最近の号外Vol.1429メルマガ

2020-01-07 22:00:42

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 

診療マル秘裏話  号外Vol.1429 平成31年3月7日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)腸内細菌体内製造物質がインフルンザ 免疫反応向上
2)後期高齢者の約8割が2疾患以上の慢性疾患併存

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

1】 腸内細菌体内製造物質がインフルンザ 免疫反応向上

 

 

 

 

 

 

 

腸内細菌が体内で作る物質が
インフルエンザウイルスに対す
る免疫反応を向上させる可能性
があると、東京大医科学研究所
の一戸猛志准教授らのチームが
発表しました。論文が米科学ア
カデミー紀要に掲載されました。

腸内細菌は食物繊維を消化し
て人間などの重要な栄養源「短
鎖脂肪酸」を作っています。チ
ームは、インフルエンザウイル
スへの免疫反応が低下したマウ
スに、酢酸と酪酸、プロピオン
酸の3種類の短鎖脂肪酸を投与
しました。その結果、インフル
エンザウイルスを排除する免疫
反応が回復したということです。

国立感染症研究所の長谷川秀
樹・感染病理部長の話「腸内細
菌が感染症の予防に重要な働き
を担っている可能性を示す成果
だ。人間の体内でも同じことが
起こるかどうか、確認する必要
がある」

腸内細菌に短鎖脂肪酸を作らせ

る食事について解説している

動画です。

 

 



 

 

定価の低下を期待する。笑

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

2】 後期高齢者の約8割が2疾患以上の慢性疾患併存

 

 

 

 

 

 

 

東京都健康長寿医療センター
は2月1日、東京都の後期高齢者
の約8割が2疾患以上の慢性疾患
を併存、約6割が3疾患以上の慢
性疾患を併存していることをレ
セプトデータから明らかにした
と発表しました。 この研究は、
同センター研究所の、石崎達郎
研究部長、光武誠吾研究員らの
研究グループによるものです。
研究成果は、米国疾病対策予防
センター(CDC )が出版してい
る国際科学雑誌「Preventing C
hronic Disease」に掲載されて
います。

複数の疾患が併存している状
態を「多病」と呼びますが患者
さんの医療ニーズ(受診や検査・
治療)を複雑にするだけでなく、
患者さんの心身機能やQOL の低
下、ひいては医療費増大に重大
な影響をおよぼします。国内で
は、高齢化の進展によって多病
患者さんの増加が報告されてお
り、高齢患者さんの診療では、
併存疾患の考慮が欠かせません。

しかし国内外を問わず、科学
的根拠に基づいた診療ガイドラ
インの多くは、多病患者さんへ
の考慮・対応が十分ではありま
せん。多病を考慮した診療ガイ
ドラインを開発するためには、
多病の有病状況や、頻度の高い
併存疾患の組み合わせの把握が
必要となります。併存する2疾
患の組み合わせに関する研究は
海外で数多く報告されています
が、3疾患の組み合わせに着目
した研究は不足しています。

研究グループは、東京都の75
歳以上の後期高齢者約131 万人
分のレセプト情報を分析し、多
病の実態や頻度の高い3疾患の
組み合わせを把握するとともに、
多病に関連する要因を分析しま
した。
その結果、東京都の後期高齢
者の約8割は2疾患以上の慢性疾
患が併存し、3疾患以上の疾患
を併存した割合は約6割でした。
頻度の最も高い3疾患の組み合
わせは、男性では「高血圧・潰
瘍性疾患・虚血性心疾患」(12
.4%)、次いで「高血圧・脂質
異常症・潰瘍性疾患」(11.0%)、
女性では「高血圧症・脂質異常
症・潰瘍性疾患」(12.8%)、
次いで「高血圧・潰瘍性疾患・
脊椎/関節疾患」(11.2%)で
した。

また、3疾患の組み合わせで
頻度が上位15位までの中で、1
年間の平均外来医療費が最も高
かった組み合わせは、男性では
「高血圧・潰瘍性疾患・悪性新
生物」(827,644 円、7位:7.6
%)、次いで「高血圧・潰瘍性
疾患・脊椎/関節疾患」(762,
176円、10位:7.4%)、女性で
は「高血圧・潰瘍性疾患・不眠
症」(682,811円、6位:8.0%)、
次いで「高血圧・潰瘍性疾患・
脊椎/関節疾患」(674,710円、
2位:11.2%)でした。多病を
抱えやすい高齢者の特徴は男性、
85~89歳、医療費が1割負担、
在宅医療を受けている、外来受
診施設数が多い、入院回数が多
い、でした。

今回の研究で示された高頻度
の3疾患の組み合わせは、多病
を考慮した診療ガイドラインを
作成する際、優先的に考慮すべ
き併存疾患の組み合わせを選択
するための手掛かりとなります。
また、外来受診施設数が多い人
ほど多病の割合が多かったとい
う結果は、多病を抱える人の診
療内容・処方内容を、施設を越
えて共有できる医療システムの
構築が必要であることを示唆し
ています。

高齢者の病気の特徴について

解説している動画です。

 

 



 

 

私設の施設を訪問する。笑

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

 

腸内細菌が体内で作る物質が
インフルエンザウイルスに対す
る免疫反応を向上させる可能性
があると発表したのは、偉大な
業績です。特定の乳酸菌飲料が
インフルエンザの予防に効果的
ということは、以前のメルマガ
で紹介しました。それを裏付け
る結果になった可能性が高いと
推測しています。 腸内細菌は、
食物繊維を消化して人間などの
重要な栄養源「短鎖脂肪酸」を
作っていることは周知の事実で
す。その上で、チームは、イン
フルエンザウイルスへの免疫反
応が低下したマウスに、酢酸と
酪酸、プロピオン酸の3種類の
短鎖脂肪酸を投与し、インフル
エンザウイルスを排除する免疫
反応が回復したという結果が得
られました。腸内細菌の作って
いる重要な栄養源「短鎖脂肪酸」
に眼を付けたのは慧眼と言えま
しょう。人間の体内でも同じ事
が起こるかどうか、確認する、
臨床試験を疾く疾く実施される
ことを期待したいと思います。
東京都の後期高齢者の約8割
が2疾患以上の慢性疾患を併存、
約6割が3疾患以上の慢性疾患を
併存していることをレセプトデ
ータから明らかにしたと発表し
たのは、高齢者の疾病の実態を
明らかにした点で有意義な研究
と言えるでしょう。 しかし、
高齢者で多疾患保持の方の原因
は、動脈硬化であることが多く
できれば、多疾患を患う前に、
動脈硬化対策をするべきだと言
えるでしょう。また元データー
がレセプトベースであることか
ら、診療を行うための保険病名
が多数つけられている可能性に
ついては、検討されているので
しょうか?こうしたビックデー
タを元に解析するには、現場で
働いている医師の提案が重要に
なるものです。薬を出すためだ
けに、あるいは検査を通すため
だけに保険病名を付けることが
あることが分かっていないと、
データーを読み違える結果にな
る可能性があることを指摘して
おきたいと思います。また巷に
出回っている完全無料の電子カ
ルテあるいはレセコンは、この
ようなビッグデーターを得るた
めの個人情報が取り放題だと言
われています。このように有益
に使われれば、問題ないのです
がこれら情報が取り放題の事例
では、必ず後になって個人情報
の漏洩が問題になります。電子
カルテやレセコンを導入する時
は無料という甘い誘惑になると
後になって問題が起きる可能性
が高いことを指摘させて頂きま
す。

保健所が保険診療を推奨する。


 

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最近の号外Vol.1428メルマガ

2020-01-07 00:17:03

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 

診療マル秘裏話  号外Vol.1428 平成31年3月5日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)周期性嘔吐症が大人片頭痛に移行するケースは30%
2)認知症ケアの一つとしていけばなの活用が注目

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

 

1】 周期性嘔吐症が大人片頭痛に移行するケースは30%

 

 

 

 

 

 

昔から自家中毒といわれてき
た周期性嘔吐(おうと)症は、
別名「アセトン血性嘔吐症」と
も呼ばれ、就学前の子どもに多
いことが知られています。帝京
平成大学(東京都豊島区)健康
メディカル学部健康栄養学科の
児玉浩子教授は「成長とともに
治まるので、慌てないことです」
と話しています。周期性嘔吐症
は5歳前後の子どもに多く発症
します。普段は元気なのに急に
顔色が悪くなり、何度も吐いて
ぐったりとする嘔吐発作が、数
時間から4、5日続き、その後ケ
ロッと回復するのが特徴です。
児玉教授は「病名の通り、周期
的に同じような症状が起こり、
冷や汗や頭痛、腹痛を伴うこと
がよくあります」と説明してい
ます。血圧が高くなったり脱水
症状が表れたりする危険もあり
ますが、後に残るような合併症
は生じないということです。

詳しい原因は分かっていない
が、ストレスが引き金になるこ
ともあります。ストレスと聞く
と、嫌なことや避けたいことな
ど負のイメージを想像しがちで
すが、楽しみにしている行事も
ストレスになり得ます。子ども
は心理的な対処がうまくできな
いため、体の症状として表れる
というのです。「他には、チョ
コレートやアイスクリームなど
刺激の強い物を食べたり、風邪
を引いたりして起こる場合もあ
ります」

周期性嘔吐症は大人の片頭痛
と関連が深いと考えられていま
す。実際、大人になり片頭痛に
移行するケースは約30%に上る
ということです。周期性嘔吐症
は、他に原因となる病気がなく、
かつ周期的に嘔吐発作が起こる
ことが診断基準となります。血
中や尿中にアセトン体(ケトン
体)という物質の増加が見られ
ますが長時間の空腹や体調不良
でも増える可能性があるため、
診断の確定にはつながらないそ
うです。

嘔吐や吐き気を止める薬とブ
ドウ糖の点滴で症状は改善しま
すが、ひどくなると入院が必要
になるケースもあります。心理
的な要因が強い場合は、心理テ
ストやカウンセリングを行いま
す。児玉教授は「思春期前には
治る病気なので、あまり深刻に
考えないように」と話していま
す。

周期性嘔吐症と診断されたら、
引き金となる食べ物やストレス
を避けるのはもちろん、長時間
空腹にさせないというのもポイ
ントです。

児玉教授は「何日も嘔吐が続
くようなら、早めの受診を」と
促し、「受診の際は、直前に食
べた物や、発症につながりそう
なストレスをメモして行くと、
スムーズな診断につながります」
とアドバイスしています。

子どもの頭痛について解説して

いる動画です。

 

 



 

 

各停で通勤することが確定し
た。笑

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

2】 認知症ケアの一つとしていけばなの活用が注目

 

 

 

 

 

 

 

認知症ケアの一つとして、い
けばなの活用が、注目されてい
ます。花の香りや手触りなどで
五感が刺激され、攻撃性などの
緩和が見られるということです。
研究を進め、社会のさまざまな
場面で役立てようと、実践者や
華道、医療の関係者らが連携し、
「日本いけばな療法学会」を結
成しました。同志社大烏丸キャ
ンパス(京都市上京区)で2月
10日、設立総会が開かれました。
いけばな療法は、華道本能寺
家元華務職で、同志社大大学院
で心理学を研究した浜崎英子さ
ん(53)=右京区=が提唱する
華道と心理学を融合したプログ
ラムです。2008年からこれまで
に認知症の高齢者ら延べ3万人
以上が体験しました。2017年に
国立京都国際会館で開かれた「
国際アルツハイマー病協会国際
会議」でも成果を発表しました。
花を生けることで得られる安
心感や達成感は多くの人が理解
するものの、医学的な効果の研
究などはほとんど進められてこ
なかったということです。今後
高齢者人口が増える中、横断的
な研究を進めようと学会を設立
しました。実践者を増やすため
の制度充実や華道人口の増加に
もつなげたいということです。
総会には約70人が出席しまし
た。代表理事を務める同志社大
大学院の新川達郎教授が「いけ
ばな療法がまちづくりなどにも
生かされ、一人一人の生き方が
より豊かになることを願う」と
あいさつしました。副代表理事
の浜崎さんは講演で、花を生け
るだけでなく好きなものを選ん
で切ったり、飾りつけて観賞し
たりする過程で「その人の情動
にアプローチし、脳の活性化に
つながる」などと説明しました。
副代表理事で元神戸大医学部教
授の岡田昌義さんも講演しまし
た。

グループホームでの生け花クラ

ブの模様を撮影した動画です。

 

 



 

 

花を観賞することに干渉する。


 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

 

昔から自家中毒といわれてき
た周期性嘔吐(おうと)症は、
別名「アセトン血性嘔吐症」と
も呼ばれ、就学前の子どもに多
い事が知られていて、帝京平成
大学(東京都豊島区)健康メデ
ィカル学部健康栄養学科の児玉
浩子教授は「成長とともに治ま
るので、慌てないことです」と
話しています。ただ成長と共に
治まるといっても大人の片頭痛
に移行する可能性が30%あると
いうことですから、対策をキチ
ンと立てないといけないという
ことになります。実は、私の妻
も片頭痛で、非常に吐き気が強
いタイプです。片頭痛はひどく
なるときは、決まって食事を抜
いていたりするのです。食事を
抜くことによって、低血糖状態
になり、脳の中では、ケトン体
を使って凌ごうとします。その
ため、周期性嘔吐症も片頭痛も
食事をキチンと三度三度摂取す
る事が大事であると思われます。
認知症ケアの一つとして、い
けばなの活用が、注目されてい
ます。花の香りや手触りなどで
五感が刺激され、攻撃性などの
緩和が見られるということです
が、五感の内でも、嗅覚の影響
が強いと思われます。認知症の
人は、嗅覚がなくなることが、
初期症状であり、アロマテラピ
ーによって症状が劇的に改善す
る人もいるからです。もう一つ
の要素としては、回想法です。
いけばなを活けながら、昔の事
を思い出すということもあるの
だと思います。その効果を確か
なものとするために自分史年表
を完成させることをお勧めしま
す。それと同時に、運動療法の
併用も相加相乗効果をもたらす
と考えられます。ステップバラ
ンストレーナーという機械で、
転倒を防止しながら、歩く距離
を伸ばしたり、ケアートランポ
リンで垂直方向の運動を取り入
れたりすることが有効だと私は
考えています。

相加相乗効果をもたらすと聞
いて、そうかと思った。  笑

 

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント