最新号より100号前のメルマガ

  1. Home
  2. 最新号より100号前のメルマガ

2019-03-06 23:08:57

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 

 

診療マル秘裏話    Vol.697 平成29年4月19日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)果物のおかげで人間は大きくて強力な脳を発達
2)飲酒で赤くなる人は、骨粗鬆症の骨折リスク大

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

1】 果物のおかげで人間は大きくて強力な脳を発達

 

 

 

 

 

 

 

 

現在最も手軽に食べられるお
やつ、果物のおかげで、人間は
大きくて強力な脳を発達させる
ことができた可能性が高いとの
研究論文が3月27日、発表され
ました。

果物を食べることが、植物の
葉などの最も基本的な食料から
の重要な進歩となり、より大型
の脳を成長させるのに、必要な
エネルギーを提供したと、研究
チームは主張しています。

論文の責任著者で、米ニュー
ヨーク大学(New York Univers
ity )の研究者のアレックス・
デカーシエン(Alex Decasien)
氏は、「このようにして人間は、
これほど非常に巨大な脳を手に
入れ食物の質を大幅に拡大して
今の食事につながっている」と
語りました。

米科学誌「ネイチャー・エコ
ロジー・アンド・エボリューシ
ョン(Nature Ecology and Evo
lution)」に発表された今回の
研究では、霊長類140 種以上の
主食を調査するとともに、霊長
類の食べ物が最近の進化の間に
それほど大きく変化していない
と仮定した。

研究によると、果物を食べる
霊長類は、葉を主食とする霊長
類よりも約25%大きな脳を持っ
ているということです。

より大型の脳は、複雑な社会
集団の中で生存、繁殖する必要
に迫られて発達したとする説が、
1990年代半ばから主流となって
いますが、今回の結果はこの説
に疑問を投げかけています。

集団の中で、生き抜くという
難題は、知能を高める一助とな
った可能性はありますが、霊長
類の社会生活の複雑さと、脳の
大脳皮質(灰白質)の大きさと
の間には何の関連性も認められ
ないと、デカーシエン氏は指摘
しました。

脳の大きさと強く相関してい
たのは果物を食べることでした。

果物などの食物は、葉などの
栄養源よりも豊富なエネルギー
を含んでいるため、より大きな
脳を発達させるのに必要な余剰
エネルギーを生み出します。

同時に果物が実る植物の種類
や、その木が生えている場所、
果実をこじ開ける方法等を記憶
することが、霊長類が大型の脳
を成長させる助けになった可能
性があります。

また、脳が大型なほど、脳の
機能を保つのにより多量のエネ
ルギーを必要とします。

「人間の脳は体重の2%なのに、
全エネルギーの25%を消費して
いるというのは、周知の事実だ」
と、デカーシエン氏は述べまし
た。 「脳は、非常に高くつく
臓器なのだ」とも言っています。

世界一栄養価の高いアボカドに

ついて解説している動画です。

 

 

 



 

 

羞恥心から失敗したのは周知
の事実だ。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

 

2】 飲酒で赤くなる人は、骨粗鬆症の骨折リスク大

 

 

 

 

 

 

 

 

お酒に弱く、飲むと赤くなり
やすい人は骨粗鬆症による骨折
リスクが大きいとする研究結果
を、慶応大などのチームが3月
27日付の英科学誌電子版に発表
しました。日本人に多いタイプ
の遺伝子の変異によるもので、
変異があると骨折のリスクが約
2.5 倍に高まるということです。

一方で、ビタミンEにより、
骨折を予防できる可能性も分か
りました。チームの宮本健史・
慶応大特任准教授は、「遺伝子
検査をしなくても、酒を飲んだ
際の赤くなりやすさを、骨折リ
スクを測る上での指標の一つに
できる」としています。

このニュースのニュース動画で

す。

 

 



 

 

 

化膿している可能性を考える。


 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

 

現在最も手軽に食べられるお
やつ、果物のおかげで、人間は
大きくて強力な脳を発達させる
ことができた可能性が高いとの
研究論文が発表されたのは偉大
な業績です。 より大型の脳は、
複雑な社会集団の中で、生存、
繁殖する必要に迫られて発達し
たとする説が、1990年代半ばか
ら主流となっていることを考え
れば、コペルニクス的転回と言
っても差支えないと思われます。
誰も思いつかなかったことから
コロンブスの卵のような説とも
言えるでしょう。しかし、果物
を食べる霊長類は、葉を主食と
する霊長類よりも約25%大きな
脳を持っていることが真実です
から、非常に信憑が高いと言え
ましょう。
お酒に弱く、飲むと赤くなり
やすい人は骨粗鬆症による骨折
リスクが大きいとする研究結果
が出たのは、喜ぶべきことでし
ょう。お酒に弱い人が、骨折し
にくくするために、適度な運動
と適切な栄養摂取と深い睡眠が
必要であると思います。こうし
た生活習慣の改善で、遺伝子の
変異の悪影響を予防していく事
こそが、遺伝子解析を生かす道
ではないかと考えています。一
方で、ビタミンEにより、骨折
を予防できる可能性も指摘され
ている訳ですから、お酒に弱い
人は、ビタミンEを過剰摂取に
ならない程度に摂取することが
望ましいと言えるでしょう。

私的で至適な指摘。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメント

コメントがありません。お気軽にどうぞ。