最近の号外Vol.776メルマガ

2017-12-07 00:02:10

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。



美白·美肌ブログランキングへ

 

 

診療マル秘裏話    号外Vol.776 平成29年2月3日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)体をさする等の刺激が神経の成長や再生を促す
2)鳥インフルエンザ 感染者が計106人確認され20人死亡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 

1】 体をさする等の刺激が神経の成長や再生を促す

 

 

 

 

 

 

体をさするなどの刺激が神経
細胞が持つ蛋白質の一種を活性
化し、神経の成長や再生を促す
詳しいメカニズムを、群馬大大
学院の柴崎 貢志准教授(分子
細胞生物学)の研究グループが
11日までに解明しました。打撲
などの患部を、無意識にさする
行為が傷ついた神経回路の再生
を促進する効果があると考えら
れるということです。

交通事故などで神経を激しく
損傷した場合に、リハビリで、
なぜ運動機能が回復していくの
かも分子レベルで説明できるよ
うになったといい、柴崎准教授
は「今後、リハビリの効果向上
や、傷ついた神経の修復を促す
薬の開発につながる可能性があ
る」と話しています。

 

インターネットの脳に、与える

悪い影響について解説している

動画です。

 

 



 

 

 

幹部の患部を意識して、再生
医療が最盛となる。笑

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

2】 鳥インフルエンザ 感染者が計106人確認され20人死亡

 

 

 

 

 

 

中国国家衛生計画出産委員会
は11日、昨年12月に中国本土で
鳥インフルエンザウイルス(H7
N9型)の感染者が計106 人確認
され、20人が死亡したと明らか
にしました。

昨年11月は、感染者が6人で
死者はおらず感染が急激に拡大
しました。中国では毎年冬にH7
N9型の感染が広がり、2014年に
は約140人、15 年にも約90人が
死亡しています。

このニュースのニュース動画

です。

 

 



 

 

 

本渡さんが本土に帰る。笑

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 

体をさするなどの刺激が神経
細胞が持つ蛋白質の一種を活性
化し、神経の成長や再生を促す
詳しいメカニズムが解明された
のは、偉大な業績だと思います。
体をさすることに意味はないと
私も考えておりましたが、そう
ではなかったようです。体をさ
するという行為が神経の成長や
再生を促すということ自体、今
でも信じられない部分がありま
す。こんなことまで、意味があ
るということを突き止める探究
心の大きさに感嘆せざるを得ま
せん。
中国本土で鶏インフルエンザ
で死者が20人ということですが
実際は、もっと多いのではない
かと私は、考えています。中国
本土の環境が大気汚染や、水質
汚濁を考慮に入れてもまだまだ
実測値を示していない気がしま
す。共産党の組織は、数字を上
に報告するときに水増しする事
が知られているからです。上に
気に入られようと賄賂を添えて
だそうです。ですから日本のGD
P を追い抜いたというのも架空
のデーターに基づくものではな
いかと考えられています。死者
の場合は、水増しではなく過小
評価するようです。

上司が、製品を上梓する。笑

 

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント