーによって



違うので化粧水を変えると皮疹が出なくなることが多いと思われます。



水分保持のタンパク質は、前回のブログで、膠質(コラーゲン)と



申し上げました。このコラーゲンの原料は、アミノ酸です。



アミノ酸は、食べ物のタンパク質が分解(消化)されてできます。



論理的には、タンパク質の多い食品を摂れば、コラーゲンも増える



と考えられますが、コラーゲンが増えるためには、ある「きっかけ」が



必要となります。次回その「きっかけ」について詳しくお話ししたい



と思います。今回はここまでとさせて頂きます。



女性の美容と健康についてのご相談は、当クリニック皮膚科



にて承ります。当クリニックのホームページとフェイスブック



ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai





このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.4

2013-03-13 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



美しい肌となるためには、肌の水分量をアップすることが重要です。



そのことは、前々回のブログに記しました。肌の水分量をアップ



させるのは、コラーゲンというタンパク質です。この



タンパク質は、あるきっかけがないと増えないという話を前回の



ブログに記しました。あるきっかけとは、女性ホルモンです。



女性ホルモンの分泌がないと増えません。女優さんが目がうるうる



してなんて美しいんだと感じたことはありませんか?あの目が



うるうるしているのは、コラーゲンがうるうるさせているのです。



女性ホルモンの分泌が多いとコラーゲンをたくさん作れという指令



がでます。そうすると眼の白目の部分(眼瞼結膜という)のコラーゲン



が増えて上記のように美しく見えるわけです。目がうるうるしている



女優さんは、お肌もきれいなはずです。個人的には、綾瀬はるかが



好きで、彼女は、今まさに、上記の感じ(目がうるうるする、お肌が



きれい)という状態にある気がいたします。「じゃ、若い子でないと



ダメなの」という声が、更年期の女性から聞こえてきそうですが、女性



ホルモンに類似した働きをする物質が数年前から明らかになって



来ました。今日はこのへんでおしまい。また明日も読んで下さいね。



女性の美容と健康についてのご相談は、当クリニック皮膚科



にて承ります。当クリニックのホームページとフェイスブック



ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

紫外線の悪影響Vol.2

2013-03-12 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ-妖精



紫外線の内、皮膚に影響を及ぼすのは、UV-AとUV-Bでしたね。



前のブログ読んで頂けましたか?ではUV-Cは、絶対に影響



しないのでしょうか?オゾン層で吸収されるということ



でしたが、数年前、フロンがオゾン層を破壊したために、



欧米で皮膚がんが増えたということがありました。フロンが



オゾン層を破壊する過程を簡単に申し上げると以下のように



なります。ほとんどの種類のフロンは普通の環境では分解



されない安定した性質をもっているので、使われた後は、



大気中にたまります。私達が日々暮らしている対流圏の大気



から長い間徐々に成層圏にまじっていきます。成層圏には



強い太陽光線が届き、フロンが分解して、塩素を放ちます。



この塩素がオゾン層を壊して酸素を放つのです。ただ皮膚がん



が増えたのは、白人がほとんどで、黄色人種と黒人は、あまり



増えなかったということです。紫外線をうけると皮膚の老化は



早まり、皮膚が肥厚してきて、きめが粗くなり、しわが深く



なります。屋外で仕事をする機会の多い人の首や額、手の甲



などに深いしわができているのは、紫外線を長く受けている



ためです。海水浴やスキーなどで急に強い紫外線に当たると、



皮膚は赤くなり水疱ができてヒリヒリと痛くなります



(日焼け)。全身の広い範囲に水疱(みずぶくれ)が生じた



ようなときには、ヤケドと同様に生命の危険すらあります。



数日で急性の炎症が治まった後は、皮がむけ色が黒くなり



(色素沈着)、シミができたりする。ソバカスやシミのある人



は、紫外線によってその部分だけが黒くなって、特に目立つ



ようになり、また、日光に過敏な体質の人の場合、普通の人



では何の影響もない程度の紫外線が皮膚炎や蕁麻疹などを



引き起こしたりもします。



これはビタミンB2やナイアシンの不足、長年の大酒家で肝臓の



機能に障害がある場合、また、ある種の植物や薬を飲食して



起きる場合もあります。今回は、ここまでとします。



お肌の相談、クリニック皮膚科にて承ります。



なお、クリニックのホームページ、Facebook pageは、以下の



とおりです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



Facebook page URL:www.facebook.com/Eitokukai

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

紫外線の悪影響Vol.3

2013-03-12 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ-テントウムシ



紫外線は、皮膚にだけ、影響を及ぼすと考えていませんか?



紫外線は、眼からも吸収され、全身のメラニン色素を増やし



ます。ですから、紫外線の強い場所、雪山や海などでは、



UVカットのサングラスをかけたほうがよいのです。眼から



の悪影響を全く考えないでいると、大変なことになること



があります。私もUVカットの眼鏡をかけています。眼鏡を



かける人は、全てUVカットにするというのが、望ましい



ようです。スポーツ選手も伊達に眼鏡をかけているのでは



なく、眼を保護して、厳しい戦いを戦い抜いているということ



をお伝えしたいと思います。今回はここまでとさせて頂き



ます。紫外線は、皮膚にとっても、眼にとっても、とても有害



であることが分かりました。



当クリニックのホームページとFacebook pageのURLは以下の



通りです。



クリニックホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



Facebook page URL:www.facebook.com/Eitokukai



このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.1

2013-03-12 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ-チューリップ



美しいお肌の条件とは、潤いがある(保湿力がある)、なめらか、



張りがある、弾力がある、血色が良い(循環が良い)、ツヤがある



などです。こういった状態を保つためには、精神的な安定、規則



正しい生活、バランスのとれた食生活、内臓、生理の正常化、



角化がスムーズに行われ、新陳代謝の活発化、正常な皮脂膜形成



血行が良く、皮膚全体の良好な栄養状態が必須となります。お肌



美人を目指すなら、最低こうした必須条件を満たすことが必要に



なります。皮膚の老化を防ぎつつ、これらの条件が満たされれば、



もち肌と言われる最高のお肌となることでしょう。ちょっと短い



ですが、本日はここまでとさせていただきます。



クリニックホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



Facebook page URL:www.facebook.com/Eitokukai

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

紫外線の悪影響Vol.1

2013-03-11 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

$町医者のブログ-菜の花



本日フェイスブックで、紫外線がお肌に悪いということ



を紹介しました。では、紫外線とはどういうものか、



どうお肌に悪いのかについて書いて見たいと思います。



まず、第一に紫外線とはどういうものかについてお話



したいと思います。



紫外線について



紫外線は、波長により長波長紫外線、中波長紫外線、



短波長紫外線に分けられます。およそ400~320



nmのものを長波長紫外線(UVA)、



およそ320~280nmのものを中波長紫外線(UVB)、



さらに波長の短いものを短波長紫外線(UVC)といいます。



日焼け(皮膚が急性の炎症を起こし、紅斑(赤い斑点)を



生ずること)を起こすのは、中波長紫外線(UVB)の影響です。



メラニン形成細胞を刺激し、メラニン色素を形成し黒化現象



(皮膚が黒くなること)を起こすのは、日焼けを起こさず、



ガラスを通過する長波長紫外線(UVA)の影響です。



短波長紫外線(UVC)はオゾン層で吸収され、地上には



ふりそそぎません。



今日は、ここまでです。明日を楽しみにしていて下さい。



なお、クリニックのホームページ、Facebook pageは、以下の



とおりです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



Facebook page URL:www.facebook.com/Eitokukai

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最新号より100号前のメルマガ

2013-03-07 00:00:00

カテゴリー:ブログ

診療マル秘裏話 Vol.384 平成23年4月14日作成



作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

目次



  

1) 住民同士の信頼感が低い地域ほど高血圧を誘発する

2) スポーツや楽器演奏などの技能を習得に重要な働きのアミノ酸



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



  

 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは

1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を

増やして欲しいという要望もあるのですが、私の能力の

なさから1週間に1回が限度となっています。これからも

当たり前の医療をしながら、なおかつ貪欲に新しい知識

を吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思って

おります。不撓不屈の精神で取り組む所存ですので

どうかお許し下さい。



 先号383号の見出しが先々号382号のものとなっておりました。

誠に申し訳ありませんでした。

 

1】住民同士の信頼感が低い地域ほど高血圧を誘発する



 住民同士の信頼感が低い地域ほど高血圧を誘発する?

