最近の号外Vol.798メルマガ

2018-01-02 00:09:43

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。



美白·美肌ブログランキングへ

 

 

診療マル秘裏話    号外Vol.798 平成29年2月28日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)ロタウイルスを人工的に合成することに、初めて成功
2)世界対がんデー に合わせ、がんの報告書を発表

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

1】 ロタウイルスを人工的に合成することに、初めて成功

 

 

 

 

 

 

 

幼い子どもを中心に下痢や、
嘔吐等を起こすロタウイルスを
人工的に合成することに初めて
成功したと、大阪大の小林剛准
教授(ウイルス学)らのグルー
プが発表しました。新しいワク
チンなどの開発につながる可能
性があります。米科学アカデミ
ー紀要電子版に論文が掲載され
ました。

ロタウイルスは、5歳までに
ほぼ全ての子供が感染し、発症
者は、国内で年間約80万人と
推定されています。重症化する
と死亡するケースもあります。

小林准教授らは、様々なウイ
ルスの研究を進める中で、ウイ
ルスの増殖を促す働きを持つ蛋
白質があることに着目しました。
ロタウイルスから取り出した遺
伝子と一緒に培養細胞に入れた
ところ、4~5日でロタウイル
スが作られたということです。

遺伝子から、ウイルスを人工
合成する技術は、インフルエン
ザウイルスなどで確立されてい
ますが、ロタウイルスはできて
いませんでした。

札幌医科大の小林宣道教授(
微生物学)は「応用すれば様々
な遺伝子を持つロタウイルスの
合成が可能になります。未知の
部分が多いロタウイルスの研究
が活発化するのでは」と話して
います。

ロタウイルス感染症について

解説している動画です。

 

 



 

 

未知の部分に満ち満ちている
分野を研究する。笑

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

2】 世界対がんデー に合わせ、がんの報告書を発表

 

 

 

 

 

 

世界保健機関(WHO)は4
日の「世界対がんデー」に合わ
せ、がんに関する報告書を発表
しました。

2015年にがんで死亡した
人は世界で880万人で、3年
前より60万人増えました。

死者の7割は中低所得国の人
で、WHOは、生存率を高める
のに、有効な早期発見に必要な
予算や設備、患者サイドの知識
が不足していたとみています。

世界対がんデーの啓発動画です。

 

 



 

 

がんの治療法をがんがん研究
する。笑

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

編集後記

幼い子どもを中心に下痢や、
嘔吐等を起こすロタウイルスを
人工的に合成することに初めて
成功したと発表したのは、偉大
な業績です。ウイルスは半生命
半物質のようなものであるため、
なかなか研究を極めるのが難し
いといわれてきました。しかし
人工的に合成することができれ
ば、様々な遺伝子を持つロタウ
イルスの合成が可能になり未知
の部分が多い、ロタウイルスの
研究が活発化すると考えられる
ので、少しづつ未解明の部分が
明らかにされてゆくのではない
かと期待しています。合わせて
重症化のメカニズムも解明され
れば、死亡する乳幼児が減少し、
より素晴らしい業績になる可能
性を秘めています。
2015年にがんで死亡した
人は世界で880万人で、3年
前より60万人増えた原因につ
いて、生存率を高めるのに有効
な早期発見に必要な予算や設備、
患者サイドの知識が、不足して
いたということですが、私は、
そうは思いません。がんの治療
が難しいのは、早期発見が困難
で、10年間の潜伏期間ののちに
やっと超早期がんとしてPET 等
でみつかるということです。見
つかってから2年半で末期にな
るわけです。その間、がん細胞
は指数関数的に増え続け、正常
細胞の栄養を新生血管を延ばし
て奪い取り、免疫力を低下させ
て身体は、悪液質となります。
転移、再発もそれに拍車をかけ
ると考えています。困難な部分
をひとつひとつ整理して、有効
な身体に負担が少ない治療を行
ってゆけば、やがて治療が奏功
する日がくると信じています。

新生血管阻害薬を申請した。


 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント