美しい肌Vol.32

2013-03-22 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



前回お話したとおり、イミダゾールジペプチドについてお話



させて頂きたいと思います。ペプチドとは、決まった順番で



様々なアミノ酸がつながってできた分子の系統群です。



つまり、アミノ酸が数個連なった化合物です。イミダゾール



ジペプチドも、ペプチドの一種であります。消化管の中で



イミダゾールジペプチドは、アミノ酸に分解され、アミノ酸



として吸収されます。このアミノ酸は、再び筋肉内で、



イミダゾールジペプチドに合成されます。そして、疲労を



起こしている筋肉組織を疲労回復へと導く訳です。



イミダゾールジペプチドには、ヒスチジン



(または1-メチルヒスチジン)とβ-アラニンのジペプチド



である「カルノシン」と「アンセリン」の2種類がありますが



アミノ酸に分解され、筋肉中で「カルノシン」に再合成



されます。この「イミダゾールジペプチド」最初はほ乳類の



骨格筋中で発見されましたが、その後様々な種類の脊椎動物



でも発見され、渡り鳥を祖先に持つガチョウやニワトリの



骨格筋中に豊富に含まれていることが分かりました。



中でも『イミダゾールジペプチド』の濃度が高かったのは、



羽を動かす胸肉の部分です。渡り鳥が2週間以上も



休むことなく飛び続けられる理由がここにあると考えられ



ました。その後、2006年に「疲労」の程度を数値化すること



に成功したのをきっかけに、『イミダゾールジペプチド』と



『抗疲労』の研究は飛躍的に発展します。「疲労」の程度を



数値化する方法は、唾液中のヘルペスウイルスのウイルス量を



測定することで成し遂げられました。鳥の胸肉(ササミにも



多い)にたくさんたくさん含まれるイミダゾールジペプチド



を多いに摂取して、抗疲労効果を実感して、ハツラツとした



若さを取り戻し、美しくなって頂きたいものです。



今回は、ここまでとさせて頂きます。最後までお読み頂き



誠に有難うございました。



疲労は、披露したくないです。笑



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai









このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.27

2013-03-21 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



グレープルーツに含まれる有益成分として、クエン酸があることは、



前回お話しました。さらにクエン酸についてお話しますと、



グレープフルーツの酸味はクエン酸によるものです。クエン酸は、



糖質、アミノ酸、脂肪の分解・排出を促すクエン酸サイクルという



エネルギー産生回路を回します。そのため、クエン酸を含む食物を



摂ると、中性脂肪やコレステロールが溜まりにくい体質になります。



糖質、アミノ酸は、食事からつねに供給されるため、枯渇すること



は、ありません。また血液中の余分な糖質は、肝臓や脂肪組織で



中性脂肪やグリコーゲンに変えられます。グリコーゲンに変わること



を促進するというのは、前回に書いた通りです。アミノ酸は、運動



により筋肉組織でタンパク質になります。クエン酸を含む食物を



食べると、クエン酸の酸味で体が刺激されて皮膚の角質代謝が



促されます。その結果、肌の新陳代謝が活発になるので肌の老化予防



にも役立ちます。さらにクエン酸には、そのままでは体に吸収され



にくい微量ミネラルの吸収率を上げる効果もあります。ミネラル類の



欠乏を防ぐためにもクエン酸は大切です。今回は、ここまでと



させて頂きます。クエン酸は、くえんと言わないで下さい。笑



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai



このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.28

2013-03-21 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



グレープフルーツは、ナリンギンを多く含み、それ以外にも



クエン酸、ビタミンC、カリウムが有効な成分とされています。



ビタミンCは、美白に効果を発揮すると言われていますが、



ハイチオール(L-システイン)というアミノ酸と一緒に摂取



することで相乗効果で美白を後押しします。カリウムは、



余分な塩分を腎臓から排泄する働きがあります。では、



ナリンギン以外のフラボノイドには、どんなものがあるので



しょう。ケルセチンやアピインやヘスペリジンといったような



名称のものがあります。フラボノイドの定義は、天然に



存在する有機化合物群で、クマル酸CoAとマロニルCoAが



重合してできるカルコンから派生する植物二次代謝物の総称



ということです。今日は、ここまでと致します。



結城さんが有機栽培で勇気を出した。笑



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai





このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.29

2013-03-21 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



前回のブログで紹介したケルセチンについて書いてみたいと思い



ます。フラボノイドの内、フラボノールに分類される



ポリフェノール化合物です。同類にケンフェロール、ミリセチン



などがあります。タマネギやホウレンソウ、ケール、パセリなど



に多く含まれ、LDLコレステロールの酸化を抑制することで、



動脈硬化を防ぐ作用のあることが知られています。ケルセチンは



通常、配糖体のルチンとして存在することが多いということです。



LDLコレステロールとは、悪玉コレステロールのことで、肝臓



から全身の血管にコレステロールを分配するという働きがあり



ます。玉ねぎは、必ず肉料理と一緒に出てくるというのは、



こういうわけだったと納得しました。子供の頃、パセリは「毒消し」



といって好んで食べていたのを思い出します。ケール



(アブラナ科)はキャベツの一種で、普通のキャベツは結球



しますが、ケールは不結球性で、一年中栽培できる生命力の



非常に強い緑黄野菜です。栄養価が高く、一年中栽培できること



から青汁の原料として使われるようになりました。日本では



あまり馴染みがないようですが、栄養価が非常に高く、特に



ビタミンAはニンジンの2倍、カルシウムは牛乳の2倍以上、



その他のビタミン、ミネラル、葉緑素(クロロフィル)、



GABA(ギャバ)、食物繊維、葉酸、たんぱく質なども豊富で



単一野菜では最高の物といわれています。



今回はここまでとさせて頂きます。



「帰らない」と言っていたのにケールで帰る。笑



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.24

2013-03-20 00:00:00

カテゴリー:ブログ

町医者のブログ



イソフラボンの効果についての研究には、次のようなものが



あります。厚生労働省研究班による大規模なコホート研究



(特定の要因に曝露した集団と曝露していない集団を



一定期間追跡し、研究対象となる疾病の発生率を比較する



ことで、要因と疾病発生の関連を調べる観察的研究)では、



食品からのイソフラボンの摂取量が多いほど日本人女性の



乳がんや脳梗塞と心筋梗塞、男性の一部の前立腺がんのリスク



が低下するという相関関係が見られました。



順天堂大学の研究によれば、納豆の摂食頻度と月経状態・



月経随伴症状は有意の関係がみられ、摂食頻度の増加は



症状を軽減させている可能性があるということです。



これを要約しますと、日本女性の乳がんや脳梗塞と心筋梗塞、



男性の一部の前立腺がんのリスクが低下し、月経状態、



月経随伴症状が軽減されるということです。



今回は、ここまでとさせて頂きます。



がんのリスクをがんがん低下させてほしいです。笑



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.25

2013-03-20 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



イソフラボンの次は、同じフラボノイドのナリンギンについて



述べてみたいと思います。ナリンギンという物質は、



グレープフルーツやはっさくなどの果皮付近に多く含まれる



フラバノンの配糖体で、柑橘類の苦味や刺激感の元になって



います。肝臓の薬物代謝酵素(チトクロムP450ともいう)の



働きを阻害するので、薬と一緒に飲むと薬の作用も副作用も



増幅されてしまいます。そのため、グレープフルーツの果汁



と降圧薬などの薬の飲み合わせがよくない場合があります。



そのほかにも、ナリンギンは、血中脂肪酸を分解する働き



があります。さらに抗アレルギー作用を持ち、花粉症の症状



を緩和する。免疫力を高める。食欲を抑える。などの働きが



あります。実際、私もグレープフルーツのジュースを飲んで



いますが、食事を一食抜いてもものすごい空腹感は、感じ



ませんでした。今日は、ここまでとさせて頂きます。



歌碑の前で果皮を剥く可否。笑



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai



このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.26

2013-03-20 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



ナリンギンを摂取するには、グレープフルーツが良いと思われます。



ただし、内服薬を飲んでいる方々は、その内服薬を処方している



医師に相談してから、グレープフルーツを摂取するようにして



下さい。それは、前回のブロクでお話した通りです。



グレープフルーツの原産地は西ドイツで、柑橘類の中でもカリウム、



ビタミンCなどのすぐれた成分がたくさん含まれている果物です。



またグレープフルーツなど柑橘類にはクエン酸が多量に含まれて



います。人間は、激しい運動をすると、肝臓などに蓄えられている



グリコーゲン(糖分)がエネルギー源として使われます。疲労した



場合、いかに速く、使ったグリコーゲンを取り戻すかが重要に



なりますが、クエン酸は、体内に摂取した糖分をグリコーゲン



として貯蔵させる働きがあるので、それを摂取しているといつも



エネルギー源を体内に蓄えておくことができるのです。そのため



激しい運動で疲労した場合は、グレープフルーツを食べると非常に



有効なわけです。疲労回復も美しくなるためには、必要な要素です。



さらに、ビタミンCは、美白に効果があります。カリウム



には、塩分(ナトリウム)を体の外に排出する働きがあります。



今回は、ここまでとさせて頂きます。



高価な硬貨で効果を確かめる。笑



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.20

2013-03-19 00:00:00

カテゴリー:ブログ

町医者のブログ



桂枝茯苓丸の副作用



頻度は、非常に少ないですが、重い肝障害が出現する可能性があります。



肝臓は、「沈黙の臓器」といわれ、重くなるまで通常症状を出しません。



それゆえ、だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や



白目が黄色くなる、尿が褐色などの症状が現れた時には、重篤な状態に



なっている可能性が高いと言えます。その場合は、漢方を処方して



もらった医師に相談しましょう。肝臓の障害以外の副作用は、次のような



ものがあります。胃の不快感、食欲不振、吐き気、吐く、下痢、発疹、



発赤、かゆみ、肝機能値の異常などです。今回は、ここまでとさせて頂き



ます。



横断歩道で、応談していた。笑



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.21

2013-03-19 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



イソフラボンについて



イソフラボンとは、ポリフェノール(抗酸化物質)の一つです。



ポリフェノールの中のフラボノイドに分類されます。大豆・葛



(くず)などのマメ科の植物に多く含まれています。



ゲニステイン、ダイゼインなどのイソフラボンはエストロゲン



(女性ホルモン)様の作用を持っています。それゆえ、



イソフラボンは、植物エストロゲンと呼ばれています。マメ科



のほとんどの種は、多量のイソフラボン類を素の身体の中に



蓄えています。豆腐などの大豆の加工食品では、元々の大豆の



イソフラボン量が維持され、発酵食品である味噌では、



イソフラボンのレベルが増加しています。エストロゲン様の活性



を持つがゆえ、乳癌や子宮体癌などのリスクを増すとも減らす



とも考えられています。中国での乳がん手術患者を対象とした



大豆食品摂取の摂食と生存率の調査では、摂食量が多いほど



死亡率・再発率は低下し摂食量と死亡・再発率は有意の



逆相関関係にある事が示唆されています。つまり、摂取量が



多い程、死亡率・再発率が低下しており、がん細胞を殺して



いるのではないかと推測されています。



今回は、ここまでとさせて頂きます。



味噌は、発酵させて、イソフラボンを増やすのが、ミソ。笑



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.22

2013-03-19 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



イソフラボンが人間に対して有益な物質ということは理解



しました。では、植物はイソフラボンをどのような目的で



作っているのでしょうか?植物は、イソフラボン類と



その類縁体を病原菌の感染やその他の微生物からの防御の



ためのファイトアレキシン(抗菌性の二次代謝産物)として



利用しています。加えて、ダイズはイソフラボン類を、



土壌の根粒菌を刺激し窒素固定のための根粒を形成させる



ために使用しています。要約すると、抗菌薬として



または、自らの窒素肥料を作るためにイソフラボンを



体内に蓄えているのです。賢い植物だとは、思いませんか?



植物の利用法はさておき、人間に対してどのように有益



なのかを、更に詳しく述べたいと思います。大豆イソフラボンは、



更年期障害や2型糖尿病の改善に効果があるといわれ、また



骨粗鬆症に対しては特定保健用食品として「骨の健康維持に



役立つ」という表示が許可されたものがあるそうです。



しかし、骨粗鬆症に対する効果は、日本で2001年に20名の



被験者を対象とした臨床試験が行われましたが、摂取量と



骨密度の有意な関係を示唆するデータは得られなかった



そうです。どうやら、女性ホルモン様物質であることから



当然、骨粗鬆症にも効くと考えられたのでしょう。



本日は、ここまでとさせて頂きます。



骨粗鬆症にならないコツ。笑



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント