最近の号外Vol.802メルマガ

2018-01-06 00:22:13

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。



美白·美肌ブログランキングへ

 

 

診療マル秘裏話    号外Vol.802 平成29年3月5日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)認知機能の低下に特定のタイプの虫歯菌が関係
2)新型たばこを飲食店等での禁煙の対象から除外

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

1】 認知機能の低下に特定のタイプの虫歯菌が関係

 

 

 

 

 

 

認知機能の低下に特定のタイ
プの虫歯菌が関係している可能
性が高いとの研究成果を、京都
府立医大の渡辺 功助教( 口腔
衛生)らのチームが2月9日、
発表しました。歯磨き等の口腔
ケアが認知症予防につながると
考えられるということです。英
電子版科学誌サイエンティフィ
ック・リポーツに論文が掲載さ
れました。

認知機能の低下は脳内の微少
な出血が一因であることが知ら
れています。この出血は、虫歯
菌「ミュータンス菌」の一種を
保菌する人に多いとみられてき
ました。 血小板の止血作用を
低下させる遺伝子を持ち、脳の
血管の壁にくっついて炎症を起
こすのだということです。

今回、脳に疾患のない54~
89歳の男女279人の唾液を
調べました。その結果、71人
(25%)からこの虫歯菌を検出
しました。検出された人のうち、
61%で脳内に微少な出血が確認
されました。虫歯菌のない人は
14%でした。

また、全員に1分間で「か」
で始まる言葉をいくつ言えるか
の認知機能テストを実施しまし
た。虫歯菌のない人は平均10.1
個言えましたが、ある人は8.9
個にとどまりました。「た」で
始まる言葉でも同様の傾向でし
た。

広島大の細見直永講師(脳神
経内科)は「認知症の発症リス
クが高い人を判別できる可能性
がある興味深い研究結果だ」と
話しています。

ミュータンス菌の恐ろしさを

絵本で伝えている動画です。

 

 



 

 

昨日の認知機能テストを気に
する。笑

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

2】 新型たばこを飲食店等での禁煙の対象から除外

 

 

 

 

 

 

塩崎恭久厚生労働相は2月10
日の閣議後記者会見で、2020年
の東京五輪・パラリンピックに
向けた受動喫煙の防止強化策に
関し、煙が出ない加熱式たばこ
や電子たばこなどの新型たばこ
を、飲食店などでの禁煙の対象
から除外する方針を明らかにし
ました。

塩崎氏は新型たばこについて
「健康影響に関する今後の研究
結果を踏まえた上で検討したい。
世界でも研究が始まったばかり
で知見の収集に鋭意努めている」
と述べました。

厚労省は今国会に飲食店など
人が集まる場所での原則禁煙を
盛り込んだ健康増進法の改正案
を提出する方針。

自治体によって路上禁煙条例で

の新型タバコの扱いが異なると

言う動画です。

 

 



 

 

ゴミ収集車の動員で、事態を
収拾した。笑

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

編集後記

認知機能の低下に特定のタイ
プの虫歯菌が関係している可能
性が高いとの研究成果を発表し
たのは、素晴らしい研究成果で
す。「ミュータンス菌」の一種
を保菌する人に多いとみられて
きたことと血小板の止血作用を
低下させる遺伝子を持ち、脳の
血管の壁にくっついて炎症を起
こすことまで、わかっているの
で、脳血管性の認知症を虫歯菌
が起こすと考えた訳です。この
脳血管性の認知症というのは、
脳出血や脳梗塞によって、神経
細胞が損傷することで認知症を
発症するというものです。認知
症の発症リスクが高い人を判別
できる可能性があるとすると、
歯磨き等の口腔ケアが、認知症
予防につながることが示唆され
ます。
2020年の東京五輪・パラリン
ピックに向けた受動喫煙の防止
強化策に関し、煙が出ない加熱
式たばこや、電子たばこなどの
新型たばこを、飲食店などでの
禁煙の対象から除外する方針を
示したことはこれら新型タバコ
の業者に対し、売上の促進をし
ているようなものです。確かに
新型たばこは、受動喫煙の被害
を出さない可能性がありますが、
しかし、ヒトに迷惑をかけなけ
れば良いということではありま
せん。喫煙者本人の健康が考慮
されていないからです。この事
から、厚生労働省の収賄事件に
発展する可能性は、ゼロではあ
りません。そういう裏があると
勘繰るのはやりすぎでしょうか


即身成仏の思想を促進しては
ならない。笑

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント