美しい肌Vol.17

2013-03-18 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



桂枝茯苓丸は以下のような症状がある人に適していると



言われています。



腹部の痛む場所がいつも決まっている(生理時でない疼痛もふくむ)



経血にレバーのような固まりがでる



生理時以外に不正出血がある



アザができやすい(なかなか治りにくい)



上半身はのぼせやすく、下半身は冷えやすい



肩こりや頭痛がある



肌色が黒ずんでいたり、クマが出来やすい



このような症状があって、なおかつがっしりした体格で、体力に



自信があるかたは、このお薬が適しているでしょう。しかし、



間違っても、体力がない、虚弱な方は、このお薬を飲まないように



して下さい。そういう方は、当帰芍薬散が適していると思われます。



前回のブログで申し上げた、ホットフラッシュというのは、



のぼせのことです。何も申し上げず専門用語を使ってしまい



申し訳ありませんでした。今回はここまでとさせて頂きます。



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai







このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.18

2013-03-18 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



長らく漢方薬のお話をしてまいりました。漢方薬と言えば、



中国に起源があることは、皆さんご存知ですよね。漢方薬という



のは、中国に「漢」王朝があったので、「漢」の国の薬という



意味です。「漢」という字は、「おとこ」と読むことがあり



ますね。巨漢とか、大食漢とかいいますね。巨漢とは、大男の



ことで、大食漢とは、よく食べる男のことです。脱線はこの



ぐらいにして、「漢」をはじめとする古代中国では、医食同源



という考え方がなされていました。漢方薬もこの考え方に従って



生薬の配合がなされています。以前の号で申しましたが、生薬



とは、香辛料のようなものです。うまく香辛料を配合することで



体を正常に持っていく薬となるというように考えても、それほど



間違っていないと思います。そこであと数回、美肌になる漢方薬



の話を続けてから、本命である、美肌になる食べ物について



お話させて頂きたく存じます。本日はここまでとさせて頂きます。



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.19

2013-03-18 00:00:00

カテゴリー:ブログ

町医者のブログ



美肌になる漢方に戻ります。



桂枝茯苓丸の構成生薬は下記の5種類です。



桂皮(ケイヒ)

芍薬(シャクヤク)

茯苓(ブクリョウ)

桃仁(トウニン)

牡丹皮(ボタンピ)





“桂枝(桂皮・シナモン)”には健胃作用のほか発散作用があり、



のぼせや頭痛によいとされます。



芍薬は痛みをとる代表的な生薬です。そのほか、気分を落ち着け、



余分な水分を取り除く“茯苓”、血液循環をよくする“桃仁”や



“牡丹皮”などが配合されています。これらがいっしょに働くことで、



よりよい効果を発揮します。“桃仁”について更にくわしく解説



しますと以下のようになります。桃仁(トウニン)は、バラ科



モモまたはその変種の成熟種子です。果実から核果を取り出して、



外の硬い殻を割り、種子を日干しにしたものが桃仁です。



成分に、青酸配糖体のアミグダリン、酵素のエムルシン、



脂肪油ほかを含みます。月経調整作用 活血作用 排膿作用 



潤腸作用熱をともなう、うっ血を巡らす働きがあります。



駆於血剤(消炎性浄血剤)で下腹部の満痛、月経困難、月経不順



などに用います。今回は、ここまでとさせて頂きます。



於血は、おケツのことではありません。笑



女性の美容と健康についてのご相談は、



当クリニック皮膚科にて承ります。



当クリニックのホームページとフェイスブック



ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント