最新号より100号前のメルマガ

2019-03-13 23:16:58

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 

 

診療マル秘裏話    Vol.698 平成29年4月26日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)人工透析開始の原因は、糖尿病性の腎症が最多
2)世論調査で飲まない人が増え飲酒者酒量が増加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

 

1】 人工透析開始の原因は、糖尿病性の腎症が最多

 

 

 

 

 

 

 

国内の人工透析患者さんは2
015年末時点で前年より45
00人余り増えて約32万5千
人に達したことが、日本透析医
学会の最新データで明らかにな
りました。

同学会が、全国の透析施設を
対象に、毎年調査、集計してい
ます。回収率は99%で、対象
施設のほぼ全数に当たる、43
21施設から回答がありました。

15年に透析を開始した患者
さんは約3万9500人。09
年以降、一時的に減少したこと
もありましたが、再び増加し初
めて3万9千人を超え、4万人
に迫っています。

新規患者さんの男女比はほぼ
2対1です。年齢を5歳刻みで
見ると、男性は65~69歳、
女性は80~84歳が最多でし
た。 一方、15年に死亡した
患者さんは約3万1100人で、
こちらも前年よりわずかに増加
しました。

透析開始の原因は、糖尿病性
の腎症が最多の44%です。1
998年にそれまで最多だった
慢性糸球体腎炎を抜いて以来、
糖尿病患者さんの急激な増加を
反映して、その割合も大きく増
えました。

腎臓自体の不調が原因である
慢性糸球体腎炎が透析全体に占
める割合は、83年には60%
を超えていましたが治療の進歩
などで減り続け、2015年は
17%です。腎臓が動脈硬化で
傷む腎硬化症が高齢化に伴って
増加し、14%で続きました。

日本の透析患者さんは、05
年ごろまでは毎年約1万人ずつ
増加していました。その後、勢
いは鈍っているものの増加傾向
は変わらず、11年には30万
人を超えました。日本の人口自
体が11年以降、減っている事
もあり、100万人当たりの患
者数は1990年の836人か
ら、2015年は2592人へ
と急激に増えています。

糖尿病性腎症について解説して

いる動画です。

 

 



 

 

高価な硬貨を降下し、持ち主
の態度を硬化させた。笑

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

2】 世論調査で飲まない人が増え飲酒者酒量が増加

 

 

 

 

 

 

 

酒をほとんど飲まないか飲め
ない人が増え、1年以上前にや
めた人を合わせると20歳以上
の半数近くに上る一方、飲酒す
る人の酒量は増加傾向にある事
が、東京都の「健康と保健医療
に関する世論調査」で分かりま
した。

昨年10~11月、面接調査
で計1657人から回答を得ま
した。

週1~2回以上飲む人は前回
調査(2012年)に比べてい
ずれも減少しました。「ほとん
ど飲まないか飲めない」が42
%とトップで、1年以上やめて
いる人も3%いました。

一方で、飲む人に飲酒量を尋
ねると、日本酒にして1合以上
と答えた人が計74%と、前回
の計68%より6ポイント増え
ていました。

禁酒、断酒する人が多い理由に

ついて解説している動画です。

 

 



 

 

週1~2回以上飲む人は、前回
調査(2012年)に比べてい
ずれも減少するという現象。笑

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

 

国内の人工透析患者さんは2
015年末時点で前年より45
00人余り増えて約32万5千
人に達したことが明らかになっ
たことは、残念としか言いよう
がありません。私は、慢性腎臓
病の方を早期に見つけて、進行
をなんとか遅らせようと毎日、
工夫しています。根本になって
いる生活習慣の悪行を変えない
限り、病気は治らないと考えて
いるので地道に生活習慣のプリ
ントを配り続けます。
酒をほとんど飲まないか飲め
ない人が増え、1年以上前にや
めた人を合わせると20歳以上
の半数近くに上る一方、飲酒す
る人の酒量は増加傾向にある事
が、東京都の「健康と保健医療
に関する世論調査」で分かった
のは、興味深い結果と言えまし
ょう。酒は、飲んでも飲まれる
なという格言は、正しいようで
す。医師の立場から飲酒を論ず
ると、ほろ酔い加減までという
のがベストであると言えます。

反芻動物が半数になる。笑

 

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最近の号外Vol.1171メルマガ

2019-03-13 02:15:01

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 

 

診療マル秘裏話    号外Vol.1171 平成30年5月10日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)糖尿病発症しやすい肥満と健康的な肥満に二分
2)タウリン散の効能・効果および用法・用量追加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

 

 

1】 糖尿病発症しやすい肥満と健康的な肥満に二分

 

 

 

 

 

 

 

大阪大学の研究グループは、
肥満者の脂肪組織の酸化ストレ
スを指標にすることによって、
糖尿病を発症しやすい肥満と、
健康的な肥満とに二分できると
いう新しい知見を得ました。増
加した酸化ストレスは中性脂肪
を抑制しますが、一方で脂肪肝
などの脂肪の蓄積が生じ、糖尿
病の発症につながることを明ら
かにしました。インスリン抵抗
性や代謝異常を合併する病的な
肥満者と、これらを合併しない
健康的な肥満者を区別する分子
メカニズムはこれまで不明でし
た。酸化ストレスを取り除く事
で病的な肥満者を健康的な肥満
者へと誘導できる道筋が確保で
きるとしています。

研究グループは、遺伝子改変
マウスの技術を用いて脂肪細胞
に対し特異的に2種類の抗酸化
酵素が過剰発現するように改変
したマウスと、酸化ストレスが
増加するようにした改変マウス
をそれぞれ作製しました。抗酸
化酵素の過剰発現マウスでは、
脂肪組織量が増えましたが肝臓
への脂肪蓄積が減少し、糖尿病
の症状の善し悪しに重要なイン
スリン抵抗性が改善しました。
一方、酸化ストレスが増えるマ
ウスでは脂肪組織量が減少しま
したが肝臓への脂肪蓄積が増加
し、インスリン抵抗性が悪化し
てしまいました。

これまでに研究グループは、
肥満状態において、脂肪組織の
酸化ストレスが増加し、肥満に
ともなう代謝異常の発症と関連
することや、酸化ストレスがア
ディポサイトカイン(脂肪細胞
から分泌される生理活性物資)
の制御異常を誘導する事を報告
してきました。今回の動物実験
の新知見はヒトへの応用も可能
で、脂肪組織の酸化ストレスを
標的とする、糖尿病などの代謝
異常を合併することのない肥満
に改善させる治療法や、機能性
素材の開発に弾みがつくと予想
されます。成果は米科学誌「D
iabetes(ディアベテス)」
で公開されました。

肥満と糖尿病の関連性について

の動画です。

 

 



 

 

悪貨が良貨を駆逐し経済状態
が悪化する。笑

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

2】 タウリン散の効能・効果および用法・用量追加

 

 

 

 

 

 

 

大正製薬は4月16日、2017年
8月の「医療上の必要性の高い
未承認薬・適応外薬検討会議」
を受けた厚生労働省からの開発
要請があったタウリン散の「M
ELASにおける脳卒中様発作
の再発抑制」の効能・効果およ
び用法・用量追加にかかわる一
部変更承認申請を行ったと発表
しました。

MELASは、指定難病であ
るミトコンドリア病で最も頻度
が高いとされています。ミトコ
ンドリアの機能異常により主に
脳と筋肉が障害され、脳卒中様
発作を繰り返す慢性疾患です。

申請には、川崎医科大学神経
内科学の砂田芳秀教授らによる
医師主導治験を用いました。ま
た、日本神経学会から厚生労働
省に、要望書が提出されていま
した。

ミトコンドリア病の青年の書に

ついての動画です。

 

 



 

 

 

治験で新たな知見を得る。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

 

 

肥満者の脂肪組織の酸化スト
レスを指標にすることによって、
糖尿病を発症しやすい肥満と、
健康的な肥満とに二分できると
いう新しい知見を得たのは素晴
らしい業績です。要は、抗酸化
物質が体内にたくさんあれば、
肥満の状態であっても、病的な
肥満症にはならないということ
だと思います。逆に、酸化スト
レスが過剰に加わった肥満では、
インスリン抵抗性が増し、内蔵
肥満が増大して、治療が必要な
病的肥満症となることが分かっ
たということでしょう。
タウリン散の「MELASに
おける脳卒中様発作の再発抑制」
の効能・効果および用法・用量
追加にかかわる、一部変更承認
申請を行ったのは喜ばしいこと
です。これでタウリン散を「M
ELASにおける脳卒中様発作
の再発抑制」に使うことができ
るということでしょう。現在の
添付文書では、効能効果は高ビ
リルビン血症(閉塞性黄疸を除
く)における肝機能の改善とう
っ血性心不全だけです。きちん
と臨床試験を行った上での効能
効果の追加は臨床での使用の幅
が広がり歓迎されると思います。

商人が証人申請を承認する。


 

 

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント