最近の号外Vol.1586メルマガ

  1. Home
  2. 最近の号外Vol.1586メルマガ

2020-07-09 23:53:59

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 

診療マル秘裏話  号外Vol.1586 令和1年9月6日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)ガンの免疫回避に関与する新しいシグナル発見
2)社員の健康を保つため睡眠に着目する企業増加

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

 

 

1】ガンの免疫回避に関与する新しいシグナル発見

 

 

 

 

 

 

 

米スタンフォード大学は7月
31日、ガンの免疫回避に関与す
る新しいシグナルを発見したと
発表しました。この研究は、同
大医学部のAmira Barkal博士課
程大学院生、Irving Weissman
教授らによるものです。 研究
成果は、「Nature」に7月31日
付で掲載されました。免疫細胞
の一員であるマクロファージは、
がん細胞を検出して貪食します。
近年、マクロファージの貪食を
止めるように指示できる細胞表
面蛋白質、いわゆる免疫チェッ
クポイント分子が発見されまし
た。この分子は正常細胞にとっ
て必要である一方で、ガン細胞
が免疫回避に利用することも分
かっています。具体的にはこれ
までに、ガン細胞が免疫系の攻
撃から逃れるために、PD-L1やC
D47、MHCクラス1複合体のβ2ミ
クログロブリンサブユニットな
どの分子を利用することが示さ
れています。PD-L1またはPD-1
を標的とする薬は、既に世界各
国で医薬品として承認されてい
ます。また、CD47をブロックす
る抗体(抗CD47抗体)は、現在
臨床試験段階にあります。

研究グループは今回、抗CD47抗
体が有効でない患者さんに対し、
ブロックが有効な代替シグナル
があるのではないかと考え、新
たな分子の探索を行いました。
研究グループはまず、正常細胞
に比べてガン細胞で発現の高い
蛋白質を探索しました。 その
結果、多くのガン種でCD24が周
辺の正常細胞より多く作られて
いると判明しました。さらに詳
しく調べたところ、ガンの周辺
に存在するマクロファージは、
SIGLEC-10 と呼ばれる受容体を
介してCD24を感知することが分
かりました。そこで、シャーレ
の中で患者さん由来のガン細胞
とマクロファージを共存させ、
CD24とSIGLEC-10 の相互作用を
阻害した所、マクロファージは
ガン細胞を貪食し始めました。
さらに、マウスにヒトの乳ガン
細胞を移植し、CD24シグナルを
ブロックしたところ、マウス体
内のマクロファージがガン細胞
を攻撃するのが確認されました。
特に、治療が非常に困難な卵巣
ガンやトリプルネガティブ乳ガ
ンも、CD24シグナルブロックが
大変効果的だったのは、今回注
目すべき発見で、CD24がこれら
のガンの急所である可能性があ
ると研究グループは考察してい
ます。

もう1 つ注目すべき発見として、
CD24シグナル伝達がCD47シグナ
ル伝達を補う形で機能している
可能性があることが挙げられま
す。血液ガンなどの一部のがん
は、CD47シグナルブロックに感
受性が高い傾向がありますが、
CD24シグナルブロックへの感受
性は低い傾向にあります。一方、
卵巣ガンなどの他のガンでは、
逆にCD24ブロックの感受性が高
く、CD47ブロックの感受性が低
い傾向があります。つまり、CD
47またはCD24のどちらかをブロ
ックすることで、ほとんどのガ
ンに対して免疫による攻撃を受
けやすくすることができ、さら
に複数の免疫回避分子をブロッ
クすることでガン細胞をより脆
弱にできる可能性が高まるとい
うことです。研究グループは、
「おそらく、大小さまざまな免
疫回避シグナルがある中で、CD
24は大きなシグナルの1つだろ
う。CD24シグナル伝達をブロッ
クする治療法が、抗CD47治療法
と同じように、まずは、前臨床
試験で安全性が確認され、次に
ヒトを対象に臨床試験が行われ
ることを期待している」と、述
べています。

ガン細胞の免疫抑制について

解説している動画です。

 

 



 

 

偉人を対象に大賞が授与され
る。           笑

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

2】 社員の健康を保つため睡眠に着目する企業増加

 

 

 

 

 

 

 

社員の健康を保つため「睡眠」
に着目する企業が増えています。
社員の睡眠習慣改善や休憩中の
昼寝の推奨に取り組む例が相次
ぐ他、ITを活用して快適な眠
りに導く「スリープテック」市
場に商機を見いだそうとする企
業も多いようです。寝苦しい夜
が続く中、快眠への関心は熱を
帯びています。
ロート製薬は7月から、社員
40人を対象に睡眠習慣を3カ月
で改善させる取り組みを試行し
ています。マットレスの下にシ
ート状の専用デバイスを敷き、
寝付くまでの時間や深い眠りの
時間を計測しました。睡眠の質
を点数化し、課題や助言をスマ
ートフォンで通知します。
同社が昨年10月に行った調査
では、社員の半数以上が睡眠に
何らかの不満を抱え、6割が日
中に強い眠気を感じると回答し
ました。「生産性向上や安全管
理の面で睡眠は重要だ」として、
社員に改善を促すことを決めま
した。
睡眠重視の企業が増えたのは、
寝不足が心身に悪影響を及ぼす
「睡眠負債」が取り沙汰された
2017年前後です。ダイドードリ
ンコ(大阪市)は同年11月から、
昼休みにコーヒーを飲み、15分
程度昼寝をするよう勧めていま
す。覚醒効果が15~20分後に表
れるカフェインの特性に注目し、
すっきりと目覚めて仕事を再開
できるということです。
睡眠関連の事業に注力する企
業も増えています。パナソニッ
クは、人工知能(AI)を活用
し、睡眠のリズムに合わせて温
度や光を自動調整するエアコン
や照明を「睡眠家電」として展
開します。昨年3月には寝具大
手西川(東京)と連携し、快適
な睡眠環境を実現するサービス
を検討中です。

睡眠家電の紹介動画です。

 

 



 

 

町政を自動調整する。笑

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

米スタンフォード大学が7月
31日、がんの免疫回避に関与す
る新しいシグナルを発見したと
発表したのは偉大な業績です。
がんの免疫回避の気候について
世界中の学者がしのぎを削って
研究を進めています。そのうち
の一つ骨髄由来免疫抑制細胞と
いう細胞があり、この細胞は、
幼若な細胞であり、成熟すると
マクロファージと成熟した樹状
細胞に分化します。この細胞が
がん細胞の盾となって免疫細胞
ががん細胞に近づきにくくして
います。ただし、この細胞から
分化したマクロファージと樹状
細胞は、がん細胞の盾となる事
はなく、むしろがん細胞に襲い
かかる作用があります。 この
骨髄由来免疫抑制細胞の分化を
誘導するのが、ビタミンA とビ
タミンD3です。
社員の健康を保つため「睡眠」
に着目する企業が増えているの
は喜ばしい事です。具体的には
社員の睡眠習慣改善や休憩中の
昼寝の推奨に取り組む例が相次
ぐ他、ITを活用して快適な眠
りに導く「スリープテック」市
場に商機を見いだそうとする企
業も多いようです。睡眠は効率
のよい休息と言われています。
お金をかけずできることは睡眠
習慣の改善です。ITを活用し
て快適な眠りに導く「スリープ
テック」などは、多少なりとも
導入にお金がかかります。その
点生活習慣は、お金はかかりま
せんが、その分、どの生活習慣
を見直したら良いのかの見極め
をご自身でされなければなりま
せん。会社の都合で生活習慣の
見直しができないこともありま
す。これらのデメリットを承知
の上、お金のかからない、生活
習慣の改善から取り組んで頂き
たいと思います。

週刊誌で生活習慣改善の特集
を組む。         笑

 

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメント

コメントがありません。お気軽にどうぞ。