最近の号外Vol.905メルマガ

2018-05-07 00:25:23

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。



美白·美肌ブログランキングへ

 

 

診療マル秘裏話    号外Vol.905 平成29年7月3日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)軽度認知障害の有無を血液検査結果を使い判定
2)イエメンで、コレラ の感染疑いの人が10万1800人以上

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

 

1】 軽度認知障害の有無を血液検査結果を使い判定

 

 

 

 

 

 

 

郡山市の日大工学部は、認知
症の前段階の軽度認知障害(M
CI)の有無を一般の健康診断
の血液検査結果を使って簡便に
判定する方法を開発しました。
認知症のリスクを早期に発見し、
生活習慣の見直しなどで予防に
つなげることが可能となります。
MCIは、健康な状態と認知症
の中間の段階を指して言います。
日常生活に支障はないのですが、
認知機能の一部に障害が見られ
ます。
認知症の診断は、記憶力、言語
理解力などを調べる問診や磁気
共鳴画像装置(MRI)、陽電
子放射断層撮影装置(PET)
などを使った精密検査が必要で
時間と費用がかかります。受診
の機会も限られるため、MCI
から認知症に移行した後に診断
される場合が多いようです。
新たな判定方法は人工知能(
AI)に使われる深層学習(デ
ィープラーニング)を活用しま
した。過去の膨大な症例から、
蛋白質などの血液成分と認知症
の進度の関連を調べた結果を基
に判定します。健康診断などの
血液検査データをそのまま用い
るため、手軽で、短時間に認知
症に関する多くの症例のリスク
の発見が期待できます。研究で
は95%以上の精度でMCIの
判定が可能だったという事です。
現在特許を出願しており病院
や、民間企業の健診での活用も
検討しています。 県内のIT
企業と連携してスマートフォン
向けの診断アプリの開発も進め
ています。
酒谷薫教授と大山勝徳准教授
が共同研究し、市内の、総合南
東北病院が協力しました。酒谷
教授は、「超高齢化社会の中で
認知症対策の大事な切り札にな
る」と語りました。

このニュースのニュース動画で

す。

 

 



 

 

藩邸で重要事項を判定する。


 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

2】 イエメンで、コレラ の感染疑いの人が10万1800人以上

 

 

 

 

 

 

 

世界保健機関(WHO)は6
月8日、イエメンで流行してい
るコレラの感染が疑われる人が
10万1800人以上に達した
と発表しました。死者は789
人に上ります。
イエメンでは長引く内戦で、
医療施設の大半が荒廃し、薬や
食料品も不足しています。国連
は「未曽有の規模で深刻な感染
拡大となっている」と指摘し、
感染者が30万人に達する恐れ
があると警告しています。

ロシア発案による武器禁輸が、

採択されたようですが停戦して

いません。人々の苦悩が伺えま

す。

 

 



 

 

不測の事態で薬や食料品が、
不足する。笑

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

 

認知症の、前段階の軽度認知
障害(MCI)の有無を一般の
健康診断の血液検査結果を使っ
て簡便に判定する方法を開発し
たのは偉大な業績です。認知症
のこれまでの確定診断には記憶
力、言語理解力等を調べる問診
や磁気共鳴画像装置(MRI)、
陽電子放射断層撮影装置(PE
T)等を使った精密検査が必要
で時間と費用がかかりました。
それを健康診断の血液検査結果
を使って簡便に判定可能となっ
た訳ですから革新的進歩と言っ
も過言ではないでしょう。ここ
にも人工知能(AI)に使われ
る深層学習(ディープラーニン
グ)を活用するとあるので進歩
は日進月歩であると驚嘆しまし
た。
イエメンで流行しているコレ
ラの感染が疑われる人が10万
1800人以上に達したと発表
し、死者は789人に上るとい
うことは、本当に由々しき問題
です。内戦などの戦争をしてい
る場合ではありません。戦争を
すれば、するほどコレラの感染
が広がることは、火を見るより
明らかでしょう。イスラム教の
スンニ派とシーア派を巡る争い
に外国勢力が加担して行われる
内戦は根深いものがあるのは、
承知していますが、いますぐに
戦争をやめないとそれこそコレ
ラの感染者が30万人に達する
恐れが現実のものとなることで
しょう。

内戦の開始を内線で告げる。


 

 

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント