最近の号外Vol.428メルマガ

  1. Home
  2. 最近の号外Vol.428メルマガ

2016-10-28 01:35:54

カテゴリー:ブログ

エベレスト

藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。



美白·美肌ブログランキングへ

 

 

 

診療マル秘裏話  号外Vol.428 平成27年12月27日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 
目次

1)糖尿病の動脈硬化が、経口糖尿病治療薬で抑制
2)米国の医師の半数以上が燃え尽き症候群と推定

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

 

1】 糖尿病の動脈硬化が、経口糖尿病治療薬で抑制

 

 

 

 

 
順天堂大学は12月2日、2型糖
尿病患者の動脈硬化が、経口糖
尿病治療薬で抑制されることを
発見したと発表しました。これ
は、同大学大学院医学研究科・
代謝内分泌内科学の三田智也准
教授、綿田裕孝教授らの研究グ
ループによるものです。 大阪
大学などとの共同研究で行われ、
研究成果は同日にアメリカ糖尿
病学会雑誌「Diabetes Care」
オンライン版にて、公開されま
した。
糖尿病治療では、心筋梗塞や
脳梗塞などの心血管系の病気で
ある心血管イベントの発症を
回避することは重要な課題とな
ります。
研究の背景として、経口糖尿
病治療薬である「DPP-4阻害薬」
は、インクレチン濃度を上昇さ
せることで、膵β細胞からイン
スリン分泌を促進させる、ある
いは、膵α細胞からのグルカゴ
ン分泌を抑制し、血糖値を低下
させる新しいタイプの薬剤(イ
ンクレチン関連薬)で、日本で
は2009年に上市されました。
一方で、インクレチンホルモ
ンは、血管を動脈硬化から保護
する作用があることが、これま
での動物や細胞の実験で報告さ
れています。しかし、実際の2
型糖尿病患者さんにおいては、
DPP-4 阻害薬が血糖値の低下だ
けでなく、動脈硬化の進展につ
いてどのような効果をもたらす
のか、分かっていなかったそう
です。
同研究グループは、2型糖尿
病患者さんを対象に、DPP-4 阻
害薬(アログリプチン安息香酸
塩)を用いた治療法が動脈硬化
に及ぼす影響を評価しました。
比較試験では、DPP-4 阻害薬を
投与しない通常治療群を対照と
し、動脈硬化の指標として、頸
動脈の超音波検査により簡単に
測定できる頸動脈内膜中膜複合
体肥厚度(IMT )を用いたとし
ています。
この試験は、日本全国の糖尿
病専門医が診療する11施設で行
われ、341 名の心血管イベント
の既往のない2型糖尿病患者さ
んが参加しました。そのうち、
DPP-4 阻害薬のアログリプチン
投与群172 名および通常治療群
169名に割り付けました。2年間
の治療後、通常治療群と比較し
た結果、アログリプチン投与群
では、頚動脈のIMT の進展を
有意に抑制していることを発見
しました。つまり、DPP-4 阻害
薬を投与すると動脈硬化が抑制
されることが判明したそうです。
同研究グループは、今回の
結果から、経口糖尿病治療薬で
あるDPP-4 阻害薬を投与し、動
脈硬化の進展を抑制することで、
将来の心血管イベントの発症を
予防できると考えられるとして
います。

DPP-4阻害薬について解説して

いる動画です。



 

 

 

動脈硬化の指数が、降下する。


 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 
2】 米国の医師の半数以上が燃え尽き症候群と推定

 

 

 

 

 
米国の医師の半数以上が過労
やストレスから仕事への意欲を
失う「燃え尽き症候群」とみら
れるとの研究結果を、米メイヨ
ークリニック(ミネソタ州)の
チームが、3日までに発表しま
した。
チームは、「離職する医師の
増加、保健医療の質の低下につ
ながりかねない」と警告してい
ます。対処方法として、医師の
仕事における裁量を大きくする
ことや、事務的な仕事の軽減等
を提案しています。
調査は、2014年、全米の約3
万6千人の医師を対象に実施、
19%に当たる6880人から回答を
得ました。

燃え尽き症候群になりにくい方法

を解説している動画です。



 

 

怪盗団の首領が回頭して逃亡
し、怪盗団は解党した。

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 
編集後記

 

 

 

糖尿病は、血管の病気です。
血管が動脈硬化を起こすことで
合併症を起こしている訳です。
インクレチンが作動すれば血糖
値は、コントロールされ血管の
障害も少なくなり、動脈硬化の
抑制につながるのは、自明の理
と言えましょう。ただ、それを
実証することができていなかっ
ただけということでしょう。
医師の燃え尽き症候群は今に
はじまったことでは、ありませ
ん。 病気やけがを治すために、
あらゆる手段を考え、利用でき
るものは、全て利用するという
スタンスで治療をする限り裁量
を大きくしても、事務量を少な
くしても、この問題は解決しな
いと私は、考えています。治療
というのは、そんなに生易しい
ものではないと実感しているか
らです。

怪傑ゾロが問題を解決する。


 

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメント

コメントがありません。お気軽にどうぞ。