最新号より100号前のメルマガ

  1. Home
  2. 最新号より100号前のメルマガ

2012-03-29 00:00:00

カテゴリー:ブログ

診療マル秘裏話 Vol.335 平成21年5月6日作成



作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

目次



  

1)  皮膚や骨髄中の「多能性幹細胞」

2) がんの転移と脳の成長の療法に関わる酵素





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



  

 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは

1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を

増やして欲しいという要望もあるのですが、私の能力の

なさから1週間に1回が限度となっています。これからも

当たり前の医療をしながら、なおかつ貪欲に新しい知識

を吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思って

おります。不撓不屈の精神で取り組む所存ですので

どうかお許し下さい。





 

1】 皮膚や骨髄中の「多能性幹細胞」



 人間の皮膚や骨髄の中に、さまざまな細胞に分化する能力

を持つ「多能性幹細胞」が存在するとの研究結果を東北大の

出沢真理(でざわ・まり)教授らと京都大のチームが4月

20日付米科学アカデミー紀要(電子版)に発表しました。

この細胞を「Muse(ミューズ)細胞」と名付けました。



 増殖力は高くないが、出沢教授は「そもそも生体内にある

細胞で、遺伝子導入など特別な操作を必要とせず、腫瘍

(しゅよう)化の危険性は低い」と安全面の利点を強調して

います。胚(はい)性幹細胞(ES細胞)や人工多能性幹細胞

(iPS細胞)に取って代わるものではないが、再生医療に

利用できるとの見方を示しました。



 出沢教授らは、体の中に多能性幹細胞が存在し、ストレスを

受けると活性化すると想定しました。人間の皮膚の線維芽細胞

や骨髄の間葉系細胞を酵素で処理しストレスをかけると、

ES細胞に似た細胞の塊ができ、これをMuse細胞としました。

一定の大きさまでは成長しますが増殖はそこで止まりました。



 別の方法で培養すると神経(外胚葉系)、筋肉(中胚葉系)、

肝臓(内胚葉系)というそれぞれ別系統の細胞に分化しました。

多能性を確認したと話しています。



 細胞表面の特定の目印を識別する方法で、骨髄液から直接

Muse細胞を取り出すことができました。培養方法を

組み合わせると増殖も可能でした。



 マウスの実験で皮膚、筋肉、肝臓を傷つけMuse細胞を

投与すると損傷組織に生着し、その組織の細胞に分化しました。



 今後、どんな細胞に分化できるかや、治療につなげる方法の

研究を進めたいと話しています。



 間葉系細胞は、再生医療で最も肝要だ。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



2】 がんの転移と脳の成長の療法に関わる酵素



 がんの転移にかかわる酵素が、脳を成長させたり修復したり

する働きを担っていることを、大阪バイオサイエンス研究所の

榎本和生・研究部長らがショウジョウバエを使った研究で

明らかにしました。4月20日付の米科学誌

ディベロップメンタル・セルに発表しました。



 幼児期の脳は、音や光に反応して神経回路の再編を繰り返し、

複雑なネットワークを作り上げます。



 榎本さんらは、この再編が起こらない突然変異の

ショウジョウバエを発見しました。細胞を取り巻く物質を溶かす

「Mmp」という酵素を作れないことを突き止めました。

この酵素は神経線維が通るべき場所を作り、ネットワークを

完成させていました。



 人間のMmpは、がん細胞が病巣から飛び出して別の場所へ

転移する際に働くとされています。てんかん発作や血流の低下で

脳がダメージを受けた時にもMmpが検出されていましたが、

役割は不明でした。榎本さんは「脳のMmpの異常は精神疾患

などにつながると考えられ、詳しく調べれば診断や予防に役立つ」

と話しています。



 脳の成長には、Mmpは欲しいけど、がんの転移にはノーです。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



編集後記



 再生医療に、ミューズ細胞は、大変有用でしょう。

ただ古くから皮膚や骨髄の間葉系細胞は、再生医療

に用いられており、目新しいことは何もないという

意見もあります。ES細胞との比較で多能性の範囲が

どの程度狭まるかが、今後の研究の焦点になるもの

と考えられます。Mmpのように人体では、機能が

多岐にわたる酵素がたくさん存在する物と考えられて

います。さらなる深い研究が待たれるところです。



 商店で焦点となったのは、笑点を見ていたかと

いうことでした。笑

 

************************



このメールマガジンは以下の配信システムを利用して

発行しています。

  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。

「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.htm

(イジニイワト)



発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 

藤田 亨

職業    医師の箸くれ(はしくれ)

運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/

ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。

sara2162@atlas.plala.or.jp

このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること

を禁じます。

ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメント

コメントがありません。お気軽にどうぞ。