最新号より450号前のメルマガ

2014-01-06 21:42:28

カテゴリー:ブログ

エベレスト

藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。



美白・美肌 ブログランキングへ

診療マル秘裏話 Vol.76 平成17年5月19日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
目次
1) トラウマが神経細胞の新生を阻害する
2) ヘルニアの原因遺伝子の発見

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1】トラウマが神経細胞の新生を阻害する

トラウマ(心的外傷)を残す
激しいストレスを経験した場合、
脳で新しく作られる神経細胞の
数が、ストレスを受けてから
一定期間後に激減することが
6日までに、金沢大薬学部の
米田幸雄教授(神経化学)の
マウスを使った研究で分かり
ました。

米田教授は「心的外傷後
ストレス障害(PTSD)が動物の
脳で神経細胞の新生を阻害する
ことを実証したのは世界的に
珍しい」と話しています。

人間でもPTSDの患者には脳の
記憶をつかさどる「海馬」が
委縮する症例が多いことが知ら
れており、米田教授は「今後、
人間の脳の委縮との関係に
ついても追究したい」と話して
います。神経細胞の新生には
NGF(神経細胞増殖因子)が
重要な役割を果たしています。
従ってトラウマの程度が激しい
場合、局所(この場合海馬)の
神経細胞がNGFを産生しなくなる
のではないかと考えられます。
このNGF産生をブロックする
メカニズムが明らかになった時、
PTSDの治療が飛躍的に進むの
ではないかと思われます。

さて米田教授は、マウスを
狭いおりに入れ、メトロノーム
の音を聞かせながら3時間水に
浸すストレスを与えて、脳の
変化を分析しました。実験後、
マウスの海馬で作られる細胞の
数が緩やかに減っていき、5日
後に急激に減少しました。

人間は生きていく以上、過剰
なストレスに曝されることは
往々にしてあります。しかし
このような過剰なストレスに
曝された後の状態やメカニズム
を知って対策を立てておけば
ストレスを乗り越えることが
容易になるのではない
でしょうか?

PTSDの概念と治療についての

動画です。

www.youtube.com/watch?v=QpkH45ddYW4

 

 

 












昨年のプロ野球はストレス
(ストがない)とはいかずスト
は決行されてしました。でも
古田選手にはストレス
だったでしょう。笑

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

2】ヘルニアの原因遺伝子の発見

国内に100万人の患者がいると
される椎間板(ついかんばん)
ヘルニアの原因遺伝子の1つを
理化学研究所遺伝子多型研究
センター(横浜市)と
富山医科薬科大の川口善治
(かわぐち・よしはる)助手
(整形外科)らのグループが突き
止め、5月1日付の米科学誌
ネイチャージェネティクス電子版
に発表しました。

この遺伝子の変異が軟骨細胞の
再生を過剰に抑制し、椎間板
ヘルニアの発症につながるとみら
れています。これまでに原因
遺伝子は5種類報告されていますが、
遺伝子の機能まで解明したのは世
界で初めてです。椎間板ヘルニア
の予防や治療薬の開発に役立つこと
は明らかです。

同研究センターの池川志郎
(いけがわ・しろう)チームリーダー
らは、椎間板ヘルニア患者の病変部
で働きを活発化させている「CILP」
と呼ばれる遺伝子に着目しました。
患者467人と健康な人654人を対象に
CILP遺伝子を解析した結果、遺伝子
の一部に変異があると、椎間板
ヘルニアになるリスクが1.6倍高い
ことが分かりました。

椎間板ヘルニアは背骨のクッション
の役割を果たす軟骨が変形し、腰痛
や坐骨神経痛などの症状を起こす
疾患です。CILP遺伝子は日常の活動
で損傷を受けた軟骨の再生を
コントロールしていると考えられて
います。ところが遺伝子に変異を
起こすことによって軟骨再生が過剰
に抑制されると考えられています。

椎間板ヘルニアは車を長時間運転
する人や喫煙歴がある人がなりやすい
とされていますが、実はこうした
環境要因よりも遺伝的要因の影響が
強いということが考えられます。
勿論遺伝子の変異を持っている人が
長時間の運転や喫煙などのリスク
要因を満たす時、さらに発症率が
上がるということがいえるのでは
ないでしょうか?

池川チームリーダーは「今回の発見
により治療研究が大きく進むのでは
ないか」と話しています。

椎間板ヘルニアについての動画です。

www.youtube.com/watch?v=D_fx9JzMdto

 

 

 

 

 













ヘルニアは猫を退治する。減るニャー
(ヘルニア) 笑

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
編集後記

人間ストレスが全くない環境では
生きていけません。かといって過剰
なストレスは、福知山線の運転手の
脱線事故のように大きな悲劇を生む
ことがあります。ストレスを
コントロールして意のままにあやつる
イチローのようなスポーツ選手は
改めて乗り越え方が素晴らしいなと
思う次第です。また椎間板ヘルニア
の原因遺伝子が分かるとヘルニアを
発症する人を減らすことができるよう
になると期待しています。このように
病気の遺伝子の解析は本当に夢と希望
を与えてくれると信じています。

会席の懐石は、病気の回復を解析
可能とする。笑
************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長
藤田 亨

職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
ただしお友達への転送はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント