美しい肌Vol.71

2013-04-04 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



美肌の漢方(生薬各論:川芎)



川芎(センキュウ)は、当帰と同じセリ科の植物で



根茎を湯通して乾燥させて用います。精油分を豊富に



含みます(12%)。ほとんど副作用を認めず、漢方薬



として最も使われている生薬です。本来は芎窮



(きゅうきゅう)と呼ばれていましたが、四川



(すちゎん)省のものが優良品であったため、



この名称になったということです。



浴用では、肌にうるおいを与え、入浴後も、しっとり



感が持続します。料理用ハーブとして主に使われる



ヨーロッパのラビジや、北米で人気のあるハーブ、



オシャの仲間です。身体のバランスをとり、熱感より



も寒けが強い風邪による頭痛、偏頭痛、肩こりに



よく効きます。西洋医学的には中枢抑制作用, 



末梢血管拡張, 抗血栓, 鎮痙, 腸血流量増加,



皮膚温度上昇, 免疫賦活, 放射線障害防護効果など



があります。漢方医学的効能としては、補血、強壮、



鎮静、鎮痛、駆瘀血薬(滞った血液を取り除く)として、



冷え性・貧血・生理痛・月経不順などに使われます。



日本産は主として北海道、東北地方のものがほとんど



です。江戸時代には九州で栽培されていましたが、その後



東北地方に移り「仙台川芎」の名が高まりました。しかし、



現在ではほとんど北海道産です。中国産の川芎は四川省で



主産、近年吉林省でも栽培されています。出典は神農本草経



で上品に分類されています。構成成分としては、



リグスティライドやフェルラ酸、クニデライトなどが



含まれています。これらの成分は、くすみ、肌荒れ予防の



目的の化粧品や育毛剤に配合されています。血流改善を



促して、肌の基礎力を上昇することで、うるおいのある肌



を作ります。本日は、ここまでとさせて頂きます。



聖文の成分を成文化した。笑



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページおよびメルマガ登録ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai



メルマガ登録ページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/min_zhaokurinikku/merumaga.html



このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最新号より100号前のメルマガ

2013-04-04 00:00:00

カテゴリー:ブログ

診療マル秘裏話 Vol.387 平成23年5月5日作成



作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

目次



  

1) アルツハイマー病の原因タンパク質だけを攻撃する抗体

2) 乳がん治療薬の再発前立腺がんに対する効果



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



  

 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは

1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を

増やして欲しいという要望もあるのですが、私の能力の

なさから1週間に1回が限度となっています。これからも

当たり前の医療をしながら、なおかつ貪欲に新しい知識

を吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思って

おります。不撓不屈の精神で取り組む所存ですので

どうかお許し下さい。



 

 

1】アルツハイマー病の原因タンパク質だけを攻撃する抗体



 青森県の弘前大の松原悦朗准教授(神経内科)らの研究グループは

4月26日、アルツハイマー病の原因とされる、たんぱく質だけを

攻撃する抗体を開発し、発症予防の可能性があることを突きとめた

と発表しました。



 松原准教授によると、アルツハイマー病は、原因とされるたんぱく

質が脳に沈着、凝集し、記憶障害を起こすと予想されています。



 研究グループでは、このたんぱく質だけに反応する抗体を作り出す

ことに成功し、実験で週1回ずつ計36週にわたり、記憶障害発症前

のマウスに投与し、投与しないマウスと比較したところ、

記憶学習能力が保たれていることが分かったということです。

この結果、アルツハイマー病の原因が、このたんぱく質にあることも

裏付けられたということです。



 松原准教授は、実験を踏まえ「マウスの段階だが、アルツハイマー病

は予防可能な病気と考えていいのでないか」と指摘しています。

今回の研究成果は3月、米科学誌に掲載されました。



 抗体の交代。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



2】乳がん治療薬の再発前立腺がんに対する効果



 再発した前立腺がんの細胞増殖を、女性ホルモン抑制剤の

乳がん治療薬が効果的に抑え込むことを、筑波大と東京大の

研究チームが突き止めました。新薬の開発につながる成果と

いうことです。米専門誌サイエンス・シグナリング(電子版)

に掲載されました。



 前立腺がんは男性ホルモン(アンドロゲン)の影響で

進行し、この濃度を下げる女性ホルモン(エストロゲン)剤の

投与が有効とされています。しかし、効果は数年しか続かず、

再発した場合の有効な治療法が課題でした。



 研究チームは、再発したがん細胞をネズミに移植しました。

臨床実験で有効だった事例があったことを理由に女性ホルモン

抑制剤を投与したところ、腫瘍の直径が4週間で1センチから

0・5センチに縮小した。その仕組みを調べたところ、

前立腺がんを抑制するたんぱく質が、女性ホルモン抑制剤に

よってがん細胞の自滅を次々と加速していたためと判明

しました。



 筑波大の柳沢純教授(生物機能科学)は「生活の質を

落とさず、寿命を全うできる手段となりうる」と期待して

います。



 主要な腫瘍の摘出。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



編集後記



 アルツハイマー病の治療薬は、つい最近まで塩酸

ドネペジルのみでしたが、日本でももうすぐ発売に

なる薬があるようです。しかしながら根本治療では

なく、対症療法的な治療に留まっているようです。

しかし、このような抗体が発見され、臨床に使われる

ようになれば、完全予防も不可能ではなくなる

でしょう。再発前立腺がんの治療は難しく、骨転移

が激しく起こった人を何人も診ました。しかし女性

ホルモン抑制剤で改善が見込めるならば、そうした

再発の患者さんに対する臨床試験を早期に開始して

頂きたいものです。



 大正の大将の対症療法。笑



************************



このメールマガジンは以下の配信システムを利用して

発行しています。

  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。

「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html

(イジニイワト)



発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 

藤田 亨

職業    医師の箸くれ(はしくれ)

運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/

ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。

sara2162@atlas.plala.or.jp

このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること

を禁じます。

ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.66

2013-04-03 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



うまみ成分各論(グアニル酸)



グアニル酸は、シイタケのうま味成分です。きのこ類には、多く



含まれるということです。イノシン酸と同じく核酸系のうま味



成分です。1960年にはグアニル酸のうま味が、国中明博士に



よって明らかになりました。化学調味料の中には、グアニル酸を



含むもの(ハイミー、いの一番)があります。グアニル酸に



ついては、これ以上あまり書くことは、少ないようですので、



シイタケにふくまれる、そのほかの薬効成分について書かせて



頂きます。干しシイタケのエリタデニンという成分は悪玉



コレステロールをすばやく体外に排出させ、動脈効果の予防



という効能があります。



干しシイタケの有効成分エリタデニンはグアニル酸と同じく、



核酸誘導体であり、悪玉コレステロール値を下げる効果があります。



さらに血小板の凝集を抑え、血液をサラサラにする働きが



あります。総じて動脈硬化予防には優れた成分といえましょう。



また特に干しシイタケの栄養成分で特記すべき点はエルゴステロール



という物質が含まれていて,このエルゴステロールは体内で



ビタミンDに変化しカルシウムの体内代謝に深く関与して



います。ビタミンDは不足するとくる病(骨が弱くなる病気)



になってしまいます。ビタミンDの過剰症は、高カルシウム血症、



腎障害(多尿)、石灰沈着、悪心、嘔吐、食欲不振、体重減少など



が報告されていますが、シイタケにはビタミンDは、微量しか



含まれていません(干しシイタケ100グラム中わずか17μg)



ので、過剰症がでるまでシイタケを食べるのは



困難です。またそうは言っても、グアニル酸は、核酸物質であり、



過ぎたるはおよばざるごとしですので、シイタケ単品を極めて



たくさん食べるのは、止めておいて下さい。



このように骨を丈夫にし、骨粗しょう症の予防にも重要な



働きをすることが分かっています。さらに、このエルゴステロール



はガンの転移増殖に必要な新生血管の発達を妨げる効果があると



いわれています。シイタケよりも干しシイタケに、菌床栽培



シイタケよりも原木栽培シイタケに、これらの優れた成分は



多く含まれています。



つまり生シイタケを乾燥する過程でグアニル酸の量が増える



ので、生シイタケよりも干しシイタケの方がうま味は強くなります。



また、調理するときの加熱や干しシイタケを水戻しすること



によってもグアニル酸の量は増えます。またシイタケには



グルタミン酸も多く含まれ、グアニル酸との相乗効果によって



うま味を引き立てています。これらの相乗効果も国中明博士に



よって明らかにされました。きのこ一般に含まれるβ-グルカンも



シイタケに多く含まれ、感染症予防には、強い力を発揮します。



お風邪を引いておられる方、引き始めたかなと感じられた方は



身近なシイタケを召し上がることをお薦めします。今回はここまで



とさせて頂きます。



天日干しにするシイタケ、しいたっけ。笑



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページおよびメルマガ登録ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai



メルマガ登録ページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/min_zhaokurinikku/merumaga.html

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.67

2013-04-03 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



うまみ成分各論(北欧の食材)



日本料理の味の基本をなす「うま味」が、いま世界の



トップシェフをとりこにしています。「うま味」の



基本は、直近のブログでお話した、グルタミン酸、



イノシン酸、グアニル酸の3つでした。これら三種の



物質は、全て日本人が発見したため、日本人しか理解



のできないものと、欧米の人たちは、考えていました。



しかし、転機は2002年に舌の表面にグルタミン酸を感知



する受容体が見つかったことで訪れます。欧米では「うま味」



はそれまで他の味を引き立てる風味のようなもの、理解



できないもの考えられていました。しかし、独立した味



であることが解明されたため、シェフたちの意識の変化



が認められるようになりました。2005年、京都の料亭の



三代目・村田吉弘さんが、「うま味」を理論的に教える勉強会



を始めました。



世界のシェフが自費で参加し、5年で50人近くになった



ということです。勉強会で学んだシェフが現在、世界各地



でうま味運動を展開しています。うま味を強化した食事



は、世界の人たちを感動させ始めています。しかし、シェフ



たちは、西洋の食材事情に合ったふうに、日本食にアレンジ



を加えています。料理界のアカデミー賞といわれる



「世界のベストレストラン50」で3年連続世界一に選ばれた



コペンハーゲンのレストラン「Noma」のシェフも京都で学んで



いました。「Noma」は研究所をもっていて、北欧の食材から



うま味を引き出す研究もしています。そこのベン・リード



さんが取り出したのは、鰹節ではなく「鹿節」でした。



「鹿節」は、イノシン酸のうま味を出していると思われます。



シカの足をいぶして熟成させたもので、これを薄く削って



スープにします。エンドウ豆 の味噌もありました。



これは、グルタミン酸が主成分だと思われます。さらに、



グアニル酸は、マッシュルームで代用していると考えられて



います。上述のベン・リードさんは、デンマークの海藻を



煮出した汁を干し固めたものは、「うま味の塊だ」と言って



います。これもグルタミン酸が主成分と推測されます。



西洋の食材事情に合った



ということを考慮すれば、シェフたちにとっては、当たり前



のことでしょう。しかし、こうした工夫と努力が地域の人々



および世界の人々をうならせ、世界一のレストランとなった



というのは、素晴らしいことだと思います。おかげで一回の



コースが1,500クローネ(約25,000円)と高めであるにも



関わらずレストラン「Noma」は、予約をとれるまで、



一か月はかかるという大人気店に成長しました。しかし、



不幸なことに今年2月63人の食中毒を出し、非難の炎に



包まれてしまいました。



ウイルス性胃腸炎(ノロウイルスと思われる)で、原因が一人の



体調不良の従業員ということでしたが、残念です。少々脱線



いたしましたが、「Noma」がその後どうなったかは、分かり



ません。しかし世界中にうま味を求める人々がたくさん出現



している事実に変わりはないと思われます。そうした国のシェフ



たちは、海苔の代わりに、ベジタブルペーパーなどを用いて



いると言われています。うまみ強化食にも、日本でもこうした



素材が使われる日が来ることを確信しています。



今回はここまでとさせて頂きます。



今日か、明日かと待ち続ける強化合宿。笑



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページおよびメルマガ登録ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai



メルマガ登録ページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/min_zhaokurinikku/merumaga.html









このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.68

2013-04-03 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



美肌の漢方(生薬各論:当帰)



ファイトケミカルとうまみ成分の話が一段落しました。



そこで漢方薬の生薬について、詳しく述べてゆきたいと



思います。まずは、女性の聖薬「当帰芍薬散」の構成生薬



当帰についてお話させて頂きたいと思います。山地に自生



し、または栽培される多年草、セリ科(学名:Umbelliferae)



