最近の号外Vol.463メルマガ

2016-12-08 01:05:24

カテゴリー:ブログ



藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。



美白·美肌ブログランキングへ

 

 

 

 

診療マル秘裏話  号外Vol.463 平成28年2月6日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 
目次

1)脳出血で麻痺の運動機能が、リハビリ で回復する
2)がんの粒子線治療が4月から全額保険適応見込

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 
1】 脳出血で麻痺の運動機能が、リハビリ で回復する

 

 

 

 

 

 

脳出血でまひした運動機能が
リハビリで、回復する仕組みを
解明したと、生理学研究所(愛
知県岡崎市)の伊佐正教授(55)
と名古屋市立大学の飛田 秀樹
教授(50)らの共同研究グルー
プが発表しました。
リハビリの効果は経験的に知
られていますが、仕組みが科学
的に解明されたのは初めてで、
より効果的な、リハビリ方法の
開発につながることが期待され
るということです。

研究グループによると、運動
をつかさどる大脳皮質の部位「
運動野」と、進化の古い段階か
ら脳幹にある神経細胞の集まり
「赤核」を結ぶ神経回路(皮質
赤核路)がリハビリで増強され
て、バイパス機能を果たすこと
で運動機能が回復することがラ
ットを使った実験で分かりまし
た。

実験では、脳出血で皮質脊髄
路が損傷し体の半分がまひした
ラットに不自由な方の前脚だけ
を使わせるリハビリを約1週間
行いました。脳出血前に61%
だった前脚で餌をつかむ成功率
は、いったん30%に落ちたも
のの、28日後には36%にま
で回復しました。リハビリを受
けていないラットは12%にま
で落ちました。

リハビリを受けたラットの脳
は前脚の運動をつかさどる領域
が大きく拡大し運動野から赤核
へ伸びる神経回路が増加してい
ました。この神経回路が遮断さ
れるとリハビリでいったん回復
した餌をとる成功率が18%に
まで悪化しました。 こうした
結果から、研究グループでは、
リハビリによるこの神経回路の
再編成が運動機能回復の決め手
となっていると判断したという
ことです。

研究成果は、米科学誌「ジャ
ーナル・オブ・ニューロサイエ
ンス」1月13日号に掲載され
ました。

名古屋大学大学院医学系研究
科、リハビリテーション療法学
専攻の石田和人准教授(51)
は「リハビリの結果、神経回路
が再編されることを示した意義
は大きい。人への応用が今後の
課題だが、症状に合ったリハビ
リ方法が可能になるよう期待し
たい」と話しています。

脳卒中後のリハビリの仕方について

解説している動画です。



 

威儀を正して、異議を唱える
意義。笑

 

 

 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 

2】 がんの粒子線治療が4月から全額保険適応見込

 

 

 

 

 
厚生労働省の先進医療会議は
14日、医療費の一部で保険適用
が認められているがんの粒子線
治療について、小児がんの陽子
線治療と手術が難しい骨のがん
の重粒子線治療は有効性が示さ
れたとして、全額の保険適用が
適当だとの意見をまとめました。

対象の粒子線治療は中央社会
保険医療協議会(中医協)の
議論を経て、4月から保険適用
となる見通しだそうです。

日本放射線腫瘍学会は昨年12
月、頭頸部のがんや、大きさが
5センチ以上の大きな肝がん、
手術が難しい肺がんについても、
全額を保険適用にするよう求め
ていましたが、先進医療会議は
有効性がまだ明確ではないとし
て、保険適用を見送りました。

より小型化して、患者さんの負担を

減らす、重粒子線治療のニュース

動画です。



 

 

劉氏が粒子線治療を受ける。


 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 
編集後記

 

 

 

脳出血でまひした運動機能が
リハビリで、回復する仕組みを
解明できたことは、偉大な業績
であると思います。外傷や発作
を受けてから、早期にリハビリ
を開始するメリットもこの仕組
みで説明可能ではないかと考え
ています。現在は、廃用性障害
となる前に、リハビリを開始す
ることが重要と患者さんに説明
していますが、別経路を切り開
くためにも早期のリハビリ開始
が望まれるということだと思い
ます。
厚生労働省の先進医療会議が
14日、医療費の一部で保険適用
が認められているがんの粒子線
治療が全額保険適応が適当とい
う意見を出したのは、患者さん
にとっては朗報でしょう。医療
費の増大は、問題ですが、それ
にも増して、経済的理由で治療
が受けられない事の方が大きな
問題と考えております。

違憲という意見。笑

 

 

 

 
************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント