最近の号外Vol.1386メルマガ

  1. Home
  2. 最近の号外Vol.1386メルマガ

2019-11-19 00:36:35

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 

 

診療マル秘裏話  号外Vol.1386 平成31年1月15日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)睡眠中にアミロイドβが脳の中から掃除されている
2)カンピロバクターjejuni糖鎖を世界初化学合成に成功

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

 

 

1】 睡眠中にアミロイドβが脳の中から掃除されている

 

 

 

 

 

 

アルツハイマー型認知症では、
初期から睡眠の質が低下し、深
い眠りが維持できずに、総睡眠
時間が減少します。一方で慢性
的な睡眠不足は、脳内のアミロ
イドβという蛋白質を増やし、
アルツハイマー型認知症の発症
リスクを高めることが分かって
きました。驚くことに、睡眠中
には認知症の原因となる蛋白質
のゴミが、脳の中から掃除され
ているのだそうです。そのため、
認知症の予防には良質な睡眠が
重要と考えられています。睡眠
時間は人それぞれです。毎日9
時間眠らないとすっきりしない
という人もいれば5時間で満足
という人もいます。一般的に、
加齢に伴い睡眠時間は減少しま
す。子供の頃は8時間寝ても眠
りたりなかった人も、60歳を
超えれば5~6時間の睡眠とな
るのが自然です。

高齢期に睡眠時間に強くこだ
わると、眠れずに寝床で過ごす
時間だけが増え睡眠効率が悪く
なります。眠る努力を続ける事
は大抵苦痛を伴いますので、多
くの人が自分は不眠症になった
と悩んでしまいます。不眠症と
は睡眠不足によって日中の活動
に支障が出ることをいいます。
たとえ5時間睡眠でも、日中に
影響がなければ不眠症ではあり
ません。 睡眠時間によらず、
自分の睡眠に満足できていれば
良質な睡眠といえます。

レビー小体型認知症では、初
期からレム睡眠行動障害を合併
します。初老期の男性に多く、
眠っている状態で夢と同じ動き
をしてしまうのが特徴です。ど
ういうわけか怪獣と戦うなど物
騒な夢が多く、壁を殴ってけが
をしたり、横で寝ている人を傷
つけたりする危険を伴います。
初期には大声で寝言を言うだけ
のこともあります。

しかし、朝起きた時に本人は
覚えていません。夫の寝言がう
るさくて寝室を分けてしまった
という方は、時々は寝室をのぞ
いて、ご主人が夜な夜な怪獣と
戦っていないかをぜひお確かめ
下さい。

 

βアミロイドの除去について

解説している動画です。

 

 



 

 

 

 

 

 

 

睡眠不足で不測の事態に陥る。


 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

2】 カンピロバクターjejuni糖鎖を世界初化学合成に成功

 

 

 

 

 

 

 

岐阜大学は12月17日、ギラン
バレー症候群の発症メカニズム
や治療法の解明に繋がると考え
られる「カンピロバクターjeju
ni(ジェジュニ)」の糖鎖を世
界で初めて化学合成することに
成功したと発表しました。この
研究は、同大生命の鎖統合研究
センター長・応用生物科学部の
石田秀治教授、応用生物科学部
の今村彰宏准教授、生命の鎖統
合研究センターの田中秀則助教
らの研究グループによるもので
す。研究成果は、欧州化学論文
誌「Chemistry A European Jou
rnal」にて公開されました。

ギランバレー症候群は、10万人
に1~2人の割合で発症する自己
免疫疾患です。患者さんは運動
神経が障害され、重症の場合は
全身の麻痺や呼吸不全を来たし、
治療後も2割程度の患者さんに
は深刻な後遺症が残ります。そ
の先行感染菌のひとつとして「
カンピロバクターjejuni」の存
在が知られていました。

カンピロバクターjejuniの表面
に存在する糖鎖は、筋肉に神経
信号を伝達する軸索の表面に存
在する糖鎖「ガングリオシド(
ガングリオシドGM1 )」と一部
の構造が似ています。そのため、
抗原であるカンピロバクターje
juniに感染したときに体が生み
出す抗体が、軸索表面のガング
リオシドを抗原と誤って攻撃す
ることで、筋力が低下し、自己
免疫疾患であるギランバレー症
候群を発症すると考えられてい
ます(糖鎖相同性仮説)。しか
し、カンピロバクターjejuniの
糖鎖は、微量にしか存在せず、
また多様性があり、混入物を避
けて、この糖鎖だけ取り出して
実験をすることが困難です。今
回、研究グループが合成したカ
ンピロバクターjejuniの糖鎖は
複雑な構造であり、100 以上に
及ぶ化学合成の工程を要すると
いうことです。この糖鎖を実験
に用いることで、カンピロバク
ターjejuniを原因とするギラン
バレー症候群の発症メカニズム
の解明や治療法の解明につなが
ると考えられるということです。

岐阜大学はおよそ50年にわたる
糖鎖合成の経験があり、これま
でに1,000 種類以上の糖鎖誘導
体の合成に成功するなど、糖鎖
合成の豊富な知見と技術を培っ
てきました。研究グループは、
「今後も多彩な糖鎖を化学合成
し、様々な疾患の原因や治療法
および未知の生体メカニズムの
解明につなげることが期待され
る」と述べています。

ギランバレー症候群について

解説している動画です。

 

 



 

 

未知の生物で満ち溢れる。笑

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

アルツハイマー型認知症では、
初期から睡眠の質が低下し、深
い眠りが維持できずに、総睡眠
時間が減少します。一方で慢性
的な睡眠不足は、脳内のアミロ
イドβという蛋白質を増やし、
アルツハイマー型認知症の発症
リスクを高めることが分かって
きたという説は以前のメルマガ
でも紹介しました。認知症を患
う人の数が2025年には700 万人
を超えるとの推計値が発表され
ており現在でも認知症の患者数
は増加の一途をたどっています。
睡眠の質を高めることで認知症
の発症を予防できるならば、こ
んなに良いことはありません。
しかし、勤勉な日本人のこと、
睡眠時間を削って、仕事や趣味
に明け暮れる人が多いため予防
につなげるのには、無理がある
と思われます。認知症の症状が
現れてから対処するのは困難を
極めるので、睡眠不足に陥らな
いよう自分自身で気を付けると
いう習慣が必要になりそうです。
ギランバレー症候群の発症メ
カニズムや治療法の解明に繋が
ると考えられる「カンピロバク
ターjejuni(ジェジュニ)」の
糖鎖を世界で初めて化学合成す
ることに成功したと発表したの
は偉大な業績です。私が医学生
の頃から、ギランバレー症候群
は、原因不明と言われてきまし
た。  ギランバレー症候群は、
10万人に1~2人の割合で発症す
る自己免疫疾患で、患者さんは
運動神経が障害され重症の場合
は全身の麻痺や呼吸不全を来た
し、治療後も2割程度の患者さ
んには深刻な後遺症が残ります。
その先行感染菌のひとつとして
「カンピロバクターjejuni」の
存在が知られているということ
ですから深刻な後遺症を残さな
いためにも、この糖鎖を実験に
用いることで、カンピロバクタ
ーjejuniを原因とする、ギラン
バレー症候群の発症メカニズム
の解明や治療法の解明につなげ
て頂きたいと切に祈念する次第
です。

改名の謎を解明する。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメント

コメントがありません。お気軽にどうぞ。