 そんな結果を、島根大疾病予知予防研究拠点の濱野強

専任講師らの研究グループが突き止めました。

ソーシャル・キャピタル(社会関係資本)と呼ばれる

地域社会の人間関係から血圧に与える影響にアプローチ

したもので、濱野講師によるとこの手の研究成果は

世界でも初めてだそうです。米国の学術誌「アメリカン

ジャーナルオブハイパーテンション」電子版に掲載

されました。



 調査は08~09年に行い、雲南、出雲両市に住み、

特定検診を受けた住民を対象に実施しました。

インタビュー形式で有効回答を得た335人(平均年齢

69・7歳)を、居住地域の郵便番号ごとに30地区に

分け、血圧について調べました。



 その中で、地域内で「他人は機会があればあなたを

利用すると思うか」という問いに「はい」と答える人の

割合と血圧の関係について調べました。投薬や喫煙など

12項目の影響を除いて分析したところ、「はい」と

答えた人の割合が1%上がると最大血圧は22・9

ミリHg高くなる傾向がありました。調査では、糖尿病の

投薬治療▽喫煙習慣▽肥満▽高齢–によって血圧が

上がる結果も出ていましたが、人間関係も高血圧に影響して

いることも明らかとなりました。



 ソーシャル・キャピタルに詳しい静岡県立大

経営情報学部の藤澤由和准教授(医療政策学)は

「これまで高血圧対策の主眼は、個々の生活習慣の改善

を通して行うものが主流だった。今後は地域内の人間関係

を深めるなど居住地域ごとの対策も加味することで、より

効果的な予防が期待できるのではないか」と今回の

研究成果を評価しています。



 盛夏の青果の成果。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



2】スポーツや楽器演奏などの技能を習得に重要な働きのアミノ酸



 スポーツや楽器演奏などの技能を習得するのに、「Dセリン」

という特別なアミノ酸が重要な働きをしていることを慶応大学の

柚崎通介(ゆざきみちすけ)教授(生理学)らが明らかにしました。



 Dセリンは、幼若期のマウスの小脳に豊富にあるが、成長する

とほとんどなくなってしまいます。Dセリンを上手に活用すること

で、大人でも効率的に技能の習得ができるようになるかも

しれません。科学誌「ネイチャー・ニューロサイエンス」に4月

4日発表しました。



 練習の繰り返しで上達する技能は、小脳の神経細胞同士をつなぐ

シナプスで、情報伝達を担うたんぱく質の数が増減することで、

記憶されると考えられています。



 柚崎教授らは、通常のアミノ酸とは構造の異なるDセリンが、

技能習得が容易な幼若期にだけ小脳に大量に存在するのに注目

しました。マウスの実験で神経細胞を刺激すると、Dセリンが

放出され、小脳のシナプスの情報伝達を担うたんぱく質が減ること

を発見しました。Dセリンが働かないようにしたマウスでは、

技能習得が著しく低下することもわかりました。



 柚崎教授は「人でもマウスと同じようにDセリンが重要な役割を

担うと考えられる。Dセリンの働きを制御することで、大人でも

効率的に技能の習得ができる可能性がある」と話しています。



 成魚の出荷制御。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



編集後記



 人間関係が悪いと血圧が上昇するのは、ストレスが

生じた結果、交感神経系のホルモン(アドレナリンや

ノルアドレナリン)が上昇するからではないでしょうか?

Dセリンについては、人間の技能習得能力に対し、驚愕の

成果を与えるのではないかと期待しています。



 男女共学の高校の驚愕の実態。笑



************************



このメールマガジンは以下の配信システムを利用して

発行しています。

  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。

「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.htm

(イジニイワト)



発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 

藤田 亨

職業    医師の箸くれ(はしくれ)

運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/

ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。

sara2162@atlas.plala.or.jp

このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること

を禁じます。

ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント