最新号より100号前のメルマガ

2012-03-15 00:00:00

カテゴリー:ブログ

診療マル秘裏話 Vol.333 平成21年4月22日作成



作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

目次



  

1)  神経細胞の発達に関与する因子

2) インフルエンザの新薬







◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



  

 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは

1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を

増やして欲しいという要望もあるのですが、私の能力の

なさから1週間に1回が限度となっています。これからも

当たり前の医療をしながら、なおかつ貪欲に新しい知識

を吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思って

おります。不撓不屈の精神で取り組む所存ですので

どうかお許し下さい。





 

1】 神経細胞の発達に関与する因子



 幼児期に脳の神経回路が形成される際、神経細胞が外部

から刺激を受けて活発に活動することで細胞間の結合が

より強化されることを大阪大と東京大のチームが突き止め、

4月5日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表しました。



 山本亘彦(やまもと・のぶひこ)大阪大教授(神経生物学)

は「先天的な要因だけでなく、視覚や聴覚などの五感から

受ける後天的な環境も脳の発達に影響している。”氏と育ち”

の両方が重要だ」と話しています。



 チームは試験管内で脳の神経細胞の配線を再現しました。

神経回路をつくる軸索の起点となる脳の「視床」と、軸索が

のびる標的となる「大脳皮質細胞」で、刺激を受けたときに

出る電気的パルスをそれぞれ観察し、細胞の活動が軸索の

枝分かれに与える影響を調べました。



 すると、視床と大脳皮質細胞のどちらか一方でも活動が

弱いと枝分かれは起こらず、両方が同時に活発な場合にのみ

枝分かれが促進され、神経細胞間の結合が強化されることが

分かりました。



 いい伝承は、いい遺伝、いい環境は、いい感興をもたらす。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



2】 インフルエンザの新薬



 国が承認審査を進めている初の純国産インフルエンザ治療薬

「CS-8958」(一般名・ラニナミビル)がタミフル耐性

ウイルスに効果があることを、けいゆう病院(横浜市)の

菅谷憲夫・小児科部長らが確かめました。米国微生物学会誌

(電子版)に掲載されました。



 菅谷部長らは08-09年、患者さん184人を分けて

ラニナミビルとタミフルを投与しました。同シーズンは

Aソ連型(H1N1型)でタミフル耐性ウイルスが流行し、

試験した患者さんでも約95%が感染しました。すると、

ラニナミビルを投与した患者さんはタミフルを投与した患者さん

より平均60時間以上早く回復しました。一方、タミフル耐性

でなかったA香港型(H3N2型)やB型に感染した患者さん

の治療効果に差はありませんでした。



 ラニナミビルはリレンザと同じ吸引式で1回の服用で済みます。

これまでの試験でA型、B型の季節性ウイルス、さらに新型

(H1N1型)、強毒性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)

に対する効果も確認されています。



 菅谷部長は「来シーズンまでにはラニナミビルが承認され、

新型のウイルスがタミフル耐性になっても効果が期待できる」

と話しています。



 五回が一回になっても、誤解しないでね。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



編集後記



 幼児期の子供には、良い環境を与えてあげること

が脳の発達にとって重要と考えられます。無防備な

時にこそ良い環境を与えて、最大限その子の能力が

発揮できるようになるといいですね。インフルエンザの

新薬はラニナビルだけではありません。続々と有効な

新薬が開発されています。来シーズンまでに上梓され

れば、来シーズンからでも使いたいと考えています。

 

 耐性ウイルスが大勢になっても、新薬がある。笑

 

************************



このメールマガジンは以下の配信システムを利用して

発行しています。

  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。

「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.htm

(イジニイワト)



発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 

藤田 亨

職業    医師の箸くれ(はしくれ)

運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/

ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。

sara2162@atlas.plala.or.jp

このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること

を禁じます。

ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最新号より100号前のメルマガ

2012-03-08 00:00:00

カテゴリー:ブログ

診療マル秘裏話 Vol.332 平成21年4月15日作成



作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

目次



  

1)  膵臓の自己再生力

2) 運動不可のメタボ患者さんの治療







◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



  

 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは

1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を

増やして欲しいという要望もあるのですが、私の能力の

なさから1週間に1回が限度となっています。これからも

当たり前の医療をしながら、なおかつ貪欲に新しい知識

を吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思って

おります。不撓不屈の精神で取り組む所存ですので

どうかお許し下さい。





 

1】 膵臓の自己再生力



 再生しない臓器と考えられてきた膵臓(すいぞう)に

自己再生力があることを名古屋大の洪繁(こう・しげる)

助教らの研究チームが解明し、3月31日までに発表

しました。近く米医学誌に掲載されます。洪氏は

「さらに詳細なメカニズムを明らかにすれば、膵臓の

機能障害による糖尿病治療などに役立つだろう」と

話しています。



 自己免疫システムの関与が疑われ、中高年男性に多い

「自己免疫性膵炎」の患者さんの組織検査で判明

しました。この膵炎はステロイド治療が一般的ですが、

詳細な病態や改善のメカニズムは不明でした。



 洪氏らは、この膵炎患者さんは消化酵素を分泌する

腺房細胞がほぼすべて失われていることを突き止めました。

その上で、ステロイド投与後の組織を調べると、消化酵素

の分泌量が投与前に比べ3カ月後で約3倍、1年後で約5倍

に増えているのを確認しました。消失した腺房細胞が一部で

再生しており、成人の膵臓にも再生力があると結論付け

ました。



 特殊なマーカーで再生した腺房細胞群の中心付近を調べ、

膵臓のもととなる幹細胞の存在を確かめたということです。



 腺房細胞が再生したのは、羨望の的。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



2】 運動不可のメタボ患者さんの治療



 脂肪細胞が分泌するホルモン「アディポネクチン」が、

筋肉細胞で働いて糖や脂質の代謝を高めて体内での燃焼を

進め、運動したのと同様の作用を果たすことを、東京大

の門脇孝(かどわき・たかし)教授らのチームがマウスの

実験で解明し、4月1日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表

しました。



 糖尿病やメタボリック症候群の人は、アディポネクチン

が出にくくなることが知られています。人でもマウスと

同じ作用があるとみられ、この仕組みを活性化する薬が

開発できれば、薬を飲んだだけで運動をしたのと同様の

体質改善効果が期待できるということです。



 チームは数年後の臨床応用を目指して薬剤開発を

進めています。門脇教授は「高齢やけが、足腰の病気

などで思うように運動できない人で、糖尿病などの

生活習慣病の治療に役立つだろう」と話しています。



 チームは、筋肉細胞で起きている代謝の仕組みを分子

レベルで解析しました。細胞表面にある受容体に

アディポネクチンがくっつくと、異なる二つの経路で

細胞内に信号が伝わり、糖などの代謝にかかわる

細胞内器官のミトコンドリアの働きが強まるのを発見

しました。



 細胞にアディポネクチン受容体を持たない遺伝子操作

マウスでは、燃え残った脂質が筋肉にたまり、運動時の

持久力も落ちました。アディポネクチンの働きを補う薬剤

を投与すると、代謝が少し改善することも確かめました。



 ただアディポネクチンそのものは体に吸収されにくく、

人の飲み薬にするには改良が必要といわれています。

チームは受容体に直接働いて高い効果が期待できる薬剤の

開発を目指しています。



 社長の代謝が良くなり大赦で円満退社した。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



編集後記



 再生医学の進歩は、凄まじいものですが、臨床応用

には、国の審査が必要になります。糖尿病の壊疽の

ように病気の進行の方が血管の再生よりも速い場合は

あまり再生医療は有効とは言えないようです。膵臓の

細胞で再生能力が確認されたというのは、糖尿病の

患者さんにとって朗報といえるでしょう。しかし、

実際の国の審査に時間がかかりすぎれば、臨床応用

するまでの間に外国に成果を持ち逃げされる可能性

もあります。一方こうした新しい再生医療の安全性を

重視するために審査に時間をかけているという実情

もあるのです。あせらず正攻法でなおかつ病気の性状

も勘案の上研究と臨床応用を進めて頂きたいものです。 



 有効期限のない友好関係。笑



************************



このメールマガジンは以下の配信システムを利用して

発行しています。

  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。

「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.htm

(イジニイワト)



発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 

藤田 亨

職業    医師の箸くれ(はしくれ)

運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/

ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。

sara2162@atlas.plala.or.jp

このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること

を禁じます。

ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最新号より100号前のメルマガ

2012-03-01 00:00:00

カテゴリー:ブログ

診療マル秘裏話 Vol.331 平成21年4月8日作成



作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

目次



  

1)  RNA干渉を用いたがんの遺伝子治療

2) 再生医療の研究と国の指針の問題点





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



  

 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは

1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を

増やして欲しいという要望もあるのですが、私の能力の

なさから1週間に1回が限度となっています。これからも

当たり前の医療をしながら、なおかつ貪欲に新しい知識

を吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思って

おります。不撓不屈の精神で取り組む所存ですので

どうかお許し下さい。





 

1】 RNA干渉を用いたがんの遺伝子治療



 ヒトにおいて、腫瘍細胞に入り込んで癌(がん)を引き起こす

毒性蛋白(たんぱく)質の産生を阻害する遺伝子操作療法の使用

に初めて成功した研究が報告されました。RNA干渉(RNAi)として

知られるこの遺伝子操作療法は、RNA干渉の過程で二本鎖RNAを

合わせていわゆる“短い二本鎖RNA”(siRNA)を形成し、それを

細胞内に導入します。細胞内に入ったsiRNAは、特定の蛋白質生成

に通常用いられるメッセンジャーRNA(mRNA)を分解し、その

遺伝子発現を抑制します。この発見は2006年にノーベル賞を受賞

しましたが、研究には線虫が用いられていました。



 米カリフォルニア工科大学(CalTech、パサデナ)化学工学教授

のMark E. Davis氏らは、身体に注入すると腫瘍まで進み、siRNAs

を腫瘍細胞に導入し、指定されたタスクを行わせる極小のナノ粒子

システムを考案しました。今回の第1相臨床試験は、実際の

メラノーマ患者さんを対象に実施されました。



 治療後の生検によって、試験は計画どおりに進んだことが確認

されました。同氏らは、腫瘍に直接的ではなく、インフルエンザや

他の皮下注射と同様にナノ粒子を患者さんに注射しました。ナノ粒子は

順調に標的となる腫瘍細胞に向かい、適所のmRNAに付着し、問題の

蛋白質の産生を停止させました。研究結果は、英科学誌「Nature

(ネイチャー)」オンライン版に3月21日掲載されました。



 Davis氏は「副作用を抑えるにはプロセスの正確さが非常に重要

である。疾患に関与する蛋白質に選択的に向かうことができ、

標的外の影響を生じることなく、遺伝子レベルで攻撃して排除

したい蛋白質を排除する」という。同氏らは、同システムが、

多くの異なる遺伝子に到達し、これまで薬物療法をすり抜けてきた

腫瘍に作用する高度に標的化した選択的方法になると考えています。



 米フォックス・チェイスFox Chase癌センター(フィラデルフィア)

のGregory Adams氏は「実際に治療に使用するには改良や最適化が

必要なことは明らかである」としつつも、「これらは、基本的に

“この蛋白質を今発現させたくない”という指示書を細胞に導入

する。これは驚くべきことであり、大きな可能性を秘めている。

また、この療法は従来の遺伝子療法と異なり可逆的である」という

ことです。別の専門家も「これは、特定の蛋白質の産生を停止させる

ために癌を促進する遺伝メカニズムに直接干渉するものである」と

述べています。



 認知症のβ-アミロイドは、どうでしょうか?タンパク質の産生

を中止させれば、これは世界注視の研究です。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



2】 再生医療の研究と国の指針の問題点



 けがや病気で傷んだ組織や臓器を治す再生医療の応用に向けた

研究が加速しています。広島市で3月18、19日に開かれた

日本再生医療学会では、様々な細胞に変化できるiPS細胞

(新型万能細胞)やES細胞(胚性幹細胞)の基礎研究と並んで、

実際の治療を見すえた応用研究が次々と報告されました。一方で、

臨床応用に向けた国の審査を逸脱するケースも発覚するなど、

普及に向けた課題も浮き彫りになりました。





 「国の指針に抵触するのでは」「院内の承認は受けている。

抵触などというものではない」3月19日のシンポジウムで、

人の脂肪に含まれる幹細胞(脂肪幹細胞)を使った臨床研究

を国の審査を経ずに実施した名古屋大病院泌尿器科の報告に、

座長から厳しい質問が繰り返されました。



 前立腺がんの摘出で慢性尿漏れを起こした患者さんに、自分の

脂肪幹細胞を注射して尿道の筋肉の再生を促すもので、

後藤百万教授によると、2009年1-3月に70-80歳代

の男性計5人に実施しました。4人の症状が改善、尿漏れが

ほぼ止まった患者さんもいるということです。



 同科のグループはラットの研究を基に、08年9月に

医学部倫理委員会の承認を受けて着手しました。他の診療科

は国に審査を申請していることから、研究を一時停止し、

09年8月に申請したということです。一方で国には

臨床研究の実態は報告せず、同10月には韓国の国際研究会

でも「世界初の臨床研究」として発表していました。



 厚生労働省研究開発振興課は「人に対して行った時点で

指針に違反している」と指摘しました。名古屋大医学部も

調査委員会を設置するとのことです。後藤教授は

「知らなかったでは済まされない。認識不足を反省している」

と話しています。



 幹細胞で人を治療する臨床研究は、かつては各研究施設の

倫理委員会の審査だけで行っていたが、安全面で不明な点も

多いため、国が「ヒト幹細胞を用いる臨床研究に関する指針」

を作成しました。06年9月から施設だけでなく国との

二重審査が義務づけられました。



 国の審査では、移植する細胞に医薬品としても承認される

ほどの安全性を求めているほか、犬や豚など大型動物の実験

を重視しています。患者さんに対しては、効果を強調せず、

安全性を最優先する研究であることを説明して同意を得る

よう求めている。



 研究者の間では「指針が厳しい」とする意見があるのも

事実です。審査が数か月から1年以上かかるため、準備が

長引き、安全を確保するための機器や検査の費用もかさむ

ということです。



 今回の学会でも再生医療の実現に向けて課題を話し合う

シンポジウムで「指針が安全性を重視するあまり、臨床応用

や研究で得られた特許などの知的財産権の対策を遅らせて

いる」とする声が上がりました。



 厚労省の専門委員会では現在、体の組織にある体性幹細胞

に限っていた指針を見直し、ES細胞やiPS細胞などを

含めた新しい指針づくりを進めています。同学会前理事長の

中内啓光・東京大教授は、学会会期中に記者会見し、現行の

審査について「(研究段階で薬事法レベルの安全性を求める

のは)現実的でない、過剰な規制」として見直しを求め

ました。



 一方、指針作成時の専門委員長だった中畑龍俊・京都大教授

は「(再生医療の)可能性を強調し過ぎて、慎重さを欠くべき

ではない」と話しています。指針に法的な拘束力はないが、

「期待が高い分、社会に受け入れられるには安全性の議論を

重ねることが、むしろ近道だ」と強調しました。





 今回の学会では、体にもともと備わっている「体性幹細胞」

を生かした研究が多く紹介されました。



 名古屋大で問題となった脂肪幹細胞ですが、骨や血管、筋肉

など幅広く姿を変える能力が明らかになっています。マウス

やイヌの動物実験で歯周病で傷んだ歯茎や骨、心筋、肝機能

障害を回復させた例などが報告されました。安全でたくさん

採取できるので、普及しやすい材料として注目を集めて

います。骨髄に含まれる間葉系幹細胞を用いた研究はより実用

に近付きました。自治医大と京都大は、生体肝移植で移植する

肝臓につながる血管「門脈」から幹細胞を注入すると、酵素の

異常な増加を抑えて、移植した肝臓が良い状態で生着すること

をラットの研究で示しました。年内にも臨床研究を行う準備に

入ります。



 国の指針の承認を受けている臨床研究の発表もあり、東海大は、

椎間板ヘルニアなどの患者に幹細胞を移植した6例の経過を

報告しました。



 研究が先か、承認が先か、卵が先か、鶏が先か、水掛論

です。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



編集後記



 RNA干渉を用いた臨床研究の話は、凄すぎると思い

ました。βーアミロイドや神経難病の原因となって

いるタンパク質に生産不可の指令を与えれば、臨床

応用の範囲は広いと考えています。しかしそのような

臨床応用の広くできる研究でも、勇み足をしてしまう

と元も子もありません。国の指針の承認の規制緩和は

絶対に必要です。たとえば、上記名古屋大のUroの

ように、他の国で発表してしまうと国際競争力が

無くなって他の国でやった二番煎じの研究が賞を

もらったりすると残念ということにもなりかねません。



 閑話ばかりでは、緩和しすぎてしまいます。笑

 



************************



このメールマガジンは以下の配信システムを利用して

発行しています。

  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。

「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.htm

(イジニイワト)



発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 

藤田 亨

職業    医師の箸くれ(はしくれ)

運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/

ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。

sara2162@atlas.plala.or.jp

このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること

を禁じます。

ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最新号より100号前のメルマガ

2012-02-23 00:00:00

カテゴリー:ブログ

診療マル秘裏話 Vol.330 平成21年4月1日作成



作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

目次



  

1)  歯茎の再生実験成功

2) 耐性アシネトバクター菌





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



  

 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは

1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を

増やして欲しいという要望もあるのですが、私の能力の

なさから1週間に1回が限度となっています。これからも

当たり前の医療をしながら、なおかつ貪欲に新しい知識

を吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思って

おります。不撓不屈の精神で取り組む所存ですので

どうかお許し下さい。



本日はエプリルフールですが、メルマガの内容はうそでは

ありません。

 

1】 歯茎の再生実験成功



 歯ぐきが細菌によって溶ける歯周病について、患者の骨髄液

から骨や筋肉のもとになる幹細胞を採取して培養後に患部へ移植

し、歯ぐきを再生させることに広島大の研究グループが成功

しました。患者を対象にした臨床研究で、移植をした患部は

4-8ミリほど歯ぐきが回復しました。細胞培養技術の向上など

で再生効果を高め、3年以内に厚生労働省へ先進医療を申請し、

実用化を目指すとのことです。



 広大の栗原英見教授(歯周病学)と広大発祥のベンチャー

「ツーセル」(広島市、辻紘一郎社長)の臨床研究で、3月18日

から広島市である日本再生医療学会で成果を発表します。



 30-65歳の歯周病患者の男女11人から骨髄液を採取しました。

この中に含まれる間葉系幹細胞を培養・増殖させ、医療用コラーゲン

と混ぜて歯周病患部へ注入しました。11人のうち、転居などで経過

を追跡できなかった3人を除く8人中6人で、歯ぐきの回復や、

歯周病で生じた歯と歯ぐきの間のすき間(歯周ポケット)が

小さくなりました。移植した幹細胞が歯周組織となったり、もともと

あった細胞の増殖を促す物質を出して自力での組織再生を後押しした

ものとみられます。



 歯周病患者は軽症者も含めると国内に約3700万人いるとされます。

今回の臨床研究は軽症者を対象としましたが、今後、中・重症者でも効果が

出るよう、採取した細胞からある程度組織を作成したうえで移植する

などの方法で臨床研究を重ねます。糖尿病の下肢壊疽で再生医療の評判が

芳しくないと聞いています。重症者で成績が特に良くないと言われて

います。何らかのブレイクスルーを見つけて下肢壊疽から一本でも足を

救っていただきたいものです。



 栗原教授は「治療へ向けた基本的なスキーム(計画)は出来上がった。

これを進化させてさらに効果を高め、多くの人に使える治療法を確立

させたい」と話しています。



 老化は歯からは定説です。は?と言わないで。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



2】 耐性アシネトバクター菌



 ほとんどの抗菌薬が効かない多剤耐性のアシネトバクター菌

のうち、日本国内では感染例がないとみられる特に強いタイプ

のものが愛知医科大病院(愛知県長久手町)に搬送された県内

の男性会社員(59)から検出されていたことが3月20日、

分かりました。



 アシネトバクター菌は水回りや土壌などの自然界のほか、

人間の皮膚などにも広く存在します。免疫力が低下した人が

感染すると肺炎や敗血症を起こし、死亡することもあります。

岡大病院(福岡市)で昨年1月、入院患者23人が感染した例

があります。



 愛知医科大病院の三鴨広繁(みかも・ひろしげ)教授に

よると、男性は2月初旬、アラブ首長国連邦(UAE)への

出張中に事故で大腿(だいたい)部を切断されました。

緊急治療を受けた後、同月下旬に帰国しました。



 切断部が感染症にかかっており、同病院の検査で未確認の

アシネトバクター菌に感染していたことが判明しました。

足の切断面を蛆に食べさせるという方法がかなり有望とされて

います。ナポレオン・ボナパルトの時代から使われていたと

思われますが、蛆を使う治療は健康保険が使えない上、蛆

は成長すると瞬く間にハエになってしまうので注意が必要です。

強い抗生物質を投与しましたが効果がなく、別の細菌

「メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)」の治療薬

で改善、症状も快方に向かいました。ほかの患者や職員の感染は

確認されていないということです。



 三鴨教授は「このタイプの菌が国内に存在していても

おかしくない。各病院とも感染対策を取ることが重要だ」と

指摘しています。



 耐性が、大勢となって欲しくないものです。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



編集後記



 歯の歯周病の患者さんが3700万人もいるとは知りません

でした。皆さんこまめに歯磨きをして歯周病を予防

しましょう。歯周病は夜寝てる間に進行することが多い

ようです。少なくとも夜寝る前と起床時の歯磨きをお勧め

します。耐性菌は、適切な抗生物質の使い方で減らすこと

ができます。耐性菌を作らないための唯一の方法は、点滴

加療で作用機序の違う2剤以上の抗生物質を大量に使い

徹底的に細菌を死滅させることです。当然健康保険は

通りません。でも問題が起きた時に厚生労働省は医師の裁量を

理由に自らの責任を回避しようとします。あまり大きな声では

いえませんが、通す方法はあります。しかし、この方法でも

結核菌や、非定型抗酸菌症や上記のアシネトバクター菌、

MRSAや耐性腸球菌、セラチア菌や耐性マイコプラズマや

多剤耐性緑膿菌を抑えることはできませんので、

内服薬の抗生剤を使う場合で、呼吸器、泌尿器症状、心臓の

症状が収まらない場合は、レントゲンを撮ったり、

聴診を入念にしたり、CVA叩打痛を確認の上、尿の培養を

行いましょう。簡単な診察で熱源をある程度推測し、万が一

胸に影がある場合は、陰影に応じて専門の病院に紹介

しましょう。



 抗生物質の使い方を後世に伝える。笑



************************



このメールマガジンは以下の配信システムを利用して

発行しています。

  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。

「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.htm

(イジニイワト)



発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 

藤田 亨

職業    医師の箸くれ(はしくれ)

運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/

ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。

sara2162@atlas.plala.or.jp

このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること

を禁じます。

ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最新号より100号前のメルマガ

2012-02-16 00:00:00

カテゴリー:ブログ

診療マル秘裏話 Vol.329 平成21年3月25日作成



作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

目次



  

1) 「たばこ規制枠組み条約」の目標は未達成

2) 顆粒(かりゅう)球コロニー刺激因子(G-CSF)の心筋への作用





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



  

 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは

1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を

増やして欲しいという要望もあるのですが、私の能力の

なさから1週間に1回が限度となっています。これからも

当たり前の医療をしながら、なおかつ貪欲に新しい知識

を吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思って

おります。不撓不屈の精神で取り組む所存ですので

どうかお許し下さい。



 

1】 「たばこ規制枠組み条約」の目標は未達成



 世界保健機関(WHO)が、保健分野で初の多国間条約である

「たばこ規制枠組み条約」の発効から2月末で5年が経過した

現状をまとめたところ、各国でさまざまな禁煙措置が導入されて

いるにもかかわらず「喫煙者を減らす」目標はほとんど成果を

あげていないことが分かりました。



 WHOは「世界的に喫煙者数が減少しているとは言えない。

途上国では増加傾向にあり、女性の喫煙者は増えている」と

認めています。喫煙は今なお、国・地域ごとの文化・風俗の要因

が強い傾向がうかがわれます。



 WHOはたばこを「法律で禁止されていない唯一の有害物質」

と位置づけ、世界の喫煙人口を13億人とし、年500万人が

喫煙が原因の病気で死亡していると推定しています。喫煙者は

2025年までに17億人に増えるとの推計もあります。



 地域別で比べると、規制強化と喫煙者数の因果関係は必ずしも

はっきりしません。喫煙制限が最も進んでいるヨーロッパでは、

男性喫煙者が減ったものの、女性喫煙者は16%と世界で最も多く、

最も少ない東地中海地域(4・5%)の3倍以上に上ります。



 また、東南アジアはたばこ税率が58・3%でヨーロッパの

50・2%より高いですが、男性喫煙者は43%と最も多くなって

います。逆に、喫煙規制があまり進まず税率も35・4%に

とどまるアフリカは、男性喫煙者が28%と一番少くなっています。



 WHOは条約に、たばこ税の強化、公共の場での喫煙制限などを

盛り込み、各国で多くの取り組みを進めています。



 また、WHOは、新たな規制作りに意欲的で、14日からの

政府間交渉では、たばこの不法貿易に関する規制原案をまとめます。

正規の輸入ルートを通らない安いたばこが若年層への喫煙を

広げているとして、たばこ1箱単位で追跡するシステムを導入する

構想です。11月にウルグアイで行われる第4回たばこ規制枠組み

条約会議での採択を目指しています。



 近縁の人から禁煙を勧めましょう。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



2】 顆粒(かりゅう)球コロニー刺激因子(G-CSF)の心筋への作用



 新型万能細胞(iPS細胞)や胚(はい)性幹細胞(ES細胞)から

作った心筋細胞に、顆粒(かりゅう)球コロニー刺激因子(G-CSF)

という物質を加えると、心筋細胞が非常によく増殖するとの研究結果を、

慶応大の福田恵一(ふくだ・けいいち)教授と下地顕一郎

(しもじ・けんいちろう)助教らが3月5日付の米科学誌

「セル・ステム・セル」電子版に発表しました。



 心筋梗塞(こうそく)など重症心不全の患者に対する心筋細胞を使った

再生医療の実現に向けて一歩前進としています。



 福田教授らは、ES細胞に特定のタンパク質を加えると心筋細胞に

効率よく分化することを解明していましたが、その際によく働いている遺伝子

があることに注目しました。妊娠10日目のマウスの胎児を調べると、

心臓でこの遺伝子がよく働き、G-CSFが多く分泌されていました。



 G-CSFが胎児期の心筋細胞増殖に深く関与していると考え、サルの

ES細胞やヒトのiPS細胞から心筋細胞を作る際にG-CSFを加えると、

従来に比べ数十倍程度、心筋細胞を増やすことができました。



 G-CSFは、骨髄を刺激して白血球を多く作るようにする作用が知られ、

抗がん剤治療で白血球が減少した場合などに使われています。



 福田教授は「薬の開発や病態の解析などに役立てたい。最終的には

再生医療に応用したい」と話しています。



 文化が変われば、分化の再生医療は進み、イルカ漁は

やり玉にあげられる。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



編集後記



 先日、俳優の藤田まことさんが解離性大動脈瘤で

お亡くなりになりました。藤田さんは、食道がんと

COPD(慢性閉塞性呼吸器疾患)も患っておられ

ました。若い頃はヘビースモーカーだったようで、

この3つの病気は喫煙が原因だったのではないかと

言われています。先日厚生労働省が公共の機関や

飲食店での全面禁煙を打ち出しました。またたばこ税

も一本5円程度値上げされることが決まっています。

こうした措置は、世界的にみて禁煙が進んでいない

というWHOの焦りからきているようにも見えます。

いかんせんたばこが健康に良くないのは周知の事実

です。内服の禁煙薬や、ニコチンパッチを使って

禁煙の輪を広げましょう。アカデミー賞でイルカ漁

を題材にした映画が受賞されました。文化がちがう

からイルカ漁は正当な行為と日本人は考えている

ようですが、イルカやクジラなどの大型ほ乳類と

マグロなどの大型回遊魚類には、食物連鎖により水銀

がたくさん含まれています。毎日汗を流す肉体労働の

方以外は、食べるとデトックス(解毒)療法が必要に

なるでしょう。



 イルカなんか食品としてイルカ。笑



************************



このメールマガジンは以下の配信システムを利用して

発行しています。

  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。

「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.htm

(イジニイワト)



発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 

藤田 亨

職業    医師の箸くれ(はしくれ)

運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/

ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。

sara2162@atlas.plala.or.jp

このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること

を禁じます。

ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最新号より100号前のメルマガ

2012-02-08 00:00:00

カテゴリー:ブログ

診療マル秘裏話 Vol.328 平成21年3月18日作成



作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

目次



  

1)  気管支喘息とアレルギー性鼻炎の関係

2) 糖尿病の原因たんぱく質





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



  

 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは

1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を

増やして欲しいという要望もあるのですが、私の能力の

なさから1週間に1回が限度となっています。これからも

当たり前の医療をしながら、なおかつ貪欲に新しい知識

を吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思って

おります。不撓不屈の精神で取り組む所存ですので

どうかお許し下さい。



 

1】 気管支喘息とアレルギー性鼻炎の関係



 気管支ぜんそくの患者の67%はアレルギー性鼻炎も

発症していることが、専門医のグループによる大規模

調査で分かりました。鼻炎はぜんそくの発症リスクを

高めることが知られていますが、ぜんそくと鼻炎の強い

関連性が改めて示されました。



 アレルギー性鼻炎はダニや花粉などによる鼻粘膜の

アレルギー反応で、くしゃみや鼻水などを起こします。

調査対象は主治医に気管支ぜんそくと診断され、薬を

処方されている全国の15歳以上の患者さんです。

ぜんそくや鼻炎についての質問票を記載してもらい、

主治医が鼻炎を診断しました。



 協力を得られた2万6680人のうち、アレルギー性

鼻炎と診断された患者さんは1万7945人で約67%

(男性65%、女性69%)を占めました。



 海外の調査では、アレルギー性鼻炎の患者さんは、鼻炎の

ない人に比べてぜんそくを発症するリスクが3倍高いと

言われています。また、アレルギー性鼻炎のあるぜんそく

患者さんは救急受診したり入院する割合が約2倍高い

というデータもあります。調査にあたった大田健・

帝京大教授(呼吸器・アレルギー内科)によると、鼻粘膜

と気管支粘膜は気道でつながっており、鼻粘膜の炎症が

気管支の炎症を悪化させると考えられるということです。

大田教授は「調査では鼻炎の患者はぜんそく症状をうまく

コントロールできない傾向がみられた。鼻炎を治療すれば

ぜんそくの症状もよくなる可能性を示している」と

話しています。



 アレルギー性鼻炎のお陰で喘息の治療が全速力となった。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



2】 糖尿病の原因たんぱく質



 肥満や高脂血症になると、血糖値を下げるインスリンを

分泌する膵臓(すいぞう)のβ細胞に普段あまりないたんぱく

質がたまり、β細胞が死んで糖尿病になることを、

神戸大保健学研究科の木戸良明准教授らがマウスの実験で

確認しました。メタボリック(内臓脂肪)症候群に関連した

糖尿病の発症メカニズムの重要部分を明らかにした研究成果

です。このたんぱく質を抑える物質や薬は見つかっており、

予防・治療薬に結びつく可能性があります。米医学誌に

発表されました。



 このたんぱく質は「C/EBPβ」と呼ばれ、肝臓での

糖の分解や脂肪細胞の増殖を助けています。木戸さんらは

マウスに脂肪の多い餌を与え、肥満状態にしました。

すると糖尿病でない状態でも、このたんぱく質がβ細胞で

増え始めました。



 マウスの遺伝子を改変してβ細胞でこのたんぱく質が

活発に働くようにすると、糖尿病を発症しました。一方、

糖尿病のマウスの遺伝子を改変してこのたんぱく質を

働かなくすると、β細胞が増えて血糖値が改善しました。



 木戸さんは「糖尿病用の血糖値降下剤やホルモンの一種、

漢方薬の成分が、C/EBPβの働きを抑えると報告されて

いる。これらをモデルに薬を作れそうだ」と話しています。



 遺伝子の改変が、糖尿病の壊変につながった。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



編集後記



 気管支喘息とアレルギー性鼻炎の関係は、昔から

One way One Diseaseと言われ、その相関の程度は

知られていました。喘息のコントロールをよくする

ために鼻炎の治療をするということが臨床応用される

ことになれば、喘息患者さんにとっては大きな福音

となるでしょう。早く「C/EBPβ」の働きを

打ち消す薬を作ってほしいものです。



血糖値を下げてC/EBPβと決闘する。笑



************************



このメールマガジンは以下の配信システムを利用して

発行しています。

  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。

「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.htm

(イジニイワト)



発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 

藤田 亨

職業    医師の箸くれ(はしくれ)

運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/

ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。

sara2162@atlas.plala.or.jp

このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること

を禁じます。

ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最新号より100号前のメルマガ

2012-02-02 00:00:00

カテゴリー:ブログ

診療マル秘裏話 Vol.327 平成21年3月11日作成



作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

目次



  

1)  がん細胞の生存を助けているたんぱく質

2) 新しい遺伝子の運び屋





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



  

 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは

1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を

増やして欲しいという要望もあるのですが、私の能力の

なさから1週間に1回が限度となっています。これからも

当たり前の医療をしながら、なおかつ貪欲に新しい知識

を吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思って

おります。不撓不屈の精神で取り組む所存ですので

どうかお許し下さい。



 

1】 がん細胞の生存を助けているたんぱく質



 肝細胞がんや脳腫瘍(しゅよう)で過剰に作られる

特定のたんぱく質が、がん細胞を傷つける酸化ストレス

を軽減させ、薬剤への耐性を高めるなど、がん細胞の生存

を助けている可能性が高いことを、東京都臨床医学総合

研究所、東北大などの研究チームが突き止めました。

2月21日の英科学誌「ネイチャー・セル・バイオロジー」

(電子版)に発表しました。このたんぱく質の蓄積を

抑えることで新たな抗がん剤開発につながる可能性がある

ということです。



 チームが注目したのは「p62」と呼ばれるたんぱく質

です。肝細胞がん、脳腫瘍などの細胞で多量に蓄積すること

が確認されていました。チームは、マウスの肝細胞がんなど

の細胞を使い、p62の機能を分析しました。酸化ストレス

を軽減させる別のたんぱく質を分解する細胞内のセンサー

部分にp62が結びつき、分解を阻害していることを見つけ

ました。



 p62の働きの結果、がん細胞で酸化ストレスを減らす

たんぱく質が作られ、抗がん剤などを細胞外に運び出す

遺伝子の働きが高まるなど、がん細胞の生存を助けている

可能性が高まりました。チームの小松雅明・都臨床研

副参事研究員は「p62の働きを阻害することによって、

がん細胞の増殖や薬剤耐性を抑制する抗がん剤を開発

できる可能性がある」と話しています。



 がん細胞の酸化ストレスを増やす研究に参加する。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



2】 新しい遺伝子の運び屋



 遺伝子の”運び屋”として、炭素の原子がサッカーボール

のようにつながった分子「フラーレン」を使い、マウスの

体内に遺伝子を導入することに成功したと、東京大の

野入英世(のいり・えいせい)准教授(腎臓病学)と

中村栄一(なかむら・えいいち)教授(有機化学)ら

が2月22日付の米科学アカデミー紀要電子版に

発表しました。



 この方法でインスリンを作る遺伝子を入れ、血液中の

インスリン濃度が上昇することも確認しました。

研究チームは「毒性が低く、安価に大量合成が可能」とし、

将来は遺伝子治療に応用できるのではないかと話しています。



 ”運び屋”には、ウイルスや脂質などを使う方法が

ありますが、ウイルスは安全性に、脂質は効率に課題が

ありました。



 研究チームは、通常のフラーレンに四つのアミノ基を

取り付け、水に溶けやすく、DNAと結合する「水溶性

フラーレン(TPFE)」を合成しました。



 緑色に光るタンパク質を作る遺伝子をTPFEに

結合させてマウスに静脈注射すると、肺や肝臓、膵臓

(すいぞう)に遺伝子が導入されて働き、光るタンパク質

ができました。肝臓と膵臓では、脂質を使った導入方法

より遺伝子が多く運ばれていました。インスリンを作る

遺伝子を結合させて投与すると、血液中のインスリン

濃度が上昇し、血糖値が下がりました。



 細胞内に取り込まれた後、TPFEは運んだ遺伝子との

結合状態をほどくと推測されています。実用化に向けては、

安全性確認などの課題があるということです。



 車と遺伝子治療の違いは、電子制御と遺伝子導入の副作用

というべきでしょうが、課題の共通点は安全性確認です。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



編集後記



 がん細胞の生育を助けるタンパク質が存在した

とは驚きです。早くこのp62遺伝子の働きを

阻害する薬が臨床に役立てて欲しいと願うばかり

です。遺伝子の運びやには、ウイルスと脂質の

他に人工染色体というものがあります。TPFEと

人工染色体の比較を是非していただきたいもの

です。人工染色体については以前のメルマガに

載せました。



 花台の上に乗せる物を考えるのが課題だ。笑



************************



このメールマガジンは以下の配信システムを利用して

発行しています。

  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。

「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.htm

(イジニイワト)



発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 

藤田 亨

職業    医師の箸くれ(はしくれ)

運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/

ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。

sara2162@atlas.plala.or.jp

このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること

を禁じます。

ただしお友達への転送はご自由はご自由です。



このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最新号より100号前のメルマガ

2012-01-26 00:00:00

カテゴリー:ブログ

診療マル秘裏話 Vol.326 平成21年3月4日作成



作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

目次



  

1)  左巻きDNAの検出法

2) わさびの辛みの成分が人の老化や疾病を防ぐ





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



  

 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは

1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を

増やして欲しいという要望もあるのですが、私の能力の

なさから1週間に1回が限度となっています。これからも

当たり前の医療をしながら、なおかつ貪欲に新しい知識

を吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思って

おります。不撓不屈の精神で取り組む所存ですので

どうかお許し下さい。



 

1】 左巻きDNAの検出法



 富山大学院の井上将彦・医学薬学研究部教授らの

グループは2月16日、仕組みが解明されていない

左巻きのDNA(デオキシリボ核酸)を世界で

初めて区別して検出することに成功したと発表

しました。同日付の欧州共同化学誌電子版に

掲載されました。



 生物のDNAの大半である右巻きは、研究が進み、

科学や医療などに役立てられているが、左巻きは

極めて少ないそうです。単独で検出できるように

なれば、DNAの研究、応用がさらに進む可能性

があります。



 DNAはアデニン(A)、チミン(T)、

グアニン(G)、シトシン(C)の4種類の

塩基物質が2本の鎖状に連なり、らせん構造を形成

しています。DNAには異なる遺伝情報が

組み込まれており、個体の識別や病気の解明、

治療に役立てられています。



 同グループは左巻きにだけ反応する色素を

組み込んだ試薬を開発しました。この試薬を

DNAにつけて測定装置に入れることで、左巻き

を検出します。同グループの藤本和久助教は

「この方法を使えば左巻きのDNAの研究が

一層進み、医療に役立つ可能性もある」と話して

います。



 四役を同時にこなす試薬。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



2】 わさびの辛みの成分が人の老化や疾病を防ぐ



 わさびの辛みの成分が人の老化や疾病を防ぐ

一定の効果があることを解明したとして、中部大

(愛知県)の三輪錠司(みわ・じょうじ)教授

(応用生物学)の研究チームが2月17日、

米科学誌プロスワン電子版に発表しました。



 三輪教授は、辛み成分「アリルイソチオシアネート

(AITC)」には老化や疾病などを引き起こす

「酸化ストレス」を防ぐ体内酵素を活性化させる効果が

あると分析しています。



 研究チームの実験で、土壌に生息する体長約1ミリの

線虫に酸化ストレスを加えると、6時間後、AITCを

与えた線虫は6割弱の生存率だったのに対し、

与えなかった線虫は2割弱の生存率だった

ということです。



 三輪教授は「古くからわさびは体によいと伝えられて

きたが、科学的に証明できた」と話しています。



 わさびの辛みが絡みつく。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



編集後記



 ありふれた右巻きDNAより、貴重な左巻きDNAに

入っている遺伝情報が何なのか?非常に気になって

います。ワサビの辛みは、大量に食べると鼻にツン

ときていやな感じがしますが、ストレスにはいい

ようです。だだ線虫のみの寿命を延ばすのに有利に

働いた可能性もあります。具体的に人間でどのように

身体にいいのかを指摘して頂きたいものです。



 酸化ストレスの臨床試験に参加する。笑



************************



このメールマガジンは以下の配信システムを利用して

発行しています。

  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。

「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.htm

(イジニイワト)



発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 

藤田 亨

職業    医師の箸くれ(はしくれ)

運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/

ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。

sara2162@atlas.plala.or.jp

このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること

を禁じます。

ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最新号より100号前のメルマガ

2012-01-18 00:00:00

カテゴリー:ブログ

診療マル秘裏話 Vol.325 平成21年2月25日作成



作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

目次  

1) 「糖尿病腎症」のなりやすさに関与する遺伝子

2) 老化が急速に進む早老症の発症メカニズム



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

  

 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは

1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を

増やして欲しいという要望もあるのですが、私の能力の

なさから1週間に1回が限度となっています。これからも

当たり前の医療をしながら、なおかつ貪欲に新しい知識

を吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思って

おります。不撓不屈の精神で取り組む所存ですので

どうかお許し下さい。



1】 「糖尿病腎症」のなりやすさに関与する遺伝子



 肥満や生活習慣が引き金になる2型糖尿病の代表的な合併症

「糖尿病腎症」のなりやすさに関与する遺伝子を、

理化学研究所の前田士郎(まえだ・しろう)チームリーダー

(内科学)らが突き止め、米専門誌に2月12日付で発表

しました。



 遺伝子のタイプによっては、発症リスクが1・6倍

高くなるということです。



 糖尿病腎症は国内で人工透析を始める原因のトップで、

糖尿病患者の3~4割が発症するといわれています。

チームは「糖尿病腎症の予防、治療研究へのインパクト

は大きい」と話しています。



 遺伝子は脂肪の代謝にかかわる酵素をつくる「ACACB」

です。



 チームは約1300人の2型糖尿病患者さんの血液を使って

「SNP」と呼ばれる塩基配列のわずかな個人差を解析

しました。その結果、ACACB遺伝子に特定の配列がある

患者さんは、糖尿病腎症を発症しやすいことが分かりました。

この配列を持つのは日本人の15%程度ということです。



 また培養細胞を用いた実験で、この配列があると

ACACBの働きが高まることも判明しました。

「この遺伝子の活性を抑える薬剤は、糖尿病腎症の新たな

予防薬や治療薬として利用できるかもしれない」と

前田チームリーダーは話しています。



 特定のDNA配列を排列して治療する。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



2】 老化が急速に進む早老症の発症メカニズム



 若くして老化が急速に進む早老症は、特有のタンパク質に

異常が生じ、細胞内で絡まったDNAがうまくほどけなく

なって起きることを奈良先端科学技術大学院大(奈良県生駒市)

のチームが突き止め、2月10日付の米科学誌に発表しました。



 北野健(きたの・けん)助教は「早老症の治療だけでなく、

人類の永遠のテーマの老化防止や、老化に伴って増えるがんの

研究にも役立てたい」と話しています。



 北野助教らは、10代半ばから2倍の速度で全身の老化が進み、

ウェルナーヘリカーゼというタンパク質の異常で起きる早老症

「ウェルナー症候群」に注目しました。大型放射光施設

「スプリング8」(兵庫県)を使って、健康な人の

このタンパク質の形を解析しました。



 すると、ナイフのような立体構造を持つことが判明しました。

DNAや、細胞の寿命を調節しているDNAの「テロメア」と

呼ばれる領域が入り組んだ形状になっても、ナイフが入り込んで

「リンゴの皮をむくように」(北野助教)、ほどく働きがある

ことが分かりました。



 患者さんのDNAではほどけないため、テロメアがどんどん

短くなるなどして老化が急速に進むと推測されました。

ウェルナーヘリカーゼの働きを抑えると、がんの増殖が

抑えられるとの報告もあるということです。



 がんと早老症の研究が、がんがん進む。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

編集後記



 糖尿病性腎症を発症しなくすることが、医療費の

削減につながることは充分考えられます。透析の

導入は、医療費がかかるだけでなく、患者さんの

身体にも重い負担になります。医療費の削減よりも

患者さんの身体のことを考えて研究を進めていただき

たいものです。がんと早老症の研究がウェルナー

ヘリカーゼという酵素でつながっていたとは驚き

です。患者さんの利益になるよう、研究を素早く

進めて頂きたいと考えています。

 研究という廊下を駆け上がって老化が抑えられると

素晴らしい。笑

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して

発行しています。

  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。

「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.htm

(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 

藤田 亨

職業    医師の箸くれ(はしくれ)

運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/

ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。

sara2162@atlas.plala.or.jp

このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること

を禁じます。

ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最新号より100号前のメルマガ

2012-01-12 00:00:00

カテゴリー:ブログ

診療マル秘裏話 Vol.324 平成21年2月18日作成



作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

目次



  

1)  遺伝子型にあった正常値の必要性

2) 腎臓病の悪化のメカニズム





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



  

 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは

1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を

増やして欲しいという要望もあるのですが、私の能力の

なさから1週間に1回が限度となっています。これからも

当たり前の医療をしながら、なおかつ貪欲に新しい知識

を吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思って

おります。不撓不屈の精神で取り組む所存ですので

どうかお許し下さい。



 

1】 遺伝子型にあった正常値の必要性



 理化学研究所と東京大の研究チームが約1万5000人分

の遺伝子データをコンピューター解析したところ、血液検査

の結果に影響を及ぼす遺伝子が46種類も見つかりました。



 肝機能を示すγGTPやGOT、腎機能をみるBUNなど

7項目は、遺伝子の型によって数値が高くても健康だったり、

低くても病気の兆候があるなど、数値と健康状態の間に

個人差が大きく、「正常値」の基準を見直す必要があること

も判明しました。2月8日付の科学誌ネイチャー・

ジェネティクス電子版に発表しました。



 全国66か所の医療機関の協力で集めた約20万人分の

DNAや血液のうち1万4700人分について、遺伝子の

個人差と、血液検査20項目のデータ、実際の体の状態

との関連性を計算しました。



 その結果、心筋梗塞(こうそく)などの兆候を調べる

CKという検査項目の場合、正常値の上限は195(女性)

ですが、無関係と考えられていた免疫系の遺伝子の型によって、

191でも高すぎる人や、204でも正常といえる人がいる

ことが判明しました。こうした項目が7種類見つかり、

正確な診断に役立てるには、一人ひとりの遺伝子型に合った

正常値の設定が必要なことがわかりました。



 正常値は、遺伝子の性状できまる。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



2】 腎臓病の悪化のメカニズム



 腎臓で出ている特有のタンパク質が腎臓病を悪化させる

仕組みを、京都大の柳田素子(やなぎた・もとこ)講師

(腎臓病学)らの研究グループがマウス実験で突き止め、

米医学誌(電子版)に2月9日、発表しました。



 柳田講師は「このタンパク質の作用を抑える薬を開発

すれば、糖尿病性の腎症など、慢性腎臓病の治療に役立つ

可能性がある」と話しています。



 腎臓は主に、毛細血管が集まった糸球体と、尿細管から

なり、これらが障害を受けると機能が低下します。



 グループは、腎臓を保護、修復する体内の「BMP7」

という物質に結合して、その働きを抑制するタンパク質

「USAG-1」に注目しました。糸球体障害が進行し

腎不全になる先天性疾患のアルポート症候群のマウスでも、

このタンパク質ができないようにしたマウスを交配し

遺伝子改変マウスを作製すると、腎不全にならず、

生存率も高くなっていました。



 USAG-1は尿細管から出ており、BMP7を抑制する

結果、糸球体の障害を悪化させる分解酵素の働きが活発化

することも明らかにされました。



 腎臓は、血液をろ過して老廃物を排出します。腎臓病が

進行すると腎不全となり、人工透析や腎移植が必要になります。



 糸球体障害は、至急の措置が必要だ。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



編集後記



 遺伝子によって、検査値の読み方が違うのは、非常に

やっかいなことです。現在では、遺伝子の検査はまだ

コストが高く、血液検査をする人にすべて遺伝子検査

を義務づけることはできません。遺伝子検査のコスト

をうんと下げることによって、血液検査の精度を上げる

ようになることが望ましいと考えられます。腎臓病は

いままで透析しか、対処法はありませんでした。

しかし、専門医によると透析こそ腎臓病学の発展を

妨げる主たる要因であったそうです。しかし透析を

しなければ、すでに腎臓病にかかっている人は死んで

しまいます。早くこのジレンマを解決する方法が

でないかと気をもんでいましたが、今回の発見により

透析導入をしなくても生きられる道の可能性が示唆

されました。すでに腎不全で透析している人には

恩恵はないでしょうが、将来的に透析が必要な人が

少なくなれば、非常に喜ばしいことと思います。



 仁術は、腎術かも。笑



************************



このメールマガジンは以下の配信システムを利用して

発行しています。

  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。

「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.htm

(イジニイワト)



発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 

藤田 亨

職業    医師の箸くれ(はしくれ)

運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/

ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。

sara2162@atlas.plala.or.jp

このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること

を禁じます。

ただしお友達への転送はご自由はご自由です。



このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント