最近の号外Vol.1461メルマガ

  1. Home
  2. 最近の号外Vol.1461メルマガ

2020-02-15 00:37:21

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 

診療マル秘裏話  号外Vol.1461 平成31年4月13日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)脊髄損傷急性期患者にHGF 投与で運動機能回復
2)貧血の細やかな診断と状態把握で鉄剤投与決定

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

 

1】 脊髄損傷急性期患者にHGF 投与で運動機能回復

 

 

 

 

 

 

慶応大学などのチームは脊髄
を損傷して間もない患者に神経
の再生を促す薬を投与して運動
機能を改善させたとする、研究
結果をまとめ、3月21日に神戸
市で開かれた日本再生医療学会
で報告しました。iPS細胞(
人工多能性幹細胞)と組み合わ
せ、脊髄損傷の治療法を確立さ
せたい考えです。

この薬は、「HGF」(肝細
胞増殖因子)という蛋白質の製
剤です。HGFは炎症を抑え、
神経細胞を保護、再生する働き
があります。

慶大の中村雅也教授(整形外
科)らは2014~18年、国内企業
などと共同で、首の脊髄を損傷
して72時間以内の急性期の重症
患者さん26人に、製剤を投与す
る臨床試験(治験)を実施しま
した。

その結果、約半数の運動機能
が改善しました。運動機能が、
完全にまひした患者さんの筋力
が一部回復した例もありました。
ただ、改善したのは下半身のみ
でした。チームは治験の結果を
踏まえ、早期の実用化を目指し
ています。

今回は急性期が対象ですが中
村教授らは亜急性期(損傷後2
~4週間)の患者を対象に、i
PS細胞から作った神経の元と
なる細胞を移植して、治療する
臨床研究も始めています。中村
教授は「製剤に細胞治療、リハ
ビリを融合すれば、もっと回復
する可能性がある」と話してい
ます。

脊髄損傷になるとどうなるのか

という漫画動画です。

 

 

 



 

 

政財界の大物が製剤を希望す
る。笑

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

2】 貧血の細やかな診断と状態把握で鉄剤投与決定

 

 

 

 

 

 

 

血液中の赤血球に含まれる酸
素の運搬役であるヘモグロビン
の量が減ることで貧血は発症し
ます。日本は先進国の中で発症
例が多いといわれていますが、
その危険性に対する認識は十分
ではありません。貧血外来の看
板を掲げるナビタスクリニック
新宿(東京都新宿区)の濱木珠
恵院長は、「貧血になると酸欠
状態が続き、代謝が低下します。
深刻な症状が表れる例もあるた
め、軽く考えずにきちんと治す
ことが大切です」と指摘してい
ます。成人男性でヘモグロビン
値が13g/dL未満、成人女性
は12g/dL未満、妊婦や幼児
では11g/dLの場合に貧血と
判断されます。貧血には幾つか
の種類がありますが、国内で最
も多いのは、ヘモグロビンを作
るために必要な鉄分が不足する
鉄欠乏性貧血です。

濱木院長は「鉄分不足になる
原因には、バランスの悪い食事
やダイエット等による摂取不足、
成長期や周産期、授乳期におけ
る需要の増加、月経やけが潰瘍
やがんなどによる出血の三つが
あります。スポーツで大量の汗
とともに鉄分が排出されて、そ
れが原因になることもあります」
と説明しています。

鉄分が不足すると体中の組織
が酸欠状態となるため、めまい
や頭痛、失神、肩凝り、疲労感、
息切れ、動悸(どうき)、胸痛
などさまざまな症状が表れます。
また、細胞の新陳代謝が低下す
るため、爪が反り返る、割れや
すくなる、肌荒れ、抜け毛など
も見られます。 無気力になり、
ボーッとした様子がうつ病と間
違えられることもあります。

濱木院長は「貧血になると、
心臓から拍出された血液が運搬
する酸素量が減るので、心臓が
脈拍を上げて運搬回数を増やそ
うとします。その結果、心臓に
負担がかかり、高齢者では心不
全を起こしやすくなるため注意
が必要です」と警鐘を鳴らしま
す。鉄欠乏性貧血は、鉄剤によ
る治療で改善が可能です。赤血
球が新たに作られて、貯蔵鉄の
指標であるフェリチンが十分な
数値になるまで4~6カ月かか
るため、半年間、治療を継続す
ることが望ましいとされていま
す。 病気による出血が原因の
場合はその治療が必要となりま
す。

濱木院長は、「鉄分は食事で
摂取することが大前提です。肉
や魚介、小松菜やホウレンソウ、
鉄分を吸収しやすくするビタミ
ンC、赤血球の生成に関わるビ
タミンB12などを組み合わせて
バランスの良い食事を取ること
が大切です。普段の食事で意識
して鉄分を摂取することを心掛
けましょう」とアドバイスして
います。

鉄欠乏性貧血の原因と対処法に

ついて解説している動画です。

 

 



 

 

普段から不断の努力をする。


 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

慶応大学などのチームは脊髄
を損傷して間もない患者に神経
の再生を促す薬を投与して運動
機能を改善させたとする、研究
結果をまとめ報告したのは素晴
らしい業績です。 首の脊髄を
損傷して72時間以内の急性期の
重症患者さん26人に製剤を投与
する臨床試験(治験)を実施し、
その結果、約半数の運動機能が
改善し、運動機能が、完全にま
ひした患者さんの筋力が、一部
回復した例もあったということ
で、良好な結果が得られたのは
何よりです。 ただ札幌医大で、
骨髄の間葉系幹細胞を使用した
急性期、脊髄損傷の薬剤は承認
されていて、結果が出ているの
で、iPS 細胞で幹細胞移植をす
る必要がなくなったといえるで
しょう。 医療と医学の進歩は、
日進月歩ですので、理論的に、
証明された古い治療が、新しい
治療にとってかわられるという
ことはよくある事だと思います。
血液中の赤血球に含まれる酸
素の運搬役であるヘモグロビン
の量が減ることで貧血は発症し
ます。日本は先進国の中で発症
例が多いといわれていますが、
その危険性に対する認識は十分
ではありません。その上体育会
系の部活で、鉄剤の注射が問題
になりました。貯蔵鉄の指標は、
フェリチンですが、フェリチン
が十分ある貧血は鉄欠乏性貧血
ではありません。そのような人
に鉄剤を注射するのは危険です。
そのようなことが分からず医療
機関側も貧血があるからという
理由で、安易に鉄剤を注射した
ことに問題があるのです。当然
腎性貧血や慢性炎症による貧血
に鉄剤を注射すると、鉄過剰症
を引き起こしてしまいます。た
だ、鉄欠乏性貧血が確実で経口
の鉄剤が気持ち悪いなどの理由
で内服できない場合は、鉄剤の
注射の適応になります。その様
なきめ細やかな診断および状態
把握がなされないことが問題な
のです。

基幹の医療機関を訪問する。


 

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメント

コメントがありません。お気軽にどうぞ。