最近の号外Vol.881メルマガ

  1. Home
  2. 最近の号外Vol.881メルマガ

2018-04-09 00:04:11

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。



美白·美肌ブログランキングへ

 

 

診療マル秘裏話    号外Vol.881 平成29年6月5日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

目次

1)受動喫煙で余計にかかる医療費は年3000億円超
2)6歳未満男児の両肺が肺高血圧症1歳女児に移植

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

1】 受動喫煙で余計にかかる医療費は年3000億円超

 

 

 

 

 

 

喫煙しない人がたばこの煙を
吸い込む受動喫煙で病気になり、
余計にかかる医療費は年3000億
円を超すという推計を厚生労働
省研究班がまとめました。

対策強化を、盛り込んだ健康
増進法改正案の今国会への提出
を厚労省が目指す中、受動喫煙
による健康被害の大きさが浮き
彫りとなりました。

研究班は、国の検討会が昨年
発表した「たばこ白書」で受動
喫煙との因果関係を「確実」と
した肺がん、虚血性心疾患、脳
卒中につき分析しました。職場
や家庭で長期にわたり間接的に
煙を吸った40歳以上の人で、
2014年度に余計にかかった医療
費を算出しました。

その結果、医療費は肺がんが
約340億円、虚血性心疾患が約9
60億円、脳卒中が約1900億円で、
計約3200億円に上ると計算しま
した。患者数はそれぞれ約1万1
000人、約10 万1000人、約13万
人でした。

研究班は、患者さんが治療で
仕事を休むことによる経済損失
も推計しました。三つの病気の
合計で損失は約820億円に達
するとしました。

分担研究者の五十嵐 中 ・東
京大学特任准教授(薬剤経済学)
は「職場や家庭で煙を吸った非
喫煙者に、膨大な医療費がかか
っていることが分かった。対策
を急ぐべきだ」と話しています。

このニュースのニュース動画で

す。

 

 



 

 

拳闘の健闘を祝して、試合の

検討を行う。笑

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

2】 6歳未満男児の両肺が肺高血圧症1歳女児に移植

 

 

 

 

 

 

広島県内の病院に入院していた
6歳未満男児の脳死臓器提供で、
男児の両肺が5月11日、岡山大
学病院(岡山市)で肺高血圧症
の1歳女児に移植されました。

日本臓器移植ネットワークに
よると、脳死による肺移植では
国内最年少ということです。女
児の状態は安定しており、1~
2か月で退院できる見通しだそ
うです。同病院によると、女児
は余命宣告を受けていたといい、
父親は手術後、「なんとお礼を
言っていいかわからない。男の
子からいただいた肺は、娘と一
緒に生きていってくれると思う。
男の子の分まで一緒に遊んで、
大きくなってほしい」と語った
ということです。

同ネットによると男児の心臓
も同日、東京大学病院で10歳
未満の男児に移植されました。

このニュースのニュース動画で

す。

 

 



 

 

常態化した状態が続く。笑

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

喫煙しない人がたばこの煙を
吸い込む受動喫煙で病気になり、
余計にかかる医療費は年3000億
円を超すという推計を厚生労働
省研究班がまとめたのは由々し
き事態であると思います。煙草
さえなければ、これらのお金が
浮いてきて重篤な病気の肺がん、
虚血性心疾患、脳卒中等の病気
になることもなかったと言える
からです。世の学者の中には、
煙草の害を過小評価する人もい
るようです。しかし試算とは言
っても、経済損失は計り知れな
いことをこの結果から思い知る
べきだと私は考えています。
島根県内の病院に入院してい
た6歳未満男児の脳死臓器提供
で、男児の両肺が、5月11日、
岡山大学病院(岡山市)で肺高
血圧症の1歳女児に移植され、
余命を宣告されていた女児は、
経過が順調で退院も見えてきた
ということですから本当に臓器
移植というのは、ドナーも問題
だけ解決されれば、ものすごい
医療効果を生むのだと実感しま
した。ドナーのご両親の思いを
胸にして、レシピエントの女児
は健やかに生きて行って欲しい
ものです。

恵果阿闍梨が、空海の修行の
経過をみる。笑

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメント

コメントがありません。お気軽にどうぞ。

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。
コメント(必須)