最近の号外Vol.741メルマガ

  1. Home
  2. 最近の号外Vol.741メルマガ

2017-10-27 00:33:36

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。



美白·美肌ブログランキングへ

 

 

診療マル秘裏話   号外Vol.741 平成28年12月24日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)セルロースナノファイバー で、人工骨補塡材の開発に成功
2)2015年に若者約25万人がエイズウイルスに新たに感染

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

 

 

1】 セルロースナノファイバー で、人工骨補塡材の開発に成功

 

 

 

 

 

 

 

大王製紙(四国中央市)は、
30日、植物由来の新素材・セル
ロースナノファイバー(CNF)
を利用して、骨の欠けた部分等
を補う「人工骨補塡材」の開発
に成功したと発表しました。C
NFを原料に使うことで従来よ
り微細な穴の多い人工骨になり、
患者自身の骨と一体化する、「
自家骨化」の促進などが見込ま
れるということです。
CNFは、木材等の植物繊維
をナノメートル(ナノは10億
分の1)単位の幅までほぐした
極細素材です。人工骨は、医療
機器製造・販売の福山医科(千
葉市)と千葉工業大(千葉県習
志野市)との共同研究で開発に
成功しました。
人工骨の原料であるリン酸カ
ルシウムに凝集力の強いCNF
を混ぜると、乾燥や成形が簡単
になることに加え、熱を加えて
固める「焼結」過程でCNFが
消失し、人工骨に微細な穴が開
く「多孔質化」することを発見
しました。
原料に気泡剤を添加して穴を
開ける従来の「発泡法」では、
微小な穴の比率「開気孔率」が
30%程度でしたが、CNFを
利用した今回の製法では43~
53%まで上昇しました。患者
さんの細胞や血液が穴に入る事
で「自家骨化」しやすくなる他、
薬剤を穴に詰めることで、治療
効果の上昇も期待できるという
ことです。
大王製紙は今回の研究成果に
ついて「リン酸カルシウム以外
の材料でも、多孔質化の効果を
確認できており、今後もCNF
の用途展開を進めていきたい」
とコメントしています。

セルロースナノファイバーに

ついて解説している動画です。



 

 

 

西方の製法を研究する。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

2】 2015年に若者約25万人がエイズウイルスに新たに感染

 

 

 

 

 

 

国連児童基金(ユニセフ)は
11月30日、2015年に15~19歳の
若者約25万人がエイズウイルス
(HIV )に新たに感染したとす
る報告書を発表しました。対策
が進まなければ30年の新規感染
者は、40万人近くに増加すると
警告し、国際社会に撲滅に向け
た取り組みを促しました。

報告書によると、10~19歳の
エイズ感染者総数は15年時点で
200万人近くに上っており、15
年の年間死者数は約4万1千人で
した。ユニセフは12月1日の「
世界エイズデー」に合わせて、
報告書を公表しました。

HIVとエイズの正しい知識につ

いてまとめた動画です。



 

 

 

絵画コンクールで大作を優勝
させない対策を取る。笑

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

 

植物由来の新素材・セルロー
スナノファイバー(CNF)を
利用して、骨の欠けた部分等を
補う「人工骨補塡材」の開発に
成功したのは、偉大な業績です。
人工骨の原料であるリン酸カル
シウムに凝集力の強いCNFを
混ぜると、乾燥や成形が簡単に
なることに加え、熱を加えて固
める「焼結」過程でCNFが、
消失し、人工骨に微細な穴が開
く「多孔質化」することを発見
し、多孔質化により患者さんの
細胞や血液が穴に入る事で「自
家骨化」しやすくなる他、薬剤
を穴に詰めることで、治療効果
の上昇も期待できるという利点
があるようです。リン酸カルシ
ウム以外の材料でも、多孔質化
の効果を確認できており、今後
もCNFの用途展開を進めてい
くそうですから、前途洋洋と言
った所でしょう。
2015年に15~19歳の若者約25
万人がエイズウイルス(HIV )
に新たに感染したとする報告書
を発表したのは、由々しきこと
です。エイズウイルス(HIV )
を完全に、排除する医療技術が
見つかったとは言え、まだ動物
実験で証明されたに過ぎません。
治療薬は、高価であっても完治
が望めるものではありません。
性教育の徹底をお願いしたいと
思います。恥ずかしいなどと言
っておれません。安全な性行為
をすることが、重要で、教育が
行き届かなかったせいで、若者
に蔓延するのは、本当に残念な
ことです。

効果が高いと高価である。笑

 

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメント

コメントがありません。お気軽にどうぞ。