最近の号外Vol.1532メルマガ

2020-05-07 23:30:12

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 

診療マル秘裏話  号外Vol.1532 令和1年7月5日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)A型の血液を拒絶反応の起きにくいO型に変換
2)米大陸の睡眠時無呼吸症患者数に関する新研究

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

 

 

1】A型の血液を拒絶反応の起きにくいO型に変換

 

 

 

 

 

 

 

輸血は事故や手術の際に必要
になります。しかし、血液型が
合わないと拒絶反応が起き、命
に関わります。カナダのブリテ
ィッシュコロンビア大の研究チ
ームはA型の血液を、拒絶反応
の起きにくいO型に変える方法
を開発しました。世界的にはO
型とA型が半分以上を占めてお
り、将来、献血や輸血の幅が広
がるかも知れません。

輸血の目安となるABO式血
液型は、赤血球の表面についた
抗原という物質の構造の違いで
4種類に区別しています。異な
る血液型が混ざると、組み合わ
せによっては抗原が攻撃されて
赤血球が壊れてしまうのですが、
O型の赤血球はもともと抗原を
持たないため、どの血液型にも
輸血できます。このため、多く
の科学者が、世界的に多いA型
の赤血球から抗原を取り除き、
「万能血液」を作ろうとしてき
ました。

研究チームは、今回、A型の
抗原と似た構造の成分を栄養源
とする腸内細菌からDNAを切
り出して、酵素を作りました。
2種類の酵素を同時に使うと、
少量でも効率よく抗原を赤血球
から切り離すことができたとい
うことです。酵素が抗原以外に
影響を与える恐れもあるため、
今後調べるとしています。

論文は6月10日付の英科学誌
ネイチャー・マイクロバイオロ
ジー電子版(https://www.natu
re.com/articles/s41564-019-0
469-7別ウインドウで開きます)
に掲載されました。

血液型の種類と発現の割合につ

いて解説している動画です。

 

 



 

 

庁内の職員の腸内細菌を調査
する。笑

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

2】 米大陸の睡眠時無呼吸症患者数に関する新研究

 

 

 

 

 

 

 

呼吸器疾患治療向けクラウド
接続デバイスの米レスメドは、
米大陸の睡眠時無呼吸症の患者
数に関する新研究の結果を発表
しました。新研究はレスメドが
昨年発表した研究結果をさらに
分析したもので、米国睡眠医学
会などが主催した会議で報告さ
れました。新研究によれば、米
大陸の同疾患の推定患者数は前
回研究の2倍近くに増え、成人
の37%に当たる約1億7000万人
と推定されています。症例数が
最も多いのは米国、ブラジル、
コロンビアの3カ国でした。研
究者らはスクリーニングやクラ
ウド接続型治療機器の利用拡大
を推奨しています。

睡眠時無呼吸症候群の器具によ

る治療を解説している動画です。

 

 



 

 

 

水底の調査から年代を推定す
る。笑

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

 

輸血は事故や手術の際に必要
になります。しかし、血液型が
合わないと拒絶反応が起き、命
に関わります。カナダのブリテ
ィッシュコロンビア大の研究チ
ームがA型の血液を、拒絶反応
の起きにくいO型に変える方法
を開発したのは、画期的な業績
です。A型の血液を拒絶反応が
起きにくいO型に変えることで、
ABOどの血液型の人にも輸血
可能な血液を作ることが可能に
なる日が来るなんて、夢のよう
です。 白血病治療の回復期に、
適合する輸血を確保できず何度
悔しい思いをしたことか分かり
ません。これからは、そのよう
な思いを血液内科の医師はする
ことなく、治療が継続できる様
になることでしょう。
呼吸器疾患治療向けクラウド
接続デバイスの米レスメドが、
米大陸の睡眠時無呼吸症の患者
数に関する新研究の結果を発表
したのは、素晴らしい業績です。
新研究によれば、米大陸の同疾
患の推定患者数は前回研究の2
倍近くに増え、成人の37%に当
たる約1億7000万人と推定され
ているということで、症例数が
最も多いのは米国、ブラジル、
コロンビアの3カ国だったと言
うことからも睡眠時無呼吸症候
群が如何にアメリカ大陸を席捲
しているか想像できます。一位
米国の原因は、高GI値を示す、
小麦製品および糖質の摂取過剰
にあると言えるのではないでし
ょうか?

想像から美術作品を創造する。


 

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント