最近の号外Vol.1310メルマガ

  1. Home
  2. 最近の号外Vol.1310メルマガ

2019-08-23 00:50:59

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 

 

診療マル秘裏話  号外Vol.1310 平成30年10月19日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)太陽電池内蔵超薄型センサーを開発し心電図を計測
2)中国で製造の原材料に発がん性ある物質が混入

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

1】 太陽電池内蔵超薄型センサーを開発し心電図を計測

 

 

 

 

 

 

 

理化学研究所と東京大の研究
グループは、太陽電池内蔵の超
薄型センサーを開発し、肌に貼
って心電図を取ることに成功し
たと発表しました。外部からの
電力供給は不要で、高齢者やス
ポーツ選手の健康管理等に活用
できるということです。論文が
9月27日、英科学誌ネイチャー
に掲載されました。肌や衣服に
貼るセンサーは、電源に薄型の
太陽電池を使うと、ケーブル等
が不要で便利になります。ただ、
太陽電池は曲がると性能が下が
るのが難点でした。福田憲二郎・
理研専任研究員らは、太陽電池
を構成する酸化亜鉛など複数の
層の表面に凹凸をつけるとエネ
ルギーの変換効率が高まり、曲
げても性能が落ちにくくなる事
を発見しました。この太陽電池
を使って厚さ0・003ミリ・
メートルのセンサーを作り肌に
貼ると、体の微弱な電気信号を
計測できました。福田専任研究
員は「血圧や気温なども測れる
ようにして長時間にわたり健康
状態をチェックするセンサーを
実現したい」と話しています。

時任静士・山形大有機エレク
トロニクス研究センター長の話
「光を効率良く電気に変換する
太陽電池を使い、薄型センサー
の電源の問題を解決した価値あ
る研究だ」

超薄型有機太陽電池が一年前に

はできていたというニュース

動画です。それを今回薄型セン

サーの電源にしたということで

しょう。

 

 



 

 

価値ある研究で、競争に勝ち
を目指す。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

 

2】 中国で製造の原材料に発がん性ある物質が混入

 

 

 

 

 

 

 

 

あすか製薬(東京)が、中国
で製造した原材料に発がん性の
ある物質が混入した疑いがある
として、高血圧治療薬「バルサ
ルタン錠『AA』」4製品を自
主回収した問題で、厚生労働省
は服用した場合にがんになる危
険性の評価を公表しました。

薬が販売されていた2017年ま
での4年間、最大量を毎日服用
した場合、がんを発症する割合
は1万5000~3万人に1人だと
いうことです。4製品はこれま
でに約1万9000人に処方された
と推計されています。

ファイザー製薬でも同じように

自主回収の憂き目にあったとい

う動画です。

 

 



 

 

 

清貧な環境から生まれる製品。


 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

 

太陽電池内蔵の超薄型センサ
ーを開発し、肌に貼って心電図
を取ることに成功したと発表し
たのは、偉大な業績です。外部
からの電力供給は不要で、高齢
者やスポーツ選手の健康管理等
に活用できるというとてつもな
い利点があります。肌や衣服に
貼るセンサーは、電源に薄型の
太陽電池を使うと、ケーブル等
が不要で便利になります。ただ、
太陽電池は曲がると性能が下が
るのが難点でしたがそれを見事
克服して、製品化に道をつけた
のは、素晴らしいの一言です。
あすか製薬(東京)が、中国
で製造した原材料に発がん性の
ある物質が混入した疑いがある
として、高血圧治療薬「バルサ
ルタン錠『AA』」4製品を自
主回収した問題というのは由々
しき問題です。自主回収したと
いうことは、がんを起こしかね
ない不良品を世の中に流通させ
ていたということです。確率的
にいくら低くても、発がん性の
ある物質が混入したとあれば、
あすか製薬には、それ相応のペ
ナルティーが課せられることに
なるでしょう。ジエネリックが
もてはやされ、価格が安い薬品
が人気に成れば、成る程コスト
カットしたしっぺ返しが、必ず
来ると言う事を肝に銘じて頂き
たいと思います。

改修に使った部品を自主回収
した。笑

 

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメント

コメントがありません。お気軽にどうぞ。