トウキ(学名:Angelica sinensis (Oliv.) Diels)の根



の部分を用います。中国では甘粛省、四川、雲南、陜西など



で作られています。秋の終わり頃に掘り起こし、ひげ根や土を



取り除いて天日で半ば乾燥させた後、少しずつ束にして並べ



じっくりと干していきます。使用の際は薄く削いだ



ものを使います。漢方医学では、補血(血液を補充する)、



活血(血行を良くする)、調経(気の流れを調える)、止痛



(痛みを抑える)、潤腸(腸を滑らかにする)の作用がある



といわれています。



最近の研究では、赤血球の生成を促進し、貧血をなくし、



末梢の血管を広げる働きや、悪玉コレステロール値を



下降させたり、免疫力を高める、肝細胞の保護や



再生・回復を促進させるなどの作用があることが示されて



います。当帰は、四気(基本的な性質)は温(身体を



温める)、五味は甘・辛、帰経(主に作用する内蔵系)は



肝・心・脾に分類されます。

 

当帰は、血液を補充し、血行を良くする生薬として古来幅広く



使われてきました。民間のことわざに「漢方薬は十中八九、



当帰入り」といわれるほど数多くの漢方薬に用いられています。



守備範囲も広いのですが、総じて以下のようになります。



心臓や肝臓などの血液不足(血虚といいます)、貧血に



用います。代表的なものとしては、四物湯があります。



また「気」も不足している場合は朝鮮人参やオウギと



組合わせた当帰補血湯がよく使われます。



当帰は甘・温の性質のため、血行を良くする多くの滋養薬膳に



利用されています。



血液を補充し、血行を良くし、また月経を調整する作用もある



ので婦人科系の病気に対する重要な生薬となっています。



さまざまな生理痛・生理不順などの症状に有効で、ほとんど



全ての婦人科の漢方薬に使われています。中等症に用いる



加味逍遙散や実証に用いる桂枝茯苓丸にも用いられています。



冷えて気の流れが滞る(寒凝気滞)生理不順には当帰紅花酒



などの薬膳が効果的です。



現在は、血行を良くし痛みを抑える働きを利用して狭心症の



発作や血栓による脈管炎の治療に使われています。中国では



早くから「当帰注射液」による治療で狭心症や脳血栓に対して



良好な成績を収めています。副作用が少なく、特に慢性化



した症状に穏やかに効いて急性の発作の発生を防いでくれます。



その作用からさまざまな食材と組合わせて多様な薬膳料理に



使われます。有名なものには唐の時代から伝わる宮廷薬膳、



当帰生姜羊肉湯などがあります。現代の臨床に応用されている



薬膳の中で最もよく使われている生薬が当帰といえます。

 

日本産の当帰 日本産の当帰の起源には、ヤマトトウキ



(学名:A.acutiloba Kitagawa)とホッカイトウキ



(学名:A.acutiloba Kitagawa vae. sugiyama Hikino)



があります。ヤマトトウキは大和地方(奈良県)を中心



に古くから栽培されていました。ホッカイトウキは、



北海道に自生するエゾヨロイグサとトウキを交配して、



寒さに強い品種として改良したもので現在も北海道が



主な産地となっています。中国で生まれた漢方医学



ですが、昔は物流が未発達であったため、中国と同じ



植物を日本では入手できないケースが多々ありました。



そうした場合、似た性質を持つ別の植物で代用していました。



現在でも中国と日本とで異なる原料を用いている生薬が



数多くあります。トウキもその1つで、中国ではカラトウキ



が、日本ではニホントウキがトウキの原植物となっています。



本日は、ここまでとさせて頂きます。



当帰が陶器に入っていた。笑



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページおよびメルマガ登録ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai



メルマガ登録ページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/min_zhaokurinikku/merumaga.html

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.63

2013-04-02 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



うま味の成分各論(グルタミン酸)



うま味物質の代表的格であるグルタミン酸は、



たんぱく質を構成する20種類のアミノ酸の



一つです。それぞれのアミノ酸は鎖状につながること



で、たんぱく質を構成しています。



たんぱく質は人間を始め、生物の細胞をつくる



主要成分です。三大栄養素の一角でもあります。



グルタミン酸は私たちの身体の中でも合成されており、



身体の中には約2%の割合でグルタミン酸が含まれて



います。



あくまでタンパク質の構成要素ということですが、



体重60kgの人は体内に1.2kgのグルタミン酸



を蓄えていると考えても差し支えないでしょう。



グルタミン酸は、たんぱく質の構成物質としてだけ



でなく、遊離した形でも体内の器官や組織に含まれて



います。これらのグルタミン酸は、たんぱく質の合成



や分解、ほかのアミノ酸への転換、尿素の合成などの



体内の生理現象に重要な働きを果たすことがわかって



います。また、脳内ではブドウ糖からグルタミン酸が



生合成され、神経伝達物質として認知や記憶、学習に



重要な役割を担っています。脳は、ブドウ糖のみを



エネルギー源としているので、簡単にグルタミン酸



など必要な神経伝達物質を作りだすことができるの



です。また話は変わりますが、お母さんが赤ちゃんに



飲ませる母乳には、グルタミン酸が非常に多く



含まれています。母乳は私たちにとって



初めてのうま味との衝撃的な出会いと言えるでしょう。



それゆえ、自分のお母さんの母乳しか、飲まなかったり



するわけです。



生まれたばかりの赤ちゃんも五つの基本味(甘味・



苦味・酸味・塩味・うま味)、を認識する能力が



あります。味覚は身体に必要な栄養素を取り込む



ためのシグナルの役割をしているからです。



赤ちゃんは酸味や苦味を嫌いますが、甘味やうま味を



含んだ野菜スープなどでは、その心地よい味を好むこと



が知られています。グルタミン酸を多く含む食品は、



利尻こんぶ、緑茶、パルメザンチーズ、いわし、白菜、



トマトなどです。



1968年にアメリカの科学者が中華料理店で食事を



したあとの顔のほてりや頭痛、首筋や肩にかけての



灼熱感などの症状が中華料理店で多用される



グルタミン酸ナトリウムによるものであると科学雑誌



に発表したことが きっかけで、長い間、グルタミン酸



ナトリウムは中華料理店症候群を起こす原因物質



として疑われてきました。このことについては多くの



臨床試験や 疫学調査が行われてきており、



これらの症状とグルタミン酸ナトリウムの摂取とは何の



因果関係もないことが科学的に示されています。



国連のJECFAも これらの試験結果を慎重に審査しています。



 アメリカでは1990年代にボストン、シカゴ、



サンディエゴを拠点とする三つの医療機関を通じて



大規模な臨床試験が実施されました。自称「中華料理店



症候群患者」と言われる130名を対象に二重盲検法



(臨床試験を実施する側と、される側双方が、どの薬



あるいは、偽薬を使ったか分からないで行う方式)による



厳密なグルタミン酸ナトリウム投与試験が行われた結果、



中華料理店症候群と呼ばれる各種症状とグルタミン酸



ナトリウムの因果関係は否定されています。つまり、



化学調味料である精製されたグルタミン酸を用いても



中華料理店症候群は、作ることができなかったということ



でグルタミン酸の安全性は、保証されたわけです。



今回はここまでとさせて頂きます。



歩哨が補償を受け、身分が保証された。笑



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページおよびメルマガ登録ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai



メルマガ登録ページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/min_zhaokurinikku/merumaga.html

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.64

2013-04-02 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



うま味の成分各論(グルタミン酸:その2)



グルタミン酸は、化粧品に添加物として加えられています。



その効能効果は、皮膚を保護する効果があり、保湿作用、



湿潤作用、皮膚毛髪コンディショニング剤として配合



されています。化粧品の種類としては、以下のようなもの



があります。



洗顔: 石鹸 洗顔フォーム その他洗顔料



クレンジング:ミルククレンジング ジェルクレンジング

リキッドクレンジング クリームクレンジング



スキンケア:化粧水 美容液 乳液 フェイスクリーム

オールインワン



スペシャルケア:洗い流すパック・マスク シートパック・

マスク ゴマージュ・ピーリング アイケア まつげ美容液



ヘアケア: シャンプー コンディショナー ヘアパック・

トリートメント 洗い流さないトリートメント



ボディケア: ボディ洗浄料 ボディローション・ミルク

ボディクリーム・オイル バスト・ヒップケア ハンドケア

その他ボディケア



日焼け止め: 顔用日焼け止め



ベースメイク: 化粧下地 パウダーファンデーション

リキッドファンデーション クリームファンデーション

コンシーラー ルースパウダー プレストパウダー



リップメイク: 口紅 リップグロス



マスカラ: マスカラ



随分、いろんな種類の化粧品に添加されているのだというのが



正直な感想です。化粧品のグルタミン添加に対するメカニズム



の説明は以下のようになっています。



肌においてグルタミン酸は酵素の力により、ピロリドンカルボン酸



(PCA)に変換されます。PCAは非常に優れた保湿性能を有し、



肌では天然保湿因子(NMF)として働く美肌には欠かせないもの



です。つまりグルタミン酸は「うるおい」の素でもあるということ



です。今回はここまでとさせて頂きます。



偏官が変換して、返還に応じた。笑



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページおよびメルマガ登録ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai



メルマガ登録ページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/min_zhaokurinikku/merumaga.html

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.65

2013-04-02 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



うまみ成分各論(イノシン酸)



コンブのうま味成分のグルタミン酸を発見した



池田菊苗博士の弟子である小玉新太郎博士が



1913年にイノシン酸を発見しました。鰹の



体内のあるATP(アデノシン三リン酸)という



エネルギーを生み出す物質が酵素によって分解



されたものです。鰹節の旨味の成分として



知られている核酸の一種です。核酸は、細胞の



新陳代謝を活発にする働きがあり、老化に伴う



心臓や肝臓の機能低下を回復させる作用があり



ます。イノシン酸は、細胞内でDNAをつなぐ物質



(塩基という:アデニン・グアニン)の原料と



なります。イノシン酸は、肝臓でつくることが



できますが、20歳頃を境にイノシン酸の合成能力



は減退します。不足すると、DNAがつくられず、



新しい細胞が生まれなく(新陳代謝が衰える)なり、



体はどんどん老化していってしまいます。



イノシン酸が多く含まれる食品は、鰹節のほかに



アジ、サンマ、鶏肉、豚肉、タイ、イワシ、煮干、



クルマエビ、鮭やタラの白子などがあります。



核酸であるがゆえに、プリン体を多く含みたくさん



摂取すると、尿酸値が高くなります。致死量は、



致死量はLD50=14.4g/kgです。体重あたり14.4gの



イノシン酸を摂取すると50%の確率で死に至ると



いうことです。投与した動物の半数が死亡する用量



のことをLD50といいます。今回はここまでとさせて



頂きます。たらの白子を食べたら、痛風発作。笑



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページおよびメルマガ登録ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai



メルマガ登録ページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/min_zhaokurinikku/merumaga.html

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.60

2013-04-01 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



ファイトケミカル各論(長鎖アルキルフェノール誘導体

→カプサイシン)



カプサイシンは唐辛子に含まれている辛み成分です。



たくさんの効果があり、なかなか使えるファイトケミカル



ですのでその効果をご紹介してみたいと思います。



カプサイシンには脂肪を分解するアドレナリンの分泌を



活性化させる働きがあるので、減量効果があると言われて



いますが、実際は難しいようです。医学的に減量に関して、



唐辛子もしくはカプサイシンを投与して減量に成功した



という論理的な論文はあまり見かけません。



確かに食べると代謝はその時亢進するのですが、42キロ



のマラソンを貴方がやったとして、それで300gの体脂肪



が燃焼するに過ぎない事を考えれば唐辛子を食べただけで



何キロも体脂肪が減ることがあり得ないのは容易にご理解



いただけると思います。 カプサイシンのその他の効能として



唐辛子を食べたときと同様、体温が高くなり汗をかきます。



また、便秘を解消して美肌効果が期待できます。



カプサイシンは、まず脳に刺激を与え、感覚神経に



働きかけてアドレナリンの分泌が促進されます。胃の中



にもカプサイシンの受容体があり、少量の唐辛子



(カプサイシン)を食べると胃粘膜の血流は増加し、



胃粘膜を保護します。カプサイシン受容体はこのような



働きをしているようです。大量の唐辛子もしくは



カプサイシンに長期間曝されると、その部位の知覚神経は



麻痺してしまい、却って胃粘膜障害は進んでしまいます。



また、新陳代謝、免疫力のアップにも効果があり風邪など



の病気を予防するため、健康にも良いと言えます。



カプサイシンと大豆イソフラボンを一緒に摂取すると、



育毛効果があると言われています。



このように、様々な効果があるカプサイシンですが、



摂りすぎは良くありません。



刺激物は大量に食べると胃腸で吸収されなかった分が



、大腸→直腸→肛門へと移動して粘膜に強烈な刺激を



与えてしまいます。その結果下痢を引き起こします。



唐辛子や唐辛子が含まれている食品はほどほどに



食べるようにいたしましょう。



食欲増進効果もあるので、ついつい食べ過ぎて



しまわないように注意しましょう。



カプサイシンの効果は持久性が長いと言われています



が、効果を絶やさないためには週に2回はカプサイシン



(唐辛子を含んだ食品)を摂るようにすると良いそうです。



カプサイシンは美容、健康ともに効果のあるものです



から、胃腸の弱い方を除くと定期的に食生活に



取り入れることが望ましいと言えます。勿論辛いのは



苦手という人は、無理に摂取する必要はありません。



今回は、ここまでとさせて頂きます。



節酒していたが、泥棒に、酒を窃取された。笑



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページおよびメルマガ登録ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai



メルマガ登録ページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/min_zhaokurinikku/merumaga.html

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.61

2013-04-01 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



ファイトケミカル各論(長鎖アルキルフェノール誘導体



(辛味成分)→ジンゲロール)



生姜は、世界各地で太古の昔から料理の食材



や香辛料として、あるいは民間薬として使われて



きました。漢方では「生姜はあらゆる病気を防ぐ」



といわれ、咳止め、健胃、冷え性改善、血行促進、



解熱、吐き気止めなど、さまざまな薬効が示されて



います。実際、漢方薬の約7割に生姜が使われて



います。生姜の成分はそのほとんどが水分



ですが、50種類以上の香り成分と200種類以上の



辛味成分が含まれています。主な辛味成分は、



ジンゲロール、ショウガオール、ジンゲロンなどです。



この中で体を温める作用が強いのはショウガオール



です。胃腸の循環をよくする働きがあり、体の芯から



温めます。ジンゲロールは生の生姜に多く含まれ、



殺菌作用を持っています。刺身などの薬味として



生姜を添えたり、お寿司と一緒にガリを食べるのは、



味や風味を楽しむだけでなく、この殺菌作用を利用



しているといえます。殺菌作用については、江戸時代



から知られていたようです。最近の研究では、体内の



活性酸素を除去する、エネルギー代謝をアップさせる、



免疫力を高める、花粉症を抑える、といった新しい



効能が次から次へと明らかになっています。現在、



生姜を摂取することで期待できる健康効果は20以上



にも及びます。



生姜は野菜の一部分に過ぎません。ふだん私たちが



食べているのは根の部分です。一年を通じて八百屋



さんで売られているベージュ色の生姜は、ひね生姜と



呼ばれます。そのほか、秋に収穫後すぐに出回る新生姜、



初夏に早掘りした葉付きの葉生姜などがあります。



このうち、ひね生姜には、ジンゲロール、



ショウガオールなどの薬効成分がもっとも多く



含まれています。辛み成分の主なものを見てゆくと



ジンゲロール:殺菌作用が強い。温めるとショウガオール



に変化する。



ショウガオール:胃腸の血行をよくしておなかを温める



作用が強い。



ジンゲロン:脂肪を分解する作用がある。ジンゲロールが



分解して作られる。



この三つの辛み成分の内、美容にもっとも寄与するのは、



ショウガオールです。美容に関するショウガオールの働きを



詳しく書きますと以下のようになります。



私たちの肌や体をさびつかせ、老化や病気を引き起こす



原因のひとつに活性酸素があります。活性酸素は、紫外線



やストレス、大気汚染、喫煙など、さまざまな要因に



よって作られます。それを除去するのに必要なのが、



ビタミンA・C・Eや、野菜や果物に含まれる



ファイトケミカルと呼ばれる抗酸化物質です。なかでも



ビタミンEは、若返りビタミンといわれ、抗酸化物質の中で



再生可能であり、とくに重要と考えられています。



生姜はこの活性酸素を除去する力が強いことが特徴です。



とくにショウガオールの活性酸素除去能力は、ビタミンE



の約3倍であることが明らかになっています。ショウガオールは、



生姜を加熱することで増える成分です。温めた生姜をとる



ことで、ショウガオールの割合が増えます。ショウガオールの



抗酸化作用によってシミやシワを予防し、美肌をキープする



ことが可能になります。今回はここまでとさせて頂きます。



生姜がないからしょうがない。笑



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページおよびメルマガ登録ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai



メルマガ登録ページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/min_zhaokurinikku/merumaga.html

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント