美しい肌Vol.255

2013-06-11 20:16:40

カテゴリー:女性の美容と健康

紫陽花10

藤田のブログランキングアップにご協力お願いします。

以下のバナーをぽちっとクリックお願いします。

 美白・美肌 ブログランキングへ

美肌の野菜&果物(各論:もずく)

 

 

もずくの正体

モズクとはモズク科またはナガマツモ科に

属する褐藻類です。糸状で細く、枝が多い

構造をしており、長さは30~40cm程です。

表面には粘質物が多く、健康を保つ力の

ある食品として知られています。

モズクは他の海藻(も)に付着して生息する

ことから、「藻に付く」という意味でモズクと

名づけられました。

保存性を高めるために、塩蔵品や味付

モズクに加工され出荷されます。生のものと

比べても栄養価はほとんど変わりません。

 

 

もずくの歴史

正直なところもずくの歴史に関するこれと

いった資料はなく、日本人がもずくを食用と

してきたのは他の海藻と同様、太古の時代

からであろうと推測されますが、ではこれが

どういう経過を経て今日に至ったか、という

ことについては、明らかになっていません。

主に日本海側の産物として、これらの地方

で採取され、消費されていました。

古くから食べられていたモズクを昭和50年

から養殖手法の実証試験を行い、恩納村

漁業研究グループと水産業改良習及所の

共同研究により、初めて養殖モズクが

昭和52年に水揚げされました。

その後、いろいろな改良・試験を繰り返し

現在の養殖技術が実を結ぶこととなりました。

 

 

もずくの生産地

モズクは100%国産の海藻で、4月~7月

に旬を迎えます。現在では天然のモズクは

あまり流通しておらず、ロープなどに付着

させて育てた養殖のモズクが普及しています。

最も生産量が多い都道府県は沖縄県で

日本の生産量の90%を独占しています。

石垣島の歌手、夏川りみさんのコンサートでも

もずくが売られていました。

 

 

もずくの種類

モズクは大きく3種類に分けられます。それぞれ

モズク科かナガマツモ科に属します。

イトモズク
モズク科に属し、北陸以南の各地の沿岸で

海藻の一種ホンダワラ類に付着し自生しています。

細い繊維の表面にぬめりがあります。

フトモズク
ナガマツモ科に属するモズクで、オキナワモズク

などの総称です。奄美大島や沖縄沿岸で特に

作られています。

太い繊維の中心には空洞があり、ネバネバ成分が

詰まっています。海藻ではなく海底の石などに

付着します。

イシモズク
ナガマツモ科に属し、日本海沿岸に分布して

います。イシに張り付いて育つことからイシモズク

と名付けられました。

ぬめりが少なくシャキッとした歯ごたえが特徴で、

食べると磯の香りが口の中にひろがります。

 

 

もずくの日

2003年の4月20日(第3日曜日)にモズクの

生産量が最も多い沖縄県勝連町が、モズクを

全国に広めるためにモズクの日を宣言しました。

それ以来、毎年4月の第3日曜日はモズクの日

とされ、沖縄県ではモズクの記念イベントなどが

行われています。もずくは強い粘り気を持って

いて、引き潮のときには、太陽の強い紫外線や

乾燥から、強い保湿力を持つヌルヌル成分で

身を守り、荒波にもまれて岩に打ちつけられ

傷ついてもヌルヌル成分の源であるフコイダンで、

傷ついた表面を病原菌から守りつつ修復して

います。

 

 

 

もずくの有効成分

モズクに含まれる特徴的な栄養素は、水溶性

食物繊維の一種であるネバネバ成分のフコイダン

やアルギン酸です。他にも、食物繊維やカリウム、

カロテノイドの一種フコキサンチンが含まれ、

生活習慣病の予防や便秘の改善などに働きかけ

ます。特にモズク酢として酢と一緒に摂取すると、

モズクの繊維質が柔らかくなり、モズクの栄養素

の吸収が促進されるためさらに健康への効果が

期待できます。また、フコイダンは加熱により体内

で使用されやすい形になるため、天ぷらやみそ汁

などに使うこともおすすめです。

 

 

もずくの美肌効果

フコイダンは、海藻類の中でも特に「もずく」

から抽出されます。もずくの美肌効果を

まとめると次のようになります。

①保湿力(乾燥から身を守る)
②抗酸化(アンチエイジング)
③肌にやさしい(抗菌・傷ついた皮膚を修復する)

こうしてみると、フコイダンのもつ効果は、

サプリメント製品だけでなく、むしろ女性の美肌

にとっての良いスキンケアの条件をほぼ満たして

いると言えます。フコイダンが世の中に知られる

ようになってきたのは、がん抑制や抗菌効果、

皮膚創傷修復など、ヒトに対してもさまざまな

効果があることが報告されています。ほかにも、

胃粘膜を保護したり、胃潰瘍の治療を促す、

アトピー性皮膚炎の緩和、さらには血中

コレステロールを低くする効果まで報告されてます。

フコイダンがこれだけの効能をもっているだけでも、

充分、美容・美肌に効果があることが分かりますが、

とりわけフコイダンの美肌効果に最も関わる効能は、

フコイダンが抗酸化作用をもっていることです。

即ちアンチエイジングに直結する抗酸化作用です。

今回は、ここまでとさせて頂きます。

藻に着くから、もずくで、藻を好くからもずくです。笑

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

女性の美容と健康についてのご相談は、当クリニック

皮膚科にて承ります。

当クリニックのホームページとフェイスブック

ページおよびメルマガ登録ページのURLは以下の通りです。

ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/

フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai

メルマガ登録ページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/min_zhaokurinikku/merumaga.html

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント