最近の号外Vol.1270メルマガ

  1. Home
  2. 最近の号外Vol.1270メルマガ

2019-07-06 23:12:09

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 

 

診療マル秘裏話  号外Vol.1270 平成30年9月2日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)健康的で、美しくなるダイエットの基本的な仕組み
2)結晶化阻害する部位を実験的に特定する新技術

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

1】 健康的で、美しくなるダイエットの基本的な仕組み

 

 

 

 

 

 

 

 

薄着になったり、水着を着け
たりする夏のシーズンにダイエ
ットに取り組んでいる女性も多
いでしょう。ただ、方法や程度
を間違うと健康を損ねてしまい、
目標とした美しさも手に入れら
れなくなる危険も潜んでいます。
「肉をはじめ、三大栄養素とビ
タミンをしっかり取る。そして、
ハードな運動でなくてもよいか
ら、いつも身近な所で体を動か
すよう心掛けることです」。心
療内科医であり栄養療法にも詳
しい「ひめのともみクリニック」
(東京都品川区)の姫野友美院
長に、健康的で美しくなるダイ
エットについて語ってもらいま
した。 ダイエットの基本的な
仕組みはまず、毎日の平均的な
摂取カロリーを上回るカロリー
を食事で減らし、体内に蓄えら
れている脂肪をカロリーに変換
させることで体重を減らすとい
うことです。また、脂肪を燃焼
させるためにはウオーキング等
の有酸素運動が効果的です。

この時、単に摂取カロリーを
減らして体重を減らすと、筋肉
量の減少や体調不良などを引き
起こす危険があります。それは、
栄養失調に陥っているからです。

姫野院長は、栄養不足はダイ
エット本来の目的である「美し
さ」や「きれいに見えるように
したい」という面でもマイナス
に働くと指摘しています。栄養
不足で皮膚の張りがなくなった
り、顔色が悪くなったりします。
「表情が乏しくなってしまえば、
いわば『枯れかけている状態』
です。決して、周囲から美しく
見えないですよ」とアドバイス
しています。「健康で美しく見
えるためには肉や魚などもしっ
かり食べて蛋白質や脂肪を補充
し、ジョギングやウオーキング
などの軽負荷の有酸素運動を続
ける方がよいのです」
「美しくあるためには、細胞
が元気でなければいけません。
そのためには三大栄養素とビタ
ミン、ミネラルをバランス良く、
かつ適切な量を摂取する必要が
あります」と強調しています。
中でも重要なのが、肉や魚に含
まれる動物性蛋白質です。体内
の新陳代謝を促進したり、脳の
活動を活発にしたりするセラト
ニンやドーパミンなどの脳内ホ
ルモンの生成には蛋白質が欠か
せず、体を活性化させるために
も不可欠です。

「どんなに体型が整っていて
も貧血や栄養失調で思うように
動けなければ、レジャーを楽し
むどころではないでしょう。脳
内ホルモンが不足すれば無表情
になったり、意欲がなくなり、
会話が続けられなくなったりし
ます。これでは夏を楽しむどこ
ろではなく、逆効果です」

思春期以降の女性は、その後
の妊娠・出産に備えて脂肪を体
に蓄えようとする働きが強くな
ります。「ある程度『ぽっちゃ
り体型』になるのは当然です。
ファッション業界でも、そんな
ややぽっちゃり型のモデルも活
躍するようになっています」と
過度のダイエットに警鐘を鳴ら
しています。ミネラルやビタミ
ンの中で、特に夏の間に注意を
払う必要があるのが鉄分とビタ
ミンB群です。鉄分は汗1リッ
トルの中に0.5ミリグラム含
まれ、発汗に応じて体内から失
われ不足しがちになります。代
謝を促進するビタミンB群が普
段より多く消費され、疲れやす
くなります。
「体内に吸収されにくい鉄分
の摂取の目安は、1日10~20ミ
リグラム。蛋白質と同時に摂取
すると吸収されやすく、肉や魚
を食べるのが効率的です。ただ
単一の食品ですと、牛のもも肉
で320グラム、イワシなら14
匹。レバー類はよく薦められま
すが、日常的に多くの量を食べ
るのは難しいです」

一方、安易に薬品や市販のサ
プリメントに頼ることにも問題
があります。貧血などの症状に
処方される鉄剤は吸収効率が悪
い上に、胃の調子を損ねてしま
う恐れがあります。また手軽に
購入できるサプリメントの中に
は、必要とされる成分量が少な
いものもあります。

「貧血までにいかないまでも、
鉄欠乏症になっている人は少な
くない。栄養療法に詳しい医師
を受診して良質なサプリメント
を教えてもらうのが一番ですが、
身近にいない場合はかかりつけ
の内科医に相談し、意識的に鉄
分を多く含む食品を食べるよう
にしてほしい」と話しています。
無理なダイエットを続けると、
最初にめまいや立ちくらみ、体
の倦怠(けんたい)感など鉄欠
乏症の症状が現れます。「多く
の人は夏ばてと思って無視して
しまう。しかし、無理なダイエ
ットに成功したとしても、女性
なら卵巣活動が低下し、生理の
乱れや骨量の低下を招いたりし
てしまう危険性もあります。将
来の不妊や骨粗鬆症のリスクも
高くなります」。姫野院長は繰
り返し、欧州ではぽっちゃり体
型のファッションモデルが注目
を集めているなどのエピソード
を紹介するとともに、「健康的
な美しさ」が再評価されている
と強調しました。

ダイエット法の徹底比較の動画

です。

 

 



 

 

 

協調行動をとることを強調し
た。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

 

2】 結晶化阻害する部位を実験的に特定する新技術

 

 

 

 

 

 

 

 

理化学研究所は、蛋白質を生
化学的手法で分析することによ
り、結晶化を妨げている部位を
実験的に特定する新技術を開発
したと発表しました。この研究
成果は、理研放射光科学研究セ
ンター理研RSC-リガク連携セン
ターの国島直樹客員研究員らの
共同研究グループによるもので
す。研究は、国際科学雑誌「An
alytical Biochemistry 」オン
ライン版に7月17日付けで掲載
されています。

構造生物学研究のためには蛋白
質を結晶化して、構造解析する
手法が一般的ですが、蛋白質の
結晶化は容易ではありません。
蛋白質の分子表面に存在するリ
ジンというアミノ酸残基は結晶
化を妨げることが知られており、
分子表面リジン残基を実験的に
検出する方法があれば、それを
他のアミノ酸に置換することで、
蛋白質結晶を得る確率を高める
ことができます。

今回、共同研究グループは、分
子表面リジン残基をNHS-ビオチ
ンという市販の試薬で化学修飾
し、修飾を受けたリジン残基を
一般的な質量分析法であるMALD
I-TOF MSで特定する方法を提案
しています。蛋白質分子の他の
残基と相互作用しているリジン
残基は、この修飾を受けにくい
と考えられるということです。
この方法自体は特に新しいもの
ではありませんが、蛋白質結晶
化を目的としている点に新奇性
があるとしています。実験手順
は非常に簡便であり、結晶化に
使う程度の量の精製蛋白質試料
と、蛋白質化学の一般的な研究
設備があれば、2日で行うこと
ができるということです。

この技術の有効性を、PH1033と
いうモデル蛋白質で確かめたと
ころ、蛋白質結晶の合理設計の
ターゲットとなるリジン残基を、
全リジン残基の3割程度に絞り
込めることが判明しました。こ
の3割をターゲットに合理設計
技術を適用すれば効率的に結晶
を得ることができると考えられ
ます。

今後、この技術を広く適用する
ことで解析可能な蛋白質が増加
し、創薬応用を含む構造生物学
の発展と将来の医療問題の解決
につながる、と研究グループは
述べています。

蛋白質結晶構造解析について解

説している動画です。

 

 



 

 

 

決勝で初めて結晶化に成功し
た。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

夏のシーズンにダイエットに
取り組んでいる女性も多いでし
ょうが、方法や程度を間違うと
健康を損ねてしまい、目標とし
た美しさも手に入れられなくな
る危険も潜んでいるということ
は重要なメッセージだと思いま
す。ダイエットの基本的な仕組
みはまず、毎日の平均的な摂取
カロリーを上回るカロリーを食
事で減らし、体内に蓄えられて
いる脂肪をカロリーに変換させ
ることで体重を減らすという事
とありますが、カロリーだけで
考えるのも無理があるというの
が私の考え方です。カロリーだ
けではなく、血糖値を上げにく
い食品を摂取するということが
必要になります。血糖値の上昇
の度合いを示すGI値を考えなが
ら、なおかつ腸の炎症を起こす
小麦製品、乳製品の摂取を控え
ることが重要だと思います。
蛋白質を生化学的手法で分析
することにより、結晶化を妨げ
ている部位を実験的に特定する
新技術を開発したと発表したの
は、偉大な業績です。蛋白質の
結晶化さえできてしまえばX線
解析装置などで、構造解析する
ことが可能になる訳ですから、
結晶化を妨げている部位を実験
的に特定した上で、その部位を
他の物質で置き換えて構造解析
にかけるというのが本質である
と私は考えています。具体的に
は、蛋白質の分子表面に存在す
るリジンというアミノ酸残基は
結晶化を妨げることが知られて
おり分子表面リジン残基を実験
的に検出する方法があれば、そ
れを他のアミノ酸に置換する事
で、蛋白質結晶を得る確率を高
めるということになるのだと考
えています。今後、この技術を
広く適用することで解析可能な
蛋白質が増加し、創薬応用を含
む構造生物学の発展と将来の医
療問題の解決につなげて頂きた
いものです。

八点の作品から発展する。笑

 

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメント

コメントがありません。お気軽にどうぞ。