美しい肌Vol.10

2013-03-16 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ





当帰芍薬散について、お話したいと思います。当帰芍薬散は、



虚証タイプの方に対する漢方薬ですが、特に次のような症状



の方に最も適していると言われています。頭痛、耳鳴り、



肩こり、体力がない、全身の冷え性、貧血、脈が弱い、



腰痛、左臍下部圧痛がある人。しかし、これらの症状が



ない人でも使える他、体力のある実証タイプ、比較的



体力のある中間証のタイプの人に使える漢方薬です。



最近では、保険外でも漢方薬をドラッグストアー



でも買うことができるので、体の異常が全くなく、美容目的



オンリーの方は、この方法で漢方薬を入手することをお薦め



します。構成している生薬にも、秘密があり、美肌の成分



当帰が入っています。今回はここまでとさせて頂きます。



女性の美容と健康についてのご相談は、当クリニック皮膚科



にて承ります。当クリニックのホームページとフェイスブック



ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.11

2013-03-16 00:00:00

カテゴリー:ブログ

$町医者のブログ



当帰芍薬散の公式な効能・効果は、以下のようになっています。



筋肉が一体に軟弱で疲労しやすく、足腰の冷えやすいものの



次の諸症:貧血、倦怠感、更年期障害(頭重、頭痛、めまい、



肩こり等)、月経不順、月経困難、不妊症、動悸、慢性腎炎、



妊娠中の諸症(浮腫、習慣性流産、痔、腹痛)、脚気、



半身不随、心臓弁膜症。



当帰芍薬散は女性の聖薬ともいわれ、月経トラブルをはじめ



女性特有のさまざまな症状に広く用いられています。漢時代の



「金匱要略」という古典書で紹介されています。



漢方薬は、自然の草や木からとった「生薬」の組み合わせで



できています。当帰芍薬散は、主薬の“当帰”と“芍薬”を



ふくめ、下記の6種類からなります。“当帰”と“川きゅう”



には、血行をよくして貧血症状を改善し、体をあたためる作用



があります。“芍薬”は生理痛や肩こりなどの痛みを



やわらげる生薬です。また、“蒼朮”と“沢瀉”、“茯苓”



は、漢方の代表的な利尿薬で、むくみ症状を改善します。



これらがいっしょに働くことで、相乗効果を発揮します。



病院では、煎じる必要のない乾燥エキス剤を用いるのが



一般的です。 今回はここまでとさせて頂きます。



女性の美容と健康についてのご相談は、当クリニック皮膚科



にて承ります。当クリニックのホームページとフェイスブック



ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

美しい肌Vol.12

2013-03-16 00:00:00

カテゴリー:女性の美容と健康

町医者のブログ



当帰芍薬散の副作用



胃の不快感、食欲不振、吐き気、下痢、発疹、発赤、かゆみ



肝機能の異常ということです。漢方薬の成分である生薬は、



植物から作られています。たとえば、生姜ですが、これは



立派な生薬で、生姜(しょうきょう)と呼ばれ、中国では



紀元前500年頃から薬用として利用されています。発散作用、



健胃作用、鎮吐作用があるとされています。発散作用は



主に発汗により寒気を伴う風邪の初期症状の治療に使われ、



健胃止嘔作用は、胃腸の冷えなどによる胃腸機能低下防止



などに使われることが多いそうです。辛温の性質を持つため、



中医学で言われる熱証には用いません。大棗(なつめ)との



組み合わせで他の生薬の副作用をやわらげる働きがあるとされ、



多数の方剤に配合されています。ちょっと脱線しましたが、



生薬は、香辛料のようなものと考えていただければ、納得が



行くのではないかと思います。香辛料を摂り過ぎれば、胃腸



や皮膚に障害がでます。当帰芍薬散には、生姜は使われて



いないようですが、他の生薬一般に当てはまると考えても



おかしくないようです。



生姜がないからしょうがない。笑



今日はここまでとさせて頂きます。



女性の美容と健康についてのご相談は、当クリニック皮膚科



にて承ります。当クリニックのホームページとフェイスブック



ページのURLは以下の通りです。



ホームページURL:www.eitokukaisalanuma.or.jp/



フェイスブックページURL:www.facebook.com/Eitokukai

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント