最近の号外Vol.473メルマガ

2016-12-20 00:29:28

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。



美白·美肌ブログランキングへ

 

 

 

 

診療マル秘裏話  号外Vol.473 平成28年2月17日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目次

1)ショックの直後は関係が薄い物事も嫌な記憶と結合
2)蚊が媒介する感染症「ジカ熱」が中南米で拡大

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 
1】 ショックの直後は関係が薄い物事も嫌な記憶と結合

 

 

 

 

 

 

 

ある出来事で強い精神的ショ
ックを受けた直後は、関連が薄
いことでも出来事の記憶と結び
つきやすく心的外傷後ストレス
障害(PTSD)を引き起こす
きっかけになりかねないとする
研究論文を筑波大などのチーム
がまとめました。マウス実験で、
刺激を与えてから6時間以内に
みられた現象ということで、心
の傷の、迅速なケアの重要性を
示唆する結果だとしています。

筑波大 国際統合睡眠医科学
研究機構の坂口昌徳准教授らは、
箱の中でマウスに電気刺激を与
えて取り出し、時間をおいて同
じ箱に戻したり、別の箱に入れ
たりして反応を調べました。

24時間後に刺激を与えた箱
に戻すとおびえて動きが止まり
ましたが、別の箱では特に反応
はありませんでした。 一方、
刺激から6時間以内に、材質や
形が一部だけ似ている別の箱に
入れてすぐに取り出して飼育室
に戻し、その24時間後にもう
一度この箱に入れると、おびえ
て動かなくなりました。素材も
形状も全く異なる別の箱では、
こうした現象はみられませんで
した。

坂口准教授らは「ショックを
受けた直後は、関係が薄い物事
も、嫌な記憶と結びつきやすい
時間帯がしばらくあるようです。
PTSD予防のため、メカニズ
ムの解明を進めたい」と話して
います。

PTSDの症状について解説して

いる動画です。



 

 

 

臼井さんとの関係は、薄い。


 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

2】 蚊が媒介する感染症「ジカ熱」が中南米で拡大

 

 

 

 

 

 

 

蚊が媒介する感染症「ジカ熱」
が中南米で拡大を続けています。
感染者が最も多いブラジルでは
先天的に頭部が小さい「小頭症」
の新生児の報告件数が急増して
おり、妊娠中の女性がジカウイ
ルスに感染したことが原因との
見方が強まっています。危機感
を持つ各国は、妊娠中の女性に
注意を呼びかけるとともに予防
対策に本腰を入れ始めました。

「絶対に水をためたままにし
ておいてはいけない」。ブラジ
ルのルセフ大統領は21日、小
頭症の報告件数が最多の北東部
ペルナンブコ州で、蚊の発生源
をなくすよう呼びかけました。

ブラジルは、昨年から、緊急
事態を宣言しました。最終的な
感染者は50万~150万人に
達するとみています。蚊の発生
源を減らすため、保健所と軍の
担当者が2月末までに国内の全
家庭を訪問する計画です。

ジカ熱と小頭症の因果関係は
まだ立証されていないものの、
ブラジル政府によると、小頭症
報告件数は昨年10月以降だけ
で3893件だそうです。死亡
した新生児や胎児からジカウイ
ルスが検出されたほか、胎盤か
らもウイルスが見つかった事例
があり、関連性が疑われていま
す。

ジカ熱について解説している

ニュース動画です。



 

 

ジカ熱に対する自家的対処法。


 

 

 

 

 

 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

 

編集後記

 

 
ある出来事で強い精神的ショ
ックを受けた直後は、関連が薄
いことでも出来事の記憶と結び
つきやすく心的外傷後ストレス
障害(PTSD)を引き起こす
きっかけになりかねないという
事実は、PTSD予防に大変役に立
つ可能性があると私は考えてい
ます。メカニズムの解明を進め
ることで、PTSD予防につなげて
て欲しいものです。
蚊が媒介する感染症「ジカ熱」
が中南米で拡大し、感染者が最
も多いブラジルでは、先天的に
頭部が小さい「小頭症」の新生
児の報告件数が急増しており、
妊娠中の女性がジカウイルスに
感染したことが原因との見方が
強まっているということは本当
に恐ろしいことです。 妊娠の
可能性がある女性は、中南米へ
の旅行などを自粛すべきである
と私は、考えております。その
後、オーストラリアなどでも、
ジカ熱の患者さんが出てきてい
るので対岸の火事ではないこと
だけは確かなようです。

家事をしていて火事を起こし
て、加持祈祷してもらった。笑

 

 

 

 

 
************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント