最新号より100号前のメルマガ

  1. Home
  2. 最新号より100号前のメルマガ

2020-02-12 22:12:43

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 

診療マル秘裏話    Vol.746 平成30年3月28日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)脳神経外科手術に使用する最新鋭の顕微鏡導入
2)世帯年収が少ない女性ほど肥満リスク が高い傾向

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

1】 脳神経外科手術に使用する最新鋭の顕微鏡導入

 

 

 

 

 

 

 

 

富山市の県立中央病院は、脳
神経外科手術に使用する最新鋭
の顕微鏡「KINEVO900
4K―3D」を導入し、3月5日、
報道陣に公開しました。同病院
によると、国内の医療機関で2
番目の導入で、日本海側では初
めてとなります。3月6日の手術
から使われることになっており、
関係者は患者さんのさらなる負
担軽減につながると期待を寄せ
ています。

新たな顕微鏡には、高精細で
立体感のある映像を捉えるカメ
ラとモニターが搭載されていま
す。自動でピントを調整し、顕
微鏡の揺れを抑えて映像をぶれ
させない機能を備え、血流の有
無を観察したり、患者さんに薬
剤を投与して光を当て、腫瘍を
目立たせたりすることもできま
す。

同病院は、2002年度から使用
していた顕微鏡と比べると手術
時間の短縮や安全性の向上につ
ながるのに加え、実習や見学に
訪れる学生への教育にも役立つ
としています。

同病院脳神経外科部は、昨年
度は腫瘍の摘出や血腫の除去等
で202件の手術を手がけてお
り、そのうち約3分の2で顕微
鏡を使ったということです。本
道洋昭理事・脳神経外科部長は
「(2016年度に開設した)
先端医療棟にふさわしい設備だ
と思う。安全で時間も短くなっ
た最先端の手術が県民のために
なれば良い」と意気込んでいま
す。

脳神経外科の覚醒下手術につい

て解説している動画です。覚醒

している分、高性能の顕微鏡が

必要であると思われます。

 

 



 

 

主要な腫瘍の摘出手術を行う。


 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

2】 世帯年収が少ない女性ほど肥満リスク が高い傾向

 

 

 

 

 

 

 

 

世帯年収が少ない女性ほど、
肥満リスクが高い傾向にある事
が、全国約2900人のデータ分析
で分かったと滋賀医科大の三浦
克之教授(公衆衛生学)らのチ
ームが3月5日、発表しました。

厚生労働省からの補助金で、
実施し、成果は日本疫学会誌に
掲載されました。 健康格差を
是正する施策に役立てばとして
います。

厚労省の2010年国民生活基礎
調査と、国民健康・栄養調査に
参加した全国の20歳以上の男女
約2900人が対象です。

65歳未満の女性では世帯年収
が200万~600万円未満だと肥満
リスクは、600 万円以上の女性
に比べ1.7倍、200万円未満だと
約2.1倍になりました。

このニュースに対する中国人の

反応が書かれている動画です。

 

 



 

 

格差について書くさと記者は
言った。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

 

富山市の県立中央病院は、脳
神経外科手術に使用する最新鋭
の顕微鏡「KINEVO900
4K―3D」を導入し、報道陣
に公開したということですが、
素晴らしい技術革新だと思いま
す。脳神経外科の手術は、デリ
ケートなものですから最新鋭の
顕微鏡が導入されると患者さん
の負担がかなり減ることが予想
されます。 新たな顕微鏡には、
高精細で立体感のある映像を捉
えるカメラとモニターが搭載さ
れていて、自動でピントを調整
し、顕微鏡の揺れを抑えて映像
をぶれさせない機能を備え血流
の有無を観察したり、患者さん
に薬剤を投与して光を当て腫瘍
を目立たせたりすることもでき
るということですから、本当に
驚天動地の機能を備えていると
言っても過言ではないでしょう。
世帯年収が少ない女性ほど、
肥満リスクが高い傾向にある事
が、全国約2900人のデータ分析
で分かったと発表したと言うの
は、至極当たり前のことではな
いかと私は考えています。世帯
年収が低いと全てにおいて自分
のことは後回しにしてストレス
が蓄積していきます。 女性の
場合、蓄積されたストレスを少
しでも発散させようと安い食物
で食欲に走るということが容易
に予想される訳です。安い食物
には、トランス脂肪酸を始めと
する添加物がてんこ盛りになっ
ていて、あるいは、遺伝子組み
換え食品が入っているものを食
べるということになり、只管、
肥満の道を突き進むということ
になりかねません。高い野菜を
食べずにGI値の高い食品を食べ
て空腹を紛らわせるということ
をすれば、糖尿病になってしま
う可能性もあります。

添加物に点火して燃やしてし
まいたい。笑

 

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメント

コメントがありません。お気軽にどうぞ。