最近の号外Vol.1372メルマガ

  1. Home
  2. 最近の号外Vol.1372メルマガ

2019-11-03 03:32:00

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 

診療マル秘裏話  号外Vol.1372 平成30年12月30日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)蛋白質の量を減らした米飯で副食の追加も可能
2)ヒトの消化酵素の生合成の仕組みについて新知見

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

 

 

1】 蛋白質の量を減らした米飯で副食の追加も可能

 

 

 

 

 

 

 

コメ見本市「ライス・エキス
ポ・ジャパン」の2年後の県内
開催に向け、新潟市の朱鷺(と
き)メッセで11月20日に開かれ
た事前セミナーで「成人の8人に1人
にあたる1330万人といわれてい
ます」と明かされました。慢性
腎臓病の国内患者数が示され、
低蛋白質米飯による食事療法の
可能性をテーマに、研究成果が
報告されました。 食事療法の
ポイントの一つは蛋白質を抑え
ることですが、肉や卵などに限
らず、ごはんからも摂取されて
しまいます。セミナーでは蛋白
質の量を減らした米飯なら、そ
の分の副食の追加も可能で食事
制限などの負担が軽減されると
説明されました。

低蛋白質米飯は新潟県が発祥
とされています。1992年度に県
食品研究所(現県農業総合研究
所食品研究センター)が、製造
技術を開発し、特許を取得しま
した。県内企業も工夫を重ね、
他の追随を許しませんでした。
当初は難があった食味も向上し、
含まれる蛋白質の量も通常のご
はんの数%といった商品も登場
しています。

業界関係者によると、低蛋白
質米飯の国内年間出荷量は約18
00トン(2017年度推計)です。
亀田製菓など県内の4大メーカ
ーで9割以上を占めるという事
です。魚沼市のホリカフーズも
4大メーカーの一つです。コン
ビーフなどの缶詰製造が主力で
したが、その保存技術で1963年
からは自衛隊に非常食を納入し
ています。1972年には病院から
の依頼で手術後を想定した「濃
厚流動食」も作っています。

同社が低蛋白質米飯の販売を
始めたのは1995年です。新潟県
食品研究所による技術開発の3
年後でした。常務の中條均紀さ
ん(66)は「食品研究所は乳酸
菌を使う方法でしたが、社内で
はコストなどに課題があり酵素
を使う独自技術を開発した」と
いうことです。翌年にはアレル
ギーに対応した米飯も開発して
います。

こうした実績が認められ日清
食品の関連財団(大阪府)から
日清食品創業者の名を冠した安
藤百福賞も贈られています。非
常食や介護食、低蛋白質米飯等
の売り上げは年商の約7割に達
するということです。食品メー
カーの低蛋白質米飯は基本的に
コメの品種は問わないのですが、
生産者らで組織する長岡市のエ
コ・ライス新潟は品種にこだわ
っています。

着目したのは、農研機構中央
農業総合研究センターの、北陸
研究センター(現北陸研究拠点・
上越市)が育成した「春陽」と
いう銘柄です。食品表示の厳格
化で「腎臓病患者向け」とはう
たえないものの、本来は腎臓病
を想定した品種で、蛋白質の一
種であるグルテリンが少ないの
が特徴です。

社長の豊永有さん(54)は「
コシヒカリの先行きが厳しくな
る中、新しいマーケットになる
と思った」と言っています。20
02年から栽培を始め当初はコメ
として売っていましたが、2004
年の中越地震の経験から水を注
ぐだけでごはんになる「アルフ
ァ米」に軸足を移しました。病
気で食事が制限される被災者に
も、安心できる備蓄食が必要と
思ったからです。

同社のアルファ米は、炊いた
ご飯を乾燥させて作ります。乾
燥前にリンやカリウムを洗い流
しますが、コメそのものに手を
加えていないのがセールスポイ
ントです。備蓄食として県内外
の150を超える自治体に採用
されています。

食物アレルギーにも対応した
アルファ米も開発しました。誰
でも食べられるというコンセプ
トで「みんなのごはん」と名付
けました。「中身はコメだけで
あえて味付けはしない。宗教的
理由で、アルコールや豚由来の
食品が制限されるイスラム圏の
ハラルにも対応できる」と次な
る戦略を練っています。

低蛋白米について解説している

動画です。

 

 



 

 

滞欧生活が長く、西洋式習慣
に対応できる。笑

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

2】 ヒトの消化酵素の生合成の仕組みについて新知見

 

 

 

 

 

 

 

東北大学多元物質科学研究所、
奈良先端科学技術大学院 大学
研究推進機構、九州大学生体防
御医学研究所の共同研究グルー
プは、ヒトの消化酵素の生合成
の仕組みについて新知見を得ま
した。消化酵素の一つ「エラス
ターゼ」が、活性を示すために
必要な3次元構造を作る際、P
DIpと呼ばれる蛋白質の因子
が極めて重要であることを突き
止めました。膵臓で消化酵素が
作られる仕組みの解明を進める
研究成果となります。

研究グループは膵臓で特異的
に発現する、PDIファミリー
酵素の役割を明らかにする目的
で研究に着手しました。対象の
PDIpは、分子構造を安定さ
せ、分泌蛋白質内によくみられ
る架橋構造ジスルフィド結合(
S-S結合)の形成を触媒する
ことが知られており、膵臓のな
かでPDIpが作用する蛋白質
の同定を目指しました。

マウスの膵臓から取り出した
細胞のPDIpの分布を調査し
ました。その結果、外分泌細胞
に多く存在することが分かりま
した。次にヒト由来培養細胞株
の中でPDIpとエラスターゼ
を一緒に発現させると、正しい
立体構造を持つエラスターゼが
形成されました。エラスターゼ
の構造が活性を示すために正し
く折りたたまれていく過程で、
S-S結合のよりつながった反
応中間体を形成することが分か
りました。

PDIpは膵臓で作られる他
の消化酵素であるトリプシン、
キモトリプシン、α-アミラー
ゼ等とも作用することが分かり、
これらの正しい立体構造の形成
にもかかわっている可能性があ
るとして研究を続けます。成果
は、国際科学雑誌「Journ
al of Biologic
al Chemistry」に
掲載されました。

蛋白質の立体構造について解説

している動画です。

 

 



 

 

 

左様な作用は、初耳です。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

 

慢性腎臓病の国内患者数が示
され、(成人の8人に1人にあた
る1330万人)低蛋白質米飯によ
る食事療法の可能性をテーマに、
研究成果が報告されたのは画期
的なことです。  食事療法の
ポイントの一つは蛋白質を抑え
ることですが、肉や卵などに限
らず、ごはんからも摂取されて
しまうということで、セミナー
では蛋白質の量を減らした米飯
ならその分の副食の追加も可能
で食事制限などの負担が軽減さ
れるということですから、目の
付けどころは、非常に良いと感
じました。「春陽」という銘柄
は、食品表示の厳格化で「腎臓
病患者向け」とはうたえないも
のの、本来は腎臓病を想定した
品種で、蛋白質の一種であるグ
ルテリンが少ないのが特徴とさ
れているのは、品種改良の細や
かさが光ると思いました。
東北大学多元物質科学研究所、
奈良先端科学技術大学院 大学
研究推進機構、九州大学生体防
御医学研究所の共同研究グルー
プは、ヒトの消化酵素の生合成
の仕組みについて新知見を得た
のは素晴らしい業績です。消化
酵素の一つ「エラスターゼ」が、
活性を示すために必要な3次元
構造を作る際、PDIpと呼ば
れる蛋白質の因子が極めて重要
であることを突き止めたのは、
膵臓で消化酵素が作られる仕組
みの解明の一端が、示されたと
理解しています。PDIpは、
膵臓で作られる他の消化酵素で
あるトリプシン、キモトリプシ
ン、α-アミラーゼ等とも作用
することが分かり、これらの正
しい立体構造の形成にも関わっ
ている可能性があるということ
ですから、今後の研究で様々な
酵素との関わりの全容解明が、
期待されます。

唱歌を歌って、消化吸収を良
くする。笑

 

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメント

コメントがありません。お気軽にどうぞ。