最近の号外Vol.856メルマガ

2018-03-10 03:18:43

カテゴリー:ブログ



 

藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。



美白·美肌ブログランキングへ

 

 

診療マル秘裏話    号外Vol.856 平成29年5月7日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

目次

1)日常記憶が転送され、固定化されるメカニズム
2)煙草1日30本以上吸う男性は、AMLのリスクが2.2倍

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

1】 日常記憶が転送され、固定化されるメカニズム

 

 

 

 

 

 

理化学研究所(理研)は4月7日、
日常の出来事の記憶が時間経過
とともにどのようにして海馬か
ら大脳新皮質へ転送され、固定
化されるのかに関する神経回路
メカニズムをマウスの脳におい
て発見したと発表しました。

同成果は、理研脳科学総合研究
センター理研-MIT神経回路遺伝
学研究センター 利根川進セン
ター長、北村貴司研究員、小川
幸恵研究員、大学院生のディー
ラジ・ロイ氏らの研究グループ
によるもので、4月7日付けの米
国科学誌「Science 」に掲載さ
れました。

日常の出来事の記憶はエピソー
ド記憶とよばれ、これを形成し
たり、思い出したりするのには
海馬が、重要な役割を担ってい
ます。 これまでの研究から、
海馬に形成された記憶は、時間
経過とともに徐々に大脳皮質に
転送され、最終的には大脳皮質
に貯蔵されるという「記憶固定
化の標準モデル」が考えられて
きましたが、このモデルに関し
ての神経回路メカニズムの詳細
は、明らかになっていませんで
した。

今回、同研究グループは、記憶
を担う記憶痕跡細胞またはエン
グラム細胞を、標識・操作する
研究手法を用いて、学習時、エ
ングラム細胞ははじめに海馬に
形成され、続いて扁桃体ととも
に大脳皮質の前頭前皮質に形成
されることを発見しました。た
だし、前頭前皮質のエングラム
細胞は記憶情報を持っています
が、思い出しにはすぐに使われ
ない「サイレントなエングラム」
という状態にあることが分かり
ました。

学習後2~10日のあいだに、サ
イレントだった前頭前皮質のエ
ングラム細胞は、海馬のエング
ラム細胞からの神経入力を受け
て、機能的に徐々に成熟してい
きますが、逆に海馬のエングラ
ム細胞は時間とともにサイレン
ト化、脱成熟します。 つまり、
これまで考えられてきた海馬か
ら大脳皮質への記憶の転送のア
イデアは、前頭前皮質のエング
ラム細胞の成熟と海馬のエング
ラム細胞の脱成熟により、記憶
想起に必要な神経回路が切り替
わることで説明できるようにな
ったといえます。

前頭前皮質は意味記憶やルール
記憶の形成に重要であることか
ら、今後は、どのようにして、
古いエピソード記憶が意味記憶
へと変化するのかに関して神経
回路レベルで検証すること、さ
らには、意味記憶を符号化する
神経細胞群が存在するのか否か
についても、更なる研究が期待
されるということです。

勉強後5分の過ごし方について

の動画です。お菓子を食べるの

は、夜はやめましょう。 また

ポテトチップスを食べるのも、

止めましょう。昼間に和菓子と

いうのが宜しいかと思います。

 

 



 

 

 

懸賞の審査を検証する。笑

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

2】 煙草1日30本以上吸う男性は、AMLのリスクが2.2倍

 

 

 

 

 

 

たばこを1日30本以上吸う
男性は吸わない男性に比べ急性
骨髄性白血病(AML)になる
リスクが2.2倍になるとの研究結果
を愛知県がんセンター研究所の
松尾恵太郎・遺伝子医療研究部
長らのチームがまとめ、専門誌
に発表しました。

AMLは年間、10万人に約2
人が発症するとされています。
松尾さんによると、海外では、
喫煙がAMLのリスクを上昇さ
せるとの報告がありましたが、
国内では関連がはっきりしてい
ませんでした。

チームは岩手や大阪、沖縄等
9府県に住む40~69歳の男女約
9万7千人の生活習慣や健康状態
を、1990年代から平均で約18年
間調べました。90人がAML、
計47人が他のタイプの白血病を
発症していました。

年齢や性別などによる偏りが
出ないよう調整して、喫煙との
関連を調べると、1日30本以上
たばこを吸う男性がAMLにな
るリスクが高くなっていました。
1日30本未満の男性では、明ら
かな差はみられませんでした。
他のタイプの白血病や女性は、
喫煙者や患者が少ない等のため
喫煙の影響ははっきりしなかっ
たということです。

松尾さんは、「多くのがん、
循環器や呼吸器の病気と同様に、
AMLの発症を防ぐためにも、
禁煙を広めることが重要だとわ
かった」と話しています。

急性骨髄性白血病について解説

している動画です。以前は私も

こうした治療をしていましたが、

今はしていません。身体の負担

が大きすぎるからです。

 

 



 

 

近縁の人から禁煙を勧める。


 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

編集後記

日常の出来事の記憶が、時間
経過とともに、どのようにして
海馬から大脳新皮質へ転送され、
固定化されるのかに関する神経
回路メカニズムをマウスの脳に
おいて発見したのは偉大な業績
です。前頭前皮質のエングラム
細胞の成熟と海馬のエングラム
細胞の脱成熟により、記憶想起
に必要な神経回路が切り替わる
ことで説明できるとは、夢にも
思いませんでした。本当にコロ
ンブスの卵と言えます。
たばこを1日30本以上吸う
男性は吸わない男性に比べ急性
骨髄性白血病(AML)になる
リスクが2.2倍になるとの研究結果
が発表されたのは、残念なこと
です。たばこを1日30本以上
吸う男性は、たくさんいらっし
ゃるので今後は、白血病を発症
しないよう十分な注意が必要と
なります。当然、可能なら禁煙
を勧める事が望まれます。白血
病の他にも、脳卒中、心筋梗塞
等の重大な病気のリスクも跳ね
上がるため、これら疾患の兆候
にも気を配る必要があります。

十代で重大な事故を起こす。


 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント