最近の号外Vol.1426メルマガ

  1. Home
  2. 最近の号外Vol.1426メルマガ

2020-01-04 22:31:44

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 

診療マル秘裏話  号外Vol.1426 平成31年3月3日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

目次

1)分子標的薬から逃れる肺がん細胞のメカニズム解明
2)中国国内の医療機関に出荷の血液製剤HIV 汚染

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

 

 

1】 分子標的薬から逃れる肺がん細胞のメカニズム解明

 

 

 

 

 

 

がん細胞を狙い撃ちする「分
子標的薬」から、蛋白質を使っ
て生き延びる肺がん細胞のメカ
ニズムを、金沢大がん進展制御
研究所の矢野聖二教授(腫瘍内
科)を中心とした共同研究チー
ムが解明しました。蛋白質の働
きを抑える薬と併用することで、
肺がんの根治が期待できるとい
うことです。このほど英科学誌
「ネイチャー・コミュニケーシ
ョンズ」(電子版)に発表しま
した。

研究は、日本人の肺がん患者
さんの25%で確認される「EGFR」
と呼ばれる遺伝子の変異に特化
したものです。このタイプのが
んは、最新の分子標的薬により
7~8割の確率で縮小しますが、
生き残ったがん細胞による再発
が課題でした。矢野教授らは、
がんの転移などに関与する蛋白
質「AXL 」が、分子標的薬にさ
らされると活性化しがん細胞の
増殖を促すことを突き止めまし
た。

この結果を踏まえ肺がん患者
さんの腫瘍組織を移植したマウ
スに分子標的薬とAXL の働きを
抑える阻害薬を併用した所、が
んの再発を著しく遅らせること
に成功しました。培養した肺が
ん細胞を用いた実験では、分子
標的薬のみの場合は多くのがん
細胞が生き残ったのに対し併用
した場合はほぼ死滅したという
ことです。

今回の実験で使用した、分子
標的薬は高額のうえ、AXL 阻害
薬の実用化には時間がかかる見
込みです。 記者会見した矢野
教授は、「副作用の少ないAXL
阻害薬の選出や開発、分子標的
薬と併用する臨床試験などに取
り組みたい」と話しました。

肺がんの分子標的薬治療につい

て解説している動画です。

 

 



 

 

 

改憲について会見した。笑

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

2】 中国国内の医療機関に出荷の血液製剤HIV 汚染

 

 

 

 

 

 

 

香港の英字紙サウスチャイナ・
モーニングポスト(電子版)は
2月6日、上海の大手国営医薬品
会社が製造し、中国国内の医療
機関に出回った血液製剤約1万
2230本が、エイズウイルス(H
IV)に汚染されている可能性
があると報じました。

報道によると、国家衛生健康
委員会は2月5日付で、医療機関
に対してこの製剤の使用を一時
中止するよう通知を出しました。
これまでに、この製剤を使用し
た人について、エイズウイルス
への感染例は報告されていない
ということです。

このニュースのニュース動画で

す。

 

 



 

 

仕様を見て、私用の使用を禁
じる。笑

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

 

がん細胞を狙い撃ちする「分
子標的薬」から、蛋白質を使っ
て生き延びる肺がん細胞のメカ
ニズムを解明し、蛋白質の働き
を抑える薬と併用することで、
肺がんの根治が期待できると明
らかにしたのは偉大な業績です。
ただ、肺がん細胞もかなりずる
賢い性質を持っています。動物
実験で、一つの耐性経路を抑制
できても、がん組織は、多様で
あり、耐性のメカニズムも複数
であることが多いのです。結果、
根治が期待できると思われても、
肺がん細胞に裏を掻かれる可能
性があります。まだまだ油断は、
禁物だと考えた方が良さそうで
す。
上海の大手国営医薬品会社が
製造し、中国国内の医療機関に
出回った血液製剤約1万2230本
が、エイズウイルス(HIV)
に汚染されている可能性がある
と報じたのは、由々しき事態と
言えましょう。 中国のような
共産党一党独裁政権では、都合
の悪いことは、隠蔽し、握りつ
ぶすのが日常茶飯事です。おま
けに、権力者は、賄賂によって
動く、拝金主義が横行していま
す。そんな中でエイズウイルス
が血液によってばら撒かれ拡が
りを見せると亡国の病となるか
もしれません。実際、アフリカ
では、人口爆発がエイズによっ
て止まり、アフリカ人が恐怖に
慄いたと言われています。日本
でも関西を中心に梅毒が横行し、
性の乱れが規模は小さいながら
横行していることに危機感を持
たねばなりません。

王侯貴族の傍若無人な振る舞
いが横行する。笑

 

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメント

コメントがありません。お気軽にどうぞ。