最新号より350号前のメルマガ

  1. Home
  2. 最新号より350号前のメルマガ

2014-04-29 22:19:19

カテゴリー:ブログ

エベレスト

藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。



美白・美肌 ブログランキングへ

 

診療マル秘裏話 Vol.192 平成19年8月2日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 
目次
1)  メタボリック症候群で心臓病のリスク高まる。
2) 染色体がX字型になるためタンパク質

 

 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を
増やして欲しいという要望もあるのですが、私の能力の
なさから1週間に1回が限度となっています。これからも
当たり前の医療をしながら、なおかつ貪欲に新しい知識
を吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思って
おります。不撓不屈の精神で取り組む所存ですので
どうかお許し下さい。

1】 メタボリック症候群で心臓病のリスク高まる。

メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)
の人はそうでない人に比べて、心筋梗塞
(こうそく)など心臓血管系の病気になる
危険性が男性で約2.5倍、女性で約1.8倍に
なるとの研究結果を、島袋充生
(しまぶくろ・みちお)・琉球大医学部
講師(循環器病学)らのチームがまとめま
した。

沖縄県の約7000人を対象にした疫学調査
で、島袋講師は「同症候群と心臓血管の
病気との関連が裏付けられた」としていま
す。

島袋講師らは、2003年5月から04年3月
までの間に、沖縄県豊見城市の病院で人間
ドックを受けた30歳以上の男女から、腹部
の肥満に加え血圧、血糖値、中性脂肪の
うち2つ以上が高く同症候群の基準を満たす
男性1069人、女性153人を選びました。

この人たちに今年2月以降、聞き取りや
アンケーを実施しました。心筋梗塞や
大動脈瘤(りゅう)などを発症した確率
(累積発症率)を調べたところ、男性では
約28%で、同症候群でなかった男性に
比べ約2.5倍危険でした。

女性では発症率は約9%で、危険性は同
症候群でない人の約1.8倍でした。

島袋講師は「油を使った料理が多く、食
の欧米化も進む沖縄の人は全国平均よりも
脂肪の摂取量が多いが、食生活の変化で
日本人全体が今後同じようなことになる
だろう。内臓脂肪を増やさないよう動物性
脂肪の取りすぎには注意してほしい」と話
しています。

沖縄の人は、以前は野菜を食べて循環器
病を引き起こす可能性が少ないと言われて
きたのです。しかし、最近では肥満の人が
増え、循環器病を引き起こす割合も高くな
ったということでしょう。肥満があるから、
動脈硬化が必ずあると言うわけではありま
せん。しかし動脈の内壁にコレステロール
を含む脂質が沈着している確率が高いと
いうことでしょう。内臓肥満に関しては、
運動で改善することが分かっています。食
生活だけでなく、運動療法も考えて行かな
ければなりません。

メタボリック症候群に関して、分かりやすく

解説した動画です。

www.youtube.com/watch?v=2i82ZfTxw_E

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 








































運道を貫くことが、運動になるとは、限りません。笑

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

2】 染色体がX字型になるためタンパク質

細胞分裂の際に染色体がX字形になる鍵
となるタンパク質を見つけたと、松永幸大
(まつなが・さちひろ)大阪大講師らが米
科学誌カレントバイオロジー(電子版)に
7月27日、発表しました。

このタンパク質がないとX字形の染色体
が形作られませんでした。がんの診断や
治療薬開発につながるのではないかという
ことです。

染色体は細胞が分裂する際に現れ、1対
の染色分体が動原体という部分で結合して
X字形になり、細胞の中央に並びます。
その後、X字形が2本に分かれて細胞の
両端に移動し、2つの娘細胞に分配され
ます。

松永講師らは、染色体にあるタンパク質
の機能を調べ、染色体形成にかかわるタン
パク質を特定、「ASURA(阿修羅
(あしゅら))」と名付けました。

ヒトの細胞の実験で、ASURAがない
細胞では、染色体がX字形を形成せず細胞
は正常に分裂しませんでした。ASURA
の量が少ないと、細胞分裂に時間がかかっ
たり、娘細胞の染色体数が異常になったり
しました。

松永講師は「染色体異常は、がんにつな
がる可能性がある。がん発生の仕組み解明
にも取り組みたい」と話しています。

染色体の濃縮に関する動画です。

 

www.youtube.com/watch?v=ZzMfbFYJwv0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 









































医娘細胞は、異常細胞ではありません。
笑 阿修羅は、蛾の怪獣モスラではあり
ません。笑

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

編集後記

メタボリック症候群は、ある日気がつく
とそのようになっているという人が
ほとんどで、病識(自分が病気であると
自覚すること)がない人が多いのです。
健康診断などで、できるだけ早く病気を見
つけて食餌療法や運動療法を行うことが、
死の4重奏を避ける唯一の方法でしょう。
薬だけでコントロールするのは難しく、薬
を止めるとすぐに元通りになってしまい
ます。染色体異常のメカニズムの解明を
急ぐことは、がんの治療に結びつく可能性
があります。是非とも完全解明をお願いし
たいものです。

解明は、戒名ではありません。笑
************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
ただしお友達への転送はご自由です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメント

コメントがありません。お気軽にどうぞ。