最近の号外Vol.458メルマガ

2016-12-02 00:49:01

カテゴリー:ブログ

エベレスト

藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。



美白·美肌ブログランキングへ

 

 

 

 

診療マル秘裏話  号外Vol.458 平成28年1月31日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

 

 

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

 

 

 
目次

1)ピクノジェノールで記憶力,集中力,決断力の大幅向上
2)うつ状態から回復しやすい高齢者の特徴の研究

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 
医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 

 

 

 

 
1】 ピクノジェノールで記憶力,集中力,決断力の大幅向上

 

 

 

 

 

 

DKSHジャパンは国内販売
代理店を務める仏ホーファー・
リサーチの抗酸化物質「ピクノ
ジェノール」に関する、最新の
臨床研究結果を公表しました。
健常な55歳以上の人が12
カ月間毎日服用することで、記
憶力・集中力・決断力の、大幅
向上が確認できました。 継続
摂取により認知機能の向上とス
トレスの減少などが期待される
ということです。同社では今回
の研究結果を踏まえ、健康食品
向け素材としての提案を強化し
需要拡大を図ります。

調査は酸化ストレスを強く受
けている健常な55~77歳の
77人を対象に行われました。
ピクノジェノール摂取群は、1
日2回50グラムと健康なライ
フスタイルの指導(8時間睡眠、
バランスのとれた食生活、適切
な運動など)、もう一方のコン
トロール群は健康なライフスタ
イルの指導のみを受けました。

12カ月後に各種の数値結果
を調べたところピクノジェノー
ル摂取群で、決断力が72%の
増加と大きく向上がみられまし
た。コントロール群はマイナス
5%でした。このほかピクノジ
ェノール摂取群では、交渉能力
が57%増、集中力が41・2
%増、記憶力が37・3%増、
財産管理能力が32%増といず
れもコントロール群の5%減、
1・9%増、9・8%減、12
%減と比べ良好な結果が得られ
ました。

ピクノジェノールは、仏海岸
の松樹皮由来の強い抗酸化を持
つ天然エキスです。プロシアニ
ジン類や有機酸を含むフラボノ
イドが濃縮されており、これま
でに子ども注意欠如多動性障害
(ADHD)や成人に対しての
記憶力改善効果などが確認され
ています。ピクノジェノールは
すでに、食品や化粧品の機能性
素材として広く利用されていま
すが、データを充実させてさら
なる拡販に、つなげていくそう
です。

ピクノジェノールについての動画です。

ご購入は、自己責任でお願いします。



 

各藩が、素材を撹拌すること
で、拡販につなげた。笑

 

 

 

 

 

 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 
2】 うつ状態から回復しやすい高齢者の特徴の研究

 

 

 

 

 

 

超高齢社会の日本で、増加が、
心配されているうつ状態の高齢
者のうち、地元への愛着が強か
ったり、趣味のグループ活動に
参加したりする人はうつ状態か
ら回復しやすいとの研究成果を、
千葉大などのグループがまとめ
ました。 1月22日の日本疫学
会で発表します。独り暮らしを
している高齢者への支援の重要
性を示す研究成果として注目さ
れそうです。

高齢者は「年齢を重ねて精神
的に安定する」あるいは「年を
取るとだれでも落ち込みやすく
なる」などと見られがちですが、
体力の衰えや健康への不安▽親
しい人との死別▽独り暮らしの
寂しさ--などからうつ病にな
ることが多いとされています。
女性の患者さんが多く高齢者
人口の増加に伴い、患者も増加
傾向です。

調査したのは千葉大予防医学
センターなどが中心の高齢者に
関する国内最大規模の社会調査
研究プロジェクト「日本老年学
的評価研究」のグループ。20
10~11年度に「幸福でない」
「人生がからっぽ」「悪いこと
が起きそう」「無力感がある」
などと訴えるうつ状態を示した
全国24市町の65歳以上の高
齢者1万628人を対象に、調
査開始時から2~3年後の高齢
者のうつ状態や、うつから脱却
した要因等について、分析しま
した。

その結果、地元への愛着が「
とてもある」と答えた人は、「
全くない」という人に比べてう
つ状態から回復した割合が2.
3倍も高かったようです。趣味
のグループ活動にほとんど毎日
参加し仲間とのつながりを大切
にする高齢者は、参加しない人
より回復率が1.5倍に上昇し
ました。老人クラブにほとんど
毎日参加する人も1.4倍と高
かったようです。

日本では14年現在、65歳
以上の高齢者世帯のうち独り暮
らしの世帯が17%を占めてお
り、今後「老後うつ」が増加す
る要因にもなりそうです。調査
した、佐々木由理・千葉大特任
助教(社会疫学)は「うつから
の回復を図るうえでも、高齢者
をひとりぼっちにせず、地域や
仲間とのつながりの強さを深め
ることは重要だ」と指摘してい
ます。

元美人アイドル歌手について、

老後破産に近い状態になり、

うつ病も患ってしまったことが

語られている動画です。



 

私的な指摘を、詩的表現で行
う。笑

 

 

 

 

 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

 

 
編集後記

 

 

 

健常な55歳以上の人が12
カ月間毎日服用することで、記
憶力・集中力・決断力の、大幅
向上が確認できたのは、偉大な
業績と言えるでしょう。 これ
から益々、認知症の高齢者が増
えることを考えるとこのような
天然素材でできているサプリを
容易に手に入れることができる
世の中は、どれほど幸せなこと
でしょう。
超高齢社会の日本で増加が、
心配されているうつ状態の高齢
者のうち、地元への愛着が強か
ったり、趣味のグループ活動に
参加したりする人はうつ状態か
ら回復しやすいとの研究成果が
でたのは、本当に喜ばしいこと
です。高齢者の鬱の原因の一つ
として、家族や周りの人が褒め
ないという事にあるのでは?と
感じることもしばしばあるので、
高齢者をひとりぼっちにせず、
地域や仲間とのつながりの強さ
を深めて行って欲しいものです。

鬱状態を、ボールを打って、
打つ手本を見せる事で解消。笑

 

 

 

 

 

************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント