最近の号外Vol.1407メルマガ

  1. Home
  2. 最近の号外Vol.1407メルマガ

2019-12-14 01:21:56

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 

診療マル秘裏話  号外Vol.1407 平成31年2月9日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)ライソゾーム 病は難病と小児慢性特定疾病指定の病
2)マイクロニードル 型貼るだけ人工膵臓プロトタイプを開発

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

 

 

1】 ライソゾーム 病は難病と小児慢性特定疾病指定の病

 

 

 

 

 

 

 

ライソゾーム病は難病と小児
慢性特定疾病に指定されている
病気で、国内の患者数は約1000
人と推定されています。国立成
育医療研究センター(東京都世
田谷区)ライソゾーム病センタ
ーの小須賀基通医師は「遺伝に
よって起こる先天性の代謝異常
症で、全身に症状が表れる進行
性の病気です」と説明していま
す。人間の細胞には日々の活動
に必要な物質を作り出すのと同
時に、不要な物質を分解・排出
する働きがあります。細胞内に
は膜で区切られた小さな部屋が
あり、不要になった物質を分解
する部屋を「ライソゾーム」と
呼んでいます。この中で多くの
酵素が働き、それぞれ違う物質
を分解しています。ライソゾー
ム病は、生まれつき特定の酵素
が作られないことが原因で細胞
内に不要な物質がたまり、様々
な症状が出てくる病気の総称で
す。

ライソゾーム病は欠けた酵素
ごとに病名が付けられており、
それは60種類前後に上ります。
ゴーシェ病やポンペ病、ファブ
リー病、ムコ多糖症などが比較
的知られています。 症状は、
関節のこわばりや骨変形、中枢
神経障害、肝臓・脾臓(ひぞう)
の肥大、貧血など幅広いとされ
ています。

「一つの病気の中にも軽症型
から重症型まであり、発症の仕
方も異なるので、発見するのが
非常に難しい病気です」と小須
賀医師は言っています。例えば、
ポンペ病には乳児型と遅発型が
あります。乳児型は生後数カ月
で心肥大が起こり、心臓が衰弱
して1歳前に死亡することもあ
ります。一方の遅発型は40~50
歳になって筋力低下や呼吸障害
などを発症します。ゴーシェ病
やファブリー病など約10種類の
病気については治療法が確立し
ています。中心になるのが足り
ない酵素を補充する方法です。

治療できるのに病気に気付か
ないまま生活している人もいる
かも知れません。ライソゾーム
病と診断された家族がいたら、
近親者にも同じ病気が潜在して
いる可能性があるため、検査を
受けておくことが大切です。

小須賀医師は「まだ治療法が
ない病気についても対症療法は
あります。患者会に参加して、
同じ悩みを持つ人同士がつなが
ることで病気に立ち向かう力を
得ることも良いでしょう」とし
ています。

ライソゾーム病の症状と治療に

ついて解説している動画です。

 

 



 

 

千載一隅のチャンスが潜在し
ていた。笑

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

 

2】 マイクロニードル 型貼るだけ人工膵臓プロトタイプを開発

 

 

 

 

 

 

 

神奈川県立産業技術総合研究
所(KISTEC)は1月16日、マイ
クロニードル型「貼るだけ」人
工膵臓のプロトタイプを開発し
たと発表しました。この研究は、
東京医科歯科大学生体材料工学
研究所バイオエレクトロニクス
分野の松元亮准教授(神奈川県
立産業技術総合研究所 非常勤
研究員兼務)らが、神奈川県立
産業技術総合研究所の陳 思淵
研究員、名古屋大学環境医学研
究所の菅波孝祥教授と共同で行
ったものです。研究成果は「Ad
vanced Functional Materials」
電子版に掲載されています。

近年、糖尿病に対するインスリ
ン治療においてインスリンポン
プの普及が進んでいますが患者
さんにおよぼす身体的・心理的
負担や機械特有の補正・メンテ
ナンスの必要性、医療経済上の
問題など多くの課題があります。
このためエレクトロニクス制御
を必要としない、自律型のイン
スリンポンプである「人工膵臓」
の創出が強く求められています。
従来、グルコースオキシダーゼ
やレクチンなどの蛋白質を基材
とする試みがなされてきました
が、生体由来材料の限界として、
蛋白質変性に伴う不安定性や毒
性が不可避であり、未だ実用化
には至っていません。研究グル
ープは、これらの課題の解決策
として、蛋白質を一切使用せず、
完全合成型のグルコース応答性
材料であるボロン酸ゲルを用い
た解決法を提案しています。当
該グルコース応答性ゲルと再生
絹フィブローインを融合したマ
イクロニードル型の人工膵臓の
プロトタイプを開発しました。

フィブローインは極めて優れた
力学的特性、生体適合性および
化学的に可変な生分解性を有し、
手術糸や硬組織欠損部代替(埋
め込み)材料として認可され、
広く利用される生体材料です。
同グループは、グルコース応答
性ゲルとの融合材料化のための
化学構造の最適化、ミクロ相分
離を制御したプロセスの開発(
特願2018-053817 )、内部ミク
ロ構造の評価、分解安定性、力
学的特性、皮膚刺入性、血糖値
変動に応答したインスリンリリ
ース挙動、マウス皮膚への装着
方法などについて検討しました。
その結果、水中で2か月以上安
定し、かつ血糖値依存的なイン
スリン供給性能が週単位で持続
するマイクロニードル材料技術
の開発に成功しました。

同種競合技術と位置付けられる
ノースカロライナ大学の「(グ
ルコースオキシダーゼ内包ナノ
粒子を利用した)インスリンパ
ッチ」での持続性は数時間オー
ダーであり、糖尿病患者の QOL
改善の観点で求められる「週単
位の持続性」ニーズに応えるう
えで、今回開発した技術は大き
なアドバンテージを有していま
す。研究グループは今後、動物
での安全性・治療効果の実証を
経て、実用化へ向けた研究を進
めていくとしています。

パッチ式インスリンポンプにつ

いて解説している動画です。

 

 



 

 

寒天を食べるという観点から
考える。笑

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

ライソゾーム病は難病と小児
慢性特定疾病に指定されている
病気で、国内の患者数は約1000
人と推定されており、遺伝によ
って起こる先天性の代謝異常症
で、全身に症状が表れる進行性
の病気であり、生まれつき特定
の酵素が作られないことが原因
で細胞内に不要な物質がたまり、
様々な症状が出てくる病気の総
称であることは、知っていまし
た。ただし、国内の患者数が少
ない、希少難病と言われる病気
のため、実際の患者さんに会っ
たことは、ありません。遺伝病
に限っても治療法がない病気は、
多いと思いますが、不要な物質
がたまるという悲惨な結果を生
じてしまうので患者さんと患者
さんのご家族に同情します。し
かし、希少難病でなくてもアル
ツハイマー型認知症のような、
メジャーな病気であっても不要
なβーアミロイドやタウ蛋白が
たまるという点では一致してい
るので、治療の突破口が開かれ
れば、不要な物質がたまる病気
を一網打尽にすることが可能と
なるかも知れません。
神奈川県立産業技術総合研究
所(KISTEC)は1月16日、マイ
クロニードル型「貼るだけ」人
工膵臓のプロトタイプを開発し
たと発表したのは、偉大な業績
です。従来、グルコースオキシ
ダーゼやレクチンなどの蛋白質
を基材とする試みがなされてき
ましたが、生体由来材料の限界
として、蛋白質変性に伴う不安
定性や毒性が不可避であり、未
だ実用化には至っていないこと
が知られている中で、水中で2
か月以上安定し、かつ血糖値依
存的なインスリン供給性能が週
単位で持続するマイクロニード
ル材料技術の開発に成功という
ことですから、如何に人工膵臓
が身近なものになったかを実感
した次第です。   同種競合
技術と位置付けられるノースカ
ロライナ大学の「(グルコース
オキシダーゼ内包ナノ粒子を利
用した)インスリンパッチ」で
の持続性は数時間オーダーであ
り糖尿病患者のQOL 改善の観点
で求められる「週単位の持続性」
ニーズに応える上で、今回開発し
た技術は大きなアドバンテージ
を有していると言えましょう。
数時間と週単位では、その長さ
が全く違い、それだけ糖尿病の
患者さんの利便性が確保された
ということでしょう。

イチローのいる位置を、一々
把握する。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメント

コメントがありません。お気軽にどうぞ。