美しい肌Vol.48

2013-03-28 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



ファイトケミカル各論(フェニルプロパノイド→



セサミン・セサミノール)



ごまは、漢方薬でも滋養強壮薬として用いられ、



疲労回復、肌や髪の美容、乳汁の出をよくし、



若返り、便秘などに効用のあるすぐれた



伝統食品とです。



こうした効能に深くかかわっているのが、



ゴマグリナンです。ゴマグリナンとは、ごまに



含まれる抗酸化物質の総称で、セサミノール



のほか、セサミンやセサモリンなど多種類



あります。水溶性の抗酸化物質の代表である



ビタミンC、カテキン、アントシアニンなどは



血液中の活性酸素を撃退しますが、肝臓までは



到達できません。それらは、水溶性であるため、



脂溶性の細胞膜を通過することができないため



です。それに対し、ゴマリグナンは血液中では



力を発揮せず、肝臓に到達してはじめて



抗酸化作用を発揮するので、肝機能の改善には



ゴマリグナンが最適といえましょう。リコピン同様、



吸収には、油と水の両方の性質をもった、牛乳



やマヨネーズと一緒に摂取することが理想です。



最近、ゴマリグナンのうち注目されているのが



セサミンで、肝臓の機能向上作用や肝臓がんの



発がん抑制作用、過酸化脂質生成抑制作用など



が認められています。ごまそのものより、



ごま油の方がセサミン・セサミノールをたくさん



含んでいます。肌の水分・油分・弾力を取り戻し、



美肌になる効果があります。肝機能が向上し、肌の



細胞の代謝を促進するためです。ゴマリグナンには



肝臓で脂肪の分解を促進し、脂肪を燃焼しやすく



する働きもあります。体の細胞には



ペルオキシソームという、脂肪を分解する働きを



する細胞内小器官があるのです。細胞内小器官は、



ミトコンドリアのように元は寄生していた微生物



が、宿主との共生関係を永続的に行うようになった



ものということができます。ゴマに含まれるセサミンが



ペルオキシソームを活性化し、脂質の代謝を高める



ことがわかってきました。またゴマにはビタミンB1



の吸収を高めるミネラルも豊富に含まれます。



今回は、ここまでとさせて頂きます。



まさに、「開けゴマ」笑



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai



メルマガ登録ページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/min_zhaokurinikku/merumaga.html

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.49

2013-03-28 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



ファイトケミカル各論(フラボノイド→アントシアニン)



アントシアニンというのは、抗酸化物質ポリフェノール



の一種で、視神経の働きを支えているロドプシンという



色素の再合成を促しています。このロドプシンという色素



について、詳しく解説してみます。網膜の中の光に反応する



細胞には、明るいところで作用する細胞(錐体)と



暗いところで作用する(杆体)があります。暗いところ



で作用する細胞には、ロドプシンという色素体があって、



光の刺激を受けると瞬時に分解され、またすぐ再合成



されます。ロドプシンの分解・再合成の繰り返しによって



光の情報が電気シグナルに変換され、これが脳に伝わって



ものが見えるという感覚を得ることができます。



アントシアニンは、ロドプシンの再合成を活性化させて、



疲れ目の予防・改善、視力回復の作用があります。



その作用には即効性があって、アントシアニン摂取



4時間後には視力回復が見られます。またその効果は



24時間後に消失するとされています。従って、一度に



大量に摂取するのではなく、毎日必要量を摂り続けることが



必要です。



活性酸素の生成抑制による血液をきれいにする作用や、



抗酸化作用による老化防止、美肌を作る作用や血液を



サラサラにする作用があります。美肌を作るメカニズムに



ついては、皮膚の弾力や水分を保つタンパク質である



コラーゲンを安定させるという機序から来ていると考え



られています。



ちなみにアントシアニンとビタミンCを一緒に摂取する



ことで、抗酸化作用が5倍にもなるという報告もあります。



美肌を作る作用も5倍になるという計算になります。



アントシアニンは、ぶどう、ブルーベリー、カシスといった



果物に多く含まれています。アントシアニンの一日の摂取量



の目安は、北欧産ビルベリーエキスで120mg~250mgという



ことです。これを生のブルーベリーに換算すると60g~300g



となります。乾燥のブルーベリーであれば12g~25gです。



ブルーベリージャムの場合は40g~90gとなります。



しかし、1日に必要な量を食品から摂取するには、かなりの量



を摂らなければならず、コスト面や糖分の過剰摂取などの



問題が出てきてしまいます。今回はここまでとさせて頂きます。



接種するワクチンを窃取されて、仕方なくポリフェノールを



摂取した。笑



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページおよびメルマガ登録ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai



メルマガ登録ページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/min_zhaokurinikku/merumaga.html

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

最新号より100号前のメルマガ

2013-03-28 00:00:00

カテゴリー:ブログ

町医者のブログ



診療マル秘裏話 Vol.386 平成23年4月28日作成



作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

目次



  

1) 「肺リンパ脈管筋腫症」に国内未承認の薬が効果

2) 遺伝情報の読み取りに重要な働きをする酵素



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



  

 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは

1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を

増やして欲しいという要望もあるのですが、私の能力の

なさから1週間に1回が限度となっています。これからも

当たり前の医療をしながら、なおかつ貪欲に新しい知識

を吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思って

おります。不撓不屈の精神で取り組む所存ですので

どうかお許し下さい。



 

 

1】「肺リンパ脈管筋腫症」に国内未承認の薬が効果



 新潟大医歯学総合病院の中田光教授(57)ら日、米、

カナダの国際研究チームが、主に若い女性が患う肺の

希少難病に、国内未承認薬「ラパマイシン」が有効である

ことを実証しました。英国の医学専門誌に、論文が掲載

されました。中田教授らは、まず全国9か所の医療施設で

この薬が使用できるよう、厚労省に申請します。患者数が

少ない難病の薬が認可されにくい制度に、一石を投じたい

とも考えています。



 この難病は、肺の構造が破壊され、呼吸困難になる

「肺リンパ脈管筋腫症」です。全国に約500人の患者さんが

いるとされ、7割が肺に穴が開く気胸を経験しています。

3割が在宅酸素治療を受けるなど、日常生活に支障が出る

ことが少なくありません。



 これまで移植以外に有効な治療法がありませんでしたが、

腎移植後の拒絶予防に使われていたラパマイシンが、

治療に有効である可能性が米国での研究で判明しました。

これを実証するには多くの患者さんが必要で、肺の希少疾患の

国際的な研究チームの一員だった中田教授にも米国の医師

から声がかかり、近畿中央胸部疾患センター(堺市)など、

3か国の11医療施設が参加しました。



 実験は、昨年9月までの約2年間、89人の患者に対し、

行われました。46人にラパマイシンを、43人には偽薬を

与えたところ、偽薬の43人は平均で1年間に130cc

肺活量が減少しましたが、46人は同100cc増加する

など、肺の機能が改善されました。目立った副作用も

ありませんでした。4月23日に日本呼吸器学会で、研究成果

を発表するということです。



 ただ、製薬会社が認可申請するかどうかは不透明ということ

です。認可・販売後、製薬会社には副作用の調査報告などが

課せられ、患者数が少ないと、手間や経費の割に利益が期待

できないからだということです。



 そこで中田教授らは、3年前に始まった高度医療評価制度を

活用する方針だそうです。この制度は、未認可の薬の安全性と

有効性、実施する医療機関の管理態勢などの条件が整えば、

保険診療適用を認めるもので、新潟大病院に加え、中田教授ら

は北海道病院、久留米大病院(福岡県)など全国8医療機関

とともに、5月末頃までに厚労省に申請する予定です。問題が

なければ、3か月程度で認められることが多いということです。



 中田教授は「新薬認可制度の問題点を、なんとかしたい。

苦しんでいる人を、医者として救いたい」と話しています。



 新生した神聖なる薬の申請。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



2】遺伝情報の読み取りに重要な働きをする酵素



 遺伝情報の読み取りの際、重要な働きをする酵素の構造解明に

大阪大の田嶋正二(たじま・しょうじ)教授(分子細胞生物学)

らが4月25日までに成功しました。米科学アカデミー紀要の

電子版に発表します。



 この酵素は、遺伝の際に読み取る情報とそうでない情報を識別

させる働きを持っており、神経細胞や筋肉細胞など組織をつくり

出す上でなくてはならないものです。酵素が働かず余計な遺伝情報

が読み取られると、その細胞が死んでしまうため、がん細胞の

ような細胞の増殖を抑える効果も期待できるということです。



 田嶋教授によると「特定の細胞だけに、集中的に酵素の働きを

抑えることが可能になれば、将来的にはがん治療の新薬開発に

つながる」と話しています。



 良き将来を招来す。笑



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



編集後記



 ラパマイシンは、冠動脈の経皮的形成術つまり、心臓

カテーテルのステントにも塗られていた気がします。

難病の治療とあれば、早く申請、認可の方針でやって

いただきたいと考えます。肺の構造単位の肺胞は、1回

壊れてしまうと元に戻りません。貴重な薬を早く世に

出して患者さんを救ってあげていただきたいと思います。

特定の細胞だけに、細胞死を誘発させるのは、難しいと

思いますが、がんで苦しんでいる人の一助となるならば

研究開発を急いでいただきたいものです。



 会名を解明する。笑



************************



このメールマガジンは以下の配信システムを利用して

発行しています。

  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。

「まぐまぐ」www.mag2.com/m/0000121810.htm

(イジニイワト)



発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 

藤田 亨

職業    医師の箸くれ(はしくれ)

運営サイト www.eitokukaisalanuma.or.jp/

ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。

sara2162@atlas.plala.or.jp

このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること

を禁じます。

ただしお友達への転送はご自由はご自由です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.50

2013-03-28 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



ファイトケミカル各論(シゲトン類→クルクミン)



クルクミンは消化管からの吸収が非常に悪いことが



知られています。そこで吸収率を格段にアップした



高吸収のクルクミンを1ヶ月間摂取すると肌の水分量



が上昇することがわかりました。また、肌の潤い



アップ効果の他、毛穴の開き、肌のくすみ、小鼻の



黒ずみ、口元のたるみについても改善効果が認められ



ました。高吸収のクルクミンを摂取することにより



紫外線による肌の老化(日焼け、しみ等)を防止する



ことができます。また毛穴の開きや小鼻の黒ずみなど



お肌の気になる部分を改善するという働きがあります。



人体の工場である、肝臓の働きを改善することで



体調を整え、美肌に貢献しています。お肌は、



紫外線などの外部からの刺激を受けると、普段は



おとなしくしているNF-κB



(エヌエフ-カッパビィ)という転写因子が活動を



始めます。そのNF-κBが炎症を引き起こすことで、



しみ、しわなどのお肌の老化を促進することが



分かっています。クルクミンはNF-κBの活性を抑制



する作用があります。従ってお肌のしみ、しわなどの



老化を防止する効果が期待されます。



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページおよびメルマガ登録ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai



メルマガ登録ページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/min_zhaokurinikku/merumaga.html

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント