最近の号外Vol.816メルマガ

2018-01-23 00:59:36

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。



美白·美肌ブログランキングへ

 

 

診療マル秘裏話    号外Vol.816 平成29年3月21日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)傷害末梢神経に、直接巻く布状の新素材を開発
2)抗PIT-1抗体症候群は異常免疫細胞生成が原因

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

 

1】 傷害末梢神経に、直接巻く布状の新素材を開発

 

 

 

 

 

物質・材料研究機構(茨城県
つくば市)と大阪大のチームは
2月27日、傷ついた末梢神経に
直接巻いて、手足のしびれや痛
みを治す布状の新素材を開発し
たと発表しました。神経の再生
に効果がある、ビタミンB12 を
放出し、神経の修復後は自然に
分解するということです。

手のひらの付け根付近の神経
が圧迫され、手指にしびれを感
じる手根管症候群などの治療で
実用化を目指しています。

チームは、材料となるプラス
チックの構造を工夫し、直径が
髪の毛の約千分の1に当たる数
百ナノメートル(ナノは10億分
の1)の細い繊維を作製しまし
た。ビタミンB12 を含む、神経
に巻けるほど柔らかいメッシュ
を作りました。

末梢神経系について解説してい

る動画です。

 

 



 

 

 

耕三さんが、プラスチックの
構造を工夫した。笑

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

2】 抗PIT-1抗体症候群は異常免疫細胞生成が原因

 

 

 

 

 

 

神戸大の研究グループは甲状
腺刺激ホルモンなど3種のホル
モン分泌が低下して起こる病気
「抗PIT(ピット)-1抗体
症候群」について胸にある臓器
「胸腺」で異常な免疫細胞が作
られることが原因と解明し、英
科学誌電子版にこのほど発表し
ました。

研究は、同大の高橋裕准教授、
井口元三講師、坂東弘教 医学
研究員(いずれも糖尿病内分泌
内科学)らが行いました。

同症候群は、異常なキラーT
細胞が正常な細胞を攻撃して起
こる自己免疫疾患で、2010
年に高橋准教授らが発見しまし
た。指定難病の下垂体機能低下
症に分類されています。

研究によると、異常なキラー
T細胞は、胸腺にできる腫瘍「
胸腺腫」で作られ、ホルモン分
泌を促す蛋白「PIT-1」の
作用を阻害します。この結果、
甲状腺刺激ホルモンと成長ホル
モン、乳腺刺激ホルモンの分泌
量が減り胃炎や肝炎、内臓肥満、
骨粗鬆症などを引き起こします。

研究グループは、下垂体機能
低下症を起こした40~80代
の男性3人が、共通して胸腺腫
を発症していることに着目しま
した。うち2人の胸腺腫で本来
ないはずのPIT-1の発生を
確認しました。

このPIT-1の存在によっ
て、本来はウイルスに感染した
細胞等を攻撃するキラーT細胞
が、PIT-1を攻撃する能力
を獲得します。これが脳下垂体
に移り、同症候群を発症させて
いたということです。

現在の同症候群の患者さんは、
内服薬や注射薬でホルモン補充
を続けていますが、今回の研究
成果により早期発見や根本的な
治療法の開発が期待できるとい
うことです。

高橋准教授は、「卵巣がんや
悪性リンパ腫が、原因とされる
自己免疫疾患『傍腫瘍(ぼうし
ゅよう)症候群』などの発症メ
カニズム解明や、根本的な治療
法開発にもつながる可能性があ
る」と話しています。

【胸腺】胸の中央にある胸骨
の内側、心臓の上にあるH形の
握り拳大の臓器です。免疫機能
に関わるキラーT細胞など何百
万種のT細胞がここで作られま
す。 思春期に最も活性化し、
成人になると退化して脂肪組織
となることが分かっています。

胸腺について解説している動画

です。

 



 

 

耐火材により、対価を払う事
なく防火対策が退化した。笑

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

 

傷ついた末梢神経に直接巻い
て、手足のしびれや痛みを治す
布状の新素材を開発したと発表
したのは偉大な業績です。神経
の再生に効果がある、ビタミン
B12 を放出し、神経の修復後は
自然に分解するという、優れた
性質を持っていることは特筆に
値すると言っても過言ではない
でしょう。
3種のホルモン分泌が低下し
て起こる病気「抗PIT(ピッ
ト)-1抗体症候群」について
胸にある臓器「胸腺」で異常な
免疫細胞が作られることが原因
と解明したのは偉大な業績です。
現在の、同症候群の患者さんは、
内服薬や注射薬でホルモン補充
を続けていますが、今回の研究
成果により早期発見や根本的な
治療法の開発が期待できるよう
なので大きな福音となることで
しょう。

以上のような異常な免疫細胞
が悪さする病気。笑

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント