最新号より100号前のメルマガ

  1. Home
  2. 最新号より100号前のメルマガ

2019-01-03 00:45:13

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 

診療マル秘裏話    Vol.688 平成29年2月15日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)臍帯血由来iPS 細胞の大学企業等への提供中止
2)メチル 水銀摂取で血液脳関門が壊れ血中物質漏出

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

 

 

1】 臍帯血由来iPS 細胞の大学企業等への提供中止

 

 

 

 

 

 

 

京都大iPS細胞研究所(山
中伸弥所長)は1月23日、大学
や企業などに提供している再生
医療用のiPS細胞(人工多能
性幹細胞)の一部について提供
を停止したと発表しました。

新生児の臍帯血から、iPS
細胞を作る過程で「通常とは異
なる試薬を使った可能性がある」
としています。提供を止めたi
PS細胞は、治療には使われて
いないということです。

山中所長らが記者会見し、明
らかにしました。臍帯血からi
PS細胞を作製するには6種類
の遺伝子と2種類の試薬を使い
ます。 しかし昨年11月、2
種類のうち1種類の試薬の名前
が書かれたラベルが、本来、i
PS細胞の作製目的では使わな
い別の試薬の容器に貼られてい
たのを研究員が発見しました。
この容器には遺伝子が入ってお
り、「作製に使われていれば、
iPS細胞に不要な遺伝子が入
った恐れがある」として調査を
続けてきました。

作製されたiPS細胞から、
実際に不要な遺伝子は見つかり
ませんでした。ラベルの貼り間
違いについても、職員への聞き
取り調査などで原因を特定でき
ませんでした。

臍帯血由来のiPS細胞は13
の研究機関などに提供されてい
ます。今回の問題で、大阪大が
2017年度から始める予定だ
った、角膜の再生医療に関する
臨床研究が、約1年遅れる見通
しだそうです。

山中所長は「臨床応用が遅れ
る事態を招き、反省している」
と陳謝しました。 今後、共同
研究をしている「タカラバイオ」
(本社・滋賀県草津市)と連携
し再発防止策を講じます。臍帯
血からiPS細胞を作り直し、
8月に提供を再開したいという
ことです。

同研究所は移植後に拒絶反応
が起きにくいiPS細胞を備蓄
し、提供する計画を13年度に
始め、15年に血液、16年に
臍帯血からiPS細胞を作製し
ました。

理化学研究所等が、目の難病
患者さんの臨床研究で使う予定
のiPS細胞は、血液から作製
しており、影響はないという事
です。

血液一滴からiPS細胞を作るとい

うことに成功したというニュース

動画です。

 

 



 

 

鑿井作業の工程表を作成する。


 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

2】 メチル 水銀摂取で血液脳関門が壊れ血中物質漏出

 

 

 

 

 

 

 

水俣病の原因物質であるメチ
ル水銀を摂取すると、小脳など
の脳血管に特定の蛋白質が生じ、
脳内への有害な物質侵入を防ぐ
仕組みが壊れ、血中の物質が漏
れ出しているのを新潟大脳研究
所神経内科の下畑享良准教授ら
のチームがラットを使った研究
で突き止め、1月24日付の米オ
ンライン科学誌 プロスワンに
発表しました。

水俣病では、体の円滑な動き
をつかさどる小脳や視覚に影響
する大脳の後頭葉に障害が出て、
ふらつきや視野狭窄の症状が現
れる原因が分かっておらず病態
解明に、つながる可能性があり
ます。

下畑准教授は、「メチル水銀
中毒の初期段階に有効な治療薬
の開発が期待できる」としてい
ます。

ES細胞で、化学物質のヒトへの

影響を予測するシステムについ

ての動画です。

 

 



 

 

視覚の死角を利用して攻撃す
る。笑

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

 

大学や企業などに提供してい
る再生医療用のiPS細胞(人
工多能性幹細胞)の一部につい
て提供を停止したと発表したの
は、残念なことです。 しかし、
作製されたiPS細胞から実際
に不要な遺伝子は見つからなか
ったこととラベルの貼り間違い
について職員への聞き取り調査
などで原因を特定できないこと
を考えれば、特定アジアの国の
工作員の仕業ではないかと考え
られます。タイ国王の喪が明け
たのちの、タイ人の方々の心理
を揺さぶって、前国王の業績を
無にするような工作員たちです。
日本の最高の研究機関であって
も、そうしたスパイ活動による
影響を受けないような警備体制
を敷いて頂くことをお勧めした
いと考えます。掃除の方々まで
身元の確かな人を雇って頂く事
も重要だと思います。
水俣病の原因物質であるメチ
ル水銀を摂取すると、小脳など
の脳血管に特定の蛋白質が生じ、
脳内への有害な物質侵入を防ぐ
仕組みが壊れ、血中の物質が漏
れ出していることが解明された
のは偉大な業績です。水銀を体
の外に排出する、デトックスの
効果がある野菜はパクチーです。
有機水銀中毒に対する効果は、
少なからずあるのではないかと
私は、考えています。パクチー
のにおいが嫌だとおっしゃる方
は、中国パセリという商品名で
サプリメントも販売されていま
す。倒産した、旧林原研究所の
子会社が細々と作っているのが
おすすめです。昆虫から発見さ
れたトレハロースという糖分で
加工されており、ほとんど匂い
を感じることは、ありません。
しかし、効果は、保証できませ
んので、購入は自己責任でお願
いします。

勇気を出して、有機水銀中毒
の患者さんに奉仕する。笑

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメント

コメントがありません。お気軽にどうぞ。