最新号より100号前のメルマガ

2018-04-01 00:16:31

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。



美白·美肌ブログランキングへ

 

診療マル秘裏話  Vol.648 平成28年5月12日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)悪性中皮腫のがん幹細胞を殺す、ナノテク抗がん剤
2)エコノミークラス症候群の予防に運動と水分補給が必要

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

1】 悪性中皮腫のがん幹細胞を殺す、ナノテク抗がん剤

 

 

 

 

 

ナノ医療イノベーションセン
ター(iCONM)の片岡一則
センター長(東京大学政策ビジ
ョン研究センター特任教授)等
の研究チームは、悪性中皮腫の
がん幹細胞を狙い撃つことがで
きる、「ナノテク抗がん剤」の
開発に成功しました。抗生物質
のスタウロスポリンを抗がん剤
のエピルビシン内包のミセルに
封入しました。2剤を効果的に
がんに送り届け、効果を高める
とともに副作用の低減を実現し
ます。

悪性中皮腫のがん幹細胞をス
クリーニングしました。スタウ
ロスポリンが、がん幹細胞に対
して低濃度で効果を示すことを
確認しました。一方、スタウロ
スポリンとエピルビシンが相互
作用することを見いだし、臨床
第1相試験(P1)中のエピル
ビシン内包ミセルにスタウロス
ポリンを封入したところ、効率
的に内包できることを発見しま
した。このミセルは、がん組織
周辺や癌細胞内の低pH環境に
応答してスタウロスポリンとエ
ピルビシンを同時に放出します。
スタウロスポリンが水に難溶性
で静脈投与した場合に失活して
しまう課題を解消できます。

悪性中皮腫細胞の同所移植マ
ウスモデルで治療効果を検討し
ました。未治療群が1カ月で全
例死亡したのに対し、このミセ
ル治療群は、全例で3カ月以上
の生存を確認しました。 投薬
中止後も半数以上の個体で9カ
月以上再発が、起こりませんで
した。

他のがんへの有効性について
も確認を進めているそうです。

ナノ医療イノベーションセンター

の紹介動画です。

 

 



 

 

 

献灯への灯火速度アップでの
健闘を検討する。笑

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

2】 エコノミークラス症候群の予防に運動と水分補給が必要

 

 

 

 

熊本、大分両県で相次ぐ地震
で、厚生労働省は19日、エコノ
ミークラス症候群の予防のため
「足の指でグーをつくる」「足
首を回す」といった運動や水分
補給をするよう被災者に呼び掛
けました。注意をまとめたチラ
シを避難所に配布し、ホームペ
ージにQ&Aなどの情報を掲載し
ました。

予防のための運動として(1)
足の指でグーをつくる(2)足
の指を開く(3)つま先を地面
に付け、かかとを上下に動かす
(4)つま先を引き上げる(5)
ひざを両手で抱え、力を抜いて
足首を回す(6)ふくらはぎを
軽くもむ等を紹介しています。

また、こまめに水分を取り、
アルコールを控える、ベルトを
ゆるめる、眠るときは足を上げ
ることなどを心掛けると良いと
しています。

エコノミークラス症候群は、
車中泊など長時間同じ姿勢でい
るとなりやすいことが分かって
います。高齢者や妊婦、骨折等
のけがをしている人、生活習慣
病の人らは、特に注意が必要で、
初期症状は、片足のはれや痛み
です。足でできた血の塊が肺の
血管につまると胸の痛みや呼吸
困難、失神などの症状が出ます。

エコノミークラス症候群につい

て解説している動画です。

 

 



 

 

書記がエコノミークラス症候
群の初期症状を示す。笑

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

 

悪性中皮腫のがん幹細胞を狙
い撃つことができる、「ナノテ
ク抗がん剤」の開発に成功した
のは、偉大な業績です。モデル
動物のマウスで効果があったの
で有望な薬であることは事実で
す。また水に難溶のスタウロス
ポリンが、静脈投与した場合に
失活するDDS の課題を克服でき
るとは、エレガントな実験方法
と言えるでしょう。人に対する
臨床試験が早期に実施される事
を期待したいと思います。
熊本、大分両県で相次ぐ地震
で、厚生労働省は19日、エコノ
ミークラス症候群の予防のため
「足の指でグーをつくる」「足
首を回す」といった運動や水分
補給をするよう被災者に呼び掛
けたのは、過去の震災で沢山の
被災者がエコノミークラス症候
群で亡くなった経験から学んで
出したものと考えられます。今
回の地震でも、車中泊などで、
既に亡くなってしまった被災者
の方がいるのは、痛ましいとし
か言いようがありませんがこれ
以上エコノミークラス症候群の
犠牲者を増やさないための必死
の呼びかけと思われます。 長
時間同じ姿勢でいる被災者の人
が呼びかけに応じて、予防法を
心掛けることでこの病気を発症
しないことを期待したいと思い
ます。

市井の聖人が、救済の姿勢を
示す。笑

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント