最近の号外Vol.958メルマガ

  1. Home
  2. 最近の号外Vol.958メルマガ

2018-07-07 05:18:52

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。



美白·美肌ブログランキングへ

 

診療マル秘裏話   号外Vol.958  平成29年9月3日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)子ブタ のゲノムを編集し内在ウイルス感染の危険除去
2)ビタミン 剤の摂取で流産や先天異常が大幅に減少

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

1】 子ブタ のゲノムを編集し内在ウイルス感染の危険除去

 

 

 

 

 

 

子ブタのゲノムを編集し、内
在する、ウイルスによる感染の
危険を取り除くことに成功した
との論文が7月10日、米科学誌
サイエンス(Science )のウェ
ブサイトに公開されました。ブ
タから人間への臓器移植の実現
に道を開く画期的な研究成果で
す。

臓器移植の待機患者数は、米
国だけでも約11万7000人に上り、
毎日22人が移植日を待ち望みな
がら死亡しているという、公式
統計があります。今回の研究は、
年々増え続ける待機者を大幅に
減らし、多くの命を救うことに
つながる可能性があります。

ハーバード大学(Harvard Un
iversity)の遺伝学者、ジョー
ジ・チャーチ(George Church)
氏とルーハン・ヤン(Luhan Ya
ng)氏は、デンマークや中国の
研究者の協力を得て今回の研究
を行いました。

研究チームは編集した胚細胞
を、成長を助け改変過程で起き
やすい破壊効果を克服しやすく
する化学化合物の中に置き標準
的なクローン技術を使って編集
したDNA を、代理母の卵細胞に
注入しました。これによりブタ
内在性レトロウイルス(PERV)
を保有しない子ブタ37匹が生ま
れたということです。

実際に、人間がブタから臓器
提供を受けた場合にPERVに感染
するかどうかは不明ですが実験
ではペトリ皿に入れたウイルス
がヒト細胞に感染し得ることが
確認されています。

既にブタの心臓弁や膵臓のヒト
移植例はありますが、科学者達
は人間の臓器と同サイズに成長
するブタ臓器全てのヒト移植を
実現しようと長年研究してきま
した。とはいえ、異種移植のゴ
ールはまだ遠いようです。ヒト
免疫システムの反応や、血液の
毒性相互作用を回避するため、
ブタの遺伝子をさらに編集する
必要があります。

ゲノム編集の課題について解説

している動画です。

 

 



 

 

 

会費の支払いを回避する。笑

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

2】 ビタミン 剤の摂取で流産や先天異常が大幅に減少

 

 

 

 

 

一般的なビタミン剤を摂取す
るだけで一部の流産や先天異常
を大幅に減らせる可能性がある
とする研究論文が7月10日、米
医学誌「ニューイングランド医
学ジャーナル(New England Jo
urnal of Medicine )」に発表
されました。

ビクター・チャン心臓病研究
所(Victor Chang Cardiac Res
earch Institute )の専門家ら
による研究では、妊婦体内でニ
コチンアミドアデニンジヌクレ
オチド(NAD )分子が不足する
ことで生じる子宮内の胚や胎児
の正常な発達の阻害が、ビタミ
ンB3の摂取で対処できることが
分かりました。ビタミンB3は、
ナイアシンとしても知られてい
ます。

研究者らは今回、流産や胎児
の先天異常を経験した妊婦や、
家族の遺伝子を調べ、NAD 分子
の生産を阻害する遺伝子変異を
突き止めました。

NAD の生成には肉や野菜に含
まれるビタミンB3が必要となり
ます。研究では、NAD 欠乏マウ
スの胚を対象に、ビタミンB3の
投与による効果を調べ、その有
意性を確かめました。

今回得られた結果について同
研究所は声明を発表し、「ビタ
ミンB3を母マウスの餌に入れる
前は、流産や胎児に多様な先天
異常がみられた」「餌を変更し
た後は、その両方ともみられな
くなり、子どもはすべて健康体
で生まれた」と述べています。

研究者らは今後、高リスク女
性を特定するためのNAD レベル
測定検査法を開発し、対象とな
る女性に十分なビタミンB3摂取
を確保することを目指すとして
います。

ビタミンB3の効果と過剰症につ

いての動画です。

 

 



 

 

以上のような先天異常を認め
る場合がある。笑

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

 

子ブタのゲノムを編集し、内
在する、ウイルスによる感染の
危険を取り除くことに成功した
というのは、偉大な業績です。
再生医療の進歩は著しくキメラ
の研究から、ブタに人間の臓器
を作らせる所まで来ています。
内在ウイルスの感染の危険性を
取り除くことでウイルスに感染
していないヒトの臓器をブタか
ら取り出すことができるように
なりました。ゲノム編集がこの
様なウイルス除去に使われる事
もあるということを学習しまし
た。
一般的なビタミン剤を摂取す
るだけで一部の流産や先天異常
を大幅に減らせる可能性がある
とする研究論文が有名な医学誌
に掲載されたのは喜ばしいこと
です。これだけ医学が進歩して
も流産や先天異常の原因を正確
に把握することはできていませ
ん。女性が命を賭して産もうと
頑張っている時に流産してしま
ったと告げられると本当に辛い
ものがあると思います。 また
先天異常の子供が生まれてきて
も育てるのが本当に大変になる
ことが多いと思われます。そう
した失望、落胆するできごとを
ビタミン剤の投与だけで、ある
程度予防できる訳ですからビタ
ミンの投与はできる限り行って
頂きたいと思います。

性格を正確に把握する。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメント

コメントがありません。お気軽にどうぞ。