最近の号外Vol.883メルマガ

2018-04-11 00:04:44

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。



美白·美肌ブログランキングへ

 

 

診療マル秘裏話    号外Vol.883 平成29年6月8日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

目次

1)コデインを含む医薬品の、小児への処方を制限
2)妊娠高血圧症候群の一因の酸化ストレスが病状改善

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

1】 コデインを含む医薬品の、小児への処方を制限

 

 

 

 

 

 

厚生労働省は5月16日、せき
止め薬等に使われる「コデイン」
と呼ばれる成分を含む医薬品に
ついて、小児への処方を制限す
る方向で、検討すると発表しま
した。

小児で、ごくまれに、重篤な
呼吸困難の副作用が生じる恐れ
があり、欧米など海外の一部で
は処方制限が行われています。

厚労省によると、コデインは
モルヒネに類似した成分です。
国内では、医師による処方箋が
必要な医療用医薬品で約60製品、
市販薬では約600の製品で使
われています。添付文書で小児
に対し慎重に投与するよう求め
ていました。具体的な処方制限
の内容や対象年齢などは、6月
に開く有識者検討会で決めると
しています。

咳止めの薬剤で、聴覚異常の副

作用が出たという動画です。リ

ン酸コデインの副作用について

も言及しています。

 

 



 

 

誓言を行うことで行動を制限
される。笑

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

2】 妊娠高血圧症候群の一因の酸化ストレスが病状改善

 

 

 

 

 

 

東北大大学院の鈴木 教郎准
教授(酸素医学)らの研究グル
ープは、体に悪影響を及ぼす事
が多く胎児の発育を妨げる妊娠
高血圧症候群の一因とされてき
た「酸化ストレス」に、病状を
改善する意外な機能があること
を、マウス実験で明らかにした
と、5月17日付の米科学誌電子
版で発表しました。

鈴木准教授は「悪玉因子と考
えられてきた酸化ストレスに良
い効果があることが分かりまし
た。人に応用できるよう、今後
さらにデータを集めたい」と話
しています。

グループによると、妊娠高血
圧症候群は母体から胎児に栄養
素を送る胎盤の血管が減少し、
胎児の成長を阻害します。母体
にも臓器障害などが生じます。

妊娠高血圧症候群について解説

している動画です。

 

 



 

 

 

産科で酸化ストレスが、良い
効果。笑

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

厚生労働省は5月16日、せき
止め薬等に使われる「コデイン」
と呼ばれる成分を含む医薬品に
ついて、小児への処方を制限す
る方向で、検討すると発表した
のは妥当な判断であると思いま
す。コデインは厳然たる麻薬で
あり、薄めたからと言って麻薬
でなくなるというのはおかしな
論理であると思います。 私は
コデインを小児に処方しません。
繊毛の働きを止める鎮咳薬は、
百害あって一利なしであるから
です。そのような鎮咳薬を処方
するなら、適切な気管支拡張薬
や抗生物質の方が効果的だと思
います。
体に悪影響を及ぼす事が多く
胎児の発育を妨げる妊娠高血圧
症候群の一因とされてきた、「
酸化ストレス」に、病状を改善
する意外な機能があることを、
マウス実験で明らかにしたのは
画期的な発見です。 酸化剤が
がん幹細胞を殺すように、良い
影響を与えるのであれば、積極
的に治療に組み入れるべきです。
ただし、他の臓器へ悪影響が出
る可能性がありますので、妊娠
高血圧症候群で、合併症がない
妊婦さんに臨床試験してみるの
が妥当であると推察致します。

遺骸は意外な所にあった。笑

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント