最近の号外Vol.982メルマガ

2018-08-05 00:12:15

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。


病院・診療所ランキング

 

診療マル秘裏話   号外Vol.982  平成29年10月1日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)産業上有用な匂いを数値化してデータベースを構築
2)オキシトシンを、小腸で吸収する仕組みを解明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

1】 産業上有用な匂いを数値化してデータベースを構築

 

 

 

 

 

 

 

大阪大学(阪大)は、香味発酵
と共同で、産業上有用な匂いを
嗅覚受容体で数値化してデータ
ベースを構築し、新しい匂いを
デザインする事業展開が開始さ
れたことを発表しました。同大
産業科学研究所の黒田俊一教授
らの研究グループは、独自開発
した全自動1細胞解析単離装置
を駆使することで、特定の匂い
分子に反応して活性化する嗅覚
受容体群を網羅的に、単離する
唯一の方法を2016年に開発しま
した。今回サービス展開を行う
香味醗酵は、黒田教授が開発し
た嗅覚受容体解析技術の、社会
実装を担う大阪大学発ベンチャ
ーとして、平成29年5月に設立
されました。

現在、(1)任意の匂い(混合物で
も可)による嗅覚受容体群(ヒト
約400種類、マウス約1000種類)
の活性化度合いを迅速測定する
方法、(2)任意の匂いを嗅覚受
容体群活性化度合いで表現する
方法、(3)求める匂いを他の匂
い分子群で迅速に再構成する方
法‐の3つの技術を特許申請し
ているということです。

研究グループが開発した嗅覚受
容体を発現する細胞群から任意
の匂い(混合物を含む)に反応す
る細胞のみを全て迅速に取り出
す方法を駆使して、ニーズに即
した匂いのデータベース構築を
進めています。この蓄積したデ
ータを活用することにより「匂
いの感じ方」に基づく、匂いの
要素分解及び再構成を行うとい
うことです。これにより、高価
な香りを安価な成分で調香師の
経験に依らず迅速に代替する事、
限りなく本物に近い、擬似的な
飲料を官能試験によらず迅速に
開発すること、加齢臭等の嫌な
匂いを、積極的に感じなくする
物質を迅速に見つけること、更
には微量に存在するだけで匂い
を強めたり弱めたりする成分の
解析と原理の理解や、精神活動
を制御する匂いの解析と原理の
理解、生殖活動を高める匂いの
解析と原理の理解といった、こ
れまで不可能だったことが可能
になるということです。

匂いを数値化する機械について

の動画です。

 

 



 

 

鼻梁に微量存在する油。笑

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

2】 オキシトシンを、小腸で吸収する仕組みを解明

 

 

 

 

 

 

 

金沢大学は8月31日、オキシ
トシンを小腸で吸収する仕組み
を解明するとともに、その補給
が、未熟児の社会性(社会脳)の
発達に役立つ可能性があること
を見いだしたと発表しました。

同成果は、同大子どものこころ
の発達研究センターの東田陽博
特任教授、医薬保健研究域医学
系血管分子生物学の原島愛助教、
棟居聖一助教、山本靖彦教授ら
の研究グループによるものです。
詳細は、英国科学誌「Scientif
ic Reports」(オンライン版)に
掲載されました。オキシトシン
は、人が他人のこころを推し量
り、交流していく際に必要なペ
プチドホルモンとされ、社会脳
の発達に欠かせないものと考え
られています。母乳中には、多
くの栄養素と共に血液から濃縮
されたオキシトシンが含まれて
り、母乳を飲むことで乳児にオ
キシトシンが伝わることが知ら
れていました。しかし、腸管で
は体にとって良くないものを取
り込まない機構(腸管障壁)が生
後間もなく形成されるため、オ
キシトシンは、腸管から自由に
移行しないと考えられており、
腸管障壁の存在下で、オキシト
シンがどのように腸管から体液
に取り込まれるかは、これまで
分かっていませんでした。

今回、Receptor for Advanced
Glycation Products (RAGE) と
いう分子が小腸の絨毛上皮細胞
にあり、それがオキシトシンを
腸管側から体内側へ輸送し、オ
キシトシンを吸収することを明
らかにしました。また、同研究
グループは、RAGEがオキシトシ
ンを輸送することから、オキシ
トシンを薬や栄養物として口腔
投与(飲み薬)できることを示す
ほか、粉ミルクにオキシトシン
を添加し摂取することでも、未
熟児の発育の社会性低下および
自閉スペクトラム症発症を低減
できる可能性も示すと説明して
います。

オキシトシンについて解説して

いる動画です。

 

 



 

 

発症を低減する提言を行う。


 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

 

産業上有用な匂いを嗅覚受容
体で数値化してデータベースを
構築し、新しい匂いをデザイン
する事業展開が開始されたこと
を発表したのはすばらしい業績
であると思います。このデータ
ベースを活用することで、「匂
いの感じ方」に基づく、匂いの
要素分解及び再構成を行うとい
うことです。これにより、高価
な香りを安価な成分で調香師の
経験に依らず迅速に代替する事、
限りなく本物に近い、擬似的な
飲料を官能試験によらず迅速に
開発すること、加齢臭等の嫌な
匂いを、積極的に感じなくする
物質を迅速に見つけること、更
には微量に存在するだけで匂い
を強めたり弱めたりする成分の
解析と原理の理解や、精神活動
を制御する匂いの解析と原理の
理解、生殖活動を高める匂いの
解析と原理の理解といった、こ
れまで不可能だったことが可能
になるそうですから本当に凄い
という他ありません。
オキシトシンを小腸で吸収す
る仕組みを解明するとともに、
その補給が、未熟児の社会性
(社会脳)の発達に役立つ可能性
があることを見いだしたと発表
したのは偉大な業績です。その
吸収の過程で、糖化最終産物の
受容体であるRAGEがオキシトシ
ンを輸送するというのも興味を
惹かれました。糖化=老化です
から老化を促す産物の受容体が
オキシトシンを輸送するという
ことです。粉ミルクにオキシト
シンを添加し摂取することでも、
未熟児の発育の社会性低下およ
び、自閉スペクトラム症発症を
低減できる可能性が出てきた事
も本当に瓢箪から駒という感じ
が否めません。自閉スペクトラ
ム症についての相談が急増して
いて、支援センターがパンクし
そうなので、発症を低減できる
となれば、世の子供を持つ親達
は、安全性が確認され次第子供
に投与という事になりそうです。

定価の低下を望んでいます。


 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント