最近の号外Vol.1384メルマガ

  1. Home
  2. 最近の号外Vol.1384メルマガ

2019-11-17 01:36:07

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 

診療マル秘裏話  号外Vol.1384 平成31年1月13日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)胃がんで発現亢進のヒストン修飾酵素が治療の標的
2)建装材に各種センサー等IoT 機器組み合わせ新製品

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

 

 

1】 胃がんで発現亢進のヒストン修飾酵素が治療の標的

 

 

 

 

 

 

 

東京医科歯科大学(TMDU)は、
胃がんにおいて、ヒストン修飾
に関わるPRMT6 が活性化し、が
ん抑制遺伝子のPCDH7 が不活化
していると発見したと発表しま
した。

同成果は同大大学院医歯学総合
研究科 分子腫瘍学分野の田中
真二 教授、秋山好光 講師、島
田周 助教、奥野圭祐 大学院生
と、ウイルス制御学の山岡昇司
教授、低侵襲医療学の小嶋一幸
前教授(現・獨協医科大学第一
外科主任教授)らの研究グルー
プによるものです。詳細は、国
際科学誌「Carcinogenesis」に
掲載されました。

ヒストン修飾はエピジェネティ
ックな遺伝子発現機構の一つで、
その異常はがん・生活習慣病等
多くの疾患の発生に重要な役割
を果たすことが知られています。

同研究では、ヒト胃がんの臨床
症例を用いた解析の結果H3R2me
2as レベルとその主要酵素であ
るPRMT6 の発現が共に胃がんで
亢進していることを確認したと
いうことです。また、臨床的に
は高H3R2me2as レベルは胃がん
の独立した予後因子であり、か
つ両方の発現が強い胃がんは、
再発しやすく死亡する割合が高
いことを見出しました。

また、ヒト胃がん細胞でPRMT6
安定発現細胞株を作成した所、
H3R2me2as のレベルが亢進し、
腫瘍細胞の遊走能や浸潤能が亢
進しました。一方、ゲノム編集
法を用いてヒト胃がん細胞でPR
MT6 をノックアウトした所、H3
R2me2as のレベルが減弱し腫瘍
の増殖能や遊走能、浸潤能およ
び造腫瘍能も低下したという事
です。遺伝子の活性化にはヒス
トンH3の4番目リジン(K4)のト
リメチル化(H3K4me3 )が強く相
関しているとされます。 今回、
胃がん細胞においては、PRMT6
発現が強くなるとH3R2が特異的
に非対称性メチル化され、H3K4
me3 レベルが減少することで、
遺伝子発現が抑制されることが
明らかになったとのことです。
これらの結果から、胃がんにお
いて、H3R2me2asはPRMT6発現と
正の相関にあること、および予
後予測のバイオマーカーになる
可能性が示唆されただけでなく、
PRMT6-H3R2me2as 経路によって
がん抑制遺伝子のPCDH7 が不活
化していることが突き止められ
ました。また、研究グループは、
胃がんで発現亢進しているPRMT
6 を抑えることによって悪性度
や造腫瘍性が抑えられたという
成果は、PRMT6 異常を標的とし
た新規治療法開発につながる事
が期待できるとしています。

胃がんについて解説している

動画です。

 

 



 

 

PRMT6 の発現について発言す
る。           笑

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

2】 建装材に各種センサー等IoT 機器組み合わせ新製品

 

 

 

 

 

 

 

凸版印刷は12月12日、建装材
に各種センサーなどIoT 機器を
組み合わせている「トッパンIo
T 建材」シリーズの新製品とし
て、体組成計と床材を組み合わ
せ、日常的に、さりげなく身体
情報を取得できる「ステルスヘ
ルスメーター」を開発したと発
表しました。

同製品は2018年12月中旬より、
不動産事業者や住宅メーカー、
医療・介護業界等に向けて販売
を開始します。

新製品は、同社の建材製造技術
を用いて体組成計を組み込んだ、
健康管理ができる床材です。床
材であるため、測定するたびに
機器の出し入れや設定をする必
要がなく、日常生活の中で自然
に体重・体脂肪率等の身体情報
を継続して取得できます。

取得した情報は、スマートフォ
ン等のデバイスで閲覧すること
が可能で生活者自身の健康管理
に役立てることができます。

価格は、460mm×460mmサイズで
約6万円から、設置費用・シス
テム構築費などは別途必要です。

ステルスヘルスメーターの紹介

動画です。

 

 



 

 

運動選手が身体情報を暴露さ
れ、進退伺いを出す。   笑

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

 

胃がんにおいてヒストン修飾
に関わるPRMT6 が活性化し、が
ん抑制遺伝子のPCDH7 が不活化
していると発見したと発表した
のは、偉大な業績です。加えて
ヒストン修飾に関わるPRMT6 の
安定発現細胞株を作成した所、
H3R2me2as のレベルが亢進し、
腫瘍細胞の遊走能や浸潤能が亢
進した事から、この酵素を標的
とする新規治療法開発につなげ
て頂きたいものです。ヒストン
修飾はエピジェネティックな遺
伝子発現機構の一つでその異常
は、がん・生活習慣病等多くの
疾患の発生に重要な役割を果た
すことが知られているのは周知
の事実であり、飢餓状態やレス
ベラトロールやMNM の摂取によ
るヒストン脱アセチル化で長寿
遺伝子であるサーチュイン遺伝
子が活性化することが分かって
います。
凸版印刷は12月12日、建装材
に各種センサーなどIoT 機器を
組み合わせている「トッパンIo
T 建材」シリーズの新製品とし
て、体組成計と床材を組み合わ
せ、日常的に、さりげなく身体
情報を取得できる「ステルスヘ
ルスメーター」を開発したと発
表したのは、優れた企画である
と思いました。床材にセンサー
を入れておいてさりげなく身体
情報を取得できるというのが、
非常にスマートでエレガントな
手法と考えられます。 それを
印刷業を主な業態とする、凸版
印刷が成し遂げたことが意外に
思えました。当クリニックの近
くにも凸版印刷の工場があり、
週刊誌や書籍の印刷を大々的に
行っているイメージがあります。
工場で働く人の訴えとしては、
ブラック企業かなと思える面も
あるようです。


異常な習慣を週刊誌にすっぱ
抜かれる。        笑

 

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメント

コメントがありません。お気軽にどうぞ。